「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

朝日新聞に村上春樹氏が寄稿 文化交流を盾に領土侵略を許容

朝日は、大江健三郎にかわってフランツ・カフカ賞を受賞し、ノーベル文学賞の候補にも上がっている村上春樹を担ぎだしてきました。

中国の悪事はさておいて、日本が悪い国であった」というような自虐史観に基づいた洗脳記事はもういかげんに辞めにしてもらいたい。

朝日は日本をチベットやウイグル、モンゴル自治区みたいにしたいのだろうか。

まずは、中国がどういう国であるかを明らかにするのがマスコミのやるべきことではないのか。
~~~
朝日新聞に村上春樹氏が寄稿 文化交流を盾に領土侵略を許容
2012.09.28 ザ・リバティweb

28日付朝日新聞に小説家の村上春樹氏の寄稿が掲載(3面)され、1面トップでそれが紹介された。日本政府が尖閣諸島を国有化したことを受けて、北京市では17日以降、日本人作家の出版が規制され、店頭からも消えていた。これについて村上氏は「少なからぬショックを感じている」と語り、日本が中国・韓国に対抗措置を取ることを批判している。要旨は以下の通り。



ヒトラーも政権の基礎を固める際に、失われた領土の回復を根幹に置いている。
自分はかつてノモンハン事件の戦争跡地を訪ね、「どうしてこんな何もない不毛な一片の地を巡って、人々が意味もなく殺し合わなくてはならなかったのか?」と、無力感を感じた。
中国に対しては意見を述べる立場にはないが、(日本は)中国側の行動に対して、どうか報復的行動を取らないでいただきたい。そんなことをすれば、我々の問題として、我々自身に跳ね返ってくる。
多くの人が血のにじむような努力をして作ってきた「魂が行き来する道筋」は、何があろうと維持し続けなくてはならない。



要するにこう読み取れる。「尖閣諸島や竹島などの小さな島を巡って戦争になるのは意味のないことだし、強硬姿勢を取る政治家はヒトラーにも似ていて危険だ。日本は中国・韓国に対して強硬姿勢を取って事態を荒立てるべきではない。苦労して築きあげてきた東アジア文化圏を守らなければならない」



しかし、中国や韓国による尖閣諸島・竹島の領有権主張は、国際法的にも認められるものではない。その証拠に、両国は国際司法裁判所での裁判を徹底的に拒否している。東アジアの文化交流が断たれることを危惧するのであれば、村上氏が批判すべきは、本来、国際ルールを無視した暴論を主張している中・韓両国である。



朝日新聞は、これまでは事あるごとに大江健三郎氏の論説を載せ、自虐史観に基づく、憲法9条の堅持や原発反対といった自社の主張を代弁させてきた。今度は、世界的に人気のある村上氏を担ぎ出してきたと考えられる。人気作家に「文化交流を断たれるのは困る」と言わせ、中国・韓国の侵略行為への日本の対応をファジーにしようとしているようだ。



だが中国は、たとえば侵略によって自治領とした内モンゴルで、モンゴル語を使わせず、モンゴル文化を滅ぼす方向の施策をとっている。村上氏は、果たして中国のこうした文化弾圧を知ったうえで書いているのか。国の主権と伝統文化そのものを奪われることは、文化交流の断絶よりはるかに恐ろしいことを認識すべきである。(晴)


【関連記事】
守護霊が告白 脱原発運動の大江健三郎はやはり自虐史観の権化だった

朝日新聞主筆 若宮啓文守護霊インタビュー

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

嫉妬心の克服が日本の繁栄への道である

嫉妬心の克服が日本の繁栄への道である

幸福実現党・松山てつやの「最強の日本再建!」ブログから転載

91年のバブル崩壊以来、日本は約20年もの間、経済がまったく成長していない。先進国中では唯一であり異常事態である。その引き金となったのは、マスコミによる徹底的なバブル叩きであり、その批判に政府や日銀が乗っかり、日本経済を無茶苦茶にし、現在に至っている。(ちなみに、昨年の世界の経済成長率ランキングでは、日本は世界183国中、174位である。)



当時の株価がおよそ3万9千円であったが、現在はその4分の1以下の9千円代まで落ち込んでいる。つまり、銀行や会社の資産が4分の1以下になったということである。その結果、日本経済はおおいに停滞し、倒産企業が続出し、職を失った中高年の自殺者が激増した。



バブル叩きの背景には、日本人特有の平等意識がある。長く農耕中心であったため、共同で作業を行い、豊作か凶作を決めるのは、大自然の恵みであって、個人の能力や努力の差にはあまり左右されなかったことがある。それが平等意識を育て、人と違うことを許さない風土となった。弱い者いじめもそうであるが、成功者を嫉妬し、引きずりおろす傾向もそうである。



日本人はよく、「バケツの中のカニ」にたとえられる。バケツにカニを入れておくと、外に逃げ出そうとするが、一匹のカニがバケツのふちまで這い上がって脱出できそうになると、他のカニがハサミで挟んで引きずり下ろすのである。



日本が更なる経済発展を遂げるためには、こうした悪しき嫉妬心を克服しなければならない。左翼思想の根底には成功者、富裕層を妬み、嫉妬する心があるが、そうしたマインドの集大成が、民主党という左翼政権を実現させてしまったとも言える。マスコミの誘導も大きな罪であるが、自業自得でもある。左翼政権が間違いであったことは、大半の国民が痛感したに違いない。高い授業料を払って大いなる教訓を得たのであり、この教訓を無駄にしてはならない。



左翼思想の源流であるマルクス主義は、「労働者が貧しいのは、資本家、つまり富裕層が搾取しているせいである」との、嫉妬心を合理化したものに過ぎない。そうしたマルクスの思想を実践した社会主義は、すべて貧しい国であり、90年代初頭にほとんどが崩壊した。文明実験の結果、マルクスの思想が間違いであったことが証明されたのである。



しかし、日本ではまだまだ根強くマルクス主義が浸透しており、私たちの心の中にも結構根深く浸透しているので注意が必要だ。成功者への嫉妬心が出てきたら、その思いを祝福に変えるよう努力しなければならない。



成功者、富裕層は一部の例外はあったとしても、大半は努力精進した結果であり、知恵と汗の結晶である。よって嫉妬するのではなく、祝福し、自分もまたそうなりたいと努力することである。そうしたマインドこそが個人においても、国家においても豊かになり、繁栄していく道なのだ。【了】

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「愛国有罪、売国無罪、売国英雄」を糺す。

「愛国有罪、売国無罪、売国英雄」を糺す。

幸福実現党 みやもとさとし氏のオフィシャルサイトから転載

この国では、「愛国有罪」であり、「売国無罪」であるばかりでなく、「売国英雄」のようだ。

以下、リバティニュースクリップhttp://www.the-liberty.com/newsclip.phpより。

尖閣はいつから中国の領土になったのか。

沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島に今月18日、日本人2人が上陸したことに対し、沖縄県警八重山署は28日、この2人を軽犯罪法違反(立ち入り禁止場所等侵入)の容疑で那覇地検石垣支部に書類送検した。尖閣諸島への無許可上陸の立件は初めてである。
尖閣上陸のTOKMAさんら書類送検 中国人は「無罪」、日本人は「有罪」 尖閣は中国の領土か!? | ザ・リバティweb

上記の記事では、「今回も、野田首相は、那覇地検に責任をなすりつける可能性があるが、いずれにしても、1000隻とも言われる中国漁船が尖閣に向かう中、生命の危険も顧みずに尖閣を守るために上陸を果たした勇気ある日本人2人は当然『愛国無罪』だ。自国民を中国に売るような政権の異常な判断に、日本人はもっと怒るべきである。」と結んでいる。その通りだ。

また、同クリップでは、
朝日新聞に村上春樹氏が寄稿 文化交流を盾に領土侵略を許容http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4952という記事を載せている。

「朝日新聞は、これまでは事あるごとに大江健三郎氏の論説を載せ、自虐史観に基づく、憲法9条の堅持や原発反対といった自社の主張を代弁させてきた。今度は、世界的に人気のある村上氏を担ぎ出してきたと考えられる。人気作家に『文化交流を断たれるのは困る』と言わせ、中国・韓国の侵略行為への日本の対応をファジーにしようとしているようだ」と。

売国者を英雄に祀り上げる朝日新聞。

もう一つ。
経団連・米倉会長が訪中 「中国が言っている以上、解決せよ」http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4951との記事。

「ニューヨークを訪問中の野田首相が、『尖閣に領土問題は存在せず、妥協する考えはない』などと発言したことについて、経団連の米倉弘昌会長が批判している。北京を訪問中の米倉会長は、『相手が問題と言っている以上、それを解決するのがトップとしての役割』などと話した」ことを受けたもので、

「アメリカを西太平洋から追い出そうと中国が画策する中で、日本が融和姿勢しか取らないのなら、やがて日本は中国の属国となる。それこそが、見せかけの『日中友好』に潜む、最大の『カントリー・リスク』である。商売上の利益を押し通し、国の外交政策を操縦しようとすれば、国を滅ぼすことになりかねないということを、経済界は理解しなければならない」と結んでいる。

米倉会長は、「脱原発」に対しては反対の立場のようで、この点は幸福実現党の主張と一致するかのようだが、動機は全く違うことが明らかだ。自分たちの経済的利益のためだけに、日中友好を主張し、反・脱原発を主張する。決して「正義」が基軸ではないのだ。

幸福実現党の主張は、ときに過激に響き、人によっては極右に見えるらしい。
それほど、社会全体が左傾化しているということの証左だろう。

しかし、安倍自民党総裁でさえ、マスコミを気にして言いたいことが言えないならば、幸福実現党が言うしかないだろう。

「正義とは何か」「真理とは何か」を追究してきた宗教政党であるからこそ、できることである。

「この世に希望というものがある限り、
そして永遠なる真理が続く限り、
勇者とは、ただ一人にても吼え続けるものなのだ。」


(大川隆法『危機に立つ日本』あとがきより)

危機に立つ日本―国難打破から未来創造へ (OR books)


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

10/3発刊!映画「神秘の法」公式ガイドブック(2)

映画「神秘の法」完全ガイド
ガイドブック(1)に続き
公式ガイドブック(2) も
10/3発刊!


映画「神秘の法」完全ガイド 公式ガイドブック(2)
映画「神秘の法」完全ガイド (OR books)


・著者 「神秘の法」シナリオプロジェクト 編
・定価 840 円(税込)
・四六判 132頁
・発刊元 幸福の科学出版
・ISBN 978-4-86395-247-8
・発刊日 2012-10-03

衝撃の近未来予言!
尖閣、竹島だけではない。
このままでは、
「日本」が占領される。


超話題作「神秘の法」の
見どころを徹底解剖!!
軍事独裁国家と
宇宙からの未知なる侵略―――。
近未来の地球を舞台に、
次元の壁を超える
壮大な戦いがはじまる。



映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【幸福実現党・プレスリリース】尖閣上陸の日本人の書類送検に対する抗議声明

【プレスリリース】尖閣上陸の日本人の書類送検に対する抗議声明

2012年9月28日

尖閣上陸の日本人の書類送検に対する抗議声明

 本日、沖縄県警が、尖閣上陸した日本人2名を、軽犯罪法違反(立ち入り禁止場所等侵入)容疑で書類送検した。

 中国人の活動家らが尖閣諸島に上陸した際には、警察は入管難民法違反容疑で現行犯逮捕したものの、送検しないまま強制送還し、事実上の無罪放免として扱っている。しかしながら、今回の我が党党員を含む上陸事案に関しては、日本人による同諸島上陸では初めてとなる書類送検を行った。

 侵略の意図を持った外国人に対する処置と自国民に対する処置との間で著しく平衡を欠いていることは明らかであり、我が党として、この暴挙に対し、断固抗議するものである。こうした対応は、もはや中国に対する「謝罪外交」に堕していると言わざるを得ない。

 そもそも、尖閣諸島を「平穏かつ安定的に維持管理」すると称して、漁船避難施設の建設等の実効統治強化策を何ら行わず、自国民の上陸すら禁止している政府の方針は大きな誤りである。

 そのような事なかれ主義の対応が中国政府を満足させることは決してなく、直近の中国国内での暴力的な反日デモの盛り上がりを見れば分かるように、今後、本格的に尖閣諸島や他の南西諸島の奪取に動いてくることは確実である。したがって、初期段階の今においてこそ、尖閣諸島に対する実効統治の強化と明示的な防衛体制の確立が必要なのである。

 今回、日本人が尖閣諸島に上陸したのも、中国による日本侵略の危機を感じ、それに対する政府の方針の誤りと無策ぶりを警告したいという意図があったものと推察される。一見、法秩序に反する行動のようにも見えて、実は、我が国の主権と法秩序を他国による侵害から守りたいという真摯なる願いから出た行動だといえる。

