「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

〔誇るべき日本人の精神〕Happiness Letter481

皆さま、おはようございます。

本日3月31日(木)21:00~、幸福実現党公式ライブ放送であるUstream番組《幸福実現TV》がオンエアーされます!

本日のテーマは【植物工場】です!幸福実現党は「震災復興・日本再建に向けての政策提言」の中で、震災に強く、安定的かつ効率的な野菜の収穫が期待できる「植物工場」の建設を提言致しております。

本日は竜の口法子女性局長が、最先端の植物工場を経営する株式会社「みらい」の嶋村茂治社長をゲストに迎え、今、なぜ植物工場なのか、防災大国ニッポンに向けての食料安全保障政策を考えます!

放送時間帯(本日21時~)に下記URLにアクセスするか、幸福実現党公式ホームページトップ画面にてお楽しみください!!
http://bit.ly/usthrp
☆゜%:.!. .!.:%゜

本日は、青森県八戸市出身、元八戸市議会議員、現幸福実現党選挙対策本部部長の上条幸哉(うえじょうゆきや)氏より、東北救援レポートを4回に分けてお届け致します。第1回目の本日のテーマは「誇るべき日本人の精神」です。
☆_%*:.!. .!.:*%_

【上条幸哉氏寄稿】

今回の東日本大震災によって亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますと共に、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

幸福実現党は、被災当日に対策本部を立ち上げ、翌日から救援活動に取り掛かりました。

震災発生時、私は東京におりましたが、東北で大震災発生の報を聞き、志願して故郷・青森県八戸市へ向かうことに致しました。

空港で、日本航空のパッセンジャーサービスに幸福の科学グループの救援物資であることを告げると、被災後初めての大口救援輸送だったようで、即断で50箱の輸送料を無料にして頂きました。

空から見る被災直後の東北の地は、停電のため、普段見ていた街灯りが全く見えず、どこまでも続く闇の中を飛び続けているかのように感じました。

八戸市の津波被害は甚大で、特に漁港や臨海工業地帯は壊滅的な被害を受けました。

しかし、何より、限られた時間の中で、皆が助け合いながら避難できた点、これは賞賛に値します。

一人暮らしのお年寄りの方、災害弱者と言われる方々もお互いに声を掛け合い、秩序を保ちつつ速やかに避難できたこと、この点は、極めて大きかったと言えます。

避難所での生活も、お互いがいたわり合い、秩序を持って過ごしています。

海外のメディアが絶賛しているように、日本人は有事の最中にあっても、秩序を守り、他者をいたわる優しさを発揮できる「誇るべき精神」を持った国民なのだということを改めて実感致しました。(つづく)

上条 幸哉
HP:http://uejou.seesaa.net/

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

残念ながら「菅」に 国家を任せることはできない

幸福実現党・こぶな将人氏のブログから転載

残念ながら「菅」に 国家を任せることはできない

全国民の関心は依然として、原発事故の行方にあります。そして、その余波が首都圏での計画停電に至っているわけです。

さて、このブログでは、基本的な立場として現時点の報道の在り方があまりにも、原発反対というスタンスに重きが置かれていないか、という疑問があります。それが、例の福島県産のホウレンソウなどの出荷停止や、乳幼児に対して水道水を飲ませることの危険性になっています。こうした様々な判断について、どうも過剰な反応があるように思います。例えば、昨日3月27日の検査結果では「ヨウ素」は検出されていないとの事でありました。

そうした中で、タイミングよく「朝まで生テレビ」がありましたので、確認し、自分自身の考えと一致した所については、前向きに主張していきたいと思います。

まず、第一に原発そのものは「安全ではないものだ」という前提から議論をはじめるべきだ、という事であります。今まで、政府や電力会社からは、表むき「安全だ」と言ってきていたために、ウソをついたなどと地域住民の不信感があります。確かに最大限の安全性を確保すべく、全力で取り組んでおられるのは、十分に分かるのですが、やはり原発についてやはり最後の数パーセントの危険性については、残るものと認識すべきであります。

そうなると、ではどこに原発を作ればよいのか、例の普天間基地移設問題ではありませんが、やはり受け入れ側としては決して容認できるものでなくなってしまいます。そこで、一つ思いだしたのが、日下公人氏の主張です。氏は、確か「たとえば10キロ四方を国家の管理地域として人が入ることができない地域に原発などの施設を建設してはどうか」と提案していますが、前向きに検討しても良いかと思います。実態として、現在原発が建設されている地域はそうした安全対策は取られている可能性は高いですが、やはり「安全」であるという事を前提に受け入れをしていると思われますので、明確にそのあたりは変えていかなければいけないと思います。

とは、言いつつ、今回の驚異的な震災の中で、福島原発が事故に至ったのは、地震そのものではなく「津波」であったという事です。ということは、施設そのものの耐久性がいかに素晴らしいものであったのか、これは強調してもよいのではないでしょうか。となると、今すぐに原発の安全性を高める判断としては「津波対策」であり、原発そのものではないという事になります。そうした意味で、私たち幸福実現党として主張している「日本再建への提言」の第一に「津波対策」を掲げていることは緊急に対応すべきではないか、という要望である事でもあります。

これは、現在、原発反対派の方は全く指摘しておりませんし、先日残念なニュースとして新潟県の柏崎原発に関して、地元自治首長が稼働停止を要望したとの事で、これで夏場の電力供給が一層困難になり、より大規模な計画停電が必要になってくるという事であります。また、九州でも同様に原発稼働停止の判断があったという事で、非常に愚かな、責任逃れの決断がありました。

もし、今回の事故の教訓を汲むとしたら、第一に「津波対策」であります。決して原発そのものに原因があったわけではありません。相当な耐震性をもっていたことが明らかになっていますので、それは強調したいと思います。

そして、言いたくはなかったのですが、事実が明らかになるにつれて、菅直人氏の判断は現時点の混乱の大きな要因になっていることが、どんどん分かってきました。まず、事故発生当日、彼はわざわざ福島原発に行き「視察」を行っています。その日の夕方に第一回めの事故が発生していますが、素人でも、この視察により現場が混乱し、本来行わなければならない業務がストップしていた事は分かります。視察そのものが直接の原因になっているかどうかは分かりませんが、危機管理の立場からすると大失態といってよいでしょう。しかし、こうした事を追求するマスコミは非常にすくないのが現状です。

また、あきれたのですが、原発への放水で一躍国民的な英雄になった東京消防庁のハイパーレスキュー隊について、実はその参加を断っていたことも明らかになりました。阪神大震災の時に県知事さんが、左翼的な立場の方で、自衛隊を断っていたことも大問題になりましたが、同様の事件が発生していたという事でした。残念の一言に尽きます。そして、今回の食品の出荷停止、飲料水の自粛要請です。本当にその根拠となる基準値が科学的なものであるのかどうか、この朝まで生テレビでの専門家の話を聞く限り、政府が掲げた基準値は、誇張したもので、長期間摂取し続けると問題だ、現時点で騒ぐほどではない、と認識いたしました。

そして、最初に掲げました財務相、日銀のあきれた判断です。私も、本来、こうした国難に際しては挙国一致、なんとか復興までがんばろう、と思い、菅政権を後押しする意味で色々と政策なり、想いなりとアップしてきましたが、おそらくこの菅直人民主党政権に任せておくと、日本はますます深みにはまってしまうのではないか、という単純な疑問にとらわれてしまいます。かれの貧乏神的な思いがどんどん具体化していく事になるでしょう。

もはや、こうした亡国政権に国家を任せておくことはできないと思います。おそらく、民主党内にも同じ意見の方もいらっしゃるはずです。もちろん、他の政党のみなさんも同じ気持ちでしょう。これは、逆に一致してこの政権を倒さなければならない、日本の繁栄のためには、新しい政治が必要な時期に間違いなく来ている事を痛感しました。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

大川隆法総裁 ムンバイ御法話「How to Succeed in Life」

幸福の科学HPから転載。

大川隆法総裁 ムンバイ御法話「How to Succeed in Life」




人生の成功や幸福には、学校教育とお金儲けだけでは十分ではありません。
悟りの香りを放つ人になること、本当の意味における成功の人生です。(法話より)




3月2日、商業発展都市・ムンバイに場所を移し、「インド・ネパール伝道」第2回目の講演会が開催されました。

総裁は、「教育や、お金儲けだけでは、成功する人生、幸福な人生と言うには不十分」とし、「お金の多寡や学歴を超えて、徳というもの、悟りの香りを持つ人になることが人生の成功」であると説かれました。


「学歴が高くお金持ちであるということは、必ずしも幸福な人であるという意味ではありません。お金がもたらす幸福には限りがありますし、お金は精神的な成功を意味するものではありません。

もしお金を稼ぎたいのなら、毎日最善を尽くして、自分がやりたいっことをするのではなく、他の人があなたに求めているようなことをすることです。

しかし、お金だけでは十分ではなく、あなたがたは、それ以上のものを目指さなければなりません。

つまり、お金のことを第一に考えている人は、本物の億万長者にはなれないのです。本物の億万長者は、お金だけのことを考えているのではありません。彼らは、できるならお金は二の次に考えているのです。

いかなるビジネスにおいても、彼らはただ他の人々の幸福のことを第一に考えています。

他の人々をより幸福にしようと考えていて、これを第一の目標とし、そして次に億万長者になりたいと考えているなら、そうなることは可能です。そしてそれによって罪悪感を感じることもありません。皆さんは億万長者になることはできますが、しかし、お金を稼ぐことが第一目的ではありません。それを忘れないでください。

もしあなたの目的が単なるお金儲けであるのなら、人々はあなたを好きになりません。あなたのビジネスは衰退の道を辿るでしょう。人々は、自分を愛してくれる人、自分をより幸福にしてくれる人を好きになるのです。それがとても大事な点です。

人生の成功や幸福には、学校教育とお金儲けだけでは十分でないということです。あなたがたには、別のものが必要です。その別のものとは、徳です。あなたがたは、徳を得なければなりません。徳を得なければ、人生は十分に成功したとは言えません。あなたがたは、お金を超えて、学歴を超えて、徳を得なければならないのです。徳を得てください。

徳とは、インド的に言えば、悟りからくるものです。それは、人々をより幸福にする悟りであり、人々を天国へと導いていく悟りです。

ですから、私はあなたがたにお願いします。悟りの香りを放つ人になってください。これが、本当の意味における、成功の人生です。私があなたがたに薦めたいのは、お金儲けや学歴の高さを超えて、このような徳の香りを得ることを目標とすることです。これが、この講演の結論です。ありがとうございました」


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

震災の“二次災害”としての自殺を防げ

震災の“二次災害”としての自殺を防げ 2011.03.29・リバティweb

震災が多くの人の命を奪ったなかで、生き延びたにもかかわらず自ら命を絶つ人が出始めている。

福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、命を絶った。福島第一原発の事故の影響で、政府が福島県産野菜の一部について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。遺書はなかったが、丹精を込めて育てて収穫直前だったキャベツを出荷できる見込みがなくなったこの男性が「福島の野菜はもうだめだ」とつぶやいたのを、男性の次男(35)は覚えているという(29日付朝日新聞より)。

また21日朝には、岩手県山田町の自動車専用道路の陸橋下で男性が死んでいるのが見つかった。遺書はなかったが飛び降り自殺の可能性があるとみられている。男性は東日本大震災で自宅を失ったという(毎日jpより)。

仕事や生活の見通しが立たなくなって生きる望みを失うのは、わからなくはない。だが、愛する家族を津波で失った人からすれば、「せっかく命があるのに自殺するなんて、感謝知らずだ」と思いたくなることだろう。幸福の科学の大川隆法総裁は『生命の法』第2章「自殺を防止するためには」で、こう述べている。

