「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

世界の眼がわかる!「本当はもっとキツかった“鳩山批判”!」



アメリカから日本の鳩山に向けられた視点です。

鳩山氏はどのように思われるでしょうか?

「理想国家日本の条件 幸福実現党」さんから転載。


世界の眼がわかる!
ヘラトリ・トピックス〔第7号〕

「本当はもっとキツかった“鳩山批判”!」


(ヘラトリとは、NYタイムズの国際版 International Herald Tribuneの略称です)

昨日予告しましたとおり、今日はウォール・ストーリート・ジャーナル(WSJ)の記事からお届けします。
というのも、時代が風雲急を告げてきていて、世界が毎日、激しく動いているように見えるからです。

昨日もタイトルだけご紹介しましたが、WSJの10/27付け社説に掲載された“Tokyo Defence Kabuki”(「東京で演じられた、防衛問題を巡る(下手な)歌舞伎劇」位のニュアンス)については、先週日本の五大紙が、概ね引用・報道しました が、押しなべて表現が平板であり、実際の 原文の激しさが伝わっていないのではないかと、危惧されました。

しかし、これを知らないと、11/4水の日経、読売(夕刊)で報道されたアメリカ国務省の「警告」が、なぜあそこまで激しかったのか、その意味がわからなくなってしまいます。(そもそも、朝日、毎日は、その「警告」すら、まともに報道しませんでした。)

その夕刊記事の中で、アメリカ国務省(日本の外務省に当たる)のケリー報道官は、「(今、鳩山内閣が進めようとしている、沖縄・普天間基地の沖縄県外への移転は、そんなことをすれば、)要する に、
日本はアメリカと、どのような関係を築きたいのか、それを日本政府が(最悪の方向へ)決断してしまったことを意味する(のだけれども、日本政府は、そのことが本当にわかっているのか)」(日経)と言っているわけです。

また「アメリカと、どういう関係を持ちたいか決めるのは、日本次第である。(もし断るのなら、あとのことは知らないよ)」(読売)とも、言っているのですが、鳩山さんは、なぜこのような激しい「公式コメント」がアメリカ側から出てくるのか、理解できないのでしょう。

主要紙の社説というのは、その後、多かれ少なかれ、アメリカの世論を代弁していきますので、それがお分かり頂けるように、このWSJの社説を、映画の字幕スーパー風に、或いは、TVドラマの脚本タッチで、翻訳してみます。

『トーキョーで、ハトヤマの下手な田舎芝居見せられて、やってられないよ!』

「鳩山首相は、アメリカに来たとき、我々の前では、ウマイことを言ったが(lip service)、しかし、その舌の根も乾かないうちに、今回の合意の上で決定的に重要な「普天間の移設」について、「見直しの議論を、アメリカと率直に交わしたい」と、帰国後の国会で平然と言い放った。

しかしこれは、恋人同士の痴話ゲンカとは、訳が違う。
アメリカは、(普天間という)基地の閉鎖に同意し、8,000人の海兵隊とその家族の退去も受け入れ、その他の施設も整理統合して、地元に返還するところまで譲歩したのだ。それを今になって、「普天間の約束だけ反古にしよう」なんて、そんな勝手なことをしたら、他の約束が全部パーになることが、わかって言っているのか?

先月訪日した、アメリカ統合参謀本部のマレン議長が言った、「普天間の約束を止めるなら、「日本を
防衛する」という約束も、減る(消えていく,diminish)ことになりますよ」という言葉の意味を、もっとよく
噛み締めてほしいものだね!

そもそも鳩山は、「“アメリカとは距離を置く”という選挙公約を、守ろうとしているだけだよ」と、軽く思っているのかもしれないが、それならば、こちらから聞きたいけど、

1.日本は今より、自らの防衛費を増やすとでも言うのかい?

2.それとも、「北朝鮮の核開発や中国の軍事力増強などは、大した問題ではないので、日米関係を希薄にしても平気だよ」とでも、思っているのかい?

