「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

ミトラ教とゾロアスター教とマニ教

心の主となる

国内にマニ教「宇宙図」 世界初、京大教授ら確認 (2010/9/26 22:47・日経)

 3世紀に誕生し、善悪二元論を教義として世界的な宗教に発展しながらも滅びたマニ教の宇宙観を描いたとみられる絵画が国内に存在することが26日までに、京都大の吉田豊教授(文献言語学)らの調査で分かった。「10層の天と8層の大地からなる」というマニ教の宇宙観の全体像が、ほぼ完全な形で確認されたのは世界で初めて。

 マニ教は布教に教典のほか絵図も使っていたとされるが、絵図は散逸。宇宙観は教えの根幹につながるもので、今回の発見を公表した国際マニ教学会で「画期的」と高い評価を受けた。吉田教授は「不明な点が多いマニ教の解明につながる」と話している。

 吉田教授が「宇宙図」と呼ぶこの絵画は、現在国内で個人が所蔵している。縦137.1センチ、横56.6センチで、絹布に彩色で描かれている。仏教絵画との比較などから、中国の元(1271~1368年)、またはその前後に、現在の浙江、福建両省など江南地方の絵師が制作したとみられるという。日本に渡った時期などは不明。

 吉田教授らは、マニ教僧侶の特徴である赤い縁取りの入った白いショールを着た人物が描かれていることや、中国・新疆ウイグル自治区で見つかっているマニ教史料との照合などから、マニ教の絵画と断定した。

 「宇宙図」では最上部が天国とみられ、その下に太陽と月が描かれている。さらにその下には、教義の特徴でもある円弧で10層に分けられた「天」があり、天使や悪魔の姿のほか、さそり座やうお座など12星座も確認できる。人間が住む地上にはキノコ型にそびえる山「須弥山」があり、最下層は地獄と解釈されるという。

 マニ教をめぐっては、新疆ウイグル自治区で絵画の断片が見つかっているほか、仏画とされていた「六道図」(奈良市の大和文華館所蔵)が近年、説教や裁きの場面を描いたものと判明した。〔共同〕


おはようございます。

昨日の新聞にマニ教の「宇宙図」が確認されたというニュースが載っていましたので、今日は、それにちょっとだけ言及したいと思います。

マニ教は、マニ(216~277年)を開祖とする宗教で、英語で"Manichaeism"、漢語では“摩尼教”と呼ばれ、後期のゾロアスター教、ユダヤ教、キリスト教、仏教、道教それから土着信仰が混淆したグノーシス主義的宗教とされ、徹底した二元論や宇宙論的教義からなる教団組織だったとされています。

また、マニ教は、キリスト教にも流れ込んでいるミトラ教からも影響を受けているとされています。

このマニ教は、かつてはスペインや北アフリカから中国にまで広がる第4の世界宗教となったのだが、現代ではその事実は殆ど知られていません。

それほどの大きな宗教となったにも関わらず、西方では、キリスト教がローマ帝国の国教になったために、弾圧されて消滅しました。そして、アジアでもウイグルや中国へと拡がっていたのですが、ウイグルが崩壊し、イスラム教が伸びてくると衰退して13世紀頃には消滅してしまったのでした。


ミトラ教とマニ教(転載)(奄美のアマミちゃんお気楽ブログから)

~ミトラ教~

■概説

「ミトラ」は「マイトレーヤー」のこと。古代からアーリア人の神・太陽神として「ミトラ信仰」があった。ミトラは、ゾロアスター教の聖典「ゼンド・アヴェスタ」では「最高神オーラ・マツダの子供」という位置付けになっており、ヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」にも登場する。仏教的には「弥勒信仰」となり、古代ペルシャでは代々の王朝の「守護神」とされていた。

 
「マイトレーヤーの霊言」での「BC3世紀頃、小アジア(現在のトルコ)に出て、ミトラ教を興した」というご本人の言葉から推測すると、すでに西アジアやインドに根付いていた「ミトラ信仰」を、マイトレーヤーご本人が「宗教」として立ち上げ、発展させたものと考えられる。ミトラ教が後の世界、特にキリスト教に及ぼした「陰の影響」は、かなりスゴい。


■西方ミトラ教

BC2世紀〜AC4世紀くらいが全盛期。西方では軍人を中心としてローマ領土全域に普及していたが、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世がそれまで異教とされていたキリスト教をAD313年に公認して以降、迫害された。コンスタンティヌス1世の甥・ユリアヌス帝はミトラ教に心酔し擁護したため「背教者」と呼ばれた。その後、テオドシウス帝の時代にキリスト教が国教となると、ミトラ教の寺院はすべて破壊され「西方ミトラ教」は滅びた。