「自殺したくなったら、どうか、一度、大病院にでも行って、(中略)重病でもまだ頑張っている人の姿を見てください。そして、大病院の次は墓地へ行ってください。(中略)死んだ人々の墓を見て、『自分にまだ生命がある』ということの尊さを感じてください。『残された生命を、どのように使わなければいけないか』ということを考え、その生命の尊さを感じてください」

今回の震災でいえば、家族や家財産を失ったり仕事が駄目になったりして死にたくなった人は、津波に呑まれて死んでいった数多くの人たちの無念さを思ってみてはどうか。彼らに比べれば、何はなくとも命があることがどれだけ尊いかわかるのではないか。震災の“二次災害”としての自殺を防ぐために、絶望している人たちに慰めと励ましの手を差し伸べ、生き延びるための力となる「考え方」を伝えていかねばならない。(司)


~~~

人間は、肉体がその本質ではありません。

魂、心と言われるものこそが人間の本質なのです。

だから苦しみを持ったまま自殺しても苦しみから解放されるどころか、かえって苦しみが倍加してしまうのです。

助かった方は、決して自殺しないでください。

希望を捨てず、生きてください。



生命の法―真実の人生を生ききるには


永遠の生命の世界―人間は死んだらどうなるのか
永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

大川隆法総裁法話『貧乏神と戦う法』

『エル・カンターレ信仰からの発展』さんから転載させていただきました。

大川隆法総裁法話『貧乏神と戦う法』 2011/326

民主党は、貧乏神政権だと思っていました。国家のトップの心象風景が、現実の世界に出現してきたように見えるのです。菅総理の心の中に、戦争末期の戦後の焼け野原みたいな風景があるのではないでしょうか。

そして、戦災で貧しくなった人々の世話を焼くのが政治家の仕事であると思っているところに、菅直人氏の市民活動家としての原点がるのでしょう。このままでは、日本全体が冷え込んでいきそうです。

今、強力な光を供給する所が無いので、幸福の科学が頑張り、日本を回復させて元気にしていく方向に強く打ち出さなければならない時期です。世の中には、創造的破壊という言葉があるが、今回の震災で日本は広範囲に被害を受けたが、産業構造や市町村の形態等を未来繁栄型に向けて発展的に復興するチャンスでもある。

「貧乏神と戦う法」は、経済的に復興し各人が豊かになる法です。
皆がお金持ちになる法です。世間一般的に考えると、今までより大きな収入をあげる法です。
基本的に、利益を上げる道は、優秀で熟練したスキルのあることが本道、王道です。

そのために見えないところでスキルを磨いておくことが非常に大きな付加価値を生みます。
ですから智慧や技術の集積によって、高い付加価値を生んでいくことが基本です。

今、日本国民の心を貧しくしようとする貧乏神、疫病神が徘徊し始めている。これと戦うには少し違う角度の考え方を持たなければならないでしょう。そのためには、お金を持っている人は、お金を使ってあげることが、一日も早く復興を推し進めることになるのです。

特に国産品は、必要なものはドンドン買ってあげてください。こういう時に、財布の紐を締めて、じっとしていると復興が遅れます。皆が経済活動を控えると、日本全体の経済がどんどん萎縮して不況が深刻化します。

残念ながら今のケチケチ民主党政権では、経済が萎縮する可能性が非常に高いのです。
こういう時は、政府は大胆な発想を持って、大規模な投資をかけていくことが大事です。

大津波が町を洗い流したので、思い切って大胆に、町を再建できるチャンスです。
例えば、大規模な野菜工場や魚の養殖工場を建設する。工場は緊急時に避難所になります。
家も流されたので、復興需要はあります。次は流されないようにしっかりとした建物を建てるようにお勧めします。

官民共同で大きなビルを建てて、ヘリポートをつくり、いざという時に、非難ができて物流を閉ざさないようにする。更には、これからスギ花粉で国民が困っているので、一斉に杉の木を伐採する仕事をつくり雇用と復興を同時に行なう。

ゼネコンは、日本復興のために、人を採用すればよいのです。電力会社も今の倍くらい電力供給できるくらい発電所をつくるべきです。自民党から民主党に政権交代の時、7割完成した八ツ場ダムを中止した祟りを今回の震災で感じています。日本の川は急傾斜地にあり、流れが速いから水力発電の発電力は非常に高いのです。

ダムは造るべきだったのです。原子力発電所については、もう一段、安全性を考えて、進める努力が必要でしょう。原発は軍事的に見ても、真っ先に狙われるので、ミサイル攻撃にも耐えられるような防衛と震災対策を兼ねた強固なものを造るべきでしょう。

今、日本は、自衛隊が10万人も動員されています。これは日本が国防上も危険な状況にあると思っておいたほうがいいですよ。今、日本の島に上陸作戦をやられたら一発で制圧されてしまいますから。

民主党が考えているような最小不幸社会をつくることを目標にせず、今まで以上の繁栄を、数年後に取り戻すように目標設定して頑張るべきです。


【関連記事】
繁栄の未来を開くために、貧乏神を追放せよ
疫病神議員を仕分けせよ!

救世の法
救世の法―信仰と未来社会

復活の法―未来を、この手に
復活の法 -未来を、この手に

繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム


最大幸福社会の実現―天照大神の緊急神示
最大幸福社会の実現―天照大神の緊急神示


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

東北地方を襲った大津波の後、福島にUFOが出現

東北地方を襲った大津波の後、福島にUFOが現れていたようです。

UFO fleet over Japan, After Tsunami & Earthquake, 3 videos, Japan and Pakistan.mp4


Mind Blowing Footage of UFO Fleet March 2011



【関連記事】
東北地方太平洋沖地震の日、東京にUFO出現
福島原発にUFOが


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

決死の消防隊員を被曝させた菅無能政権の重大責任

このような無能で無策な民主党政権を選んだのは、国民にその責任の一端はあるのだが、この民主党を誕生させたのはマスコミである。

2009年の選挙で幸福実現党のことをもっと報道しておればこれほどの被害を受けることはなかったかもしれないと思う。

今回の大震災は「民主党地震」とも呼ばれている。

この重大な責任を、民主党と民主党を擁護したマスゴミは負う責任がある。


猪瀬直樹副知事が指摘 決死の消防隊員を被曝させた菅無能政権の重大責任
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000140949/1.htm
2011年3月27日(日)10時0分配信 (日刊ゲンダイ2011年3月24日掲載)

 暴走を続ける福島原発3号機に、東京消防庁のハイパーレスキュー隊が決死の放水を敢行したのは今月18日深夜だ。その後も放水は続いており、国民はレスキュー隊の勇気に拍手喝采を送ったが、その裏では信じられないような混乱がいくつもあった。無能を絵に描いたような菅内閣のせいで、国民の命は危険にさらされ、消防隊は被曝覚悟の突入を余儀なくされたのである。東京都副知事の猪瀬直樹氏の話は衝撃的だ。

「3月11日に地震があって、すぐに消防庁は気仙沼や千葉で燃えた石油コンビナートに向かいました。本来は知事の要請があってから動くのですが、要請を待っていたのでは間に合わないかもしれない。そこで、とりあえず向かわせて、知事の要請を待ったのです。福島原発にも向かいました。ところが、いわき中央インター付近まで行ったところで、総務省傘下の消防庁から『来なくていい』という連絡が入った。消防庁の判断というより、上からの指示でしょう。やむなく消防隊員は引き返したのです」

 11日の時点で、原発を冷やす態勢を整えておけば、その後の混乱を回避できた可能性があるのに、国が拒絶していたのである。猪瀬氏はその理由について、こんなふうに言う。

「東京消防庁は自治体が管轄する。自治体同士には横の連携がある。だから、千葉や福島では活動ができる。阪神大震災以後、取水口の口径も全国統一されて、どこでも消火活動ができるようになりました。しかし、原発は国の管理になる。そのため、まずは自衛隊や警察が出ることになったのでしょう」

 この期に及んで、そんな縄張り争いがあったことにたまげてしまう。実際、まず、出てきたのは自衛隊だ。バケツで海水をくみ、原発の真上でまいた。焼け石に水の愚行で、隊員が被曝しただけだった。次に出てきたのが機動隊の高圧放水車。しかし、これも水が上に向かないのだから、どうにもならない。惨めな結果に終わったのは周知の通りだ。万策尽きて、ようやく、東京消防庁への出動要請になったのだが、すでに原発周辺は放射能が充満していた。現場は修羅場になり、放射線量を測る計器がアラームを鳴らし続けた。

 しかも、そんな混乱の中、原発から約20キロ離れた“前線基地”から、さまざまな指示が出され、現場はさらに大混乱になったのである。

「無線の状態も悪く、アラームが鳴り、よく聞き取れない。そんな中、現場を知らない前線基地から方針変更がたびたび出されたのです。ハイパーレスキュー隊はコンビナート火災などに備えて訓練していて、慣れている。現場に着いて、海から300メートルのホースをつなぐ最短ルートが無理だと分かった。800メートルに変更したら、それをさらに2キロぐらい遠回りするように指示されました。放水時間も『やれやれ、長く続けろ』という指示が飛んだ。長く続ければ安心するからでしょう。もちろん、消防隊だって、できるだけ続けるつもりでしたが、現場には現場の判断がある。機械も休ませなくてはならない。現場の合理性があるのに、ただやれと言われても困るわけです」

 結局、4時間放水の予定が7時間になり、2台ある放水塔車のうち、1台のディーゼルエンジンがトラブルを起こした。

「軍隊と一緒で、命令されればやります。しかし、参謀本部が全体を俯瞰(ふかん)して状況を判断したうえで、命令を出していたのかどうか」

 猪瀬氏は、戦争中、兵站(へいたん)の準備もないまま突入させた参謀本部を思い出したというが本当だ。

 菅政権の“不手際”はこれだけではない。ハイパーレスキュー隊の放水の後、現場には地上58メートルからピンポイントで放水できるドイツ製の生コン圧送車が登場した。三重県四日市市の建設会社などが提供したものだが、多くの人はこういうものがあるなら、なぜ、早く投入しなかったのか、と思ったものだ。対策本部は知らなかったのである。圧送車の存在は早くから、ツイッターなどで飛び交っていたのに信じられない失態だ。

 本来であれば、事務次官会議などで、役人が情報を出し合う。調達できる最良の機器を投入し、一刻も早く、危機を脱出するために知恵を出し合うものだ。菅政権はこうした情報交換すら機能不全なのである。

「今度の震災で菅政権は6つもの対策本部を立ち上げています。本部長は菅首相で、枝野官房長官や海江田経産相を副本部長にしている。大本営がこんなにたくさんあったら混乱します。ひとつでいいし、餅は餅屋で、司司に任せるべきです」

 震災対応で政権浮揚をもくろむ菅首相は、何でもかんでも自分で仕切ろうとし、結局、事態を悪化させて、周囲に当たり散らしている。こんな内閣に命を預けなければならない国民は、命がいくつあっても足りないというものだ。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「民主党地震 唯物論国家・日本への警鐘」 ザ・リバティ 5月号』3/30発刊!

新刊『ザ・リバティ 5月号』3/30(水)発刊!

【特集】民主党地震 唯物論国家・日本への警鐘


「民主党地震 唯物論国家・日本への警鐘」 ザ・リバティ 5月号
ザ・リバティ 2011年5月号



目 次
001 グラビア Happy Horoscope
010 子育てに悩んでいるヤングママへ(後編)
   大川隆法 【人生の羅針盤】 シリーズ「家庭を守るためのヒント」②
016 大川隆法総裁 海外巡錫レポート  インドから全世界に霊性の輝きを
