「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

fc2ブログ

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                        幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

エジソンを超えていた超天才発明家ニコラ・テスラの追い求めた「世界システム」―「核なき世界」のオバマ大統領との関係

ニコラ・テスラの追い求めた「世界システム」


官民一体で次世代送電網市場を開拓 東芝、東電など加え、政府協議会発足(2010.4.6 21:03・サンケイビズ)

 東芝、東京電力など287の企業・団体と経済産業省は6日、海外のインフラ整備事業の受注に向けた官民協議会「スマートコミュニティ・アライアンス」の設立総会を開いた。スマートグリッド(次世代送電網)をはじめ、太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入拡大で大きな需要が見込まれる環境配慮型インフラの受注獲得を目指す。

 政府は新成長戦略のなかで新興国のインフラ受注へ向けた官民連携を重点施策に据えており、今回はそのモデルケース。国際市場での受注獲得や技術の国際標準化へ向けた戦略作り、技術開発のロードマップ策定などについて議論を進める。

 参加企業の関係者は、13日から4日間の米国視察を行う。IBMやゼネラル・エレクトリック(GE)など約120社が参加する米民間団体「グリットワイズ・アライアンス」と戦略的提携で合意文書を交わし、受注獲得や標準化戦略での日米連携を強めたい考え。

 総会で協議会長に選ばれた東芝の佐々木則夫社長は「大型の社会インフラは1社では(受注)できない。すそ野が広い産業なので、日本の総力を挙げて存在感を大きくしていきたい」と意気込みを示した。


米大統領「新たな核兵器開発せず」 核不拡散で声明 (2010/4/7 10:32・日経)

 【ワシントン=弟子丸幸子】オバマ米大統領は6日、米国の核戦略の指針となる議会への報告書「核体制の見直し」(NPR)の公表に合わせ、核軍縮・拡散防止への誓いを新たにする声明を発表した。「米国は新たな核弾頭を開発しない。新型の核兵器の能力も追求しない」と新規核開発の停止を宣言。核不拡散体制を重視する米国の姿勢を強調し、世界各国に核拡散防止条約(NPT)の順守を呼びかけた。

大統領は「このNPRは、米国と世界の安全保障にとっての最大の脅威は核テロと核拡散であると認めたものだ」と指摘。国家間の核戦争が脅威だった時代は終わったとの認識を示し、通常兵器による抑止力に今後重点を移すことの意義を説明した。

 同時に「米国は、核不拡散の義務を順守するNPT加盟国に対しては核兵器を使用しないと宣言する」と言明し、核兵器の使用条件に制限を加えることを、自らの言葉で確約した。

 今回のNPRは、新型核開発の停止を打ち出したが、一方で核弾頭に関する人的、技術的基盤を維持するため、関連する研究開発は継続する方針も示している。

 声明の冒頭では「1年前の昨日、私はプラハで核兵器なき平和で安全な世界を追求するとの包括的な方針を描いた」と「核兵器なき世界」への思い入れを説明。「私の政権は今日、(NPRの策定により)プラハでの約束を守り、重要な一歩を踏み出した」と語った。


核トマホーク延命せず=日本守る抑止力に影響なし-米国防総省(4月7日7時35分配信 時事通信)

 【ワシントン時事】オバマ米政権が6日に公表した核戦略体制の見直し(NPR)は、米海軍の核巡航ミサイル「トマホーク」を退役させると結論付けた。同ミサイルをめぐっては、日本を含む同盟国に対する「核の傘」のために延命させるかどうか、国防総省内で議論されていた。NPRは、代替措置を取るため、抑止力への影響はないとしている。
 トマホークをめぐっては、麻生政権当時に日本が、北朝鮮や中国に対する抑止力維持の観点から退役に反対し、延命を求めていたとされる。岡田克也外相は昨年12月、クリントン国務長官らに書簡を送り、抑止力維持に配慮することを条件に「核廃絶の目標に相反する政策を求めない」との考えを示していた。 


東芝、東京電力などが次世代送電網を計画しているということで、今日は、電力に関する話から、超天才発明家ニコラ・テスラ、それと「核なき世界」を標榜するオバマ大統領の「核なき世界」との関連などについて取り上げてみたいと思います。