3.「防衛力の裏付けがなくても、外交だけで、日本の安全を守れる」と、本気で考えているのかい?

日本の新しい首相は、こういう質問に、ちゃんと答えなきゃいけないんだよ!
国防ネタで歌舞伎やって、遊んでいる場合じゃなくてさ!!」


ざっと、こんな調子でしょうか。
この政権、ホントに何とかせにゃ、アキマセンね!

(〔付記〕その後アメリカは、ミャンマーから帰国途中の国務次官補を、急遽日本に立ち寄らせて、「来週のオバマ大統領訪日までに決着しなくてよい」と折れることで、両首脳の関係が決定的に決裂しないように、大人の対応で妥協した。(11/5夕刊による。)

しかし鳩山首相が考えているであろうことは、「移転先の名護市で、来年1月に行われる市長選まで、決定を引き延ばせば、反対派の革新派市長が当選して、 この話は丸ごと潰すことができる。そうし たら、地元市長のせいにして、アメリカに断りを入れればよい」という事であることは、関係者みんなが知っています。

しかし、そもそもこの問題の発端は、「普天間基地の危険な状態から、一刻も早く、地元の人を解放してあげたい」ということでした。

最終的に鳩山首相が狙っている事によって、地元の危険が続いても、何も感じない彼の無責任さには、本当に憤りを感じます。

それとも、アメリカが‘ぶちギレる’まで嫌がらせをし、丸ごとグァム島まで追っ払うのが、真の目的なのでしょうか。もしそうだとしたら、もはや「中国軍の手先」だと言わざるを得ません。

長くなって恐縮でしたが、彼の「政治家としての誠意」に疑問を感じ、かつ、以上述べたことをアメリカ政府は100%正確に認識していることの怖さを危惧して、長い追記となりました。ご容赦下さいませ。)
(2009.11.5)

-------------------------------------
前後しますが、〔第5号〕をお送りします。
 * * *
世界の眼がわかる!ヘラトリ・トピックス〔第5号〕
ヘラトリ・トピックス思った以上に好評のようで多方面でご活用頂ければ嬉しいです。

毎朝ヘラルドトリビューンに目を通し記事を送って法友(ヘラトリさん?)にも国内外の皆さまからの反響メールは逐次転送させて頂いています。

ありがとうございます。
ほんとうにこちら(北米)から見ると日本人は左翼マスコミに洗脳されているのが、よくわかります。
新聞読むならあれ(ヘラルド)だなとずっと以前から思っていて、出張の飛行機の中ではいつも読むようにしていたのですが、日常的には中々手が届かなかったので、待ってました!!という気持ちです。

改めましてありがとうございます。MY

「とても意外な一面トップ記事!~インドの毛沢東主義者~」
(ヘラトリとは、NYタイムズの国際版 International Herald Tribuneの略称です)

「海外の新聞は、たとえ内容がわからなくても、一面トップに何が来るか知るだけで、世界の視点を得ることが出来る」との、御言葉を頂いていますが、まさにそれを象徴するような記事が、11/2付のヘラトリ(おそらくはNYタイムズも)の一面トップを飾りました。

「海外主要メディアでは、こういう記事がトップに来るのか」という、新鮮な驚きと共に、(インドにおける)この記事の背景について、私自身、必ずしも 詳しい訳ではないので、是非、インド在住の 方からコメントを頂けるとありがたいです。

内容は、東インドの共産主義者(毛沢東主義者)に関するもので、確かにこの記事が一面トップに来る意味が理解できたら、(後述するように)グローバルな視点を得られたと言えそうな気がします。

大要は以下のとおりです。
「東インドのある州では、インドの国家主権が、国境線の数百キロ手前で、実効力を失っている。

毛沢東主義者がジャングルと山岳地帯を支配しているからであり、彼らの襲撃は、今や東インドの20州に及んでおり、インドの警察部隊の犠牲者の数は、アフガニスタンに派遣された多国籍軍の被害者の数に匹敵するほどまでになった。