020 東日本大震災特集 第一部 
   民主党地震  唯物論国家・日本への警鐘
   ・ 大川隆法総裁 法話抜粋レポート  「諸行無常の風に吹かれて」
   ・ 左翼政権のときに天変地異が起こる
   ・ マスコミは「情報統制」をやめ世界標準に合った宗教報道を
   ・ 日本にこそ希望はある
038 東日本大震災特集 第二部
   大川隆法総裁緊急提言「震災復興への道」
   大震災復興プラン 大規模投資で国土の大改造を
042 挑戦 人生の壁の打ち破り方
   ・ 登山家 栗城史多
   ・ 社会福祉法人プロップ・ステーション理事長 竹中ナミ
050 シリーズ 「日本の世界遺産」①  日光の社寺と足利学校
060 なぜ新潮社は宗教を憎むのか
068 エモーショナルな宗教課税論を警戒せよ
070 大川きょう子氏はなぜ信仰を捨てたのか
074 編集長コラム
076 市町村と北海道を“共産独立国家”にする「地域主権」
   「地域主権」「総合特区」「自治基本条例」「道州制」は
   北海道の分離独立・共産党支配・ロシア属州化に至る“四種の神器”
   寄稿 オピニオン 政治学者 嶋田陽一
084 相馬勝 中南海インサイド・ウォッチ 第4回 中国でジャスミン革命が起きない理由
086 宇田川敬介 政界深層メモ 第12回 政局の中心になるか、地域政党
090 奥山真司 日本人のための「戦略の格言」 第19回 世界を変えるにはまず自分から
094 小説 サイン 第14話
101 セルフ・ブランディング講座③
104 小林信也のクロスプレー ~心技体の新常識~55
106 Book Review
109 Movie
110 Voice
113 読者プレゼント
114 UFOパニック10
   桃太郎も家来も宇宙人だった!? 新説・日本お伽話
   漫画 「リアルパニック~Act 13 ワーム・ホール(虫食い穴)~」 菊池としを
126 山口敏太郎のミステリー直言⑨ 神仏につながるものをないがしろにすることなかれ
128 Art


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「予備自衛官を活用すべし」Happiness Letter480

皆さま、おはようございます。
本日は、千葉県第11選挙区支部長の久我司(くが・つかさ)氏より、「予備自衛官を活用すべし」と題し、メッセージをお届け致します。

久我氏は2007年、「この国を守りたい」という熱い念いに突き動かされ、会社を辞めて予備自衛官に公募。現在、陸上自衛隊予備二等陸曹、「予備自衛官制度を普及する会」会長を務め、国防強化に向けた熱い活動を展開しています。

☆゜%:.!. .!.:%゜

【久我つかさ氏寄稿】

皆様、こんにちわ。久我司です。私は予備自衛官を務めつつ、「国防一直線」の活動を続けております。

予備自衛官は普段、一般企業等に勤め、有事の際に招集される非常勤の自衛官のことです。今回、予備自衛官数十名が、東日本大震災の復旧支援活動を始めました。予備自衛官の災害派遣は制度創設以来初めてのことです。

私もいつでも行く準備は出来ておりますが、なかなか連絡がきません。

問い合わせをしたところ、現状では「東北方面隊及び中部方面隊の即応予備自衛官、技能(語学)予備自衛官のみが招集されている」とのことでした。

私が所属する東部方面隊(関東・甲信越地域)では、即応予備自衛官の招集もまだかかっておらず、今後もすぐに予備自衛官を招集することはないと思われます。

既に10万人以上の自衛官の方々が被災地に入って、命懸けの救援活動を展開されています。

しかし、自衛官の半数近い10万人以上の常備自衛官が震災対応をしていては、日本の防衛はおろそかになり、日常業務にも支障をきたすのではないでしょうか。

救援活動が長期に至った場合、いかに屈強な自衛官であっても疲労が蓄積します。先日、折木統合幕僚長は自衛隊員の疲労がピークに達していると述べていましたが、今こそ交代要員が必要であり、そのための予備自衛官制度であるはずです。

日本中で、今にも被災者の下に駆けつけたい予備自衛官達が招集を待っています。

「一人でも多くの方の苦しみをやわらげたい」「一人でも多くの方のお役に立ちたい」──そう考えている予備自衛官が、日本全国にたくさんいます。

制度も装備も整っておらず、部隊編成も決まっていない予備自衛官です。困難なことは分かりますが、一日も早く体制を整え、被災者救援のためにも予備自衛官の派遣を決定頂きたいと考えます。

そして、現状が落ち着いたら、すぐにでも災害対策の見直し、予備自衛官活用のための制度再構築に取りかかるべきです。

予備自衛官制度の普及と予備自衛官制度の再構築は私の使命です。そのために「予備自衛官制度を普及する会」を立ち上げてもいます。

現在はまだ力不足ではありますが、私の目的はただ一つ

──この国を守りたい。

久我 つかさ
http://ameblo.jp/kuga-tsukasa/

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

メディアが伝えない被災地に行った看護師のブログ

メディアが伝えない被災地に行った看護師のブログ


http://blog.goo.ne.jp/flower-wing


すでに様々なブログやTwitterで紹介されているようです。

医療スタッフとして被災地へ行った、決してメディアが伝えない看護師さんの生の声が書かれています。


どのように感じるかは人それぞれでしょうが、いま日本人が忘れているものがここにあるように思います。

沢山の人に読んでもらいたいと思うようなブログです。

ぜひ読んであげてください。



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

復興策の迷走

幸福実現党・あえば直道氏のブログから転載。

復興策の迷走

3月29日(火)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

震災復興の財源確保に向けて、いろいろな取り組みが始まろうとしています。

復興には少なくとも数十兆円が必要だと言われています。

そのため例えば、法人税の減税案を見直したり、電気料金の基本料を引き上げ
ようという考えがあります。

結論からいえば、あまりに近視眼的だと思います。

たとえ短期間の資金がある程度は確保できても、高い法人税のままでは、
ますます諸外国との競争に敗れ、企業の誘致が進みません。

震災により就職先を失った被災地の方々にとっても、長い眼で見た雇用の受け皿
を、国自ら潰す愚策になりかねません。

さらに、ただでさえ停電で供給サービスを受けられない国民が激増しているのに、
この上、電気料金を上げようとは何事でしょうか。

「サービス不足分は料金を下げさせて頂きます」というのが筋であるところを、
被災された方々のご苦労を忍び、首都機能維持のために皆、停電に協力している
のです。

先日も書きましたが、このまま冬まで停電が続けば、日本経済は大打撃です。

東電による補償が充分にできない、という予測が立っているなら、せめて、
もっと料金を下げて補償の一部代替とし、少しでも日本経済の活性化に努める
べきです。

やはり、この政権は日本を駄目にするのでしょうか。

                       直道

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

チェルノブイリで放射線を食べる菌が発見される

チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる 2008年03月03日 11:14・デジタルマガジン)
http://digimaga.net/2008/03/fungus_eats_radiation

チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる

 史上最悪の原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリで凄いものが見つかった。なんと有害な放射線を食べて成長する菌が生まれていた。彼らは生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。

 その菌はチェルノブイリ原子炉の壁に育っているのを、ロボットによって回収された。チェルノブイリはいまだに汚染から回復しておらず、人が入り込めるような環境ではないのだ。

 回収された菌は豊富にメラニン色素を含んでおり、その表面を紫外線から守っていた。それはどの菌においても同じだった。

 科学者は3種類の菌である実験を行った。通常、植物は葉緑素によって光エネルギーを吸収して成長する。実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線を与えた。すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していった。

 人間にとって放射線は有害なものだが、菌たちにとっては無害どころか有効なものとなっていたのだ。普通では考えられないことだ。

 この発見は宇宙技術の前進に大いに役立つことになるだろう。宇宙は有害な放射線で溢れているため、メカニズムさえ解明できれば菌を無尽蔵の食料として食べることができ、そして他の惑星に移住する際にも頼ることができる。

 チェルノブイリ原子力発電所事故は人類にとって深刻な被害をもたらしたが、有益な一面も見つけることができた。


事故を教訓に原発技術の進歩を(2011.03.28・リバティweb)

いまだ収束しない福島第一原発事故を背景に、各国では反原発の動きが出ると同時に事故を教訓に、原発の技術的な進歩を目指すべきとの声も根強い。

同原発周辺では28日にも高い放射線量が検出され、日本の他地域では新規原発の建設中断が相次いでいる。また27日付の米ニューヨーク・タイムズ紙は、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が、同事故について「終結には依然程遠い」と発言したことを報じている。

そうした中、反原発を国是とするオーストリアは22日、欧州全体の脱原発化をめざす行動計画を発表。メルケル首相が原発を推進してきたドイツでは26日、反原発デモに同国史上最大規模の25万人が参加した。米仏露も安全性強化に追われ、米国では原子力規制委員会(NRC)が全原発の安全性評価を始めている。

各国メディアでも事故の深刻さを強調する報道は多いが、一方で原発との共存を目指そうとする論調も根強く存在する。21日付の米ウォールストリート・ジャーナル紙は、経済学者ハイエクが学問におけるデータ入手の限界を指摘したことを引き合いに、予想外の事故に際して誤りばかり強調するのではなく、新しい技術と教訓を学ぶべきことを論じている。24日付の米ニューヨーク・タイムズ紙も「現存の原発をより安全にするとともに、より安全な次世代原発の開発を目指すべき」との専門家の意見を掲載し、22日付の英紙ガーディアンは老朽化した原発を大地震と巨大津波が襲ったにも関わらず、誰一人到死量の放射線を浴びていない同事故を見て、原発推進派に転じた環境コラムニストの声を報じている。

生命を危険に晒すような事故が避けられるべきことは明らかだが、失敗から学ぶことで科学も社会も発展してきたのは事実だ。特に原子力は兵器となれば人類を滅亡させる力すら持つもので、その進化と危険は常に隣り合わせだと言える。しかし発展を止める方を選ぶよりも、失敗から学んで先を目指すことこそが、未来へと繋がる選択ではないだろうか。(由)


放射性物質に対する「恐怖」に勝とう(リバティweb)

菅直人首相は21日、規制値を超える放射性物質が検出されたホウレンソウ、かき菜、原乳などの農産物について、福島、茨城、栃木、群馬の4県に対し、県単位で出荷停止を指示した。枝野幸男官房長官は記者会見で「人体に影響を及ぼす数値ではない」としているが、影響がないならなぜ出荷停止なのか、国民にはもう一つわかりづらい。

これを受けて22日付各紙は、放射性物質による被害の可能性や対処法の記事を掲載。日本のマスコミは通常、センセーショナルな報道で読者や視聴者の不安を煽る傾向があるが、五大紙では読売が「過剰反応避けて」、産経が「水で洗えば半減」といずれも大見出しを掲げ、冷静な対応を呼びかけている。