電気工学を学んだ方であれば、テスラコイルが有名なのでニコラ・テスラのことは、知っている方もいるかもしれませんが、ほとんどの方は彼の名前さえ知らないことだと思います。

ニコラ・テスラは、ある意味発明王エジソンをも凌駕するとも言われている天才的発明家なのです。

大多数の方は、電気を供給するシステムを発明したのは、発明王トーマス・エジソンだと思っていることでしょう。

半分は当たっているのですが、半分は違うのです。

エジソンは、電力の送電方法として直流方式の電力送電を考えていたのですが、現在の交流送電を発明したのは、ニコラ・テスラなんです。ニコラ・テスラ

優れたた不世出の天才ニコラ・テスラは、すでに20代の若さにして交流システムを着想していたそうで、1888年には交流発電機と交流モーターを発明しています。

この発明は、世界を変えた歴史的な発明なのですが、エジソンの白熱電灯は世界的に有名であっても、テスラの知名度は限りなくゼロに近いようです。

彼は、交流電源の他、蛍光灯、熱伝導、リモートコントロールの原理、太陽発電など、たくさんの発明を残しており、現在の電化製品の多くはテスラの発明・発見無しには存在し得なかったとも言われている程なのです。

そのニコラ・テスラは、霊界からインスピレーションを受けて発明をしていたと、私は思っています。

エジソンがオカルト的なものを研究し、晩年霊界通信器を開発していたのは有名ですが、テスラも、ある意味、オカルト的な霊能者ではなかったのではないでしょうか。

少年時代、私は幻影に悩まされた。それはしばしば強烈な閃光と共に現れた。それが現れると、視野の中に現実の物体は失せ、思考や行動も妨げられるのだった。それらの幻影は、かって私が実際に見た事のある物や景色であり、決して私が想像したものではなかった。ある言葉が私に発せられると、その言葉が喚起するイメージがいきいきと私の脳裏に映り、時として、そのイメージが現実のものかそうでないのか、私自身見分ける事が出来なくなる事があった。
やがて彼は、自分のあらゆる思考、行動が外的な刺戟(霊体による刺戟、機械(スカラー波)によって刺戟を与える事)によって自動的に形成されている事に気付いた。自分は感覚器官の刺戟によって反応する「自動人間(オートマン)」なのだと痛感した。この自覚が後に「テロートマティックス」という自律的な運動刺戟制御技術の構想へと発展するのである。



ニコラ・ステラはさまざまな研究や発見をしましたが、最後まで追い求めていたのは「世界システム」でした。

「世界システム」とは地球そのものの電気振動と共振することで、自然界にあるエネルギーを無尽蔵に得ることができるシステムを発明しようと考えていたのです。ニコラ・テスラは生涯に渡ってこの「世界システム」に没頭していたのではないでしょうか。

しかし、地球上のどこからでも無限にエネルギーが得られるということは、当時のアメリカにおいてエネルギー供給を独占しているWASP財閥、ロックフェラー財閥などのユダヤ系企業の利益と真っ向から対立することになることになりました。

ですので、天才発明者テスラの名前が残っていないのは、FBIなどの力によって一切の資料も持ち去られ、その技術を封印、抹殺されたとも言われています。

1943年1月7日の夜、86歳になる一人の老人が、マンハッタンのニューヨーカー・ホテルの一室でその長く波瀾にとんだ生涯を終えた。最後を看取った者は誰もいない、孤独な死であった。翌朝、老人の死がメイドによって発見されると、生前の知人達の手によって直ちに葬儀の準備がなされた。葬列は寒風の吹すさぶ冬のマジソン街を葬儀場に向って黙々と進んでいった。ところがその頃、老人が息をひきとった部屋では、その静かな死とは対照的に慌ただしい事態が起っていた。葬列がホテルを出て間もなく、突如FBIの捜査官達がこの部屋に乱入したのである。彼等は部屋を厳重に捜査し、老人が保管していたと思われる一個の小さな金庫を見つけると。無理矢理こじ開けて、複雑な数式や図面が描かれた書類の一切を抜取った。そして再び影も残さずに立去ったのである。



ニコラ・テスラは1943年1月7日の夜、独身でこの世的には何一つ報われないまま、86歳でこの世を去りました。

しかし、この世では、エジソンとライバルとして対立していたとも言われており、どのような世界に還ったのでしょうか?

