「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

●三輪清浄の布施が仏国土ユートピア建設を開く(3)

祇園精舎


今日は布施の話の最後で、「清らかな布施で、貧しさを乗り越えたプンナ一家」です。

在家信者プンナの布施

仏陀ご在世のインドのお話です。富豪の使用人として働くプンナ一家は、毎日の食べ物にも困るほど貧乏でした。ある祭りの日、プンナの妻は、「私たちは、とても祭りには行けないけれど、主人のお昼御飯だけは多くしよう」と、夫の働く畑までご飯を持って行く途中、仏弟子の長老に出会ったのです。プンナ一家は、みな仏弟子でしたので、彼女はその場で大地にひれ伏し、心の中で一瞬とまどいながらも、お昼ご飯を長老に全部布施したのです。

彼女は、夫プンナに怒られることを覚悟で事情を話しました。ところが、プンナは、「よくぞ、私のお昼ご飯を長老さまに布施してくれた」と心から喜んでくれたのです。

それからも、プンナは布施の心を大切にしながら、一生懸命に働きました。そして、プンナは大金持ちになることができました。国王からは、富豪の目印を与えられ、邸宅を建てることも許されたのです。その邸宅の完成祝いの日に、仏陀と仏弟子をお迎えし、七日間供養しました。仏陀は大変喜ばれ、プンナ一家に、順を追って法を説かれました。そして、プンナたちは、随喜の涙を流し、揺るぎない信仰を得ることができたと言います。(『法句教』より)


心の豊かさを生む布施の実践

貧しくとも、布施を惜しまないプンナの妻の信仰心、そしてなけなしのご飯を布施した妻の心を喜んだ夫プンナ。二人は、この世的には貧しかったかもしれませんが、仏・法・僧の三宝に布施することによって、自分の執われを去り、なによりも大切な心の豊かさを得ることができました。

この世界は、良き種を播けば良き目が生え、良き報いが得られるという因縁果報の流れのなかにあります。良き報いは、この世を去った後、天国に生まれ変わることで現れることもあれば、プンナのようにこの世に生あるうちに繁栄や成功という形で現れることもあるのです。

ですから、ほんとうの豊かさとは、物質的豊かさが全てではありません。プンナのような心の豊かさこそ、一番大切なのです。



三輪清浄の布施はユートピア建設を創る力

プンナは大金持ちになった後も、布施を続け、益々信仰を深めていきました。邸宅に招かれた仏陀が、喜ばれて法をお説きになられたのは、こうしたプンナの清らかな信仰心によってなのです。

また、プンナは、富豪代表の目印を与えられ、邸宅を建てることを許されるほど、国王の信頼を得ています。プンナの欲を離れた清らかな心(施者)と穢れのない供養(施物)、それを受けられる最高の聖者仏陀釈尊(受者)。こうした三輪清浄の布施は、プンナのように自らの人徳を高め、人々に良き感化力を与え、世の中を変える力、即ち、ユートピア建設を創る力へとつながっていくのです。



以上、説明をしましたように布施とは、何でもお金を集めれば良いという単純なものではないのです。
幸福の科学・大川隆法総裁著『悟りの挑戦(下)』から抜粋します。

布施と三輪清浄(さんりんしょうじょう)

救済という観点から考えてみると、実は、もう一つ欠いてはならない論点として、与えること、即ち「布施」の考え方も出てきます。そこで、布施なるものは、いかなる時に成立するのか、仏教で勧められている布施の功徳、布施の大切さというのは、どのような時に認められるのものなのかということを、「空」とのからみで検討してみたいと思うのです。

そうしてみると、確かに布施とは人に与えることですけれども、単に物を与えることではないでしょう。犬に骨を投げるようなことが、本来、布施のめざすべきものではないでしょう。仏教的な観点からみて、いやしくも、布施が人間の魂の向上になり、この世の仏国土建設のためになるならば、それなりの条件が何かあるはずです。それは、単なる物の移動、物体の移動、あるいは金銭の移動ではないでしょう。その奥に何らかの精神があるはずです。その精神とは何でしょうか。

