「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

☆ 書籍 「不登校指導入門」 ☆

☆ 書籍 「不登校指導入門」 ☆

いじめから子供を守ろう ネットワーク ブログから転載


不登校指導入門


☆ 書籍 「不登校指導入門」 ☆

 子供がいじめで学校に行けなくなったという、保護者の方からの相談をよく受ける。
 「どうしたら学校に行けるようになるのでしょうか?」
 お母さんたちは電話の向こうで泣いている。
 学校側からは、
 「いじめは収まっている。学校に来られないのはお子さんの気持ちの問題です」
 「お母さんも、○○くんが学校に来られるように努力してください」 などと言われている。
 不登校は子供や家庭の責任であるかのような言葉である。保護者も非常に傷ついている。

 さらに、「学校を休むと内申書に響く。高校に行けなくなる」 と登校を迫られる。これでは不登校の子供や保護者の不安や焦燥は強くなるばかりだ。
 稀な事案ではない。日本の各地から同じような相談がくる。もしかして、先生方は不登校の子供の気持ちが分からないのではないかと思う。

 10月末に出版されたばかりの、書籍 「不登校指導入門」 (明治図書出版刊)を読んだ。
 著者の千葉孝司氏は北海道の中学校教諭。数多くの不登校の生徒たちと関わり、数回の家庭訪問で再登校に至った生徒も少なくない。同氏の不登校指導は、「千葉マジック」 とも呼ばれていると言う。それをまとめたのがこの書籍である。

 著者は、まず、「教師のマインドセットを変える」 ことを勧める。教師中心の発想から子供中心の発想へと考え方を変えなければならないと言う。
 「子供は学校に来るのが当たり前」、学校に来ない子供や保護者は、「手のかかる子供」、「困らせる子供」、「甘やかしている親」 だと感じるのは、教師中心の発想である。
 子供中心の発想をする教師なら、不登校の子供や保護者を、「援助を求めている子供」、「困っている子供」、「手だてのない親」 だと捉えて、積極的に手を差し伸べる。
 また、不登校とは、学校に 「行かない」 のではなく、「行けない」 のだと著者は訴える。「行けない」 のは学校という集団に不安を感じて心のエネルギーを消耗させてしまうからである。著者は、「心の疲労骨折」と表現している。

 いじめによる不登校についても言及している。
 「いじめの解消」 と 「いじめの解決」 とは異なると述べられている。
 「いじめの解消」 とは、目の前のいじめがストップし、なくなることである。
 「いじめの解決」 と言えるためには、まずは加害者がいじめをしなくなること、さらに、被害者の心の傷が癒え、自尊心を回復し、信頼しあえる人間関係を構築できるようになることの両者が必要だと説明している。
 いじめが解消されていても、いじめが解決していないのであれば、子供は学校に行けない。本書には、被害者の心の傷を癒す教師の対応などが具体的に紹介されている。

 また、再登校のためには、「安定させる」 → 「エネルギーを充電させる」 → 「挑戦させる」 という3つのステップが勧められている。
 「安定させる」 とは、不安で揺れる子供の気持ちを安定させること。そのためには、ジャッジせずに、「ありのままを受け入れる」 ことが大切だと述べている。
 「エネルギーを充電させる」 とは、消耗された心のエネルギーを充電することで、「子供の意欲を認めること」、「子供のやることを理解し支持すること」 などが重要である。
 そして、「挑戦させる」 とは、再登校に向けて一歩を踏み出すことである。まず学校に間に合う時間に起床する、その翌日には学校に行く身支度をするなど、小さな挑戦を積み重ねていくことを勧めている。

 本書では、不登校に関する知識や理論の展開だけにとどまらず、全編を通じて、教師が不登校の子供と話すときの会話例、家での保護者と子供の会話例など、すぐに役立つ解決方法が詳しく紹介されている。

 書籍 「不登校指導入門」 は、簡潔にまとめられた読みやすい本である。学校の教職員のみならず、お子さんの不登校で悩んでいる保護者の方にもお勧めの書籍である。

いじめから子供を守ろうネットワーク
松井 妙子

著者千葉孝司氏へのインタビューはこちら→
http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20141048
スポンサーサイト

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