1929年に始まる大恐慌のとき、アメリカ大統領F.D.ルーズベルトは就任演説で「恐れなければいけない唯一のことは、恐れるということ自体である(The only thing we have to fear is fear itself.)」と語り、自らの恐怖心と戦うよう国民を鼓舞した。放射線は目に見えないだけに不安や恐怖をそそりやすいが、一般に心の持ち方がポジティブな人ほど体の免疫力が高いとのデータもある。不安からパニックに陥らないよう、お互いに注意したいものである。
 
なお全国の幸福の科学では、今回の震災と原発事故を受けて急遽、「放射能被害除去祈願」と「恐怖心を取り除くための祈り」を開催中。どちらも、希望すれば信者以外でも誰でも受けることができる。神仏の加護と計らいを「信じる力」こそ、恐怖や不安を中和するための最強の力となることだろう。(司)


今、福島第一原発の事故では、放射能汚染の不安が広がっていますが、このニュースは放射能汚染を即打ち消すことはできないかもしれませんが、朗報といえますね。

原子力発電は、まだまだ完全な技術ではないのでこれを機に一層の技術開発を進める必要があるでしょう。

今後研究が進めば、放射能を無害化できる技術が開発できるかもしれません。

今回、福島原発で被爆された3人の方も退院されたそうですが、案外、人間にとって有害な放射能を無害に出来る方法が簡単な技術で可能にすることができるのかもしれません。


福島原発の事故を機に世界的に原発反対の動きが広がっているよですが、現在の技術では、原子力発電以上に膨大なエネルギーを簡単供給できる技術がないのですから、原発に変わる代替エネルギーが開発されるまでは簡単には手放すことができないと思います。

リバティwebで提言されているように、失敗を機にそれを未来の発展に昇華できるように「常勝思考」的努力で今後取り組んでいくことが人類に求められているのではないでしょうか。


常勝の法―人生の勝負に勝つ成功法則

常勝思考―人生に敗北などないのだ。
常勝思考―人生に敗北などないのだ。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

民主党への政権交代によって、あい続く天災

2004年、菅首相は、自身のブログでこのような記事を書いています。

天災 (菅直人公式サイト2004年10月23日記事より転載)
http://www.n-kan.jp/2004/10/post-659.php

昨日今日と愛媛、高知の台風被災地の視察。高知では堤防が波で破壊され、20トンを超えるコンクリートの塊が住宅に飛び込み、3名が亡くなった現場を見る。9月にお遍路で歩いたところだ。波というより鉄砲水のような力で堤防や家を破壊。

 それに加えて新潟で地震。あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか。



民主党政権になってから、

宮崎口蹄疫、鳥インフルエンザの発生、新燃岳の噴火、東北・関東大震災、原発事故。。。。

その他にも尖閣諸島での漁船衝突問題。

昔から為政者に徳がない場合、地震、津波、飢饉等の天災に見舞われ、戦争が起きるとも言われている。

民主党に徳というものがないのは誰の目にも明らかである。


幸福実現党は、2009年の選挙のとき民主党が政権を握ったら国難がくると訴えていたはずだ。


今すぐ民主党政権を終わらせないと、さらに悪いことが起こるのではないかとも思えてくる。


菅首相に言いたい。

あい続く天災をストップさせるには、

今、必要なのは政権交代ではないのか。




震災復興に向けて一段落したら、即刻退陣、政権交代が必要だ。



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

百貨店が閑古鳥 消費低迷効果が顕著に

幸福実現党・中野雄太のブログから転載

百貨店が閑古鳥 消費低迷効果が顕著に

震災の影響を受けて、消費低迷の効果が百貨店に出てきました。
様々な商品を販売しているので、当然といえば当然です。
記事には出ていませんが、既に商店街にも影響を及ぼしています。


転載始め

消費低迷「売り上げ5割減」 百貨店など閑古鳥
産経新聞 3月28日(月)7時56分配信

東京の大停電が心配され、早く帰宅の途についたためか、まだ宵の口の銀座は人の姿が少なく、自主的に、ネオンなどの明かりが消えたため暗かった。17日、20時前、東京都中央区銀座(野村成次撮影)(写真:産経新聞)

東日本大震災後、百貨店やホテル、飲食店、レジャー施設から客足が遠のき、業績にも影響が出始めた。相次ぐ余震や計画停電、被災地への配慮から、不要不急な消費を抑える動きが出ているためだ。地震の直接被害だけでなく、福島第1原子力発電所の事故や計画停電は今も深刻で、消費回復には時間がかかる見通しだ。

都内の大手百貨店は、「店舗によっては、1日の売り上げが震災前よりも4~5割減少した」という。「水や食料品などの生活必需品の購入が中心」で、来店客は、デパ地下には向かうものの、売り上げの主力であるファッション衣料や高級品フロアは閑古鳥が鳴く。百貨店各社は「震災前にはプラス基調だっただけに残念」と声をそろえる。

電力不足に配慮し、百貨店各社は営業時間を短縮している。銀座や新宿、渋谷など都内の主要な繁華街のネオンは消え、商業施設の飲食店も午後9~10時ごろには閉店している。

「白木屋」などの居酒屋チェーンを展開するモンテローザは「計画停電で外出する人が減っているうえ、節電による営業時間の短縮も売り上げを直撃している」と言う。

ホテル、宴会場も深刻だ。東京会館は、平成23年3月期連結業績の業績予想を下方修正し、最終損益を1億6千万円の黒字から1億円の赤字にした。宴会予約のキャンセルが相次ぎ、飲食施設の利用客も激減している。帝国ホテルも震災発生からの10日ほどで約10億円分の宿泊予約がキャンセルされた。宿泊客の半分を占める外国人の利用が減り、宴会場も予約の3分の2が取り消された。

千葉県長南町のゴルフ場「アバイディングクラブ ゴルフソサエティ」は、震災後から利用者が半減した。例年1300組近くある4月の予約は約250組どまり。「企業のコンペがなくなり、個人もガソリン不足で遠出を控えている」(同社)という。

シネマコンプレックス(複合映画館)大手のワーナー・マイカル・シネマズは震災で一時休業した店舗の再開を順次進めているが、「再開しても客足が戻らなければ」と心配顔だ。
転載終わり



先日は、自粛ムードをやめようと呼びかけました。

なぜなら、日本人はニュースを真に受けて震災に関係のない人まで財布の紐を締めることがあるからです。
そうすれば、来年度以降は厳しい不況がやってくるということが理解できていないのでしょう。

今の政治家は、こういうときに公共投資をはじめとした復興需要を盛り上げ、日銀による金融政策を大胆に推し進めるべきなのに、財政を気にして増税を考える連中です。自民党の谷垣総裁は、増税案を引っ込めましたが、いつまた出てくるか分かりません。

そしてマスコミです。
国民の不安を煽る記事ばかりを流した結果は大きいでしょう。
被災の経済損失を書いた記事は出ましたが、どうやって復興させえ日本経済の成長を鈍らせないかという視点で書いた記事が本当に少なかった。これでは、国民は余計に心配になって消費をしなくなります。派手な消費をするのはいけないような風潮さえあるなか、個人消費が伸びることはありません。こういうときこそ、稼げる人は稼ぎ、資金を使える人は使うべきです。

驚いたのは、私の友人が社会人大学院を卒業するのですが、なんと学校側が卒業式を自粛したということです。
なぜ、卒業式を自粛する必要があるのでしょうか。
全く関係ないことではないでしょうか。
卒業式の後は、当然しばらく学友と会えないわけですから飲み会やパーティーをやります。その機会さえダメだというならば、はっきりいって愚かとしかいいようがありません。

卒業式は堂々とやればよろしい。
式の後に飲み会はやってもよろしい。
4月からは就職先でとことん仕事をすればよいのです。

いつまでも自粛ムード蔓延を引きずるならば、日本は厳しい未来が待っています。
そうならないためにも、政府には補正予算を含めた経済政策をしっかりとつめて欲しいと思います。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「今こそ、日本を元気にするための大胆な提言を!」~ついき秀学党首 党大会挨拶

「今こそ、日本を元気にするための大胆な提言を!」~ついき秀学党首 党大会挨拶

2011年3月26日、政党大会「日本再建の誓い」が開催されました。

ついき秀学党首の挨拶から震災復興に向けた政策提言の一部紹介します。


【義援金のご報告】

震災を受けまして、政党として義援金を集めさせていただきました。震災のあった当日から銀行口座を開き義援金を募りました。本当にたくさんの義援金をお預かりすることができました。

昨日の時点で2,000名近くの方々から、4,900万円あまりの義援金をお預かりしております。そのうち、3,000万円、1,000万ずつを岩手県、福島県、宮城県、それぞれの行政にお渡しさせていただいております。
※詳細はこちら⇒http://www.hr-party.jp/new/2011/4449.html


【政策提言】

また、今回の震災に関して、提言をまとめさせていただきました。16日時点で「震災復興 日本再建に向けての政策提言」を発表。
※政策提言は⇒http://www.hr-party.jp/new/2011/4265.html

マスコミリリースもしております。その中で、「東日本復興債を発行したらどうだ」という提言をしましたところ、翌日の産経新聞に、「政府は債権を発行し、日銀に引き受けさせよ」という報道が掲載されました。
私たちのこういった提言がマスコミにも影響を与え、そして政治の世界にも影響を及ぼしつつあると考えています。

また、昨日には政策チラシ『「日本再建」宣言』を発表 ※pdfは⇒http://www.hr-party.jp/new/wp-content/uploads/2011/03/5e651c9048cd75144dde8cd816e8b0a1.pdf


【防災大国ニッポンを目指す】

民主党政権は「コンクリートから人へ」という政策理念を掲げておりましたけれども、これは明確に間違いでした。特に地震や火山が多い日本においては、あり得ない考え方であったことがわかりました。

地理的に、地震や火山、あるいはそれ以外の被害を免れることができない日本においては、しっかりと防災、インフラ、あるいはそれなりの備えをしていくことが必要です。
「防災大国ニッポン」というビジョンを掲げて取り組まねばならないと考えています。

その結果、「安心安全世界一」を実現していく。これは国の機能として、きわめて重要なテーマであり、今後引き続き、この日本の国が存在する限り、政府は常にそのことを念頭において政策を実行していかねばならないと考えています。


【農林水産業のイノベーション】

東北地方は非常に農林水産業が盛んな地域です。今回、本当に大きな被害にあわれたということですが、これを逆手にとって、新しいイノベーションを起こしていきたいと考えています。

今回の震災を機に、野菜工場で野菜を生産するという先進的な取り組みを、積極的に推し進めていこうと考えています。
漁業については、養殖というと海の中でしかできないというのが、これまでの発想ですが、海水がない山の中でも養殖を行うことができ、病気も少なく、生産効率よく養殖する技術が開発されつつあります。

日本の農林水産業に新しいイノベーションを起こし、新しい農林水産業をつくります。良質の安価な品物を生産し、海外輸出もできる農林水産業を未来産業にしていこうと考えています。
単純に復興して終わりではなく、次の新しい時代を切り開くきっかけにしたいと思います。


【航空手段を積極的に活用】

今回の震災を見る限り、空の活用が十分ではありませんでした。被災者の救援を優先せざるを得ないため、必要なヘリコプターの数が足りず、避難地域に必要な物資が送れない状況が生じてしまいました。

米軍から支援を受けて、はじめて避難地域への物資の供給ができるという状況でした。日本としては、もっとしっかりと空の活用を考えてゆく必要があります。日本は空の活用が非常に遅れています。