 中国人が反日デモで日系企業を標的に破壊行為に及び、在中邦人に危害を加えるなどしても「愛国無罪」として許されるぐらいならば、今回の日本人による自国領土への上陸は、その意図や様態、また実質的な被害ゼロという結果から見て、まさに「愛国無罪」とされてしかるべきである。

 したがって、我が党は、今回の書類送検に対して厳重に抗議し、検察当局の賢明なる判断を強く望むとともに、日本の領土・領海を他国の侵略行為から守るべく、引き続き国防強化を訴える活動を展開する所存である。

幸福実現党 党首 ついき秀学

PDFデータ⇒尖閣上陸の日本人の書類送検に対する抗議声明

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

[HRPニュースファイル410]長寿の秘訣は仕事にあり!―「生涯現役社会」をいかに築くか

[HRPニュースファイル410]長寿の秘訣は仕事にあり!―「生涯現役社会」をいかに築くか

8月29日、希望者全員を65歳まで再雇用するよう企業に義務付ける「改正高年齢者雇用安定法」が参院本会議で可決、成立しました。(8/29 毎日「改正高齢者雇用法成立:『65歳まで雇用』義務化」)

これは、男性の厚生年金受給開始年齢(60歳、報酬比例部分)が来年4月から3年ごとに1歳ずつ引き上げられ、25年4月以降65歳(女性は5年遅れ)となるため、給料も年金もない「空白」期間を回避することが狙いです。

高齢者の収入確保と年金制度の維持のためには、今後とも定年の引き上げや再雇用の促進は不可欠であり、幸福実現党は「75歳定年制」を提唱しております。

実際、60歳の定年を過ぎても会社で働き続けたいという方は少なくありません。

60代、70代の男女を対象とした勤労意識調査によれば、「何歳まで働きたいと思いますか」という質問に対し、「65~69歳」が最も高く33.5%、続いて「70~74歳」22.0%、「75~79歳」14.3%、80歳以上4.4%となっており、実に75%近くが65歳以上、40%以上が70歳を過ぎても働きたいと考えています。(2011/5 株式会社GF「シニア・高齢者の働く意識の働く意識」)

高齢者が仕事を続けることは「生活費の確保」「生きがいの確保」に資するのみならず、「健康の維持増進」効果も大きいと言われています。

米国専門誌によれば、ギリシア人の男女約1万7千人を追跡調査した結果、退職していたグループは、仕事を続けていたグループに比べて、同年齢での死亡率が1.51倍高く、退職年齢が早い人の方が死亡率も高くなることが判明しています。(2008/8/30 日経「長寿と仕事の関係は?~早期退職悪影響も」)

また、米石油大手シェルの社員を調査した2005年の別論文でも、55歳で早期退職した集団は、65歳で定年退職した集団より、死亡率が1.37倍高いことが判明しています。(同上)

日本でも同様の傾向が見られ、東京都健康長寿医療センター研究所の調査によれば、社会活動に参加している高齢者は、していない人よりも障害発生率が低く、生存している人が多かったことが判明しています。(「全国高齢者の生活と健康に関する長期縦断調査」プロジェクトの概要)

その意味でも「健康で長く働き続ける社会」を目指していくことは重要ですが、現状の就業率は55~59歳では75.2%であるのに対して、60~64 歳は57.3%、65~69歳は36.3%、70~74歳は22.8%と大きく低下しています。(内閣府 平成24年版『高齢社会白書』)

高齢者の雇用を増やしていくために、幸福実現党は高齢者が働き続けることができる業種、ビジネスへの支援施策や高齢者によるベンチャービジネスの立ち上げ支援等を行なう予定です。

また、 高齢者が仕事で使いやすいパソコン、高齢者の労働支援となるネット環境やユビキタス機器の開発、情報バリアフリーの解消等に投資して参ります。

もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?』(大川隆法著、幸福の科学出版)でドラッカー霊は「年金制度を立て直すためには、『亡くなる五年前ぐらいまで働ける社会を、どうやって構築するか』ということを考える必要があります」と述べています。

今こそ、日本は世界に先駆けて「生涯現役社会」の実現していくことが迫られています。

幸福実現党は年金・医療などの社会保障不安が高まる中、国に頼らず、生涯を通じて元気に働き続けることができる「生涯現役社会」を築いて参ります。(文責・黒川白雲)
幸福実現党 黒川白雲政調会長

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

火星探査機キュリオシティー「火星に水の痕跡―丸い砂利を発見」

昨日のAFPのニュースですけど火星のキュリオシティーが火星で水の流れで丸くなった砂利を発見したそうだ。

いつの時代かはこのニュースでは知る由もないのですが、火星にも地上に大量の水が流れていた時代があったということですね。

おそらくはその当時、火星にも人類が存在していたのでしょうし、高度な文明が発達していたのだと想像されます。

大川隆法総裁の宇宙人リーディングによれば、まだ火星には地下に火星人なるものも存在しているそうです。

地球にもけっこう火星人が来ているようです(火星に関心のあるあなたもそうかもよ)。

キュリオシティーによって火星人の痕跡が発見されることはまあないのでしょうが、NASAは知っているんでしょうね。

それを探すために火星まで行ったんでしょう。


宇宙開発では日本は、米・中・ロに大きく水を開けられているのですから、「宇宙の法」が日本発で説かれているのですから日本もはやく宇宙へのフロンティアを求めて行かなければならないでしょう。

これからは否が応でも「宇宙人」と付き合わなければいけなくなる時代がもうそこまで来ようとしているのですから。

NASAの火星探査車、「勢いよく流れる川」の痕跡を発見
2012年09月28日 10:18 AFP
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2904315/9595431

NASAの火星探査車、「勢いよく流れる川」の痕跡を発見

【9月28日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は27日、かつて火星の地表を「勢いよく流れていた」とみられる太古の川によって運ばれた砂利が、火星探査車キュリオシティー(Curiosity)によって発見されたと発表した。

 火星に水が存在したことを示す証拠はこれまでにも発見されているが、川床の砂利が見つかったのはこれが初めて。

 ゲール・クレーター(Gale Crater)の北端と、キュリオシティーの目的地であるシャープ山(Mount Sharp)の基盤との中間地点で撮影された画像には、礫(れき)岩の層となって固まった小石の集まりが写っている。

 NASAによれば、小石はその大きさからみて風ではなく水流によって運ばれたことが分かる。また形が丸いことから、これらの石がクレーターの外縁上部から長い距離を流されてきたとみられるという。

 NASAの科学者らは、この流れは秒速3フィート(約90センチ)と速く、深さは人のくるぶしから腰の間あたりまであったと推測している。(c)AFP




不滅の法―宇宙時代への目覚め (OR books)



「宇宙の法」入門 (OR books)



宇宙からの使者―地球来訪の目的と使命 (OR books)



地球を守る「宇宙連合」とは何か―宇宙の正義と新時代へのシグナル (OR books)



宇宙からのメッセージ―宇宙人との対話〈Part2〉 (OR books)



宇宙の守護神とベガの女王―宇宙から来た神々の秘密 (宇宙人シリーズ)



レプタリアンの逆襲〈1〉地球の侵略者か守護神か (OR books)



レプタリアンの逆襲〈2〉進化の神の条件 (OR books)



宇宙人との対話―地球で生きる宇宙人の告白


宇宙人リーディング―よみがえる宇宙人の記憶


グレイの正体に迫る (OR books)



宇宙人による地球侵略はあるのか (OR books)



日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)


中国「秘密軍事基地」の遠隔透視―中国人民解放軍の最高機密に迫る (OR books)


【関連記事】
火星探査機・キュリオシティー着陸成功―オバマは火星人がいることを知っている?
米シンシナティにもUFOが出現
10月13日ニューヨーク・ゴールデンゲートブリッジにUFO出現
中国山西省とニューヨークにUFO出現!
「UFO暴露プロジェクト2010」
手足の指6本づつ 全部で24本は宇宙人?
来年はUFO重大出現の年となるのか?
やはり月の裏側には基地があった
チャーチル元首相がUFO遭遇情報を50年間隠蔽指示か
はやぶさ帰還!ご苦労さま。 第980回「宇宙といえば何を思い浮かべますか?」
アメリカ元州議会議員が語る―「アイゼンハワー元大統領は宇宙人とコンタクトをしていた!」
ホーキング博士「タイムトラベルは実現可能」―タイム・マシンは霊速で実現可能

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「救世主」が日本に生まれているのに気付かぬとは、誠に愚かなことである。

植民地に されたくなくば 核武装せよ!



1000冊以上もの真理の書籍・霊言が出ているのに、

まだ分からぬか!

日本を救うのは、幸福の科学であり、


幸福実現党であるのだ。

多くの霊人が日本を救う提言をし、

核武装を支持していることを知れ!


霊や宗教を嗤う者たちは、


何ら中国の唯物論と変わらぬ思想なのだ。


一時間も原稿も見ずに1,700回以上も講演してきた存在に気付け!

あなたにそれができるかを考え、

謙虚になって真理の書を手に取るのだ。


決してこの動画を見ることは偶然ではなく、

必然であることに気付け!


救世主が日本に生まれているのに、

気付かぬとは、誠に愚かなことである。



映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


9月に発刊された幸福の科学・大川隆法総裁の書籍の数なんと19冊!

これを人間業でできるのか!

これこそ救世主の証明ではないのか。

現代に生まれた救世主の声に耳を傾けない人は、永遠の後悔を残すことになる!

そのことを知っておいてほしい。



映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)


核か、反核か―社会学者・清水幾太郎の霊言
『核か、反核か』――社会学者・清水幾太郎の霊言


神武天皇は実在した
『神武天皇は実在した』――初代天皇が語る建国の真実


カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る―後藤田正晴の霊言
『カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る』――後藤田正晴の霊言


公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか
『公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか』


佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす
『佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす』


李克強 次期中国首相 本心インタビュー―世界征服戦略の真実
『李克強 次期中国首相 本心インタビュー』――世界征服戦略の真実


ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング―同盟国から見た日本外交の問題点
『ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング』――同盟国から見た日本外交の問題点



中国「秘密軍事基地」の遠隔透視―中国人民解放軍の最高機密に迫る (OR books)



守護霊インタビュー 石原慎太郎の本音炸裂


松下幸之助の未来経済リーディング
松下幸之助の未来経済リーディング (OR books)


大江健三郎に脱原発の核心を問う―守護霊インタビュー
大江健三郎に脱原発の核心を問う―守護霊インタビュー


皇室の未来を祈って―皇太子妃・雅子さまの守護霊インタビュー
皇室の未来を祈って―皇太子妃・雅子さまの守護霊インタビュー


今上天皇・元首の本心 守護霊メッセージ
今上天皇・元首の本心―守護霊メッセージ (OR books)


橋本左内、平成日本を啓発す―稚心を去れ!
橋本左内、平成日本を啓発す―稚心を去れ!


野獣対談 ―元祖・幸福維新
元祖・幸福維新―野獣対談


トルストイ ―人生に贈る言葉
トルストイ 人生に贈る言葉


国を守る宗教の力
国を守る宗教の力―この国に正論と正義を


アインシュタインの警告
アインシュタインの警告―反原発は正しいか


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

民主、自民に秘策を提案。

小島さんも私と一緒のこと考えてました。

でも自民党だったら大臣になってもらいたいが、民主党は早く潰れてほしいですね。


