「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

FC2ブログ

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                        幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

「北一輝の霊言」が

大川隆法総裁より「北一輝の霊言」が収録されたようです。


北一輝


「北一輝の霊言」は、 10/2から、全国の精舎、支部にて開催されます。

この時期なぜ北一輝なのでしょうか。

北一輝は、社会主義者とも右翼とも言われる不思議な存在です。

北一輝は、『太陽の法』によれば、釈迦が一時期修行したヨガ仙人、アーララ・カーラーマが北一輝として日本に転生した姿であって、GLAの高橋信次を指導して日蓮信仰を非難していたようなんですが、今もGLAを指導しているのでしょうか。

Wikiによれば、死後の評価はそう高くないようで、↓のようですので、GLAだけでなく、他の団体をも指導しているのかもしれません。

その真実が今明かされようとしています。

北 一輝(Wikiより)

北 一輝(きた いっき、本名:北 輝次郎(きた てるじろう)、明治16年(1883年)4月3日 - 昭和12年(1937年)8月19日)は、戦前日本の思想家・社会運動家・「政治的強喝屋」。

中国の革命運動に参加し中国人革命家との交わりを深めるなかで、中国風の名前「北一輝」を名乗るようになった。右目は義眼。このことから「片目の魔王」の異名をとる。

1923年に刊行した『日本改造法案大綱』は長く右翼のバイブルとなった。二・二六事件の理論的首謀者とされ、処刑された。

松本清張によれば、『国体論及び純正社会主義』を書いたときの北は「社会民主主義者」であり、『日本改造法案大綱』を書いたときは「国家主義者」、その出版権を西田税に譲渡した後の北は、腹心の岩田富美夫一派の暴力的示威行動を背景にした「事件屋」、「強喝屋」、1930年以降は「革新」青年将校の動きを背景に三井財閥などに金を出させる「政治的強喝屋」であった。

恐喝屋として
北は、1931年(昭和6年)末から、三井財閥から年額2万円(現在に換算すると1億円前後)の資金提供を受けるようになり、この資金で、中国の人脈を維持し、在野の右翼暴力団員を食客として養い、青年将校に飲食遊興をさせて自らのシンパとしていた。また、自身も極貧から転じて、実際には豪奢な生活に耽った。さらに、たびたび企業幹部、政治家などに憂国談義を装って面会を強要し、そのたびに金を受け取っていた(長谷川義記、松本清張など)。

死後の評価
右翼思想家と評価されることが多い。その一方で、23歳頃に出版した『国体論及び純正社会主義』は社会主義者河上肇や福田徳三に賞賛されていた。また、『日本改造法案大綱』では、クーデター、憲法停止の後、戒厳令を敷き、強権による国家社会主義的な政体の導入を想定していた(ゆえに北を右翼思想家ではなく一種の革命家とする意見もある)。このように北は単純な国粋主義者とはくくれない側面を持っていた。久野収は北を「ファウル性の大ホームラン」と評している。

また坂野潤治は、「(当時)北だけが歴史論としては反天皇制で、社会民主主義を唱えた」とし、日本人は忠君愛国の国民だと称しているが、歴史的に日本人は忠君であったことはほとんどなく、歴代の権力者はみな天皇の簒奪者であると北の論旨を紹介した上で、尊王攘夷を思想的基礎としていた板垣退助や中江兆民、また天皇制を容認していた美濃部達吉や吉野作造と比べても北の方がずっと人民主義であると評した。

また、北は安岡正篤や岸信介にも強い影響を与えたとされている。

宗教
法華経読誦を心霊術の玉照師(永福寅造)に指導され、法華経に傾倒し日常大音声にて読経していたこともよく知られている。北一輝は龍尊の号を持つ。弟の吉によると「南無妙法蓮華経」と数回となえ神がかり(玉川稲荷)になったという。

『北一輝 霊告日記』松本健一 編 第三文明社 1987年 ISBN 4-476-03127-7
昭和4年4月 - 昭和11年2月28日に妻のすず子が法華経読誦中神がかった託宣を自ら記録したもの。
北の日蓮理解や法華経帰依の契機などは、彼の天皇観とともに依然として定説がない。


【関連記事】
大川隆法総裁の神秘力による「霊言」が次々と公開!

太陽の法―エル・カンターレへの道
太陽の法―エル・カンターレへの道


スポンサーサイト




【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
文字サイズ変更
☆--2018/10/12公開--☆
 ―☆2018年『信仰の法』!☆―
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