非常時の対策としてのみならず、産業として、あるいはビジネスとしても、空の活用にもっとしっかり取り組んでいくことで、もう一段の経済成長を果たしていくことができると考えます。

現在、空港は全国的に配置されていますが、そこの使い方が十分ではなく、定期便のことしか考えられていません。定期便が飛ばせなければもう使い道がないということで、空港は無駄だという発想になってしまっています。

首都圏や大阪、名古屋などの大都市圏に、小型ジェット機が発着できるインフラを整備し、海外のようにプライベートジェットで自由に日本中を飛べる状態にする必要があります。

また、ヘリポートを町の要所に整備しビジネスで頻繁に使うことで、産業の振興とあわせ、災害時の対策としても空の活用を考えていきたいと思っております。


【復興財源確保のために国債の発行を】

復興財源として「増税しかないのではないか」という議論が、政治家、マスコミの間でなされていますが、これは絶対にさせてはならないと考えています。

もともと日本の今の経済はデフレで、景気も今ひとつよくない状況、消費も投資もそれほど活発ではない状況です。そこにまた増税という重しをかけると、さらに落ちてゆく。

普通であってもそうなのですが、震災の影響、放射能の問題、あるいは電力供給の問題で非常に抑制がかかり、活動しにくい状況である中で、またさらに税金をかけると、完全に経済を冷え込ませるおそれがありますので、増税は絶対に避けなければなりません。

ですから、復興財源は国債を発行し、あるいは日銀に引き受けさせる。このことによって、いろいろな事業が活発に行われ、景気もよくなってゆきますし、日銀に引き受けてもらえば、その分お金がたくさん発行されますので、日本全国にお金が回るようになり、デフレからも脱却し、日本の成長率が上がります。

今の厳しい経済状況が克服され、職のない人には職が与えられ、就職先のない学生さんにも就職先が決まるという状況になります。このような方向で、ぜひ取り組んでいきたいと思います。
増税は絶対に避けなければならないと考えています。

以上


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

どうしようもない二人の国家指導者「金正日と菅直人」

どうしようもない二人の国家指導者

今日の産経新聞には、二人の国家指導者の興味深い発言が掲載されていました。


その二人とは・・・ 金正日と菅直人ですが、以下の記事を見ると、それぞれが置かれた状況がよく分かります。


金正日総書記「住民から石をぶつけられる夢を見る」
産経新聞 3月28日(月)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000086-san-int

 ある日の会話で、金総書記は鄭名誉会長(※現代グループ創業者、故人)に「石をぶつけられる夢を見る。最初は米国人、次に韓国人、最後に北朝鮮住民からだ」と話したという。住民に対する恐れを抱いているようだ。

 金総書記はまた、「どこへ行ってもたくさんの住民が歓迎してくれるが、実際にはわたしのことを好きではないことを知っている」とも打ち明けたという。



→どれぐらいの量の石が投げられているのかが気になりますが・・・。


首相がまた愚痴「一生懸命やっているのに…」
2011.3.27 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720400011-n1.htm
 「自分としては一生懸命にやっているけれど…」。菅直人首相は27日、山口二郎北大教授らと首相官邸で会談した際、東日本大震災の被災者支援や東京電力福島第1原子力発電所事故への政府の対応が批判されていることについて、こう愚痴をこぼした。



→ 「自分としては」という主観的な判断ではなく、世間からの客観的な判断に耳を傾けていただきたいものです


 どちらも客観的な評価に耳を傾けない国家指導者なので、困ったものだと思います。



 昨日から今日にかけて、各紙は米軍の「トモダチ」作戦の概要を報道していましたが、この震災によって、民主党の反米政策のおかしさも明らかになりました。



 普天間県外移設、核密約の公開→日米関係悪化という図式を民主党政権はつくり出しましたが、米軍は、現在、総員16000人、官邸12隻、航空機113機を展開して、災害救助を支援しているのです。


 また、民主党政権は「コンクリートから人へ」という標語を掲げ、「命を守る予算」なるものを成立させましたが、震災から命を守るためには、「高い堤防」などの「コンクリート」が不可欠であることも明らかになったのです。


 ダム建設を止めたりもしていましたが、震災後の水不足・電力不足の不安は、ダムの必要性も教えてくれました。


 「一生懸命やっている」などとうそぶくことは自由ですが、根本的な政策転換がなされない限り、菅直人首相も、金正日と同じように、やがては「石を投げられる」夢を見ざるをえなくなるのではないかと思います。




【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

〔「命の堤防」〕Happiness Letter479

皆さま、おはようございます。

本日は、被災地の最前線で救援活動を続けている宮城県本部第4区支部長の村上よしあき氏より「命の堤防」と題し、2回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆_%*:.!. .!.:*%_

【村上よしあき氏寄稿】

全国の皆様からの温かいご支援により、たくさんの救援物資をお届けできるようになりつつあり、被災者の皆様も大変感謝しておられます。本当にありがとうございます。

今回、被災地の現場を回っていて強く感じることは、堤防がもっと高ければ、その分、津波被害を防ぐことができたはずだという確信です。

地域によっては数年前から堤防建設の方向性が出ていながら、予算の関係で建設が遅れたために、津波で町が壊滅したところもあります。

政治家は、政治的判断や優先順位を決して間違ってはならないという責任を痛感致しました。

また、高速道路や線路が堤防の役割を果たした所もあり、防災の観点からも「コンクリート」建設が重要であると確信致しました。

その意味で、「コンクリートから人へ」をスローガンとする民主党政権は、「国民の命を守る」といいながら「コンクリート」を軽視し、「国民を命を守らなかった」政権だったと言えます。

また、有事を想定しての交通・流通インフラや石油備蓄の整備の必要性を日々実感しています。

物資と運転手がいても、ガソリンを入手できなかったために、必要な救援物資を届けられず、亡くなってしまった方もいらっしゃるはずです。

これからも、私は地域の復興に向けて、全力で走り回ります。

皆様から頂きました御支援の思いを決して無駄にすることなく、必ずや宮城の再建を果たしてまいります。

そしていつか必ず、皆様のお役に立てる宮城をつくります。そのために微力ながら私も努力し続けるつもりです。

村上 よしあき
HP:http://ameblo.jp/yocchi-mura/


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

今こそ繁栄の気概 最強の防災国家の決意を示せ。そして宗教立国を目指せ!

幸福実現党・みやもとさとし氏のオフィシャルブログから

今こそ繁栄の気概 最強の防災国家の決意を示せ。そして宗教立国を目指せ。 

金沢経済同友会の理事・常任理事・幹事会は23日、金沢市の金沢ニューグランドホテ ルで開かれた。席上、東日本大震災に関して、過度な自粛を慎むとともに、政府に対し被 災地支援のため20~30兆円規模の大型補正予算を早急に組むよう求めていく、との会員向け緊急アピールを決議した。

約40人が出席し、冒頭、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげた。飛田秀一代表幹 事は、日本の将来にとって福島第1原発事故の処理を含めた原発の安定運用が重要だとの 認識を示した。その上で「義援金やボランティアなどで被災地の復旧・復興を支援してい くことは大変大事だ。同時に、過度な自粛は慎むべきであり、被災しなかった地域まで過 度な自粛をすれば日本経済全体が停電してしまう」と強調した。

補正予算の編成については「財源は国債を充てればよい。短期的に日本はまだ国債を発 行する余力がある。震災後も円高になったのは、欧米に比べ日本は相対的に余力があると みられている証拠である。消費増税は中長期の課題であり、いまは大型補正を組んで復興 に取り組んでいかなければならない」と指摘した。また、「補正に伴う公共事業の中で、 東日本と西日本の周波数変換所を国の力で増やしていくことも検討すべきだ。東京一極集 中をあらためるために、地方に本社、工場を移転した場合の税制上の優遇措置も必要にな る」と述べた。

北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース


「飛田秀一代表幹事は、日本の将来にとって福島第1原発の処理を含めた原発の安定運用が重要だとの認識を示した」。

今回の事故は、原発そのものが原因で起こった事故ではない点、スリーマイル島やチェルノブイリとは決定的に違うということを認識しておく必要があると思います。

日本人が原発や放射能に対して過度にナイーブになる事情は理解できますが、原発に替わるだけのエネルギー量を賄える十分な代替エネルギーが開発されるのはまだまだ先の話になるでしょうから、ただ不安をあおり、だから原発はいけない、という主張は結局、エネルギー消費を抑える方向に行き、経済をさらに押し下げることになります。

先人たちが今まで築いてきた繁栄への道を捨てて、明治時代や江戸時代に逆行していく方向にも思えます。そういう方向を選択することは為政者として無責任でしょう。

放射線も「人体に影響はない」と言いながらも出荷停止しなければいけない基準であるということはある意味ダブルスタンダードであり、基準値が実態に即していない厳しすぎるものであると言えます。

政府が「人体に影響はない」ということと「出荷停止」ということの矛盾するようなことを言い続ければ、「やはり危ないのではないか」と疑心暗鬼になる人が多いのではないでしょうか。

今回の震災で、今後、自治体が新規に原発建設を受け入れることは難しくなるかもしれませんが、マグニチュード9以上の地震や、20m以上の津波をも想定した安全対策と、さらに万一の空爆等にも安全確保できるだけの防衛対策を講じた上で、地域と日本の繁栄にとってますます重要になる原子力エネルギーの重要性を粘り強く説得してゆく必要があると思います。

「『…同時に、過度な自粛は慎むべきであり、被災しなかった地域まで過度な自粛をすれば日本経済全体が停電してしまう」と強調した。」
全くその通りだと思います。

東日本、太平洋側が厳しい状況にあるときこそ、日本海側が頑張って復興を支え、日本の繁栄を牽引する、ぐらいの気概を持ちたいものだと思います。

「補正予算の編成については『財源は国債を充てればよい。短期的に日本はまだ国債を発 行する余力がある。震災後も円高になったのは、欧米に比べ日本は相対的に余力があると みられている証拠である。消費増税は中長期の課題であり、いまは大型補正を組んで復興 に取り組んでいかなければならない』と指摘した。」
これもその通りと思います。

増税はただでさえ不況下にある日本の経済力をますます押し下げ、ますます復興を遅らせます。
さらに言えば、国債もちまちました額でなく、また逐次投入になることなく、100兆円以上、できれば500兆円でもいいと私は思います。

おそらく高橋是清や田中角栄クラスの国家リーダーならば、そうした決断をすると思います。
これで最大の被害をこうむった東北の復興はもちろんですが、少なくとも東京・大阪・名古屋、できれば日本全体の都市を改造し、最強の防災都市・防災国家にすべきです。

かつて関東大震災の直後、当時の東京市長・後藤新平氏や本多静六博士が中心となって、当時の国家予算の倍以上の40億円の予算で、帝都復興を計画しました。100m道路の建設など、今考えても画期的な計画でしたが、残念ながら予算が縮小され、100m道路も漸次縮小され20m幅とかになってしまいました。