~~~
民主、自民に秘策を提案。

幸福実現党 小島一郎氏の official web siteから転載


9月26日14時過ぎ、安倍晋三元首相が自民党総裁に就任しました。

我が党の政策に最も近い安倍晋三元首相が、自民党総裁として選出された事に、私は心からのエールを贈りたいと思います。

同日、総裁選直後の15時より、大川隆法幸福実現党名誉総裁による、安倍晋三守護霊と立木秀学党首(本人)による『スピリチュアル党首対談』が行われました。

リバティクリップで紹介している通り、安倍晋三守護霊はマスコミ批判を警戒して、終始、慎重な発言でした。

日本防衛、憲法改正は一貫していました。

幸福実現党の政策を取り入れている事を何度も発言していました。

消費税の考え方、経済政策、国防など、「幸福実現党が批判を恐れずに発言、行動し、世論が変わってきたら政策に採用する」と言うスタンスはハッキリしていました。

一方、2030年代原発ゼロ政策の閣議決定を踏み止まり、尖閣、竹島問題への取り組みやオスプレイの配備などを見ている限り、今や、野田政権も世論の動きを見ながら、幸福実現党の政策を採用しています。

マスコミからも既成政党からも、恐れを知らないモルモット政党として見られている我が党。世論が動くと政権もマスコミも黙って追従しています。

そこで、秘策を提案してみたいと思います。

中国による国際情勢が緊迫してきて、急を要する時には、選挙を待たずに幸福実現党から閣僚に採用する事です。

防衛大臣(国防)、外務大臣(外交)、経産大臣(エネルギー問題)、財務大臣(景気対策)、等、緊急に断行、実行しなければならない時、私達は何をも恐れずリーダーシップを発揮します。