その葬儀の様子は次のようなものであったそうで、おそらくは天上界に還ったのではないかと思われます。

葬儀がとり行われた教会堂でも奇妙な事が起っていた。しめやかな弔辞を述べられている最中に、突如眩いばかりの太陽光線が天窓を貫き、棺を光の衣で包んだのである。会葬者達は思わず息をのんだ。棺は神の祝福を受けたかの様に清らかな光を発し、教会堂は荘厳な光で満たされた。そして後日、葬儀中の教会堂内を写した写真が仕上ると、そこには信じ難い映像が移っていた。それらは何れも教会堂内部を隅々まではっきり映し出しているにも関わらず、会葬者達の姿は全て輪郭がぼけていたのである。


祈り


テスラの発明は、あまりにも時代を先取りしていて、自らの利益を阻害するWASPには到底受け入れがたいことであったのであろうと思います。

しかし、テスラの発明したものは、その後資料を持ち去ったアメリカの軍事部門に見事なまでに受け継がれてしまったのでした。

電力の無線伝送、人工地震兵器(HAARP)、プラズマ光線、気象兵器、反重力装置などなど。

アメリカは、独自のUFOの開発に成功しているとも言われています。

また、フィラデルフィア実験では、テレポートの実験も行われていたそうです。

教皇がiを説く』から抜粋
アメリカの駆逐艦エルドリッチが、電磁波を使った実験中にテレポートしたといわれる事件。これは物質の虚数化によるものであり、米ソの超能力研究の発端となった。

1943年10月28日(8月12日説もあり)、ペンシルバニア州のフィラデルフィア海軍工廠で、エルドリッチの消磁実験が行われた。巨大な船は同じ方向を向いたまま建造されるので、地球の磁場により磁気を帯びる。これを利用して開発されたのが、磁気に反応し爆発する「磁気水雷」である。そこで、船体を電磁波で包むことで船体の磁気を消し、磁気水雷を避けようという実験である。また、レーダー探知を避ける実験だったともいう。

この実験は、1931年にシカゴ大学で始まったプロジェクト・レインボウの主眼となるもので、ニコラ・テスラやフォン・ノイマン、アインシュタインなど、その代きっての天才たちが手掛けたという。

電磁場発生装置が作動すると、エルドリッチは緑色の靄に包まれ、レーダー上だけでなく本当に目の前から消えてしまった。そして1600km離れたノーフォークに忽然と現れ、またフィラデルフィアに瞬時に戻ってきた。乗組員は、行方不明、火だるま、発狂、体の裏表が逆転、壁や床と同化するなど、甚大な被害を受けていたという。

この怪奇事件に関する唯一の証言は、実験から12年後の1955年、UFO研究家のジェサップの元に届いた、「実験の一部始終を目撃した」と称するカルロス・アジェンデからの手紙である。ここから、「フィラデルフィア実験は国家が極秘で行ったテレポート実験だった」という噂が世間に広まった。ジェサップが翌年に変死したのも、「あの実験が本当だったから抹殺されたのだ」と噂に拍車をかけた。



アメリカなどでは、地震兵器の開発を終えているとも言われており、現在、世界各地で地震が頻発しているのは、アメリカなどが実験をしているとも言われています。
ベネズエラのチャベス大統領がアメリカが地震兵器でハイチに地震を起こしたと非難

また、プラズマ兵器は、米軍が極秘に開発しているとも噂されていて、今、オバマ大統領が、「核なき世界」―核廃絶を標榜しているのは、これら兵器が完成実用化しているからとも言われています。