歴史にifはないといわれますが、もし、当時100m道路をはじめとする近代的な都市家拙に成功していたら、東京大空襲による被害は、もっと少なかったであろうといわれています。

世界一安全で繁栄した都市・国家を目指すという決然とした意思を示すことで、全世界の投資家の富を集めることができます。

なぜか震災後にもかかわらず「有事の円買い」が進み、円高になっている現象は、日本経済の底堅さを物語っていますし、”消去法”で円が選ばれているとするならば、だからこそ、日本が世界の繁栄を牽引する使命があると思うべきです。

日本が間違いなく復興し、不死鳥のごとく甦り、かつて以上の繁栄を実現する姿を見せてこそ、世界の希望となります。

そして、それが単なる経済的な復興、経済的な繁栄の再現だけでは、かつて”エコノミック・アニマル”と揶揄されたことの再現になりますから、やはりきちっとした精神的支柱を立てる必要があります。

精神性のバックボーンには、”宗教”が存在します。
日本では宗教というと、日陰者のような存在として扱われがちですが、これは世界標準ではありません。アメリカでもかつて唯物論国家だったロシアでも、大統領の宣誓式にはキリスト教の聖職者が立ち会います。

本当に神仏がいるかどうかという激しい内面の葛藤を経て、しかしどうしても神を信じることができない、と叫ぶ人のために、そうした人にも「無神論」という名の”信仰告白”は許されていると解するべきであって、単に空気に流され、信仰を持つことがかっこ悪いことのように勘違いして「無神論」を名乗るのは恥ずかしいことです。
神仏を信じていないということは、一般的に言って、欧米でもイスラム教国でも人間とみなされません。

聖徳太子以来、日本は、仏教・神道・儒教等を融合した宗教立国を国是としてきました。
”政教分離”は、政治権力によって自由な宗教活動が阻害されたり弾圧されたりすることを防ぐための規定であると解するべきです。
宗教が政治的な活動が許されないとするならば、”信教の自由”もまたないことを意味します。

私は、”復興”の鍵は、実は日本人の精神性の高さ、宗教性にあるとさえ思います。
日本が、世界に誇るべき高い精神性を持っているということを、堂々と言える国家にしていきたいものだと切に願います。

宗教立国の精神―この国に精神的主柱を
宗教立国の精神―この国に精神的主柱を


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

☆見えなかった目が見えた! 御巡錫奇跡レポート☆

「心に届けたい 自由な風」さんから転載

☆見えなかった目が見えた! 御巡錫奇跡レポート☆

本日(3/27)、総裁先生が姫路支部に御巡錫され、

御法話「『女性リーダー入門』講義」並びに「質疑応答」を賜りました!

主のご慈悲に、心より感謝申し上げます。

とびっきりの奇跡のイイシラセが、衛星会場の神戸中央支部から

届いておりますので、ご紹介させていただきます。

三帰者のAさんは、角膜が損傷してしまい、

目が見えない状態になっていました。

手術をしてもだめだと言われていたのですが、いいお医者さんに恵まれて、

先日、角膜移植の手術をされましたが、光がぼんやり見える程度だったそうです。

今日は、総裁先生が姫路支部に御巡錫くださると聞き、

衛星会場の神戸中央支部で、拝聴されました。

神戸中央支部の礼拝室にて御法話を拝聴しているときには、

中継を通して、先生のお声が聞こえ、

「前のほうが金色に光ってるけど、何かあるのかな」と思っていました。

御法話が終わった後、少しでも御奉納させていただきたいと思い、

祭壇前に近づいていくと

、突然、エル・カンターレ像のお姿が見えるようになったのです!

御法話中に感じていた、「金色に光っている何か」は、

実は、礼拝室のエル・カンターレ像だったんです!

エル・カンターレ像のお姿が見えて、びっくりしていると、

急に体が温かくなり、ほわ~と軽くなるような感じがしました。

涙が溢れて止まらなくて、本当に嬉しくて嬉しくて最高に幸せです。

こんな奇跡があるのかと思ってしまうくらい、驚きましたが、

今思えば、何かある度に主に、お守り頂いていたのだなと

実感致します。本当に感謝です。ありがとうございました。

帰りも出口の足元の段差もクッキリ見えて、

スタスタと支部を出ていかれました!

本当におめでとうございます!

☆★☆★☆★☆★☆★

主は、御法話のたびに、いつもいつも限りない御光を、

私たちにお与えくださっています。



「光は、今ここにあり!」

エル・カンターレと同じ時代に生まれ合わせた奇跡を、

一人でも多くの方にお伝えしてまいりましょう!


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「独善」「場当たり」の首相の影にヒトラーの亡霊

「独善」「場当たり」の首相 大震災に現れたヒトラーの亡霊 (2011.3.27 13:08・産経)

 北澤俊美・防衛相(73)の好きな言葉に「文民統制=シビリアン・コントロール」があるが、生半可に理解している節がある。アドルフ・ヒトラー(1889~1945年)は第二次世界大戦においてドイツ国防軍や親衛隊を指揮・統率したが、ヒトラーは「文民」であるからして、独軍は「文民統制」されていたことになる。そのヒトラーの指揮・統率ぶりはつとに知られる「独善的」に加え、意外にも「場当たり的」面も少なくなかった。「独善的」「場当たり的」といえば、東日本大震災における最高指揮官・菅直人首相(64)の“指揮・統率ぶり”そのもの。国家危急を前に、とんでもない指導者が現れる歴史の悲劇は、世紀をまたいで繰り返される。

 ヒトラーによる「場当たり的」指揮・統率の背景に、自身が持つコンプレクスがある-という分析は興味深い。ヒトラーはドイツが誇る軍参謀本部に陣取る参謀からの戦略・戦術・作戦について進言を折々に、意識的に退けた。将校は原則として、士官学校を皮切りに、昇進する度に各学校・教育課程に入校を繰り返す軍事のプロ。中でも参謀本部の参謀はえり抜きのエリート集団である。その情報収集・分析力はヒトラーの及ぶところではない。しかし、ヒトラーはあくまで我を貫いた。第一次世界大戦(1914~18年)では、大日本帝國陸軍でいえば兵卒最上位の兵長か、次位の伍長勤務上等兵に過ぎなかったヒトラーの、エリート将校への反発は、尋常ではなかったとも言われる。

 例えば第二次大戦(39~45年)で、参謀本部はフランス東部の独国境沿いに構築した堅牢な仏軍マジノ要塞群(線)の突破は不可能と判断し、仏攻略に消極的だった。ただし、消極的ながらも参謀本部は、第一次大戦前にドイツ陸軍元帥アルフレート・フォン・シュリーフェン伯爵(1833~1913年)立案の「シュリーフェン・プラン」を応用した作戦を、ヒトラーに進言した。原案は、ロシアをにらむ東部戦線には最小限の寡兵で警戒し、西部戦線右翼の主力はベルギーの中立を侵犯、旋回を強行し、北仏に回り込んで、仏軍などをマジノ線背後で殲滅する-流れを基本としていた。


■コンプレクスが自信に

 一方、参謀本部へのコンプレクスに加え、第一次大戦で悲惨極まりない塹壕(ざんごう)戦を経験したトラウマも手伝い、ヒトラーは参謀らの上申を極めて不快に感じ、参謀本部が却下した「マンシュタイン・プラン」を、あえて採用する。「マンシュタイン・プラン」とは、エーリッヒ・フォン・マンシュタイン陸軍元帥(1887~1973年)策定の作戦で“売り”は本来、戦車・重砲の迅速・大量通過が困難とされる森林地帯を突破・越境するという点にあった。参謀本部案が連合軍側に漏洩していた可能性を危惧した面もあろうが、作戦の持つ華麗さも、ヒトラーの気を引いたようだ。

 結果は、作戦の意外性に加え、連合軍側の下策や仏軍の旧態依然の軍事思想、指揮命令系統の乱れなどにも助けられ、マジノ線は破られ、連合軍にダンケルク撤退を強い、パリは短期間で陥落する。参謀本部も予想外と驚く「ほぼ完勝」を呼び込んだ。

 ヒトラーのコンプレクスは自信に変わり、自らを「軍事的天才」と思い込み(否定できない部分もある)、周りもプロパガンダとして流布させた。以後、参謀本部の作戦計画をますます退け、退けては悦に入った。かくして、ドイツは滅亡への速度を加速させていく。


■重なる菅首相の脅え顔

 菅首相も大震災以前から「政治/官邸主導」と称して、文民参謀=官僚らの才を無視。政策の落ち度は官僚のせいにした。原発建屋爆発や放射能漏れが現実となるや東京電力も恫喝した。大震災と東電福島第1原発事故の渦中に行った自民党総裁への大連立構想打診にあたっては、盟友の仙谷由人・官房副長官(65)にさえ知らせぬ「独裁者」(民主党ベテラン)ぶりを発揮した。

 軽視され、秘密裏に軍事作戦を立案され続け、恫喝された揚げ句、負け戦の責任を転嫁された参謀本部参謀や一部将軍と、ヒトラーとの関係を彷彿させる。ヒトラーはマンシュタイン元帥の作戦を大きな感銘を持って聴いた後、元帥を下がらせてから側近に語った。

 「ずば抜けて賢明で、見事な作戦立案の才を持っている。だが、私は彼を信用しない」

 信じる者を持たず、孤独で神経質なヒトラーの陰鬱な表情が、わが国宰相の虚ろな脅え顔と重なる。

 ところで、第1次大戦敗戦に伴うGNP(国民総生産)の20年分の賠償金や、世界恐慌によりドイツが大量の失業にあえぐ中、ヒトラー率いる国家社会主義独労働者(ナチス)党は「年金支給額」や「失業保険」を大幅に増大・強化する“公約”を掲げ急成長する。

 衆愚は、いつの世にも「独裁者」の、耳に心地よいだけの、派手さだけが取り柄のパフォーマンスに幻惑させられる。(九州総局長 野口裕之)



国家社会主義とは何か―公開霊言 ヒトラー・菅直人守護霊・胡錦濤守護霊・仙谷由人守護霊
国家社会主義とは何か―公開霊言 ヒトラー・菅直人守護霊・胡錦濤守護霊・仙谷由人守護霊



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

自衛隊は国民を守る最後の砦。きょうも自衛隊員は被災者のそばにいる。

仙谷元官房長官が暴力装置と発言した自衛隊ですが、震災支援に大活躍されいます。

これが自衛隊の本当の姿です。

また米軍の支援により空輸が再開するまで仙台空港が復旧したというニュースもあります。

自衛隊や米軍などの力というのはこのような大きな震災時などに大きな力となります。


これらは民主党の見ている映像が如何にゆがんでいるかということを如実に現してます。

政府民主党の閣僚のもっているビジョンが震災に対する初動を遅らし、米軍の支援を断ったりと、今回の震災を大きくしているということを知らねばなりません。

自衛隊の皆さまの活動によって一日も早く被災された方々が安心して生活できるようになることをお祈りしたいと思います。

写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿 (2011.3.27 20:43・産経)

東日本大震災での自衛隊による被災者支援活動は「最後の砦(とりで)」である。隊員はその重みを感じながら黙々と働くが、肉体的、精神的疲労は日ごとに増す。身内に犠牲が出てもわが身を顧みず、被災地にとどまる隊員も多い。実績を声高に誇ることもなく、黙して語らぬ隊員の思いと労苦を隊員同士のメールや写真から検証した。(半沢尚久、《》はメールの文面、写真は陸上自衛隊提供)

 ■車座で痛みを共有

 《海には数メートルおきにご遺体が浮いている》《幼い亡骸(なきがら)を目にすると、わが子とダブってたまらない》

 地震に津波の被害が重なった大震災。遺体収容も自衛隊の重要な任務のひとつで27日までに4150体を収容した。写真は宮城県山元町で冷たい水に膝までつかりながら遺体を囲み手を合わせる隊員を写し出す。

 日常的に遺体を扱う警察官と違い、慣れているわけではない。とりわけ、海に流された遺体と対面するのはつらい作業だという。

 《流木にはさまれ、両手をあげていた。最後まで救助を信じていたように…》

 凄惨(せいさん)な現場は、隊員の心を消耗させ、無力感さえ抱かせかねない。そのために陸上自衛隊はメンタルヘルスを重視し、夜ごと隊員を10人ほどの班に分け、車座になって一日を振り返る時間をつくった。陸自隊員は「仲間と苦しみ、痛みを共有できれば気力がわいてくる」と打ち明ける。

■被災者支援が第一