大臣は民間から起用できます。

幸福実現党は責任政党として、第一党を目指しますが、いざという時には、我が党から閣僚として採用すれば、日本の政治は急速に動きます。

まさかの時の幸福実現党です。密かに検討に入られる事をオススメします。

幸福実現党 小島一郎

~~~

まだ霊言聴いてないんですけど阿部さんどうも幸福実現党を頼りにしているようではあっても、何かモルモット的に使い走りさせようと思ってはないですよね。

一憂国者の紙つぶて 加納有輝彦(幸福実現党)
→君よ、主を盾とすることなかれ ~安倍晋三という桜花(国家)に想う~


安倍自民党総裁守護霊vs.立木幸福実現党党首-『スピリチュアル党首討論』

安倍自民党総裁守護霊vs.立木幸福実現党党首-『スピリチュアル党首討論』の全編を収録した書籍は、近日中に発刊予定です。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

安倍総理、石原外務大臣、ついき防衛大臣で「国難打破」へ!

安倍総理、石原外務大臣、ついき防衛大臣で「国難打破」へ!

幸福実現党・こぶな将人氏のコラム
から転載

国民の皆さんがご存知のとおり、自民党総裁選の結果、安倍元総理が勝利を収めました。私もたまたまリアルタイムでの中継を見ることができました。実質的に次回の総選挙で自民党が第一党になることが確実視されている中、いわば政権交代後の新総理選出といってよい選挙になりました。会場もそのようなことが十分に分かっているがゆえに、大変な緊張であったものと推測いたします。

今回の総裁選挙は、蓋を開けてみないと分からないという大変な激戦が予想されておりました。5名の候補者もそれぞれ実力者であり、民主党とは好対照をなすことになりました。

さて、民主党の面々と比較すると、5名の候補者いずれもが、安心できるものがありましたが、今回の総裁選挙はいわゆる消去法で決定した観もあります。

本来は、国民的な人気という意味では石原氏がダントツではなかったかと思いました。しかし、都知事の尖閣購入に関わる一連の混乱の中で、あたかも「石原都知事は伸晃氏の総裁選挙のために尖閣問題を利用した」などという噂(チャンネル桜からの発信が最も印象的でした)がネットでも一気に広がり、または、谷垣執行部を支えないといけない立場なのに、主人を裏切りあたかも「明智光秀のようだ」などという話もありました。

これは本来の政策論争、または、次期総理を選ぶときの基準にはなりえないような話ではありましたが、都知事には正面立って批判できないマスコミもこの動きに乗じて、 国民もほとんど石原氏には見向きをすることがなくなってしまいました。しかしながら、国政の現場にいる国会議員の方々は、さすがによく分かっておられたようで、石原氏支持がトップであったようです。

さて、最終決戦になった石破、安倍の両氏を比較したとき、日本の伝統的な考えとして、一回総理を経験した方が再登板をするということは、戦後政治史の中ではなかったことでありました。しかし、現在の国難がいかに厳しいかということがもっとも大きかったと思いますが、そのほかに、どうも石破氏が本当に総理総裁の器足りえるか、という根本的な疑問を多くの「国会議員」の方が持ったがゆえに、消去法で安倍氏に至ったと思いました。

もちろん、個人的にも安倍氏について望ましいと感じたことは言うまでもありません。一度経験されたことが強みになりますし、安全保障以外にも経済政策としても以下のことを主張されていたようです。

①消費税増税は、デフレ脱却後(=2014年の消費税増税は実質的に行わない)
②公共事業を推進
③インフレ目標3%(日銀法改正も視野)

これは、幸福実現党が、主張してきたこととほぼ一致しています。

冒頭に申し上げたように、次期総選挙は、遅くても2013年9月までには行われます。そしてその結果、自民党が第一党になることが予想されています。残念ながら幸福実現党としては、議席獲得がまずは、目標になっていますが、本日の総裁選挙で安倍氏が当選をしたことにより、一気に日本の未来が明るくなったといえます。

そして、来年、総選挙、参議院選挙を経て、私たち幸福実現党ついき党首がバッチをつけ、国会議員となった暁には、ぜひ、政権入りを果たしていただきたいと強く願うものです。自民党政権としても、幸福実現党の政策発信力はすでに、世界的になっています。ぜひ、ついき党首には、防衛大臣の責を担っていただきたいと勝手に思っています。

そして、中国からの脅威、いわば平成の元寇に立ち向かうもうひとつのポスト、外相には石原伸晃氏を充てることにより、協力な救国タッグを組み、チンギスカンを彷彿とさせる中国の習近ペー氏を撃退していただきたいものです。これで、このブログタイトルにもありますように日本にゴールデン・エイジが近づいていくのではないでしょうか。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)


中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く
中国と習近平に未来はあるか



世界皇帝をめざす男―習近平の本心に迫る



中国「秘密軍事基地」の遠隔透視―中国人民解放軍の最高機密に迫る (OR books)



日本政治の常識破壊 ついき秀学×日下公人


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

今度は、台湾までもが「ファイナル・ジャッジメント」に!

今度は、台湾までもが「ファイナル・ジャッジメント」に!

幸福実現党・こぶな将人氏のコラムから転載

HS関係の皆さんはご存知の事と思いますが、10月6日(土)公開の映画「神秘の法」大成功に向けてのお誘いなどで、私自身も多忙な中でありますが、アップさせていただきます。

今日、帰宅してからいつものようにニュースをチェックしていたら、予想以上の事態になっていることが分かりました。

①外務省事務次官が中国に行き、「尖閣問題棚上げ」を提案していた。
②「台湾船」が尖閣上陸を試みた。

二つの出来事を見て、非常に精神衛生を保つのが、厳しくなってしまいました。

まず、①ですが、そもそも今回、国際法を破り、悪事を重ねてきたのは中国側です。幸福の科学では、これまでの反日デモなどの黒幕にいるのが、国家主席に就任する習近平氏であることが暴露されています。彼は、明確に日本を属国化することを意図してさらに、アメリカ包囲網まで造ろうとして、中東で反米デモの指揮まで執っていることが明らかになっています。

この習近ペー氏黒幕説は、元々は大川総裁が9/16大阪での講演会で指摘したものですが、一週間経った現在、情けないことに大手マスコミはほぼ追随しているようです。なぜ、ニュースソースを明らかにしようとしないのか、本当に彼らは、男(女)なのでしょうか。マスコミ人魂なるものは本当にあるのでしょうか。

さて、話がずれてしまいました。そのように暴走している中国に対して、日本政府の対応はあまりにもひどいと思いました。言い分としては「日中友好40周年の記念式典」がキャンセルになったことに対して、何とか思いとどまって欲しいということもあるでしょう。しかし、まさにそれこそが中国側の思う壺であって、彼らからすると「日本側が謝罪に来た」としか見えない構図になっています。

そもそも、尖閣は日本固有の領土なので、国が買おうがもし、私個人が買おうが、まったく関係のないことで、なぜそうしたことで、中国本土においてデモが起きるのか、おかしな事態になっています。ゆに、本来ならば日本側が、明確に抗議すべきところです。あの黄島ジャスコ、青島トヨタの惨状を見る限り、本来、中国政府が厳重に取り締まらなければならないはずで、あれだけの被害が出たのであれば、中国側は賠償しなければならないでしょう。

しかし、なぜ日本外務省は、「謝罪外交」のごとく、外務次官がノコノコと中国へいくのでしょうか。まったく理解できない状況です。

ここは、大川総裁が指摘しておりましたが、尖閣有事の際には、どのような対処をするのか、あらかじめ宣言しておけば自衛隊の皆さんは、心置きなく、中国人民解放軍を叩きのめすことが可能でしょう。というよりも、中国側としても、本気で戦争をするリスクを犯す気はさらさらないはずなので、尖閣問題そのものは、収束していくはずです。

もはや、現時点に至り、明確に国家の指針を出すことができるのは、大川総裁以外にはいないのが実態なのではないでしょうか。

さらに本日は、台湾側も、尖閣上陸を果たそうとしているニュースが出ていました。確かに現在の総統の地位にある馬氏は、中国大陸の生まれでもあり、親中政策を進めてきたので、危機感を持っていましたが、尖閣の問題で、中国側に立ちつつあることが分かりました。

しかし、もし、中国が強行な武力行使をして、日本政府がまったく抵抗せず、尖閣が「中国領」として実行支配されたとき、台湾の皆さんは、実質的に中国大陸に取り込まれていることに気づかないのでしょうか。戦争は、ある意味、陣取り合戦のようなものですから、どちらが先に、重要な地点を押さえるのかがポイントになるでしょう。そうしたときに尖閣が日本領であることの意味は、台湾の皆さんはもう少し理解されたほうがよいのではないでしょうか。

もし、尖閣諸島が中国大陸の支配下に置かれたとき、次に狙われるのは、宮古島、石垣島、与那国島などです。その距離は、非常に近づいています。これらの島々が中国のコントロール下に入ったならば、台湾と日本との間に中国大陸が割り込む形になります。

台湾の皆さんは、本当にそうしたことが起こってよいのでしょうか。それを承知で抗議、上陸活動をされているのでしょうか。すでに台湾の皆さんは、中国大陸の一部となって反日をされたいのですか。確かに指導者は、怪しくなっています。総統選挙の折に、多数の中国駐在の台湾ビジネスマンが、故郷に戻り、馬総統の支援を行ったとも聞いております。しかし、尖閣に口をつっこむことが、自らの安全を脅かすことになるとは、まったく理解できないのでしょうか。

いずれにしても、6月公開された「ファイナル・ジャッジメント」が日本にも本格的に襲い掛かっていることと同時に、なんと台湾自身にも「FJ」がきそうな状態になってきました。文字通り、時々刻々と状況は悪化しています。

10月6日(土)公開の映画「神秘の法」においても、日本の危機について、具体的にアニメ映像として訴えています。また、映像としても驚くくらい素晴らしい形になっております。西多摩近辺では、ムービックス昭島および、ワーナーマイカル日の出で上映されることになっております。ごらんいただくことを強くお勧めいたします。

また、大川総裁の霊言は、幸福の科学支部で拝聴できるほか、書籍として出版されております。ぜひご一読ください。今回は、過激にも見える文章で、大変失礼に存じます。生意気で大変恐縮ですが、公的な憤りということでご理解賜れば幸いです。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)


中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く
中国と習近平に未来はあるか



台湾と沖縄に未来はあるか? (幸福実現党シリーズ)



世界皇帝をめざす男―習近平の本心に迫る



中国「秘密軍事基地」の遠隔透視―中国人民解放軍の最高機密に迫る (OR books)



李克強次期中国首相本心インタビュー―世界征服戦略の真実


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

自民・安倍新総裁は「幸福実現党の政策が頼り」

昨日の朝日の阿部さんへの叩き方はそれほど酷いものではなかったみたいでした。

それは、この記事で理由が分かります。↓
朝日新聞主筆 若宮啓文守護霊インタビュー

次は、ナベツネの霊言も出るのでしょうか?

民主党でも民間の大臣を登用したのですから、阿部総裁が総理に返り咲いた暁には、ついき秀学党首を国防大臣にでも抜擢してもらいたいものです。



自民・安倍新総裁は「幸福実現党の政策が頼り」
2012.09.27


26日に誕生した自民党新総裁・安倍晋三氏。27日には幹事長に総裁争いを演じた石破茂氏を指名し、挙党体制を固めた。



27日付各紙は、5年ぶりのカムバックとなった安倍新総裁に対して、それぞれの「お家の事情」を垣間見せる論調を見せている。



■5年前、安倍バッシングの急先鋒となった朝日は、今回はやや自重してか、正面切っての批判は避け、社説で「石原氏が失速、古参議院に嫌われた石破氏に競り勝ち、消去法で勝った」とし、「領土問題で中韓との関係がきしんでいなければ、再登板はなかったかもしれない」と、悔しさをにじませる。

■一方、産経の社説は、「強い日本を構築していくことこそ安倍氏の歴史的使命。党の総力を挙げ、処方箋をまとめてほしい」とエールを送る。

■また読売も社説で、「政権奪還への政策力を高めよ」「保守志向が再登板の追い風に」と、3年前は民主に「政権交代」させておいて、今度は早くも「政権奪還」と打ち上げている。

■笑えるのが東京。一面トップの見出しが「民も自も『タカ派』」だ。野田首相は民主党で最もタカ派であり、安倍氏も自民党で最もタカ派。それが国民の手の届かないところで決まっている、と露骨に批判している。



さて、実は安倍新総裁の所信表明に先立って、26日午後3時から、安倍氏の守護霊が幸福の科学総合本部に招かれ、立木秀学・幸福実現党党首(こちらは本人)と『スピリチュアル党首討論』が行われた。

本webで近日公開する予定だが、特徴的だったのは、安倍氏は前回の教訓を踏まえて、マスコミに揚げ足を取られ攻撃されることを警戒し、非常に慎重に行こうとしていること。そして、安倍氏が一番頼りにしているのは、実は幸福実現党の政策だったということだ。