■ミトラ教のキリスト教への影響

キリスト教は、かなりあからさまにミトラ教を模倣している。

「ミトラの誕生を予言していた3人の占星術の学者がいた。ミトラの誕生を羊飼いから知らされた3人は、捧げ物を持って祝福に駆けつけた」→【「東方の3博士」】

ミトラ教徒は12月25日を「太陽神ミトラが生まれ変わる日」として祝っていた。→【クリスマス】

ミトラ教徒は「春分の日」を「太陽神ミトラの勝利の日」として祝っていた。→【復活祭】

「ミトラは12の星座に守られている」→【イエスの12弟子】

「ミトラは天上界に帰る前日、12人の光の友と晩餐をした」→【最後の晩餐】

「ミトラとアポロンは、宴を催して信者にパンやワインを振る舞う」→【聖体拝領】

「ミトラは『私は死後復活し、光の友と共に歩む』と予言した」→【イエスの復活】

「宇宙の終末の時に死が復活し、最後の裁きが行われる」→ 【最後の審判】

「ミトラの光の友らは、最後の戦いに天使軍として参加する。ミトラはその終末に、白馬に乗って現れる」→【ハルマゲドン】

ミトラ教の最高司祭は「パテル・パトルム(父の中の父)」と呼ばれる→【カトリックでは「パパ」と呼ぶ】

ミトラ教には「体を水に浸す儀式」がある→【洗礼】

ユダヤ教の安息日は土曜日だが、ミトラ教は日曜日→【キリスト教も日曜日】

「ミトラは病人を治し、目の見えない者を見えるようにし、歩けない者を歩けるようにした」→【イエスの奇跡。これは模倣とは言えないかもしれない】

AD2世紀頃、キリスト教徒のユスティヌスは「ミトラ教はキリスト教の『交わりの儀式』を悪魔的に模倣している」などと非難している。模倣しているのは自分たちのほうなのに、主導権を握るためにミトラ教に難癖をつけている。


■東方ミトラ教

日本人のミトラ教研究者・東條真人氏は以下のように述べる。

「『ギリシャの文明はヨーロッパがすべて受け継いだ』という説は、西洋人のプロパガンダである。ピタゴラス・エンペドクレス・プラトン・ストア哲学などは、ミトラ教を介してイスラムのシーア派やスーフィズムに流れ込んだ。イランのホメイニ師の政治神学はプラトンの『国家』を発展させたもの。『パウロ派』『ボゴミール派』『カタリ派』などは『秘教的キリスト教の一派』とされるが、実は『東方ミトラ教の一派』であり、近年のブラヴァツキーの教義は『古代ミトラ教』のものである」


ミトラ教はゾロアスター教やマニ教、仏教の「弥勒信仰」などと合流して中国に入り込み、「明教」と呼ばれた。12世紀に「朱子学」を創始した朱子は明教を学んでいたようで、その流れを汲む王陽明の「陽明学」にはゾロアスター教の「善悪二元論」的考え方が影響している可能性がある。

元朝末期の1351年、明教の一派・白蓮教の教祖・韓山童と劉福通が「紅巾の乱」を起こす。それに参加した朱元璋が元朝を打倒し、新王朝を「明」と名付けた。しかし、同じ農民出身で天下を取った「漢の劉邦」を手本として野心を持っていた朱元璋は、手のひらを返して白蓮教を弾圧し、滅ぼした。

その教えこそ伝わらなかったが、中国明朝の「明」は、ミトラ教の「ミ」なのである。19世紀フランスの思想家エルネスト・ルナンは、こう述べている。

「もし何らかの理由でキリスト教の成長が妨げられていたら、世界は『ミトラ教化』していただろう」〓


マニ教

~マニ教~

■概要

マニはAD3世紀、ササン朝ペルシャ支配下のバビロンに生まれた。両親はユダヤ教徒だったが、キリスト教・グノーシス派・ミトラ教・ゾロアスター教・仏教・道教など他の様々な宗教の教えを学び、24歳のときに啓示を受けてマニ教を創始した。

ササン朝シャープール1世に重用され、信者を増やすが、国教のゾロアスター教の神官カルティールの嫉妬を受けて迫害され、AD277年頃、処刑された。(※ゾロアスター教の神官は「マギ」と呼ばれるが、不思議な能力を持ち、奇跡を起こすところから、英語のMAGICの語源となった)

マニ処刑後も教勢は拡大。西はローマ帝国全土に広がり、後にキリスト教の教父となったアウグスティヌスもマニ教徒だった。東は中国まで及んで世界宗教となったが、キリスト教とイスラム教の興隆につれて消滅していった。