かつてインド政府は、共産主義者の一部を手なずけて脱退させ、インド共産党(マルクス主義者)として、国会の中の一政党の形で取り込むことに成功したが、それをよしとしなかったグループ(毛沢 東主義者)は、現体制の転覆を掲げて、反乱を繰り返している。

彼らは、搾取されている貧困層と先住の小数民族の味方であると主張して、この二週間だけでも、二つの学校を焼き打ちし旅客列車をジャックし、地元の警 察署を襲撃した。
村民達の嘆きは、「かつて我々は、虎とイノシシに脅えていたが、今はその代わりに、毛沢東主義者と警察の双方の銃弾に脅えなければならないこと」だとのことである。」

記事を一読すると、微妙にカースト制度が関連しているように読み取れましたが、記事中では、慎重に直接の言及を避けているように思われました。
また、ネパール同様、毛沢東主義者への中国の関与(援助)は想定されましたが、そのことには露骨には触れられていませんでした。

ここまでお読みいただければ、今、世界が直面している、

1. 中国という難しい国との付き合い方、

2. それを牽制する意味で、多くの西側諸国がインドに期待している現実、

3. インド自身も、世界の中で注目を集める新興成長国でありながら、同時に貧困の問題を抱えていること、

4. 途上国特有の階級問題も、顔をのぞかせている、


など、今のグローバルな諸問題が、この記事には象徴的に集約されており、編集者が注目した理由が理解できます。

願わくば、日本のマスコミにも、是非、こういう見識を発揮していただいて、「日本が世界の平和と繁栄に責任を負う」という世論の醸成に貢献していただけることを、期待して止みません。

(2009.11.2)

スポンサーサイト

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
No title
民主党は沖縄ビジョン・東アジア共同体構想等に於いても米国排除思考法です。

要するに日本を中華圏の一員になりたい様ですね。
2009/11/09(月) 09:15 | URL | 草莽愛知実行委員会 #N8pbtU0w[ 編集]
Re: No title
草莽愛知さん、ありがとうございます。
鳩山は中国と一体になりたいようですが、
中国はそう思ってなくて、日本は完全になめられています。
これでは、日本は中国領になってしまいます。
非常に危険な状態になっています。

2009/11/09(月) 11:27 | URL | オーパ #-[ 編集]
No title
オーパさんの記事って一体どこから持ってくるの?やっぱり海外から日本がどう見られてるか?ってすごく気になるし、オーパさんのブログ本当に役に立つ。                                                                                あ、それと國學院くんに仏陀の映画の感想聞きました。なんか宗教戦争の映画だね、と言ってます。面白かったけど、教義的な部分、聞き取れなかったのでここだけに字幕をつけてくれ、と言ってましたが。出身が宗教。文系の人のほうが理系の出身者より仏陀の映画に溶け込みやすいですね、会社で話しててそう感じました。
2009/11/09(月) 13:34 | URL | むつお #-[ 編集]
Re: No title
むつおさん、ありがとうございます。

私はRSSリーダーで応援仲間のブログと政治、国際、社会関連のニュースをウォッチしています。
皆さんにためになりそうなのがあれば記事にしたり、転載させてもらったりしています。

それから、映画「仏陀再誕」は、単なる宗教戦争を描いた映画ではありません。
それは、まだ浅い認識レベルで見ているからです。
もっともっと深いし、盛りだくさんのメッセージが込められているのです。

まず真なる人間の生き方というものを教えています。
まず、真理を知らなければ、ほとんどの人が罪を犯しているというメッセージが込められているのです。
それが、「貪瞋癡(とん・じん・ち)」の心の三毒であり、貪る心、怒りの心、愚かな心、これを取り去ることが幸福への道なのです。真理の罪(あの世的の罪)とこの世的罪とは異なることを知っておいてください。