安倍氏の守護霊はこのように語っている。「幸福実現党の政策の通りにやっています」「日銀によるマネーサプライを増やして、資金をもっと動かして経済を活性化しようという、幸福実現党の政策はそのまま受け入れているし」「経済成長あっての消費増税だということを言って、まず増税ありきではないんだと言っていますので、基本的にあなたがたの政策は正しいと考えていて、実際上の安倍派の考えだと考えています」



野田佳彦首相も、実は幸福実現党の政策を採り入れて、国防・外交の強化、脱原発からの方針転換などをしている。つまり、東京新聞風に見出しを付ければ、「民も自も政策は幸福実現党」となる。



これを裏付けるように、NHK幹部の守護霊、朝日新聞主筆の守護霊の霊言も、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁と幸福実現党の主張を「後追い」していることを明かしている。だが、後追いするなら、きちんと「ソース」を明らかにするのがマスコミのルールのはずだ。



ともあれ、安倍新総裁には、首相に返り咲いた暁には、幸福実現党の政策をきちんと実行し、憲法9条改正と国防強化、経済成長路線をしっかりと敷いていただきたい。そして幸福実現党政権への道筋を付けていただきたいものだ。(仁)


【関連記事】

公開霊言抜粋レポート 朝日新聞主筆 若宮啓文守護霊インタビュー


公開霊言抜粋レポート NHKはなぜ中国政府の言いなりなのか?

2006年1月号記事 安倍晋三氏の過去世

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)



神秘の法―次元の壁を超えて (OR books)



不滅の法―宇宙時代への目覚め (OR books)



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「シネマ情報最前線」に映画「神秘の法」ダイジェスト!~道端アンジェリカさんのUFO話にも注目!

「第2弾! シネマ情報最前線!」


「シネマ情報最前線」に幸福の科学の映画「神秘の法」が登場!

ダイジェスト版が見られます!


道端アンジェリカさんは、よくUFOを見るそうです。

「神秘の法」は芸能関係の人にも大変注目度が高いようで、皆んな見たいと言っていました。


「不滅の法」では、今年のキーワードは「霊界・奇跡・宇宙人」と言われています。

そう遠くない日、これらの言葉が常識になるのでしょう。


「ほんとうに大切なものは、目に見えないものの中にある」のです。


10月6日、全世界同時公開!

映画「神秘の法」

今世の人生、決して後悔を残さないように。

ぜひ、お見逃しなく!


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ―公式ガイドブック〈1〉 (OR books)



神秘の法―次元の壁を超えて (OR books)



不滅の法―宇宙時代への目覚め (OR books)


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

[HRPニュースファイル409]世界の視線は中東へ。試される日本の覚悟。

[HRPニュースファイル409]世界の視線は中東へ。試される日本の覚悟。

民主党の代表再選を果たした野田首相、自民党では安倍元首相が新総裁となり、日本国内でも政治的に大きな動きが続いています。

一方、アメリカでも11月6日の大統領選挙が近づいており、民主党オバマ陣営と共和党ロムニー陣営が火花を散らしています。

アメリカ国内の選挙において何が争点になっているかというと、CBSニュース・ニューヨークタイムズの世論調査によれば(9/8~12)、上位3位は以下のようになっています。(CBS News/New York Times Poll Sept. 8-12, 2012)

1. 経済・雇用(Economy and jobs): 37%
2. 医療(Health care): 11%
3. 財政赤字の削減(Budget deficit/National debt): 4%

もちろん州ごとによって、バラツキはあるのですが、一目でお分かりの通り、アメリカ大統領選挙で今、一番国民に訴えていることは「経済・雇用」です。

日本としてはアメリカの外交政策争点になるのかどうか気になります。

この世論調査以降に、リビアやエジプトなど、中東各地で起きた反米運動によって外交政策もあらたな争点に浮上しつつありますが、その関心の先は、あくまで中東です。

それを象徴するのが、現在開催中の国連総会でのオバマ大統領の演説です。

11月の大統領選挙前に最後の主要な国際会議・国連総会で、9月25日(日本時間26日未明)のオバマ大統領の演説は「演説のほぼ全てを中東での問題に割り当て、暴力の停止や民主化への支援を改めて強調」という内容でした。(9/26 産経「オバマ大統領の国連演説、中東政策の手詰まり感鮮明に」)

その他にもオバマ大統領の演説では、YouTube映像が中東の騒動のきっかけだとしても、「言論の自由は守られなくてはならない」とも述べており、民主主義における倫理「自由を守る」立場ははっきりと述べられています。(今の日本は、果たしてこのような主張ができるでしょうか?)

この演説は、9月26日のニューヨークタイムズ、ワシントンポストでも一面を飾っています。

特にニューヨークタイムズでは、「オバマ氏の演説は、国連総会に集まった各国のリーダー同じくらい、国内の聴衆に向けてのアピールを意図しているようだった」(9/26ニューヨークタイムズA1)とも書かれており、明らかに大統領選挙を意図していると言えます。

一方、日本の野田首相は、9月26日(日本時間27日未明)の一般討論演説で「沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との対立や韓国との竹島領有権問題を念頭に、領土や海域をめぐる紛争に関し「どのような場合であっても国際法に従い平和的な解決を図る」との立場を表明」しました。(9/27 時事「領土対立、国際法で解決を=尖閣・竹島念頭に国連演説―野田首相」)

CNNでも「Japanese PM takes hardline on China(日本の首相、中国への強硬路線)」として報道されていますが、「国連総会では、中東の問題を中心に取り扱っており、尖閣問題に対しては様子見の状況」という取り上げ方です。

現在の選挙争点の状況を見る限り、尖閣諸島については、中東問題以上にアメリカ国内で取り上げられるまでいかないと思われます。

アメリカのみならず国際社会の目は、中東にシフトしているといえます。

こうした今だからこそ、幸福実現党がかねてから主張している「自分の国を自分で守る」国防政策へと日本は転換していかなくてはなりません。

大川隆法党名誉総裁は、オバマ大統領が就任した2009年から、アメリカの「ジャパナイゼーション(日本化)」が始まると指摘しています。

国民の保険加入を義務づけるオバマ・ケアもひとつの象徴ですが、さらに国防費を削り「アメリカは世界の警察をやめて自国のことに集中する」政策も、残念ながら現在の日本の外交姿勢「触れず・関わらず」に近づいているとも言えます。

今後、日本における集団的自衛権の解釈の変更と、憲法9条の改正に向けつつ、武器の共同開発を淡々と進めていくことを提案します。

昨年末に武器輸出三原則は緩和され、イギリスとの武器の共同開発を進める段階に入っていますが、日本と価値観を共有できる国と淡々と共同開発を進めるのです。

日本の防衛力の向上は、アメリカに対しては財政再建(軍事費削減)に協力することになるので、説得できる環境にあるのは間違いありません。

9月20日のワシントンポストで「With China’s rise, Japan shifts to the right(中国の台頭、日本の右傾化)」という見出しで、日本のスタンスが紹介されていますが、むしろ今までの日本が左傾化し過ぎていたので、国家として当たり前の状態に日本が戻ろうとしていることだと思います。

今後、日本が「自分の国を自分で守る」体制に移行する際に、日本の右傾化を国際社会が非難することがあっても、日本はその正当性をしっかりと訴えるだけの大義を立てる必要があります。

保守回帰へと日本を移行させる力となったのは、国際情勢の変化だけでは説明できません。2009年5月に立党した、幸福実現党の主張が日本を善導しているのです

東アジアにおける正義は日本が打ち立てるという強い気概と行動から、日本が各国の架け橋となる世界のリーダーとなる道が拓かれるはずです!(文責・HS政経塾・第1期生/ 幸福実現党東京都第9選挙区支部長 吉井としみつ)

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

[HRPニュースファイル408] 安倍晋三新総裁誕生は保守回帰の第一歩

[HRPニュースファイル408] 安倍晋三新総裁誕生は保守回帰の第一歩

◇日中友好を祝っている場合ではない

9月25日は、台湾の漁船と海上保安庁との間で放水合戦が展開されました。尖閣諸島沖では、中国の漁船や監視船の接続水域への侵入も行われています。中国国内でも反日デモが過熱し、日系企業の損害は計り知れないレベルとなりました。また、同時に日本から中国への旅行もキャンセルが相次ぎ、旅行業界にも悪影響が出ています。

日本人や日系企業に対する異常なまでの嫌がらせや略奪・破壊行動がある中、旅行のキャンセルは当然です。また、今月末に北京で予定されていた日中国交正常化40周年記念のレセプショは、中国側からキャンセルが告げられています。

加えて、日中友好7団体の会長や鳩山元首相を含めた政治家の訪中も見送られました。鳩山氏側は「沖縄県・尖閣諸島の国有化をめぐり日中関係が緊迫している中、訪中がなんらかの影響を及ぼすのは好ましくない」とコメントしています。

しかしながら、日中外相会談は行われました。

駐中国大使の公用車に対する暴行と日本国旗盗難事件、そして尖閣諸島問題でこじれた日中関係改善を目指したいという日本政府の外交判断だというのは容易に想像がつきます。

ただし、日本政府の思いとは裏腹に、中国政府から日本側に「反省と誤りの是正」を求められました。

普通に考えれば、こうしたコメントは、日系企業への狼藉を働いている中国に対して日本政府が要求するものです。本来ならば、損害賠償請求をするなどして強い態度に出るべきですが、結局、尖閣諸島問題における継続審議を確認したに過ぎませんでした。これでは何のために外相会談なのかわかりません。

◇日本が反省すべき謝罪外交と自虐史観

はっきりものを言わない日本の外交を皮肉を込めて「したたか」だと見る視点もありますが、現実には譲歩に次ぐ譲歩の歴史だというのが真実でしょう。優柔不断や摩擦を回避するための安易な謝罪外交が及ぼした悪例はいくつもあります。

例えば、靖国神社参拝や歴史教科問題。

これらは、中国政府(韓国や北朝鮮も同様)の対日外交カードとなっているのが現状です。日本に対する明かな内政干渉に対して、歴代の内閣は譲歩し続けてきました。

靖国神社問題は、中曽根康弘内閣時代の1985年に表面化しました。それまで中曽根氏は首相在任中に10回も靖国神社に参拝しています。また、それまで歴代の首相の参拝に関して中国政府からの抗議はありませんでした。ところが、85年に中曽根康弘氏は、中国共産党内の内紛に巻き込まれていた友人の胡耀邦氏をかばうために参拝を自粛。以後、靖国神社問題が外交カードとなり、現職の首相による靖国神社参拝は21年後の2006年小泉純一郎首相までありませんでした。

それ以外には、南京大虐殺があります。1937年の12月、当時の南京には20万程度だったにも関わらず、最近になって日本軍によって虐殺された数は30万人になっています。

しかしながら、亜細亜大学の東中野修道氏を筆頭にした日本の学者による南京事件の解明により、中国側の列挙している写真や史実は誤りだらけで精査に耐えるものではないことが指摘されています(参考文献 『南京事件「証拠写真」を検証する』草思社)。

歴史教科書問題は韓国も絡んでいます。李明博大統領が喧伝する従軍慰安婦問題の再燃にしても、歴史的な検証をせずに発表した河野談話が日本政府の足かせになっているのは間違いありません。

つまり、中国や韓国の蛮行の裏には歴史認識問題があります。

「河野談話」や「村山談話」などの謝罪談話や、朝日新聞などが従軍慰安婦問題をたきつけたように、国内メディアによる偏向報道が問題を拡大させました。さらに、日教組を中心とした「日本は悪い国」という自虐史観の刷り込みを学校教育で行ってきたのは、ほかならぬ日本です。その意味では、日本にも責任があり、中国が要求しているものとは違った意味で「反省と誤りを糾す」必要があります。


◇保守回帰への第一歩

9月26日には、自民党の総裁選の決選投票で安倍晋三新総裁が誕生しました。

安倍新総裁は、上記で触れてきた靖国神社への参拝や河野談話などの完全撤廃を宣言しています。現時点、覇権主義の中国に備えて国防強化と歴史認識問題に踏み込める人材が誕生したことは、自虐史観の脱却から始まって憲法改正までの議論も可能となってきます。その意味で、安倍晋三新総裁の誕生は、我が国の保守回帰の第一歩となることでしょう。 (文責:中野雄太)


日本経済再建宣言―幸福実現党の「新・所得倍増計画」でGDP世界一を目指せ!


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

中国の横暴は、平和ボケを目覚めさせるチャンスだ!

中国の横暴は、平和ボケを目覚めさせるチャンスだ!

幸福実現党・松山てつや氏の「最強の日本再建!」から転載

中国の横暴が激しさを増してきた。連日のようにマスコミはトップニュースで取り上げ、親中国のあの朝日新聞でさえ、まさかここまでするとは思っていなかったようで、慌てている様子だ。

数多くの評論家や学者が登場して様々な意見を述べているが、その大半が「感情的になってはならない」「中国とのパイプをしっかり作り、話し合いで解決しなければならない」「今回の件によって結局は中国が損をするだけだ。」などと相変わらずのんきで馬鹿な発言ばかりである。