アメリカの核兵器はあくまで、補助手段、担保であって、本命はこれらの兵器なのです。

かくて、ニコラ・テスラの世界の人びとを幸福にしようとしていた発明は、違った方向で活かされることになったのです。

しかし、現在人類が、電力の恩恵を受け幸福に暮らしていけるのは、エジソンだけでなく、ニコラ・テスラの発明に負うところが大きいのではないでしょうか。

先ほどあげたニコラ・テスラの追い求めていた「世界システム」が、人類の幸福に繋がるような使われ方をしたならば、世界は一変することでしょう。


幸福の科学と幸福実現党は、科学を否定していませんし、人類の幸福に繋がるものであれば何でも取り込んで行く寛容な精神を持っています。

太陽の法にも書かれていますが、植物の成長エネルギーを電力に変える方法とか、ニコラ・テスラの考えていた無線電力送電の方法などが実用化されれば、現在の世界から一変するよう幸福な世界が実現するのではないかと思います。

その幸福な世界を創造していくために、幸福実現党は戦ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします。


偉大なる発明によって、人類を幸福に導いてくれたニコラ・テスラ、エジソン、ニュートンなどの偉大なる先達たちに感謝!


【関連記事】
☆大川隆法総裁の神秘力による「霊言」が次々と公開。
ひらめきが突然生まれるには訳がある―究極のインスピレーション獲得法
リバティ5月号発刊!
あの世には心しか持って還ることができない
小惑星探査機「はやぶさ」地球への軌道に乗る―宇宙へフロンティアを求めて
ブラックホール―星の生命体の転生輪廻
一般相対理論にみる悟りの極致とは何か
『ニュートン霊示集 究極の科学的真理とは』 銀河的正法と科学の進歩 
本日3月19日 最新刊『エクソシスト入門―実録・悪魔との対話』
『宇宙の法・入門』 『宇宙人について・UFOの真実』
科学と宗教の対立を超えて―『ニュートン霊示集』より
太陽系第10番惑星「ニビル星」について
人類滅亡へのカウントダウン―メシア待望論
『マヌの霊言』
『ゼウスの霊言』
インターネット・Eメールはどこでもドア?―宗教と科学の融合した未来社会を
ヘラトリ・トピックス〔第59号〕 その1 『帰ってきた“ダ・ヴィンチ・コード”にひと言』
世界の目を醒ます! ヘラトリ・トピックス〔第58号〕 『ロズウェル以前: ~オバマ大統領の「核なき世界」と地震兵器~』
世界の目を醒ます! ヘラトリ・トピックス〔第56号〕・ 『米国の地震兵器』
ハイチ巨大地震とブードゥー教の関係について
ベネズエラのチャベス大統領がアメリカが地震兵器でハイチに地震を起こしたと非難
「UFOパニック─UFO後進国日本への警告」 「ザ・リバティ」4月号発売!
『空と縁起』―色即是空、空即是色って何?『余剰次元とは』―異次元世界は存在するか?
『愛の発展段階説』―西洋と東洋文明を融合する偉大な思想
龍馬が日本にもの申す!
日本崩壊に向かうのか? 民主党(DPJ)政権がもたらす”3D-Crysis(危機)”
【幸福実現党 東京4区】元ソニーの女性エジソン 下川きくえ 2009年衆議院議員選挙公開討論会!
☆2/7幸福の科学・大川隆法総裁法話『信仰と未来社会』 
無神論者は欧米では「動物」として嫌われるってこと知ってますか?


【関連書籍】
大川隆法著『創造の法』―常識を破壊し、新時代を築く
創造の法―常識を破壊し、新時代を築く

太陽の法―エル・カンターレへの道
太陽の法―エル・カンターレへの道



黄金の法―エル・カンターレの歴史観



「宇宙の法」入門 宇宙人とUFOの真実
「宇宙の法」入門 宇宙人とUFOの真実


神秘の法―次元の壁を超えて
神秘の法―次元の壁を超えて



未来を創るエジソン発想法


ニコラ・テスラの地震兵器と超能力エネルギー―人類が知らない重力(スカラー)波の存在を探る
ニコラ・テスラの地震兵器と超能力エネルギー―人類が知らない重力(スカラー)波の存在を探る


テスラ―発明王エジソンを超えた偉才
テスラ―発明王エジソンを超えた偉才



闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 ベンジャミン フルフォード



超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! ケイ・ミズモリ



自然は脈動する―ヴィクトル・シャウベルガーの驚くべき洞察



スポンサーサイト




【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
文字サイズ変更
☆--2018/10/12公開--☆
 ―☆2018年『信仰の法』!☆―
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