このように考えてみると、昔から、布施には「三輪清浄」という言葉が言われています。この三輪清浄がなければ布施は成り立たないと言われています。

三輪とは、布施を与える人――「施者」、布施を受ける人――「受者」、布施するもの――「施物」(「もの」とは必ずしも物質ではなく、与えるべき「もの」であり、法なども含まれる)です。この「与える人」と「受ける人」と「与えるもの」の三つが清浄でなければ、布施は成り立たないと言われているのです。三つとも清浄、要するに穢れを離れていなければいけないのです。

では、穢れは離れるとは、いったいどういうことでしょうか。それは、その三者に何らかの不浄、執着があってはいけないということなのです。
人に物をあげるときに、「ああ、悔しいな」と思いながらあげることがあります。例えば、本当はしたくないのだけれども、熱心に言われるから、しかたなく献金をする。それから「乞食なんか死んでしまえ」と思いながら、「皆んながあげているから、しかたがない」ということでお金をやる。あるいは、お金や物に執着がありながら、やむを得ず出したり、人目を考えて、虚栄心、見栄から出すことがあります。このような時には、施者、つまり布施しようとする人の心に穢れがあるので、功徳のある布施にはなりません。

それから、布施を受ける側に欲得がある場合、不浄な考えがある場合もだめです。

例えば、「義捐金を募ります」「恵まれない子どもたちのためにお金を集めています」と言いながら、実際は集めたお金を横流しして他のことに使っているといったことはいくらでもあります。難民救済のために缶詰を送ったら、横流しして売っているといったことは、発展途上国ではよくあると伝えられています。きちんと届かずに、途中で市場の商品に化けていることがあるのです。こんな布施はなりたちません。受けた方がそのような気持ちでは、全くだめです。要するに、受ける方の気持ちも大事なのです。

ですから、与える方が、非常に清々しく、爽やかな、執着心のない心で与え、受け取る方も感謝の心で、「それを大切に使いたい」という気持ちで受ける、このように、両方とも我欲を離れた気持ちが大事です。

それから、与えるもの自体が清浄であること、すなわち、例えば盗んできたもの、いかがわしいもの、あるいは相応しくないものを与えるというのは良くないことです。


以前の話ですが、幸福の科学に”植福(布施)をしたい”と申し出て、大企業のトップが来たそうです。

ところが幸福の科学では、その布施を断ったそうです。

何故でしょうか。

もうお分かりとは思います。

それは、「三輪清浄」に適った布施ではなかったからです。

施す者、施されるもの、そして布施するものが、一つでも穢れていれば、その布施は成り立たないからなのです。

当時の幸福の科学では入会試験もあり、人によっては何ヶ月待ちとかあった時代でした。

ですから、施者、施物になんらかの穢れ、欲得、執着、相応しくないもの、等があったと推察されます。

このように幸福の科学は、決してお金に執着している分けではありません。勿論、単なるお金集めをしている宗教でもありません。

それは、真摯に仏国土ユートピアの建設を願い、布施としてお金をユートピア建設のために使ってもらいたい、土地を多くの人々の幸福のために使ってほしいと願って寄進などをしているのです。

幸福の科学の布施(この布施とはお金だけではありません、教えを拡げるのも布施であるのです)が進めば進むほど、仏国土ユートピア建設が進み、人々の幸福が増進されていくということなのです。

今、仏陀最誕の時代であり、日本だけでなく、世界中の人々に、『最高、最大のの布施ができる時代が来ている』ということを知っていただければ幸いです。



【関連書籍】
悟りの挑戦(下巻)―仏智が拓くと悟りの世界
悟りの挑戦(下巻)―仏智が拓くと悟りの世界


悟りの挑戦(上巻)―いま、新たな法輪がめぐる
悟りの挑戦(上巻)―いま、新たな法輪がめぐる


仏陀再誕 携帯版
仏陀再誕 携帯版



スポンサーサイト

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
文字サイズ変更
 ☆天使にアイムファイン☆

3月19日公開
 ―☆2016年『正義の法』!☆―

「正義の法」大川隆法
憎しみを超えて、愛を取れ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。