「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

脳幹梗塞から奇跡の回復!病気を機につかんだ本物の信仰

脳幹梗塞から奇跡の回復!病気を機につかんだ本物の信仰

幸福の科学公式 体験談サイト | ボイシー(voicee) から転載

MVSz33ck.jpg


この記事は毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第260号より転載し、編集を加えたものです。

脳幹梗塞で死の淵(ふち)に立って

出勤のため、そろそろ身支度を整えねばと、布団から出ようとした時、私は体の異変に気がつきました。右手、右足がまったく動かないのです。

さらに追いうちをかけるように、頭がぼうっとし、意識が朦朧としてきました。

薄れゆく意識の中、「あれ?お父さんの様子がおかしい」と言う長女の声が聞こえました。

間もなく私は意識を失い、救急車で病院に担ぎ込まれました。

診断は、脳梗塞――。しかも、脳幹と呼ばれる、生命維持をコントロールする神経の集まる器官がつまりを起こしたのです。

後から聞かされたことですが、医師からは、「残念ですが、このままお亡くなりになることも覚悟しておいてください。万が一、助かったとしても、一生寝たきりでしょう」と言われたそうです。

血栓が祈願の直後に跡形もなく消えた

当時、家族で唯一、幸福の科学の会員だった妻は、奇跡を信じ、琵琶湖正心館の「強力・病気平癒祈願(びょうきへいゆきがん)」を申し込んでくれていました。

すると、祈願が終わって1時間も経たないうちに、医師が集中治療室から出てきて、「ご主人の意識が戻りました!」と驚きの表情で家族に告げたそうです。

翌日、その奇跡を目の当たりにした小学生から高校生までの3人の子どもたちも、最寄りの支部で幸福の科学に入会。東京正心館で再び「強力・病気平癒祈願」を申し込み、家族全員で私の回復を祈ってくれました。

おぼろげに意識が戻ったとはいえ、血栓はまだ脳幹に残っており、いつ急変してもおかしくない状態だった私の体でしたが、この日の夜、私の脳にあった大きな血栓がこつ然と消えてしまったと、驚くべき検査結果が家族に告げられたのでした。

妻が理由を尋ねても「理由は分かりませんが、現実になくなっているんです」と、医師たちは首をひねるばかり。

私は倒れてから5日後にハッキリと意識を取り戻し、それまでのことを聞かされました。

妻の強い信仰心のおかげで、命の危機から脱することができたのです。

リハビリが始まり心が折れそうになる

しかし、私にとっての試練はここから始まったのです。

まったく動かない右半身。スムーズに言葉が出ず、会話もまともに出来ない。視界はぼやけ、景色が幾重にも重なって見えます。

こんな状態が一生続くんだろうか。私が働けなかったら家族はどうなるんだろう、と悲観的な思いが次々と頭を過ぎります。

「こんな自分に一体何ができるっていうんだ。こんなことなら、あのまま死んでおけばラクだったかもしれない……」

体が思うように動かない苦痛と、未来への不安から、家族に苛立ちをぶつけました。

リハビリに対しても、どうせ以前のような体には戻りっこないんだからやっても無駄だ、と投げやりな気持ちでした。

罰当たりな自分の気持ちに気づいて

そんな私を見かねた妻が、ある日1枚のCDを病室に持ってきてくれました。

「お父さん、大変だとは思うけど、これを聴いて一緒に頑張っていこうよ」

それは、大川隆法先生の法話が収録されたCDでした。それまで、妻に書籍やCDを勧められても見向きもしませんでしたが、今の苦しみが少しでも軽くなれば、と思って聴きはじめたのです。

「愛とは、人から奪うことではなく、人に与えることです」

「『自分が何をしてもらえるか』ということではなく、『自分が何をしてあげられるか』ということを、心に思い描くことです」

優しく、それでいて力強い言葉が、乾いた心に染み入ってきます。

それと同時に、妻や病院のスタッフたちが全力で助けようとしてくれているのに、何もお返しできないどころか、感謝さえまともにしていない自分の気持ちに気がつきました。しかも私は命が救われたことを恨んでいたのです。

「なんて罰当たりなことを……」

それから、病気になる前の自分の姿も浮かんできました。

ホテルのマネージャーとして運営責任を担い、忙しい日々を送っていた自分は、思ったように仕事が進まないとカッとなって、部下に当たることもありました。周りの人の気持ちに充分に配慮することなく、強引に仕事を進めていく私のやり方に反発していた人もいたに違いありません。

私は今まで、純粋に「人のために」と思って生きたことがあっただろうかと、深く反省しました。そして、せっかく生かされたこの命なのだから、少しでも人に愛を与えていきたいと強く願うようになったのです。

奇跡的な回復をとげ退院

それ以来、私は心を入れ替えてリハビリに励みました。思うように体が動かず、落ち込んだときには、総裁先生の御法話CDを聴くと心が穏やかになり、リハビリに立ち向かう勇気をもらえるのです。

リハビリへの思いが変わったからでしょうか。最初は車いすを使わなければ動けなかったのが、2週間ほどで杖を使って歩けるようになりました。言葉の障害はまだ残りましたが、やがて何も使わず一人で歩けるまでに。奇跡的な回復ぶりに、医師も驚きを隠せない様子でした。

退院するときに医師の言った「脳幹梗塞の患者さんが、一人で歩いて退院される姿を見たのは初めてです」という言葉が、私の身に起きた奇跡を、何よりも物語っていました。

発病から5か月後に職場復帰

退院後、私はさっそく妻と共に幸福の科学の支部を訪問。初めて訪れた支部は、とてもあたたかく心が安らぎました。

入院中は、愛を与えることの尊さを知ったとはいえ、自分を苦しみから救ってもらいたいという気持ちが中心でした。

しかし、支部で会員の皆さんが生き生きとボランティアをしている姿を見て、「私も努力して体を治し、人の役に立っていきたい」という志を持って入会したのです。

その後、リハビリ専門の病院に通って訓練を続けたところ、言語障害も回復し、ゆっくりとではありますが、パソコン操作などもできるようになりました。

そして、発病から5カ月後、職場へ復帰することができたのです。

以前のように責任ある仕事はできなくなりましたが、少しでも人の役に立てる場が与えられてありがたいと感謝の思いで取り組めるようになったことは、私の中では大きな変化でした。ホテルに来てくださる人たちに喜んでもらいたいと思って仕事をすると、毎日が本当に楽しいのです。

今ではすっかり元気になり、スムーズに歩けるようになりました。

死の淵から復活した体験の意味を知って

そして大川先生の御生誕祭に参加した私は、そこで法話「絶対健康法」を聴き、自分に起きた奇跡の意味を知ったのです。

「生かされているということ自体が奇跡であり、この奇跡に自分の努力を加えることによって、さらに素晴らしいものにできる可能性が与えられています」

「信仰の力というのは、あなたがた自身の未来を変えていく力があるのです」

病気になってからの出来事が甦り、改めて感謝の思いがわき上がってきました。

死の淵から復活した体験は、私が信仰の素晴らしさに気づくために、与えられた試練だったに違いないと確信しました。そして、この体験を伝えることが私のこれからの仕事なのだと思いました。

病気は確かに大きな試練でしたが、それをきっかけに信仰の道に入ることができ、人生が大きく変わりました。

私の経験した奇跡を、縁ある方々にお伝えし、信仰の道に誘いたい――。それが、新しい命をいただいた私の使命だと思っています。

この記事は毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第260号より転載し、編集を加えたものです。


スポンサーサイト

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