それから、真なる成功についても教えてくれています。
これは、映画に出てくる木村真理の生き方がそうです。最初は、自分のために周りを蹴落として成功しましたが、その成功は、真なる成功ではなく長続きしませんでした。これは今の芸能界などよく起きていることですね。最近では、酒井法子のなど。まあ、愚かと言えば愚かな存在なのですけどね。
自分のみの成功を求めても幸福にはなりませんし、周りも幸福にはなりません。真なる幸福とは、自分も周りも幸福になる道、「与える愛」と執着心を捨ててこそ真なる成功が得られるのです。
それが、幸福を伴う真の成功なのです。

病気に関しても、現代人に向けてメッセージを伝えてくれています。
現代人の多くは、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病など成人病などで多くの人が病気に罹っていますが、これらの多くは心の問題から派生しているのです。それから憑依のことも瞬太くんや病院などで現されていましたね。怖いけどこれが現実に多くの人が病気に罹っている原因の8割なんだそうです。病気は心を正すことで病気も癒されることを知っておいてください。
また自殺の問題点にも冒頭から触れています。自殺は現代でも年3万人以上の方が亡くなっています。自殺では苦しみは解消されません。死んだ後、その10倍以上の苦しみとなるのです。あの世の存在を知り、真理を知れば自殺は罪であることを知ることでしょう。

それから、反省の大事さ、心を浄化するには、この反省が非常に大きなものであるかということを、現代人に訴えています。これは、新井東作と、小夜子の父である天之川氏の改心というもので現されています。反省っていうことは、現代人は単なる道徳か何かのように思っているだろうと思いますが、これが悪を遠ざける一番の真理なのです。自分を許せない人が現代には数多くいるということでしょう。この反省によって、多くの罪は許されるということを知っていて欲しいですね。

まだまだ、色んな真理が散りばめられた映画ではあるのですが、もう一つは現代に仏陀が最誕されているという大きなメッセージが込められた映画であるということをお伝えしておきます。
映画では空野太陽氏として描かれてはいましたが、これは、現実世界においては、むつおさんなら誰が『仏陀』であるかはもうお分かりとは思います。

ではでは。
2009/11/09(月) 14:52 | URL | オーパ #-[ 編集]
むつおさんへ
むつおさんへ追加です。

もう一つ付け加えておきますね。
それは、この映画は仏(仏陀)が創った映画であるということです。
フィクションの場面はありますが、この映画は、仏陀の視点で見た「真実の世界」観が描かれている映画であるということを述べておきたいと思います。(光と闇、天使や悪例の存在、宇宙樹などなど)
肉体に付いた目でもってしては、決して得ることのない世界が描かれているということです。
そういうことをお伝えしておきたいと思います。
2009/11/09(月) 15:09 | URL | オーパ #-[ 編集]
いつも お世話様です。
記事にしていただいて、ありがとうございました。。。
2009/11/09(月) 17:08 | URL | 桜咲久也 #-[ 編集]
Re: いつも お世話様です。
咲久也さん、こちらこそ勝手に記事にさせていただいて
ありがとうございました。
2009/11/09(月) 18:19 | URL | オーパ #-[ 編集]
こんにちは。
 どうもです。
 衆院選後、しばらくは沈黙を守って生きていこうと思っていたのですが、どうやらそうもいかなくなったようです。
時々寄らせていただきます。
 では、また。
 
2009/11/18(水) 18:09 | URL | kaz #ffVU29mw[ 編集]
Re: こんにちは。
kazさん、コメントありがとうございます
参院選が待ち遠しいですね。
2009/11/18(水) 20:49 | URL | オーパ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界の眼がわかる!「本当はもっとキツかった“鳩山批判”!」

いただいたメールから。。 世界の眼がわかる!ヘラトリ・トピックス〔第7号〕「本当はもっとキツかった“鳩山批判”!」 (ヘラトリとは、NYタイムズの国際版 International Herald Tribuneの略称です) 昨日予告しましたとおり、今日はウォール・ストーリート
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。