マニ自筆の「聖典」もあったようだが、散逸した。今世紀に入って、中央アジアの敦煌やエジプトでマニ文書が発見されたとのことで、新事実が出てくる可能性もある。

■教義

前述の様々な宗教の教えがチャンポンになっているが、ゾロアスター教の「善悪二元」の教えを中心とした神秘主義・禁欲主義、というようなものだったら しい。

【マニ教の神話】

「原初、光と闇は共存していたが、闇が勢力を拡大してきたので、光を回復するための戦いが始まった。
 光によって「原人」が創造されたが、闇に敗北し吸収された。
 光は太陽神ミトラを派遣し、闇に囚われた光を部分的に取り戻した。
 闇は手中に残った光を閉じ込めるため、人祖・アダムとイブを創造した」

「光が飛び散って植物に宿った」とされ、菜食を重視する。また、「肉体は闇によって汚されている」とされ、結婚・性交は「汚れた肉体を創造すること」として忌避された。

ユダヤ教とキリスト教を継承する点、「預言者は天より印璽を授かる」とする点、断食を行うなどの点は、後のイスラム教に影響を与えている。

■中国伝来

マニ教は694年、中国の唐に伝来した。中国では「摩尼教」と表記され、「景教(キリスト教ネストリウス派)」「ゾロアスター教」と共に「三夷教」と呼ばれた。1339年、福建省・晋江市に「草庵摩尼教寺」が建立され、福建省を中心に興隆したが、15世紀には下火になった。寺は現在では中国の国家重要文化財に指定され、毎年旧4月16日に「摩尼光仏聖誕祭」が執り行われるが、信仰は失われていて、単なる「観光イベント」に過ぎない。

マニ教やゾロアスター教、弥勒信仰やミトラ教、仏教や道教などが混交して出来た教えが「明教」。呪術的要素が多分にあったために体制からは「魔教」「喫菜事魔(菜食して妖術を行う魔者)」などと呼ばれた。この流れは「白蓮教」「義和団」などを通じて19世紀末まで続いたようだ。


~ゾロアスター教~(Wikiより)

ゾロアスター教は、古代バルフの地に始まる宗教である。バルフは現在のアフガニスタン北部にあり、ゾロアスター教の信徒にとっては、始祖ザラスシュトラが埋葬された地として神聖視されてきた。

ゾロアスター教は、善と悪の二元論を特徴とするが、善の勝利と優位が確定されている宗教である。一般に「世界最古の一神教」と言われることもあるが、これは正しくはない。ゾロアスター教の中では、アムシャ・スプンタなど多くの神々が登場する。開祖はザラスシュトラ(ゾロアスター、ツァラトゥストラ)である。その根本教典より、アヴェスターの宗教であるともいえ、イラン古代の宗教的伝統の上に立って、ザラスシュトラが合理化したものと考えられる。

光の象徴としての純粋な「火」を尊んだため、拝火教(はいかきょう)とも呼ばれ、また祆教(けんきょう)ともいう。他称としてはさらに、アフラ・マズダーを信仰するところからマズダー教の呼称がある。ただしアケメネス朝の宗教をゾロアスター教ではないとする立場(たとえばエミール・バンヴェニスト)からすると、ゾロアスター教はマズダー教の一種である。パーシ(パールシー)教徒とも呼ばれる。


■概要

聖火台跡(イラン)イラン高原北東部に生まれたザラスシュトラは、インド・イラン語派の信仰を、善と悪との対立を基盤に置いた世界観を有し、また、きわめて倫理的な性格をもつ宗教に改革した。

ゾロアスター以前のインド・イラン語派の信仰でも、すでに「三大アフラ」として叡智の神アフラ・マズダー、火の神ミスラ、水の神ヴァルナが存在していた。そのため、単にアフラ・マズダーまたはミスラを信仰していることだけでは、ゾロアスター教徒とはならない。異教時代と呼ばれる過去のイラン人と区別するための判断基準は、ゾロアスター教の信仰告白であるフラワラーネにあらわれている。そこでは五つの条件が挙げられている。すなわち

1.アフラ・マズダーを礼拝すること
2.ゾロアスターの信奉者であること
3.好戦的で不道徳な神ダエーワと敵対すること
4.アフラ・マズダーが創造した偉大な六つの存在アムシャ・スプンタを礼拝すること
5.すべての善をアフラ・マズダーに帰すること
である。

上記の五つに加えてさらに、アフラ・マズダーを、創造主ととらえたことが、従来のインド・イランの信仰と著しく異なる点である。

さて、ザラスシュトラは、最初に2つの対立する霊があり、両者が相互の存在に気づいたとき、善の霊(知恵の主アフラ・マズダー)が生命、真理などを選び、それに対してもう一方の対立霊(アンラ・マンユ)は死や虚偽を選んだと唱えた。