 《自宅が全壊、家族も行方不明という隊員が普通に働いている。かけてあげる言葉がみつからない》

 身内に被害が出た隊員も被災者支援を続ける。

 《被災地に来て12日目。風呂はまだ1回しか入れていない》《毎日、乾パンや缶メシと水だけ》

 炊き出しで温かい汁ものの食事を被災者に提供しても隊員が口にするのは冷たいものばかりだ。写真は岩手県山田町でわずかな休憩時間に狭いトラックの中で膝詰めになり、冷えたままの缶詰の食料を口に運ぶ隊員を写す。

 22カ所で入浴支援も行っているが、汗と泥にまみれた隊員は入浴もままならない。「わが身は顧みず、何ごとも被災者第一」の方針を貫く。

 兵たんや偵察といった自衛隊ならではのノウハウを生かし、役割も増している。集積所によっては滞りがちだった物資輸送の効率化に向け、自治体や運送会社を束ねるシステムを立ち上げた。孤立地域のニーズをきめ細かく把握する「御用聞き任務」も始めた。

 《被災者の心細さを考えたら…。がんばる》

■米軍支援も引き出す

 宮城県多賀城市の多賀城駐屯地では整然と並んだ陸自車両のタイヤが水に埋まった。車体には「災害派遣」の垂れ幕。地震発生を受け、出動しようと矢先を津波にのまれたのだ。いかに迅速に出動態勢をとるか。そんな訓練が徹底されている証しでもある。

 大規模支援を買って出た米軍を鼓舞させたのも、そんな自衛隊員の姿だった。

 《米軍は初めは様子見だったが、自衛隊が命をかけて任務を遂行するさまを見て本気になった》

 東京電力福島第1原子力発電所では被曝(ひばく)の恐怖に臆することもない。17日からの放水活動の口火を切ったのも自衛隊だった。直後に米軍が放射能被害管理などを専門とする部隊約450人の派遣準備に入ったと表明したのは、米側が自衛隊の「本気度」を確信したからだといわれる。

 ある隊員からこんなメールが届いた。

 《自衛隊にしかできないなら、危険を冒してでも黙々とやる》《国民を守る最後の砦。それが、われわれの思いだ》

 きょうも自衛隊員は被災者のそばにいる。


仙台空港 復興の陰に在日米軍の尽力(2011.3.25 21:50・産経)

津波が押し寄せ、軽飛行機が浮かんだ仙台空港。早期の再開は困難と思われたが、被災5日後の16日には早速メーン滑走路を使って空輸を開始、被災地への物資輸送の拠点として大いに役立っている。早期再開の陰には、がれきの撤去までした在日米軍の協力があった。(徐暎喜)

 空輸が再開した仙台空港に輸送機が到着した。運ばれてきたのは、水や食料など被災地への救援物資。降ろされた物資を、日本の自衛隊の隊員らとともに在日米軍の兵士らが自衛隊のトラックに積み込む。トラックが向かう先は、被害の大きい太平洋沿岸の避難所。運搬する自衛隊員は「これまで気仙沼や石巻を回った」と話す。

 在日米軍は震災直後から、仙台空港を救援物資の運搬拠点として利用しようとしてきた。しかし、空港はがれきだらけ。国土交通省東京航空局仙台空港事務所の大坪守所長が「空港全域が水没し、復旧のめどが全く立っていない」という状態だ。

 このため、在日米軍は横田基地(東京)や嘉手納基地(沖縄)などから214人の兵士を集め、自衛隊員らとともに、滑走路のがれき撤去に取りかかった。フォークリフトなどの重機も持ち込み、津波で流されてきた乗用車を撤去。必死の作業でメーン滑走路を確保し、16日から離着陸が可能になった。

 まだ民間機の離着陸はできないが、現在、米国内や、国内外のボランティア団体などから届いた物資を1日平均11機の輸送機で運んでいる。

 在日米軍はシャベルを使って手作業で泥を空港建物から取り除く作業にも従事。今後、津波で1階部分が完全に水没し、電気や通信設備のほとんどが使用不能になったターミナルビルの復旧にも携わる予定だ。

 日米共同調整所仙台空港現地調整所長の笠松誠1等陸佐は「米軍が早い時期に空港に重機を持ち込んで整備してくれたことで、救援物資の拠点として活用できるようになった。感謝している」。米海兵隊のクレイグ・コゼニスキー大佐は「復旧のため、日米合同で作業を続けたい」としている。  


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

炉心溶融という震災当日の予測にも関わらず菅首相は原発をパフォーマンスのために視察

菅左翼政権の無能ぶりが明らかになりつつあります。

東京電力は、当初の時点で、最悪の状況が起き得るとの認識があって、その情報(メルトダウンという事態まで見据えたもの)は、菅首相に説明され、届いていたということですが、ベントの必要性を4時に認識相談したにもかかわらず、実施は、菅首相の現地視察以降となっていたようだ。

原子力には自信があるという見えを切っていたのに「臨界」という言葉も知らなかったなんて話にもならない。

単なる政府主導を示すためのパフォーマンスだったのは明らかである。

視察にあたった数時間を緊急措置にあてていればもう少し被害が小さくなっていた可能性は否定できない。

やはり、原発事故そのものの大半は、東電に責任転嫁する嘘つき政権が招いた“人災”だなと思う。


そして、この緊急事態に関係のないよな「コンピューター監視法案」なるものが閣議決定されたようです。

この法案は、インターネットを使った活動に対して、言論の自由の封じ込める言論統制に発展する可能性を秘めている法案だそうだ。


今やらなければならないことは、このような法案を決議することではなく一日も早い震災復興に向けた復興対策を計るべきときである。

どこまで腹黒い史上最悪の政権なのだろうか。

保安院 炉心溶融 震災当日に予測 2011年3月28日 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011032802000041.html

 経済産業省原子力安全・保安院が、震災当日の十一日夜、東京電力福島第一原発事故に関して、三時間以内の「炉心溶融」を予測していたことが二十七日、分かった。また翌十二日未明には放射性ヨウ素や高いレベルの放射線を検出、原子炉の圧力を低下させる応急措置をとる方針が決まったが、実現するまでに半日も要した。政府文書や複数の政府当局者の話で判明した。

 溶融の前段である「炉心損傷」を示すヨウ素検出で、政府内専門家の間では危機感が高まり、応急措置の即時実施が迫られる局面だった。

 しかし菅直人首相は十二日早朝、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長と予定通り現地を視察。政府与党内からは、溶融の兆候が表れた非常時の視察敢行で、応急措置の実施を含めた政策決定に遅れが生じたとの見方も出ている。初動判断のミスで事態深刻化を招いた可能性があり、首相と班目氏の責任が問われそうだ。

 政府原子力災害対策本部の文書によると、保安院は十一日午後十時に「福島第一(原発)2号機の今後のプラント状況の評価結果」を策定。炉内への注水機能停止で五十分後に「炉心露出」が起き、十二日午前零時五十分には炉心溶融である「燃料溶融」に至るとの予測を示し、午前三時二十分には放射性物質を含んだ蒸気を排出する応急措置「ベント」を行うとしている。

 保安院当局者は「最悪の事態を予測したもの」としている。評価結果は十一日午後十時半、首相に説明されていた。

 この後、2号機の原子炉圧力容器内の水位が安定したが、十二日午前一時前には1号機の原子炉格納容器内の圧力が異常上昇。四時ごろには1号機の中央制御室で毎時一五○マイクロシーベルトのガンマ線、五時ごろには原発正門付近でヨウ素も検出された。

 事態悪化を受け、東電幹部と班目氏らが協議し、1、2号機の炉内圧力を下げるため、ベントの必要性を確認、四時には保安院に実施を相談した。また菅首相は五時四十四分、原発の半径十キロ圏内からの退避を指示した。

 だが東電がベント実施を政府に通報したのは、首相の視察終了後の八時半で、作業着手は九時四分。排出には二つの弁を開く必要があるが、備え付けの空気圧縮ボンベの不調で一つが開かなかった上、代替用の空気圧縮機の調達に約四時間を費やし、排出が行われたのは午後二時半だった。

 与党関係者は「首相の視察でベント実施の手続きが遅れた」と言明。政府当局者は「ベントで現場の首相を被ばくさせられない」との判断が働き、現場作業にも影響が出たとの見方を示した。

◆いずれ回答する
 原子力安全委員会の班目委員長の共同通信に対する書面回答 現在、事態の収束に全力を傾注している。一方、社会への説明責任を果たすことの重要性も重々認識している。今般の質問には答える立場にないものも含まれているが、プラントの状況は時々刻々と変化し、対応に当たっては予断を許さない状況にあり、正確な見解を申し述べることが必要と考えているものの、十分に吟味し、責任を持った回答を作成できる状況にない。今後、状況が一応の安定を取り戻した状態となり、対応が可能となった段階で対応を行う。ご理解のほどよろしくお願いします。

◆視察と関係ない
 東京電力の広報担当者のコメント (応急措置である「ベント」の実施に時間がかかったのは)福島第一原発の現場の放射線量が高かったから(ベント実施を)入念に検討したためだ。ケーブルの仮設など準備作業に時間を要した。(ベントのタイミングと)首相の来訪は関係がない。


「コンピューター監視法案」閣議決定される 2011年03月18日 14:23 JST

【PJニュース 2011年3月18日】■ 「コンピューターウィルス」に関連する刑法の改正案が閣議決定される

法務省から民主党の法務部会に提出されたと伝えられていた、コンピューターウィルス等々に関する刑法の改正案が、閣議決定されたと報じられた。

これによって、「ウィルス作成罪」、「コンピューター監視法案」などと呼ばれ、各方面からの批判の対象となってきたこの法律は、議員レベルの立法ではなく、内閣の総意として国会に提出され、可決に向けて推し進められることになったものと考えられる。

■問題点は払しょくされず、「ウィルス」の取得・保管で懲役刑も

しかし、内閣が推し進める優先度の高い法案として定義付けられたものの、新聞各紙が報じた法案の具体的内容を見る限り、多くのところで指摘されてきた問題点は、まるで解消されていないというのが実情のようだ。

「ウィルス」を、作成・保管した場合のみならず、「取得」、「保管」した場合も、最高で二年以下の懲役という重い罰則が科せられることになるとされている。そもそも「ウィルス」が単なるプログラムであり、「感染」するということは、そのプログラムを「取得」、「保管」することであるだけに、ウィルスに感染した被害者が、法的処罰の対象にもなりかねないという、危険な条文構成となっている。

また、通信履歴の最大六十日の保存を当局がプロバイダー会社側に要請できる「コンピューター監視法案」的な要素も、不特定多数に「わいせつ」な画像メールを送ることを禁じるというような、およそコンピューターウィルスとは関わりのない部分まで盛り込まれたと報じられている。

仮に一連の報道の通りの法案が正式に、国会に提出されたとすれば、実に危険な状態に、コンピューターを使うほとんどのユーザーが晒されることにもなりかねない。

■「違法状態にならない」ようにするのは個人献金の管理よりもはるかに困難

誰でも「違法」となり得るだけに、この罰則規定が、日本の政局を一変させてしまう危険性すら少なくない。具体的に言うならば、現内閣が大打撃を受けることになった「献金問題」よりも、さらに順守し辛い法律になっている。

小額の個人献金者の国籍まで、逐一チェックし、「違法な献金」を受け取らないようにすることは確かに困難だが、献金自体を受け取らないことで、どうにか「犯罪」をせずに済むかも知れない。

しかし、「ウィルス」は、現金のように、定義のしっかり固まったものではなく、受け取る気が無くても勝手に押し付けられ、しかも押し付けられたことにもなかなか気付けないものだ。

違法行為を回避する難しさは、献金における「国籍問題」の比ではなく、市民は言うに及ばず、全ての政党、政治家、政党関係者にとって、非常に高いリスクとして機能し得る法律、とも言えるもので、場合によっては、パソコン内に存在するプログラムの「取得」が「意図的」か否かで、国会が紛糾し、内閣や政権が交代していくという酷い状況に直面することになってしまうかも知れないのだ。【了】


あ~あ~菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」 2011年03月26日17時00分