中国にとって日本は、「かつて中国を占領し、多くの中国人を虐殺し、悪の限りをつくしてきた悪魔の国」なのである。

特に江沢民の愛国教育によって徹底的にそうした洗脳が施されてきたのである。よって日本は「占領してその恨みを晴らさなければならない国」なのである。

その認識を持たずして交渉しても、お得意の土下座外交しかできずに、どんどんと追い詰められていくのは明々白々である。

連日のように行われている反日デモは、明らかに官製デモであり、意図的な日本への圧力である。国内のメディアでは一切報道しておらず、日本、そして海外に向けてのアピールである。中国において、あのような大々的なデモが自然発生的に起こるはずもない。

戦後の日本は、間違った「絶対平和主義」思想に毒され、とにかく平和でありさえすればよく、正義などそっちのけ、恥も外聞も捨て、ひたすらお金をばら撒き、謝罪外交を繰り返してきた。

その姿勢を変えない限り、間違いなく日本は中国に占領される。

この20年間、日本の経済成長はゼロであり足踏み状態であったが、その間に中国はGDPが8倍となって日本を追い抜き世界第2位の大国になった。それに伴い、猛烈な勢いで軍備を増強してきたのだ。

いよいよ日本に対する積年の恨みが晴らせる状態になったのだ。かつての中国とは決定的に違うことをしっかり認識しなければならない。

とは言っても、まだまだ日本の国力は絶大なものがある。国民性の素晴らしさも比較にならないくらい優れている。

今すべきことは、話し合いという名の謝罪、土下座外交では断じてない。毅然たる態度でもって、中国の横暴を非難し、正論を堂々と訴えていくことである。

それと同時に、揺らぎ始めた日米関係を強固にし、ロシア、インド、オーストラリア、東南アジアの諸国との対中国包囲網を作って国防を固めることである。そして、明確なビジョンのもとに未来産業(航空・宇宙、ロボット、海底開発)を育成し、大いなる経済発展を遂げることである。

ある意味、中国にはもっと横暴に振舞ってもらいたい。長年の平和ボケから目を覚ます絶好の機会でもあるからだ。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

安倍晋三氏 決選で石破氏を逆転し、自民党新総裁に

新総裁に安倍氏 決選で石破氏を逆転 
2012.9.26 14:21 産経

 自民党総裁選は26日行われ、安倍晋三元首相が新総裁に選出された。国会議員票と党員票の合計で行われた1回目の投票では、過半数を得た候補者がおらず、1位の石破茂前政調会長と2位の安倍氏との間で、国会議員による決選投票が行われた。その結果、安倍氏が108票を獲得し、石破氏の89票を上回り、逆転勝利した

石破氏を要職起用へ 安倍新総裁が会見
2012.9.26 17:49 [自民党]

 自民党新総裁に選出された安倍晋三元首相(58)は、過半数の地方票を獲得した石破茂前政調会長(55)を要職に起用する考えだ。

 安倍氏は記者会見で、党役員人事に関し「一両日じっくり考える。来るべき衆院総選挙で勝ち抜く強力な布陣を考えたい」と説明。「党員・党友票の過半を獲得した石破氏と私が協力することで強力な態勢をつくれる」と述べた。

 衆院解散をめぐり「近いうちに信を問う」とした野田佳彦首相と自民、公明両党党首との合意について「国民との約束だ。実行してもらえると考える」と指摘した。



自民党総裁選で決選投票で安倍晋三氏が石破氏を逆転で破り、新総裁に決まりました。

<第1回投票>
1位  石破 茂(55)  199票(議員票:34 地方票:165)
2位  安倍晋三(58)  141票(議員票:54 地方票: 87)
3位  石原伸晃(55)   96票(議員票:58 地方票: 38)
4位  町村信孝(67)   34票(議員票:27 地方票:  7)
5位  林 芳正(51)   27票(議員票:24 地方票:  3)

<決選投票>
安倍晋三  108票
石破 茂   89票

久々に明るいニュースです。

しかし、次にまた自民党が政権に返り咲いたら、また安部さんを叩くのでしょうか。


小川榮太郎著『約束の日:安倍晋三試論』には、三宅久之と朝日新聞の若宮啓文主筆とのやりとりが紹介されています。

三宅「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか」

若宮「できません」

三宅「何故だ」

若宮「社是だからです」

朝日新聞にとって阿部氏潰しは社是であり、当然のことなのです。


また「安倍の葬式はうちで出す」「安倍首相を評価するような記事は、一切書かない」と言い放ったとも同著で明かされています。

これが安倍晋氏が総理大臣を辞めた真相であり、亡国民主党政権をつくり出した真相なのです。


衆院選で自民党が与党に返り咲いたら「安倍政権の復活」が現実味を帯びてきます。

阿部氏が総裁になったので、ダメガキのように民主党に媚びを売って三党合意なんてことはないでしょう。


さて明日の27日の朝日新聞は朝刊が見ものです。

朝日新聞は民主党政権を誕生させた張本人であり、中国や北朝鮮、韓国、ロシアからの脅威と国難と災難を呼び寄せた犯人なのです。

つぎの総選挙では、民主党は政権の座から転落し、消滅するでしょうが、朝日新聞も国民を騙し民主党政権を誕生させ、国難といえる3年間つくりだしたことを懺悔する時が来るでしょう。


若宮朝日新聞論説主幹の霊言も収録されたそうなので、いずれ発刊されると思いますが、幸福実現党はマスコミの偏向報道を糾すべく活動をしているので偏向マスコミへの糾弾は激しくなっていくでしょう。

もう、左翼・売国・亡国マスゴミ(朝日・毎日・読売・NHK...)は日本には不要です。

一日も早く回心することを願います。

回心しないなら早く潰れてほしいものです。

これら亡国マスゴミが、これからも栄えるなら6月に公開された幸福の科学映画「ファイナル・ジャッジメント」や10/6に公開される「神秘の法」に描かれた日本の未来が来ることになるでしょう。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法


NHKはなぜ中国政府の言いなりなのか?NHKはなぜ中国政府の言いなりなのか?なぜ幸福実現党を報道しないのか?

NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

10/2発刊!「中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く」

10/2発刊!「中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く」

中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く
中国と習近平に未来はあるか


・著者 大川隆法
・定価 1,470 円(税込)
・発刊元 幸福実現党
・ISBN 978-4-86395-251-5
・発刊日 2012-10-02

中東での反米デモ、中国での反日デモ。
日本での反原発デモ……。
一見、無関係に見えたデモは、
習近平が仕掛けていた!
中国次期国家主席の恐るべき
対日・対世界征服戦略とは!?

▽ヒラリー米国務長官との対談キャンセルの理由
▽反オスプレイ運動を命令したのも習近平だった
▽日本には労組や地方公務員も含め、
 工作員を数千人規模をすでに入れている
▽尖閣の次は台湾を挟み打ちする。
 そのあと、石垣、沖縄を一気に取る



「親中派や、反日的日本人は、次の中国・
 国家主席の本当の姿を早く知るべきだ。
 新しい「元寇」に備えたようがよい。(著者・まえがきより)」


世界皇帝をめざす男―習近平の本心に迫る


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

『ザ・リバティ』11月号 9月30日(日)発売!!

『ザ・リバティ』11月号

9月30日(日)全国書店にて発売!!

今月号の主な特集は、
「近未来予言映画「神秘の法」が常識を破壊する
――「あの世」の証明/もう中韓の好きにはさせない!
維新の英雄らが霊界から緊急提言」です


The Liberty (ザ・リバティ) 2012年 11月号
The Liberty (ザ・リバティ) 2012年 11月号 [雑誌]


ザ・リバティ 2012年11月号
【特集】日本危うし! 尖閣・竹島では終わらない



001 激震スクープ!「核兵器で『10分以内に日本は滅ぼせる』と言えば、終わりだ」
  中国・習近平守護霊が明かす「世界制覇のシナリオ」
006 大川隆法【 未来への羅針盤】ワールド・ティーチャー・メッセージ
2012年の世界を導く教え(10) オバマ VS. ロムニー 米大統領選の行方は
011 リバティ ニュース・ダイジェスト
  自由を愛する香港市民が「洗脳教育」の実施を止めた
  シリアへの介入を阻む中露は安保理常任理事国から外すべき
  マスコミ界の浄化・淘汰の時代が来た
  パートと金融に依存する日本企業に未来はあるか
016 近未来予言映画「神秘の法」が常識を破壊する――
  「あの世」の証明
018 「過去世の阮籍と僕はとてもよく似てるね」インタビュー 評論家 竹村健一
020 この人たちの個性が証明「やはり霊言は本物だ」
024 「リーディング」「霊言」で奇跡が起きた 
028 映画「ファイナル・ジャッジメント」「神秘の法」が予言する
  「日本占領の危機」に備えよ!
031 中国や韓国になめられるな!日本よ、侍国家たれ
  霊人たちが相次ぎ降臨し、日本人に警鐘を鳴らす
  公開霊言・法話レポート
  【霊言Pick Up】1.今上天皇守護霊/2.ダライ・ラマ守護霊/3.井深大/4.アインシュタイン
042 【霊言】維新の思想家・佐久間象山プラン
   防衛力増強に300兆円集める方法
   インタビュー 聖学院大学教授 鈴木真実哉/大阪経済大学客員教授 岩本沙弓
052 【霊言Pick Up】5.NHK幹部の守護霊が明かすマスコミの意思決定とは
053 「幸福の科学ユートピア文学賞2012」結果発表
054 編集長コラム
058 高田純 放射線これだけ知れば怖くない 最終回
060 相馬勝 中南海インサイド・ウォッチ 第22回 習近平の“不在”は対日強硬ののろし
062 宇田川敬介 政界深層メモ 第30回 日本維新の会を持ち上げて同じ過ちを繰り返すのか?
064 幸福実現党 はてな? Voice(11)
065 釈量子の志士奮迅 (8)
066 ハッピー教育相談室 学園熱血教師のアドバイス(9)
068 宗教学のいま 「ためされる宗教の公益」とは――
072 伊藤貫のワールド・ウォッチ (7) 領土紛争の多発はノーマルな国際政治の姿である
074 ハッピー・サイエンス・ニュース
  震災から1年半 仙台正心館で鎮魂式典
076 Book Review
078 Voice
081 読者プレゼント
082 天国か地獄か 文学者霊界マップ あの大作家は今どこにいる?
090 ユトリノフォト
094 Movie
095 精舎を訪ねて
096 Art

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

首相官官邸前で脱原発とは真逆の「原発推進」集会に1000人が参加

首相官官邸前で「原発推進」「原発推進」集会!



速報!!□■□9月25日(火) 「政府に原発推進を求める集会」 開催報告□■□(HRPニュース)


脱原発とは真逆の「原発推進」集会に1000人が参加 首相官邸前でシュプレヒコール
2012.09.25 ザ・リバティweb


毎週金曜に「脱原発デモ」が行われている首相官邸前で25日、脱原発とは真逆の「政府に原発推進を求める集会」(主催:原発推進国民会議)が行われ、約1000人が原発の早期再稼働を求めた。



集会では、同会議の古山隆夫代表が「火力発電に用いる石油は輸入に頼らざるを得ない。原発を止めた場合の安全保障について十分に考えられていない」と訴え、協賛団体の立木秀学・幸福実現党党首は「脱原発で電気代が2倍になり、GDPにマイナスの影響がある」と主張した。



集まった約1000人の参加者は、「福島原発の放射線で亡くなった人はいません!」「脱原発は間違いです」「風力発電は風まかせです」などとシュプレヒコールをあげた。看板や横断幕には、「原発は日本経済に必要です!」や、「Halting nuclear energy will double your power bill!(原発を止めたら電気代が2倍になる)」といった英語による海外へのメッセージもあった。



その後、古山代表と幸福実現党の黒川白雲・政調会長は内閣府を訪れ、野田佳彦首相宛てに、(1)「脱原発」方針を撤回し、原子力発電を維持・推進すること、(2)安全性の確認された原子力発電については、早期再稼働を進めること、(3)核燃料サイクルを確立し、効率的なエネルギー供給策を実現すること、とする「政府に原子力発電の推進を求める要請書」を提出した。



黒川氏は「工場の経営者から、節電でパートさんの首を切らざるを得ないという声を聞いています。しかし、脱原発の報道が多いので、経営者もそれを言えない状況です」などと伝えた。内閣府の担当者は「いただいた要望書と、今おっしゃったことをしっかり総理に届けます」と答えたという。



野田政権は14日に「2030年代に原発稼働ゼロ」の政府戦略をまとめたものの、その後、閣議決定を見送るなど、原発をゼロにするかしないかで揺れている。しかし、同会議が主張するように、原発の代わりに期待されている再生可能エネルギーは、出力が不安定でコストが高いため産業界への負荷となる。また、火力発電への依存度が高まれば、化石燃料の輸入が日本の生命線となり、国際情勢の変化で日本が干上がる危険性が増大する。