善と悪の対立 スピターマの一族に属するザラスシュトラの思想は、バルフの小君主であったウィシュタースパ王の宮廷で受容されて発展した。ザラスシュトラは、アフラ・マズダーの使者であり預言者としてこの世に登場し、善悪二元論的な争いの世界であるこの世界の真理を解き明かすことを使命としている。

かれによれば、知恵の主アフラ・マズダーは、戦いが避けられないことを悟り、戦いの場とその担い手とするために世界を創造した。その創造は天、水、大地、植物、動物、人間、火の7段階からなり、それぞれがアフラ・マズダーの7つの倫理的側面により、特別に守護された。

『神の国』を著した教父アウグスティヌス創造された「この世界」を舞台とした二つの勢力の戦いが、歴史であるという把握は、キリスト教の初期の神学者であるアウグスティヌスの歴史観に先行する世界史観とも言える。

善と悪が争い、最終的には善が勝利するとされている。

ユダヤ教を母体としたキリスト教もこれらを継承していると言われる。さらに、大乗仏教において弥勒信仰と結びついたり、またマニ教もゾロアスター教の思想を吸収した。イスラム教もまた、ユダヤ教やキリスト教、マニ教と並んでゾロアスター教の影響も受けており、聖クルアーンにもゾロアスター教徒の名が登場する。


~~~

大川隆法総裁『太陽の法』によれば、マニとは、ゾロアスター教の創始者でありゾロアスターと同じ魂であり、イランに生れマニ教を興しました。

その魂の根源は、サマトリアと呼ばれ1億3千万年ほど前に地球に来た魂なのです。

『黄金の法』によれば、ゾロアスターはペルシャでゾロアスター教を興した後、転生して、マニ教を創始したマニとして生まれています。

マニは、時代時代に合わせて、人々の善悪の価値概念を調整する役目を持っており、それぞれの時代に合わせて、何が善で何が悪かを決めているそうです。

マニは、現在、救世主の世界(九次元宇宙界)にいる10人の大霊のうち道徳的完成を司る大霊の一人です。


大川隆法総裁によって、すでに、仏教の開祖である釈尊、キリスト教のイエス・キリスト、儒教の孔子、ゼウス、マヌ、モーセ、ニュートン、エンリルなど九次元大霊の霊言が収録されています。

そして、今年5/1には、「ゾロアスターとマイトレーヤーの霊言」で10人の9次元霊すべての霊言が収録され出版も予定されているようなので、今後、ゾロアスター教、マニ教などの秘密が明らかにされるかもしれません。

このような世界的宗教の教祖をすべて呼び出して霊言を降ろせるエル・カンターレこそ、全ての神々の主であり、地球最高大霊、至高神なのです。

世界では、キリスト教とイスラム教などの間で宗教の違いによって戦争が起こったりしていますが、元々世界的な宗教というものは全て天上界より至高神の指導のもとに始まったものであるということを知るならば、戦争などお本来起こるべきものでなく、とても愚かなことなのです。

今、世界宗教となっている仏教、キリスト教、イスラム教などは、神々の個性が教えの違いとなって現れたものであって、全て同根と考えてよいのです。

それを人間の浅はかな解釈や間違った教えによって争いをしていますが、仏法真理を知ればそのような愚かなことはできないのです。

やはり、仏法真理を知るということが、個人をも世界をも解放する力となるでしょう。

一日も早く世界から戦争というものが、その単語とともになくなってしまうことを願っています。


【関連記事】
ミステリアスな遺跡―ムー文明は存在した!
大川隆法総裁の神秘力による「霊言」が次々と公開!
☆大川隆法総裁の神秘力による「霊言」が次々と公開。
『余剰次元とは』―異次元世界は存在するか?
『重重無尽』―時間縁起・空間縁起の先に見えてくるもの
「ポアンカレ予想」の解決から見る宇宙は一体どんな形なのか?
「生命の大樹と繋がる生き方を」―自殺防止月間に寄せて
Spritual Message from Jesus Christ

太陽の法―エル・カンターレへの道
太陽の法―エル・カンターレへの道



黄金の法―エル・カンターレの歴史観


永遠の法―エル・カンターレの世界観
永遠の法―エル・カンターレの世界観


携帯版 仏陀再誕 THE REBIRTH OF BUDDHA
仏陀再誕(携帯版)


神々が語る レムリアの真実―ゼウス・マヌが明かす古代文明の秘密
神々が語る レムリアの真実―ゼウス・マヌが明かす古代文明の秘密


世界の潮流はこうなる―激震!中国の野望と民主党の最期
世界の潮流はこうなる―激震!中国の野望と民主党の最期


(ポルトガル語)大川隆法霊言23-イエス・キリスト
(ポルトガル語)大川隆法霊言23-イエス・キリスト

スポンサーサイト

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