提供:ZAKZAK(夕刊フジ)

「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。

 まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。それによると、菅首相は「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」として呼び寄せた有識者に対し、「臨界ってなんだ」と聞いたという。原発に関する「臨界」は、「原子炉で核分裂の連鎖反応を起こし続ける状態」を指す。大阪府在住の大学講師はこうあきれる。

 「最初に『臨界』という言葉に触れるのは高校物理。『反射の限界点』を指す『臨界点』という言葉を習う。大学で原子力を学べば、すぐに出てきますよ。1999年の東海村臨界事故で注目された言葉でもある。菅首相は本からも先例からも、何も学んでいないのでしょうか」

 福島第1原発の事故を受け、東工大出身の菅首相は16日、官邸で笹森清内閣特別顧問と会談、「私は原子力に詳しいんだ」と胸を張った。さらに、東京電力本店に自ら乗り込むパフォーマンスを演じ、原子力に詳しい学者3人も内閣官房参与に起用した。ところが実際には、基本中の基本を知らなかったことが露呈してしまったわけだ。菅首相は財務相時代にも、経済学の基礎用語である「乗数効果」と「消費性向」を取り違え、知識不足を露呈したことがある。

 そんな菅首相が率いる政府は25日、福島第1原発から半径20-30キロ圏内の屋内退避区域に対し、自主避難を促した。当初の3キロ圏から10キロ圏、20キロ圏に小出しで広がり、ついに自主避難になる泥縄式だが、これについて菅首相は「専門家の判断を尊重した」と責任転嫁。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「菅首相は無知なのに思いつきで行動する。反対する人は排除し、ダメな結果でも自画自賛する。厚生相時代のカイワレ神話が自分のなかに残っており、根拠を示さなくても自分が『安全だ』『頑張ろう』と言えばみんな付いてくると思っている。いま、世界中で『菅首相に日本が壊される』と心配する声が上がっています」と危機感を募らせている。



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

徳島城南高校、初戦突破おめでとう!

21世紀枠・城南、V経験校・報徳に勝った!…センバツ第5日

強豪・報徳学園を倒し笑顔で駆けだす城南ナイン ◆第83回センバツ高校野球第5日 報徳学園5─8城南(27日・甲子園) 21世紀枠で春夏通じて初出場の城南(徳島)は、通算3度優勝の報徳学園(兵庫)を破る大金星。創部114年目での甲子園初勝利は最スロー記録となった。

 「こんなことがあっていいのか」。森恭仁監督(43)の言葉にすべてが凝縮された。創部114年目で甲子園に初出場した城南が、しかも、21世紀枠として、甲子園優勝3回の報徳学園を破った。だれもが驚く大金星。「113年の先輩の思いの詰まった勝利です」。悲願の歴史的勝利を、自らもOBである森監督はしみじみとかみしめた。

 4番でエースの竹内勇太が、打って、投げて、魅せた。城南2点リードで迎えた9回2死一、二塁。「しゃーっ!」と、打席で言葉にならない雄たけびを上げた。「叫べばリラックスできる」という森監督の助言通り、余計な力が一気に抜けた。その初球。インコース高めの直球を振り抜いた。左翼席への高校通算27号となる3ラン。試合を決定づける一発を放っただけでなく、投げても強豪相手に被安打11、5失点を喫しながらも完投。森監督も「ベストピッチング」と大きくうなずいた。

 OBに内角官房副長官の仙谷由人氏もいる県内屈指の進学校だけに、グラウンドはサッカー部など6つの部で共用。それでも、指揮官は「無いものねだりでなく、これがベストだと思って練習する」とし、打撃練習をバックネットに向いて行うなど工夫。強打線はその中で築かれた。

 24日に加古川北と金沢の試合を観戦。プロ注目投手、釜田佳直(3年)を打ち崩した加古川北に「公立が私立の強豪に対して結果を出した」と、出口翔一朗主将は刺激を受けた。勝負はやってみないと分からない。「僕らはチャレンジャーなので」と竹内が充実の汗をぬぐった。この勢いに乗り、次は九州王者の鹿児島実に胸を借りる。



徳島県、大川隆法総裁の出身校でもある21世紀枠出場の城南高校が強豪で優勝経験のある報徳高校を破り初戦突破しました。

おめでとうございます。

最近、震災、原発の事故のことばかりで暗いニュースばかりだったので、ちょっと明るいニュースです。

高校球児たちの頑張りが、被災者の皆様を励ますための力になればいいですね。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

〔宮城の復興に向けて〕Happiness Letter478

皆さま、おはようございます。

本日は、被災地の最前線で救援活動を続けている宮城県本部第4区支部長の村上よしあき氏より、「宮城の復興に向けて」と題し、2回にわたりメッセージをお届け致します。
☆_%*:.!. .!.:*%_

【村上よしあき氏寄稿】

まず初めに、震災直後より、物資や人的支援を数多く賜っておりますことを心より感謝申し上げます。

私は現在、宮城県内で、特に津波の被害が大きかった海岸近くの地域の安否確認と救援物資のお届けに走り回っております。

震災直後は道路もかなり冠水したところも多く、目指す地域までたどりつけない状態が数日続きましたが、現在は水も引き、主要な道路も復旧しています。

ただ、地域によっては、町そのものがほぼ全壊し、瓦礫だらけになっている場所もあります。本当に悲しく、運転しながら涙があふれてくることも度々あります。

また、各避難所もだいぶ整って来てはいますが、まだまだ物資が不足しがちで、行政組織そのものが壊滅している地域では、避難所の運営自体がまだまだ不十分なところもあります。

また、たとえ物資が行き届き、電気・水道などのライフラインが復旧したところでも、ご家族や家をなくされた失意から、精神的な荒廃が進みつつあるところもあります。

被災者の皆さまに「未来への希望」を持っていただくべく、私は単に物資をお届けするだけでなく、ご家族や家をなくされた方々のお話をよくお伺いし、心の交流をし、その上で少しでも希望が持てるようなお話をさせて頂いております。

希望としては、被災された方々の中から「救われる側」から「救う側」へと立ち上がっていかれる方が続出していることです。

「自分たちの力で必ず宮城を再建しよう!」という言葉も多く聞かれるようになってきました!

これから時間はかかるかもしれませんが、そうした思いを増やし、共有し、束ねて、必ずや宮城の再建を果たしてまいりたいと思います。

村上 よしあき
HP:http://ameblo.jp/yocchi-mura/

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【国家社会主義政党=民主党】 産経新聞の慧眼恐るべし!泥舟からの逃げ足は早く、変わり身は「即断即決」で行くべし!

幸福の実現・植松みつお氏のブログから転載

【国家社会主義政党=民主党】 産経新聞の慧眼恐るべし!泥舟からの逃げ足は早く、変わり身は「即断即決」で行くべし!

「独善」「場当たり」の首相 大震災に現れたヒトラーの亡霊  2011.3.27 13:08 【産経ニュース】

 産経ニュースによると菅首相の「独善的」「場当たり的」手法がナチスドイツのヒトラー総統と同一だというのだ。内容はこうだ。

 「アドルフ・ヒトラー(1889~1945年)は第二次世界大戦においてドイツ国防軍や親衛隊を指揮・統率したが、ヒトラーは「文民」であるからして、独軍は「文民統制」されていたことになる。そのヒトラーの指揮・統率ぶりはつとに知られる「独善的」に加え、意外にも「場当たり的」面も少なくなかった。「独善的」「場当たり的」といえば、東日本大震災における最高指揮官・菅直人首相(64)の“指揮・統率ぶり”そのもの。国家危急を前に、とんでもない指導者が現れる歴史の悲劇は、世紀をまたいで繰り返される。」(中略)
 「菅首相も大震災以前から「政治/官邸主導」と称して、文民参謀=官僚らの才を無視。政策の落ち度は官僚のせいにした。原発建屋爆発や放射能漏れが現実となるや東京電力も恫喝した。大震災と東電福島第1原発事故の渦中に行った自民党総裁への大連立構想打診にあたっては、盟友の仙谷由人・官房副長官(65)にさえ知らせぬ「独裁者」(民主党ベテラン)ぶりを発揮した。」(中略)
 「ところで、第1次大戦敗戦に伴うGNP(国民総生産)の20年分の賠償金や、世界恐慌によりドイツが大量の失業にあえぐ中、ヒトラー率いる国家社会主義独労働者(ナチス)党は「年金支給額」や「失業保険」を大幅に増大・強化する“公約”を掲げ急成長する。」
 
 そして、結論をこう締めくくる。

 「衆愚は、いつの世にも「独裁者」の、耳に心地よいだけの、派手さだけが取り柄のパフォーマンスに幻惑させられる。(九州総局長 野口裕之)」


 民主党と云う政党の実態は、基本的に「左翼政党」=「国家社会主義」であるため、自由経済よりも統制経済をその手法とする。景気対策・金融政策・財政政策はケチケチ作戦(事業仕分け、Too Late Too Little、子ども手当などの経済効果の無いバラ蒔き)で、不況は克服できず、雇用も促進されず、人心は離れ、財政は破綻に向かう。その結果、財務官僚の言いなりとなって増税、規制強化へと向かう。確実に国家経営を傾けるとんでもない貧乏神政権が出来てしまうことになる。その上、野党しか経験してないから国防意識が希薄で、「平和と水はタダだ」と思っているような人たちの集団が政治家となっているため、国民を守る意識が無い。そのため、中国や北朝鮮、場合によってはロシアから圧力を掛けられたら、以外に簡単に白旗を上げてしまう政党なのである。もっと言えば、小沢氏のように積極的に中国に媚びを売るよう人も居るのだから、末恐ろしい。

 こうした危険性を幸福実現党は'09年の衆院選よりずっと訴えてきた。その事実をマスコミの多くは隠蔽し、国民にその事実を知らせず、「政権交代」というキャッチフレーズで民主党を持ち上げるだけ持ち上げた。折も折、米国の大統領選挙においても「チェンジ」を謳い文句に当選した民主党オバマ氏の登場も民主党人気を後押しした。我々の声を鳩山前首相の毛並みの良さやイオングループの御曹司である岡田幹事長の存在や前原氏らの松下政経塾出身者の存在が左翼政党とは思えなかったのだろう。その実態を、ズバリ指摘した書籍が大川隆法著『国家社会主義とは何か』である。

 
 まえがきにはこうある。
 「善悪の問題は本当に難しい。結果的には、社会悪、国家悪になることを招来する政治家でも、本人は善人で良いことをやっているつもりであることもあるので、救い難いのだ。(中略)
 「ヒトラーは、一見、右翼の独裁者あが、全体主義的な国家社会主義は、右翼も左翼も実態的には区別はつかないのだ。(中略)
 「菅政権発足を受けて、民主党政権による国難パート2が始まろうとしている。二代続けての理系宰相の菅氏は、外交・防衛、経済ともに弱いだろう。」 

 実に、正鵠を射ている。これほどの洞察力のある書籍は他に類を見まい。

 結局のところ、菅政権の結末は、「混乱」というのが着地点のような気がする。この政権を支持している連合、官公労、マスコミ、日教組、新宗連らは、国民の不幸を拡大させるために呉越同舟している悪党連中と後世に語り継がれることになるだろう。

 マスコミの中にもやっと泥舟の民主党政権の実態が見えた者が出てきたのかもしれない。それともパフォーマンスだけで国民を不幸に導く民主党の実像に覚醒してきたのだろうか?民主党の余りの人材不足のために、自民党にまで媚びを売って泥舟に巻き込もうとする無理心中的手法には、スポンサーのマスコミも「独裁者ヒトラー」の最期に「独裁者菅直人」の姿を二重映しで見えたのに違いない。マスコミの方々も即刻逃げた方が賢明だろう。

「最小(宰相)不幸社会劇場」の終幕の日は近い。


国家社会主義とは何か―公開霊言 ヒトラー・菅直人・胡錦濤・仙谷由人



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