脱原発を叫ぶ人々や、それを大々的に報じるマスコミは、こうした事実から目をそらしているが、いずれも日本の未来に対して無責任と言わざるを得ない。野田首相は、今回の「原発推進」の声に真摯に耳を傾けるべきであり、マスコミも脱原発運動と同じぐらいの扱いで報じ、その事実を国民に知らせるべきである。(居)



【関連記事】
2012年9月15日付本欄 脱原発デモに行ってみた 彼らの声で国家の舵取りをするのは危険だ

2012年9月5日付本欄 「原発ゼロ」で家庭の光熱費が今の2倍に

公開霊言抜粋レポート 「日本人は虐殺されて罪を償うべき」 大江健三郎守護霊が力説 日本が滅びるべきだという理由

アインシュタインの警告
アインシュタインの警告―反原発は正しいか


核か、反核か―社会学者・清水幾太郎の霊言
『核か、反核か』――社会学者・清水幾太郎の霊言


大江健三郎に脱原発の核心を問う―守護霊インタビュー
大江健三郎に脱原発の核心を問う―守護霊インタビュー


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

尖閣諸島に自衛隊を配備せよ!

尖閣諸島に自衛隊を配備せよ!

幸福実現党 曽我周作氏のブログです


今朝から、台湾の船が数十隻ほど、日本の尖閣諸島の領海に侵入してきているようです。

なぜ、この期に及んで、自衛隊を尖閣諸島に配備することをしないのでしょうか。

この危機的な状況においても、危機感を持てないのでしょうか。

私は、台湾は日本に戦争を仕掛けてくることはないと思っています。

彼らの国にとって、それだけの国力もありませんし、彼らの国益にもかなわないはずです。

台湾も、中国からの侵略の脅威にさらされており、日米と協力しながら台湾の防衛を考えなければならないからです。

これは台湾の国内から、政権に対して「弱腰」だと言われることを恐れており、
また、現在、日本と中国で尖閣問題で衝突しており、世界が日本と中国に注目しています。

そこで、馬政権は「台湾も領有権を主張している」というアピールをしているわけですが、
日本国政府としては、当然厳重抗議をしておくべきでしょう。厳しい警告を発しておくべきだと思います。

台湾政府にとっても、日本国民が、いざという時に、台湾を助ける気持ちが持てなくなるようなことは避けるべきだと思いますので、それを警告しておくべきだと思います。

先般から起こっている竹島の問題の後、日本国民の韓国への感情は非常に悪化しており、
国民感情的には、韓国が北朝鮮などから危機にさらされても、それを積極的に助けようという世論にはならない可能性が非常に高いと、私は思います。


話は戻り、現在の本当の問題は、中国です。

先日出港した漁船、1000隻ともいわれていますが、まだ東シナ海海上にいるものと推定されます。

様々な揺さぶりをかけた後、そして日本国民が忘れかけた頃に、大挙して尖閣に突入してくるかもしれません。

中国共産党大会の後、習近平が国家主席になった直後、すなわち10月にでも、それが起こるかもしれないのです。

もはや時間がありません。

尖閣諸島を防衛できるか否かがかかっています。

今すぐに自衛隊を尖閣諸島に配備すべきだと思います。

中国共産党大会が行われるまで、中国は大規模な動きが取れないものと思われる、今のうちに防衛体制を固めるべきだと思います。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開
映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「保卫钓鱼岛宣言」「習近平に告ぐ!中国国民に告ぐ!」

習近平に告ぐ!日本人を代表しての船上(戦場)告知!


保卫钓鱼岛宣言

「尖閣列島防衛宣言」中国語(簡体字)版

保卫钓鱼岛宣言

告习近平和中国共产党高级官员书

谨此声明,钓鱼诸岛是日本领土。

你们应该立刻离开钓鱼诸岛!

停止侵略行为!

我们必定要保卫国家!

必定戳穿你们的狼子野心!

日本是神的国家是神国。

如果神国寸土被侵犯,定将受上天的惩罚!

犯下的罪孽必将导致自灭,

中国共产党的一党独裁必将受到天罚而自亡。

应放弃侵略别国的野心,以和为贵,

回归清纯的心境,

解放人民,崇敬佛神。

告中国人民书

日本人民无害人之心,

是有爱心重道紱的民族。

你真正的敌人是夺走了人民的信仰和言论自由的独裁政府,

是为了自己的私欲,掠夺人民财产的匪帮。

现在,13亿人民团结起来,

推翻共产党独裁体制,

打败佛神和人民的敌人!

这是天意。

这是天命!

遵从天意站起来吧!

上天定会助你成功!


===

【1】習近平、並びに中国共産党幹部に告ぐ

尖閣諸島は日本の領土である。
汝らすみやかに尖閣諸島より、退散すべし。

侵略行為を止めよ。
我ら必ずやこの国を守らん。

我ら必ずや汝らの野望を打ち砕かん。

日本国は、神が統べる「神国」なり。
もし、一寸たりとも、神国の地を犯せば、必ずや汝らに天罰が下らん。

その罪、必ずや汝らを内から滅ぼすであろう。
中国共産党一党独裁体制は、必ずや天罰により、自壊するであろう。 

汝ら、他国侵略の野心を捨て、大和の心に服すべし。
清き心に帰るべし。

民を解放し、神仏の心に服すべし。
 

【2】中国の民に告ぐ
 
日本人に害心なし。
愛の民、徳の民なり。

真なる敵は、汝ら民より、信仰を奪い、言葉を奪い、自由を奪う、
独裁政権にあり。

己の欲得のために、人民より金品を強奪する、山賊集団にあり。

今こそ、13億の民の力を結集し、
中国共産党一党独裁体制を倒すべし。

神の敵、民の敵を、打ち倒すべし。
これ、天意なり。

今天命が下らん。
汝ら天意に従い、立ち上がるべし。

天、これを必ずや助けん。

矢内筆勝



国難に備えよ―日本の安全保障を問う!


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開
映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

米国民の過半数「中国は脅威」「最も危険な国」

米国民の過半数「中国は脅威」「最も危険な国」

幸福実現党 小島一郎氏のofficial web siteから転載


習近平次期国家主席が主導して行われた、数々の反日暴動、政策は、今朝の産経新聞の【米国民の過半数「中国は脅威」 最大の危険性持つ国】という記事にあるように、アメリカ国民の強い警戒につながっています。

一部、抜粋します。

米国大手世論調査機関の「ピュー・リサーチ・センター」が「カーネギー国際平和財団」など他の4研究機関の協力を得て米国の中国認識について調査した。

「中国の世界パワーとしての登場を米国にとっての主要な脅威とみるか」との問いにイエスと答えたのは、

一般米国民で全体の52%、退役軍人で46%、政府職員で31%。

「米国にとってどの国が最大の危険か」という質問に、

中国を挙げたのは、一般米国民で26%、退役軍人で50%、学者で27%だった。

「中国を信用するか」との問いには、

一般米国民の68%、共和党支持者の74%、民主党支持者の61%がノーと答えたという。

同調査で「信用できる国」として

1位がイギリスで、全体の78%、日本が第2位で62%だった。

さらに、対中政策については一般国民の45%がもっと強固にすべきだと答え、「大体、正しい」という人の39%を上回った。

もっと強固にすべきだという答えは退役軍人では48%、経済人で35%、学者で17%、メディア関係者で31%だったという。

また中国が台湾に武力攻撃した場合の対応については、一般国民の48%が米国も軍事力で台湾を守るべきだと答え、軍事力を使うべきではないと答えた人は43%だったという。

米側の中国や外交に関する専門家の間では、台湾が一方的な独立宣言をしないのに中国が軍事攻撃した場合、米国が軍事力で台湾を守るべきだと答えた人は63%に達した。

抜粋終了。



習近平氏は、日本に圧力をかけて脅せば屈すると読んで、反日デモ、反日暴動・略奪行為を指示したのでしょう。

しかし、逆に日本は愛国心が強まり、国民意識が強くなってきております。幸福実現党がこの3年間、誤解を恐れることなく、中国の脅威を訴え、啓蒙してきたことが確実に効いてきております。

さらに、アメリカの調査結果から明らかなように、日本への圧力行動は、国際社会に対して、中国のカントリーリスクを浮き彫りにしました。

「中国では何があるか分からない」「中国は信用ならない」「中国は危険な国」という、警戒心を植え付けました。

経済は信用が第一です。断じて略奪や侵略が経済活動ではありません。

今回の反日暴動・略奪行為は、世界への強烈なメッセージになりました。

中国のリスクを、もっと世界にアピールする必要があります。

幸福実現党 小島一郎


世界皇帝をめざす男―習近平の本心に迫る


中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く
中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く(12/10/2発刊予定)


映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開
映画・神秘の法
【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

[HRPニュースファイル407]「国家というものは、経済よりも崇高な存在である」――ドラッカーの箴言に耳を傾けよ!

[HRPニュースファイル407]「国家というものは、経済よりも崇高な存在である」――ドラッカーの箴言に耳を傾けよ!

中国の反日デモの暴徒化は、中国経済で潤う日本企業が同時に大きなリスクにさらされていることが誰の目にも明らかになりました。

尖閣国有化に端を発した日中関係の悪化により、日中国交正常化40周年記念式典が中止されたほか、交流イベントも取りやめが相次いでいます。

靖国参拝問題が再燃した小泉純一郎政権時代や、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件が起きた2010年も訪中団を派遣し、日中友好の懸け橋を自認してきた日中経済協会の訪中団派遣も中止に追い込まれました。

従来、「政冷経熱」(政治が冷え込んでも経済は活発)とされてきた日中関係ですが、今回は経済関係も冷え込む「政冷経冷」の様相になりつつあります。

藤村官房長官は24日、「話し合いをきちんとした上で(尖閣諸島をめぐる摩擦を)収束に向けていくということだ」と中国政府との話し合いの必要性に言及しました。

しかし、領土問題等本質的問題解決を棚上げ先延ばしたまま「政冷経熱」を隠れ蓑とし、経済的利益のみ享受し続けるということは、もはや許されない段階に入りました。

中国は共産党一党独裁国家・軍事大国であり、とりわけ次期国家主席となる習近平氏は大中華思想に基づく覇権色が非常に強い人物です。

中国はトウ小平氏の改革開放路線以降、経済成長路線を取りましたが、習近平氏は中国を毛沢東時代の「先軍政治」に戻すことを目指しています。(9/19 習近平守護霊霊言「中国と習近平に未来はあるか―反日デモの謎を解く―」⇒http://www.hr-party.jp/new/2012/28970.html)

幸福実現党の大川隆法党名誉総裁は、中国での反日デモ、中東での反米デモ、日本での反原発デモ…一見、無関係に見えるデモの背後に習近平氏がいることを指摘しています。(その後、後追いで各メディアが習近平氏が反日暴動を主導していたと報道。)

習近平氏は既に実権を握っており、米国政府を反米デモが広がる中東にクギ付けにし、アジアにおける米軍のプレゼンスを無力化し、公船・漁船による相次ぐ領海侵犯、反日暴動等により、日本に対して「宣戦布告」をしたに等しい暴力的攻勢を強めています。

習近平氏の過去世(前世)は「世界帝国」を築き上げたチンギス・ハーンであり、迅速かつ大規模な組織戦を得意としており、尖閣諸島侵攻も早急に行われる危険があります。日本は「第二の元寇」に備えるべきです。

ドラッカーは「グローバル経済と国民国家」という論文で「国家というものは、経済よりも崇高な存在であることを必ず経済に思い知らせようとするときが来る」と述べています。(参照:中西輝政著『迫りくる日中冷戦の時代』PHP新書)

実際、経団連は対中貿易拡大を期待して親中・民主党への政権交代を後押しし、「媚中政商」として暗躍していた売国商社マンの丹羽宇一郎氏を駐中国大使に送り込んだ結果、弱腰外交により尖閣危機が強まり、中国進出日本企業も反日暴動や経済制裁等で手痛いしっぺ返しを受けています。

HS政経塾の伊藤希望氏は「万一、日中戦争が起こったならば、2010年7月から中国で施行されている『国防動員法』により中国に進出している日本の企業、日本人の全財産は没収されます。
すなわち、中国のトヨタやホンダの工場で造られた戦車が何万人、何十万人の日本の自衛隊員を戦死させることになる」と指摘しています。(9/24 「ドラッカーからの警告」)

民主党最大の支持団体、連合は21日、都内で中央執行委員会を開き、次期衆院選について引き続き売国政党・民主党を支援する方針を決め、民主党政権の存続を目指すといいます。

連合系の労組・全トヨタ労連等も引き続き民主党を支援することになりますが、自社の製品が、同胞日本人を殺すことにならないことを切に祈ります。(文責・加納有輝彦)


もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?―公開霊言マネジメントの父による国家再生プラン



ドラッカー霊言による「国家と経営」 (OR books)



ザ・ネクスト・フロンティア―公開霊言ドラッカー&アダム・スミス (OR books)



映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開
