「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

『教育の理想について』抜粋要約

幸福の科学学園那須本校


2010/03/07(日)大川隆法総裁『教育に理想について』抜粋要約 幸福の科学学園那須本校

抜粋要約ですので、詳細は、「日本の再建 !」で見てください。

「教育の理想について」は大きいので、細かく分けて教育の目的は何かを考えたい。

中学、高校などの教育では、実社会のなかで使えることは少ない。
社会に出れば、学んだことはどんどん忘れていき、違うことを学ばなければいけなくなる。
学校での努力は一体なんだったのだろうと問われるだろう。
私が感じたことは、勉強の仕方を教えてくれたことが大きかった。
実社会では、自分で勉強しなければいけなかった。
実社会では、テストはなく、評判は、成果、上司の評価、などで出来上がってくる。

だから教育を突き詰めて考えると、学んだ内容で、仕事ができて社会的尊敬につながっていかなければならない。
皆さまがたにお返しできるような人間に育てなければならない。
それは念頭に置かなければならないことです。
実社会で役に立つようなことを教えなければいけないということです。

人生に迷ったり、苦しんだときに、役に立つようなこと、人間関係の問題の解決に役立つようなこと。
それを別の言葉で言うと、本当の勉強を教えるということは、仕事ができることにつながるようなことを教えるということ。

評価される仕事ができるようになるためには、古い言葉で言えば、勤勉さ、努力するものは道が開けるということを教えてほしい。
実社会では、縁起の理法を教えてはくれない。
学校時代では、縁起の理法が明確にでてくる。
やったらやっただけ、出てくるということを自覚させることです。
自分で道を開いていけるということを知るのが学生時代です。

努力精進している人は、実社会は見逃さないし、人材は逃さないのが普通であります。
本人の努力精進が認められるということを学生のときにきちっと教えることです。
学業以外には、生徒会とか、運動での活動とか、クラブ活動で部員をまとめたこととか、リーダーシップをとったようなこと、決断、新聞発行をしたようなことが役立っている。
全てが学びのチャンスである。

(今日は)教員をやっている人が多いが、先生と呼ばれるのは厳しいことである。
「教えると言うことが辛い」と思わなければ、まだ甘いと言える。
そう思っていないのであれば甘いと言える。
一般であれば、お客を集められなければ潰れるが、教師であれば定年まで勤めることができる。
本当を言えば、先生と呼ばれるならその人に”教わりたい”と言われなければ先生とは言えない。

基本的に自力でもって(客を)集める力があるかどうかが問われる。
宗教家でも同じである。
人気の先生になるには、どうすればよいか。
子どもたちに勉強することが好きになってもらえるようにすること、未来に夢を与えることである。
そのためにプラスアルファの努力をしなければならない。
尊敬を勝ち得なくてはならない。
専門に関して深く掘り下げて努力しなければならない。
そういう風な人であるということがオーラのようになって伝わっていくのである。

今は塾の先生の方が尊敬されているが、お金を払っていても逃げられる時代である。
時間効率を求められている。
世間は厳しい、プラスアルファの努力が求められている。

幸福の科学出版では、「自助論」を出している。
中村正直―日本の学問に貢献した人である。
渡部昇一氏は、恩師から「Now a days」は、何で“s”が付いているのかね?と問われたが、答えることができなかった。
1~2年たってから答えを見つけることができた。“s”は複数では、副詞化する機能があるということが分かった。
今日、現代でも英米人でも知っている人は少ない。

次男が、期末テストをやっているので、見回りしていた。
例文に古い本、シェークスピア、ディケンズの例文が出ていた。
先生が使って10回以上読んでいるようなものを集めてオリジナルの小テキストを作った。
宗教家でありながら、英文テキストを作ったり、そういうものをやっていると一種の恍惚感がある。
一種の自信がある。
プロの書いたものでも間違いが分かってきたりする。

商社に入って2年目でニューヨークに行き、ネイティブの書いたものを添削していた。
学校で勉強していたものが効いていたと思った。
何者だと思われ、まことに不思議な感じであった。

他の人で東大の英文科の助教授で、もう教授になってるかもしれないが、斎藤さんが書いたの読むと、「英語の初段」という学力を言っている。
一日3、4時間勉強ができて、1日英語の本が50ページ読める力があれば、初段と言えるという。
そのレベルが初段ならとっくに通過している。
東大で20年教えて、読んだ英語の本が450冊と書いてあって、あまりに少ないので驚いた。
英語学者でない私は英語の蔵書が1万冊を超えているので、レベルが違うのは明らか。
こちらは楽しみで読めるレベルまでいってるので、学力が違うことが明らかにわかってしまう。

結局、はじめはコツコツと努力することが非常に大事なこと。
勤勉で努力するのが大事だけど、その次は、楽しみでやることが大事になってくる。
好きでやってるヤツにはかなわないです。

正直言って、学問に天才なしと信じたい。
普通の学問では天才になれないが、努力し、好きにやっている人には勝てない。
好きで勉強をやっていると、プラスアルファが出てくる。
努力感だけでやっていると続かない。
作家になりたかったら、本をたくさん読むことである。
最初は努力感、一鍬が難しいが、習慣に変えていく力がいる。
習慣的にやっていくこと、好きでやっていくと、どこまででもやっていける。
勤勉、コツコツ、次は習慣化である。
次に好きでやるというレベルまでいってしまったら、脂汗をかいてやっている人とは違ってくる。
そういう人に教われば、知的感化を受ける。
もう一つは、専門以外にも、もう一つ何か詳しい領域を作ることである。
数学をやっているなら天文学とか、物理なら音楽とか。
得意領域以外に他の分野を持つことである。
その人の独特の視点を持っていると深みを感じてくる。

イスラム教のコーランには、アッラー以外に神なしというが、我という場合と、我々という場合がある。
単数形と複数形で呼ぶ場合がある。
これは口癖という形に統一されているが、これの意味は明確である。
我々はという場合は、指導霊団、グループでの意見である。
これはイスラム教では分からない。
指導霊団がいるということであり、これは幸福の科学以外、出せるところはない。
出せるのは、分析力、勉強の成果として出てきている。

実社会に出たら、大量に速く、やらなければいけないが、緻密にやらなければいけない時もある。
世の中の何らかの役に立つようになっていくことが必要である。
時間の無駄になるようなもの、生産物が出てこないようなものではだめである。

特に実社会では、人生の無駄そのものになってくる場合が多い。
何らかの形で世の中の貢献になるように絞り込んでいくことも教えてほしい。
新しい産業、学問のパイオニアの一助になるもの、世の中の役に立つもの、無駄をはぶくことができるもの。
学問では、答えをだせるような教師がいると飛躍的に成績が伸びることがある。

答えを出せる、方向性を出せる先生であれば、尊敬される。

努力は無限であるけれど、コツコツした精進と次には好きでやっていることが成果につながるように絞り込んでいくことである。

教育の一助になれば幸いである。

ほぼ全文は、日本の再建 ! 台湾の危機は、沖縄の危機にあります。
「教育の理想について」①「教育の理想について」②

小生さんの幸福実現党観察日記
http://www.manjusri.net/archives/2010/03/08/05/20/
を読むともっとリアルに分かると思います。
スポンサーサイト

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知的青春のすすめ

オーパの幸福実現党応援宣言! に要約がありました 『教育の理想について』 抜粋要約 ←オーパさんのBLOGへ この大川総裁による「教育の理想について」の御法話を聞いて そうだ、小説を読もうと思ったのです。 そして昔購入しまだ読んでいない小説などがあったなぁと思
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