映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

NHK(売国放送)はなぜ中国政府の言いなりなのか?

NHKの尖閣・中国報道が中国寄りなのは、なぜか?
2012.09.22 ザリバティweb

NHKはなぜ中国政府の言いなりなのか?

公開霊言抜粋レポート
NHKはなぜ中国政府の言いなりなのか?



「NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか―受信料が取れない国営放送の偏向―」 2012年9月19日収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か



 国営(公共)放送でありながら、なぜか中国寄りのスタンス、反原発運動を推すなど、左翼的「偏向」が強く見られるNHK。その理由はどこにあるのか? また、3年前に衆院選で337人もの立候補者を出して、「国難を救う幸福維新」を訴えた幸福実現党を、ほとんど報道しなかったのは、いかなる理由によるのか? その意思決定のプロセスはどうなっているのか。

 受信料を払っている多くの国民も知りたいNHKの偏向報道の根拠は、ほとんどベールに包まれて見えない。そこで、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が、NHK最高幹部である石田研一・放送総局長と、森永公紀・報道局長の守護霊を招き、その「本音」を探った。


 以下は、その霊言の抜粋レポートである。


次の首相は誰を推すか、ここがマスコミの一番の楽しみ

――2009年に幸福実現党が立党したあとに、大量の撮影をしながら一切報道しなかった、特殊な編成方針は、どういう理由によるものでしょうか。

石田研一守護霊(以下、石田) まあ、誰を応援するかしないか、落とすか通すかを、先に決めてるんだよ。将来を予想して、どういうふうに振る舞ったほうが、会社の安定につながるかということは、一応考えた上で、誰が次(首相)になるのが望ましいか、それがなった場合どうなるか予想して、「これを応援する感じで行こう」と。マスコミのいちばんの楽しみはここなんだよ。だから、どこを強く推すかで、推薦してんのと実質上一緒だから、知らないうちに操作して、国民の投票だとか、あるいは国会議員だって操作できるからね。(NHK内部では)今、まあ、全部とは言わんが、6割ぐらいは、私の一存で決まるかもな。



――幸福実現党について報道しないということも決めている?

石田 そうだなあ。だって、政治家のほうが能力低く見えるっていうのは、かわいそうじゃないの。あのとき(2009年衆院選)は、麻生さん、鳩山さん、大川隆法と、もし3人並べて講演をテレビで流したら、大川隆法の勝ちになるに決まってるじゃん。ずっと上だよ。分かってるけども、彼らはプロで、何十年もやってらっしゃるんだからさあ。あと予算とかいろんなところで、問題が出てくることがあるからね。あのときは、NHKだけでやったんじゃなくて、マスコミがけっこう談合してるんだよ。テレビだけじゃなくて新聞社等も、いろんな会合をよくやって決めてるんだ。「次は誰にするか」って。




中国の駐在員の命を守るために、中国政府の言いなりに

――中国との報道協定などで、中国に都合の悪いことはあまり言わないんですか。

石田 だって、中国のデモを見たら分かるじゃない。あいつら、焼き討ちかけてくるんだからさ。現地の中国にいる駐在員たちの命とか、家族も守らないかんわけよ。駐在員を置くためには、向こうが「こういうことは駄目だ」と禁止条項を言ってくるから。「それを守らなければ、中国に駐在させない」って。相手に頼まないかぎり、何にも取材はできない国だから。警察なんてかわいいもんで、軍隊がすぐ出てくるからさ。中国は、一瞬で死刑にされるからねえ、怖いんですよ。

 それでとにかく、韓国だとか、北朝鮮だとか、中国とかを敵に回すような勢力っていうのは、ちょっと困るのよ。




NHKの報道の根拠は、主流の学問がどちらかによる

――NHKの海外番組で、「南京虐殺で30万人を日本は殺した」という宣伝番組を流していて、すごく問題になってるわけです。そういう積極行為までなぜやるのか、国民が最も知りたいところです。

石田 それはねえ、NHKだけの問題にしてもらったら困るんだよ。私たちのもとにあるのは、学者なんだよ。学問がどちらが主流かによるから。主流の学問が、左翼系が国際政治においては非常に強い。私も東大法学部卒だけど、そこの先生方の考え方が、従軍慰安婦なり、過去の日中戦争なり、日韓併合なり、みんな日本が悪いことしたという歴史観を持っている。東大の法学の政治学の先生方が、丸山眞男ら以降ずっと、これが主流で、教わった人たちがマスコミ系に相当入っているし、源流はそこにある。

 大川隆法さんの教わった東大の先生は、篠原一、これは菅直人のブレーンだから、菅直人の市民運動を応援しとったはずだよな。坂本義和、これも一緒のときに国際政治やってたよな。このあたりが、流れを汲んでやってたはずなので。




反原発運動は、「大江健三郎の霊言」が強烈なアッパーカットだった

――反原発に対して応援をする報道スタンスは、どこから来るんですか?

石田 反原発も運動的には強くて、春からだんだん盛り上がってきて、左翼の新聞もテレビも強くて、それをアラブから始まった一連のデモの流れのなかで、日本に流れ着いたアジサイ革命という感じでつくり上げようとし始めた。政府も「2030年代には原発をゼロにする」とか言ってたのに、今、撤回に入ってき始めて、自民党の候補者も、全部「原発賛成」のほうになってきた。

 これ、あなたがたが、本出しまくって、献本して、あちこち役所を突ついて、言論でやったから、経済界のほうが御輿を上げたんだよ。経団連とか、自分たちだけが言って国民の反発受けたら小さくなるけど、あんたらがやってるから、それで言えるようになったんだ。

 やっぱり、『大江健三郎に「脱原発」の核心を問う』か? あの一発は、きつかった。大江健三郎、まったくノーガードだったんだよ。まさか、自分のようなノーベル文学賞を取って、権威が確立してて、国民的にも世界的に認められてた人が、トップに立って運動をやってて、それで報道もされてたからね。これは衝撃のアッパーカットだったね。

――丸山眞男とかも(霊言を)やってますけども。

石田 丸山眞男、あのへんからジワジワ、ボディブローみたいに少しずつ効いてきてる。清水幾太郎も出してきたよねえ。今、安保の再来みたいな感じの持って行き方してたところに、あなたがたはそこに球投げ込んできて、「安保が正しかったかどうか」という、検証に入ってきたんでしょ? これが珍しい。君らの活躍というか、大川隆法さんの本が雪崩のごとく出てきて、それに勢いづいて、保守系の言論人たちが、本が出せるようになったり、テレビに出て、いろんなとこで発言ができるようになってきたっていうのは事実だよ。だから、そのマーケットが、今、広がってきつつある。



放送局は、全部、他人の責任なんだ

――お話を聞いていると、全部、他人の責任に振っていますが、NHKの責任ってないんですか。


石田 ええ、放送局はそうなんだよ。人の責任なんだよ。読む人は、原稿読んでるだけで、全然、本人の考えじゃないもん。書いた人は出ない。読んでる人は書いてない。だから、誰も責任ないんだよ。

――でも、これだけ国論を誤ったら、だんだん、みんな受信料払わなくなりますよ。


石田 それはちょっと……だから、この秋から値下げするから。まあ給料はまだ十分高いよ。だから、国民が、左寄りのほうが強いかどうかによって、ある程度シェアを合わせないと、やっぱり収入源の確保が難しいよなあ。右翼が暴れたって、右翼が払ってくれる受信料は少ないからさあ。

 あなたがたが、本当にメジャーな宗教になっていくとしたら、そのシェアに合わせて報道のかたちを変えなきゃいけないとは思うけど。公明党だって、一定のシェア取ってるから、それは報道はしてるわけで。まあ、とりあえず君ら、支持率5パーセント届くまでは、報道はほとんどないと思ってくれ。

――大阪維新の会は、0パーセントの段階からずいぶん報道されていましたね。

石田 だけど、キャラクターが、視聴率が取れる男かどうか、我々の判断基準としてはすごくあるわけよ。あれを画面出すとさ、視聴率上がるんだよ。だから、大川隆法さんも視聴率取れる人なんて分かってるんだけど、特定の宗教を応援したというレッテルを貼られると、やっぱり国民の大多数から総スカン食うと、受信料もらえなくなる可能性があるからさ。だって、ほかの宗教の嫉妬ってすごいんだよ。

――では、どんな日本にしたいというお考えがおありですか。

石田 それは、NHKにはまったく何にもないんだよ。その年を、どうやりくりするかしか考えてないので。あと、来年の大河ドラマは何にするかぐらいしか悩みはないんだよ。だから、定年まで給料が来て、出世できれば、それでいいのよ。

――映画「ファイナル・ジャッジメント」のように、日本が占領されでもしたら、どうするんですか、NHKとしては

石田 それは中国語で放送するよ。それだけのことだよ。別に勉強してる人いっぱいいるから、大丈夫だよ。頑張るよ。



幸福の科学はすごいと認めているが、踊らせられないから報道しない

(NHK報道局長、森永公紀氏の守護霊を招霊)


――最近でも、尖閣に日本人2人が上陸した際に、ニュースで「鹿児島維新の会」とかですね、世の中の人が全然知らない地域政党の名前は出すけれども、一緒にいた幸福実現党の名前は出さないとか、そういった判断の理由は?

森永公紀守護霊(以下、森永) うーん……、私も経済記者も長かったし、おたくは宗教としては、経済とか詳しいので、驚いてはいるんですけどね。経済も政治も、国際情勢も言うだろ。まこと、これが宗教なのかなあと。宗教と思って報道して本当にいいのかなと。何かまだ秘儀の部分が裏にあって、その部分が我々に分かっていないので、表に出ている部分を報道したら、何か間違いを犯すんでないかな、という気もしないでもないんだ。

――しかし、ネパールやインドでは国営放送が、大川総裁が行かれて半日で、報道するかしないかを判断して、報道されましたけれども。

森永 NHKはね、「これを報道しない」と決めるところで、見識を問われているんだよ。NHKが報道しなかったら、「なるほど、これは報道しないのか」というところに、見識を見られるんだよ。

 でもね、オバマさんの登場のときの、大川さんの経済判断等は結構鋭いなと思って、私は見てはいたよ。アメリカが傾くのを大川さんがいち早くわかっていたということは、今は我々の共通認識としては持っている。見抜いたのは、世界で一番早かったと思うよ。それから、リーマンショック、金融危機の時、大川さんが「大恐慌は起きない」と言った、あの一言の衝撃はすっごく大きかったですよ。その日のうちに耳に入っているよ。あれ、テレビではとても言えないことなので。

 今、ニュースで、中国の漁船や監視船が十何隻、向かって来てるの見たら、「こんなことが現実にあっていいのか」という感じはあるよ。君らは6月に、「日本占領」「日本奪還」とか広告しまくっとったよなあ。「そんなアホな」っていう感じはあったけど、これが実際に、竹島と尖閣にやってきて、「うわー、すげえなあ」「嗅覚がすごいな」という感覚は受けているよ。

――公平性、客観的な取扱いというのは、なぜできないんですか?

森永 私らはね、はっきり言やあ、踊らせられる人が好きなのよ。あんたら自分らの考えがあるから、踊ってくれねえから、面白くないのよ。大阪の橋下なんか、幾らでも火をつけたら踊るんだよ。それが面白れえんだよ。パーなのみんな知ってんだよ。だけど、つついたら、勝手に動き始めるからさあ、面白いんだよ。それが、国民のレベルにちゃんと合ってるの。その程度の人材でいいの、政治家っちゅうのは、そんなもんなの。

――でも、その結果、日本がどんどん傾いていったら、良心は痛みませんか。

森永 いやあ、それは政治家の責任だよ。NHKの責任じゃない。それは政治家が落選して、責任取りゃあいいんだよ。

 だからさあ、「幸福の科学モルモット説」って、マスコミでみんな言ってる。最初に言うのはみんな怖いから、幸福の科学は怖いもの知らずだから、これにまず噛みつかして、それがマーケットをある程度つくるのを見ていて、マーケットができたら、入っていく。「あそこがまず、すでに言っていることだから、構わないでしょ」と、批判を受けないで済む。だから、我々は決して、マイナスに評価してませんよ。いろんな霊界であろうとも、外国であろうと、守護霊であろうと、何でも探索してくれて、出してくれて、リスク取ってくれて、みんながある程度知ったら、そこに入り込むっていう、雰囲気をつくってくれたら、ものすごいいい仕事してると思うなあ。

――大川隆法先生が発される、その警告どおりにこれから、日本も世界もそれで動いていきますから、それは必ず、自分の身に返ってくると思って、ぜひ、これから、注意深く見ていただきたい。

森永 いや、われわれは、その日のことをその日伝えれば、使命を果たせて、百点なんです。来年のこと、分からないんです。われわれはクリエイティブではないんです。だから、新しい人を、何か、こう、つくり出して、こういうふうにしたいっていうな気持ちは全然ないんです。

――ええ。それが「みなさまのNHK」の実質、本質であるということはよく分かりました。

~~~

NHKの偏向報道は目に余るものがありますが、この霊言の内容が公共放送と名乗っているNHK(イヌエイチケイ)の正体です。

この霊言も緊急発刊されるようですので、日本全国からNHKに向けて批判の嵐が起こってくるのではないでしょうか。

まあ、売国放送のNHKは回心して放送内容を改めないと経営危機になるのもそう遠くないかもしれません。

映画「神秘の法」 2012年10月6日(土) 全国公開

映画・神秘の法

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。