「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

沖縄県知事選の所感

幸福実現党・中野雄太氏のブログから転載

沖縄県知事選の所感

沖縄県知事選は、仲井真弘多候補が再選しました。

当選後、気になる普天間基地移設問題に関しては否を貫いています。
それは当然でしょう。当選して主張を翻すということは、有権者を欺く行為だからです。
一方、革新系の伊波候補陣営は悔しさをにじませ、仲井真知事が再び県内移設を主張することを懸念しているとの報道もありました。

同時に、政府との対応やアメリカ政府との連携も気になるところです。

沖縄では県外移設が既定路線だった
沖縄県では、自民党でさえ県外移設を主張しなければ勝てない風土となっています。基地の存在は、確かに沖縄県民を苦しめた歴史があることは知っています。
同時に、日本が独立を果たした1952年より20年も遅れて日本に返還されていたという屈辱もあります。国際情勢を無視すれば、沖縄から基地がなくなることは悲願であり、夢であることは理解できるものです。

ただし、国際情勢を考慮に入れた場合は別です。第二次世界大戦が終わっても、極東アジアでは、朝鮮戦争が起こりました。以後、シナが共産党政権を樹立、ソ連がアメリカを脅かす存在となりました。アメリカにとっては、東アジアでの位置づけは無視できなくなったということです。沖縄に置かれている普天間基地には、海兵隊が駐留しています。実は、世界には、海兵隊が駐留しているのは三つしかありません。あとの二つはアメリカ国内です。つまり、アメリカ政府が東アジアを危険地帯だとみなしているわけです。評論家の長谷川慶太郎氏は、東アジアには依然として冷戦が継続していると言われています。シナや北朝鮮がいるので、その指摘は正しいと言えるでしょう。そして、実際に日本を守っているのが米軍であり、日米安保であるわけです。

そこに県外移設を声高に叫んでいる県知事が当選したということは、今後の日本外交に一定の障害をもたらしたことは事実です。現在、日本は憲法と各種の制約があって、自衛隊が軍隊として認められていません。これは、諸外国からみたら、非常に奇異に写ることです。その中で、米軍が沖縄に駐留して意味は極めて大きいということです。特に、普天間にいる海兵隊は、アメリカ大統領の命令一つでいつでも戦闘準備に入れます。現在の朝鮮半島の有事が、韓国側に多大な被害が出た場合、あるいは38度線を越えた場合は、米軍は動くでしょう。沖縄に駐留する海兵隊も動くことは間違いありません。さらに、海兵隊の存在がシナの軍拡に対する抑止力となっています。この点は、強調しておきたいと思います。

専門家の間では、日米同盟堅持は正しいが、必ずしもアメリカが日本のために動くとは限らないと主張される方もいます(田母神氏や西尾氏)。日米安保条約は、尖閣諸島のような領土問題では動かないと見る識者もいます(日高氏、国連の見解)。日米同盟が機能するためには、日本にも独自の防衛能力を高めるという前提があります。そして、日米間の大人の関係を維持していることです。日米同盟は不平等的側面は強いですが、日本は独立国として自衛隊を軍隊として認める。つまり、交戦規定を認める。集団的自衛権を行使できるようにすることを堂々と主張しながら、アメリカとの関係を深めていくことです。

県外移設と日米関係 その時、米軍基地を県外に移設する県知事がいることは、アメリカ側に間違ったメッセージを与える可能性があります。仲井真知事は、確かに日米同盟の重要性を認めていますが、県外移設を主張して、どのように日米同盟を維持すると言うのでしょうか。

また、この問題は日本国の外交問題です。最後は政府が判断しなければなりません。日本政府は、沖縄県知事選の結果まで、結論を先送りしました。これも問題です。地元住民は、基地に反対している。新しい県知事も県外移設を主張している。当然、アメリカ側は在沖縄米軍の位置づけを軽視されているように見るでしょう。

実は、アメリカは、すでに日本政府の対応に不満を持っています。加えて、沖縄の県知事が日米同盟を揺さぶるような発言を続けるとなれば、今後の日本外交は迷走するしかありません。

こうした事態を予想して立候補し、日米同盟の重要性と県内移設を主張したのが金城タツロー候補でした。
彼は、結果としては惨敗です。しかしながら、前回の参院選よりも票を伸ばしました。得票率はあまり変わっていませんが、離島などでは高い得表率を獲得しています。今回は、既存政党の組織力の強さの前に圧倒されてしまいましたが、主張としては一番まともでした。また、沖縄県で基地の重要性を主張する勇気は並大抵の勇気ではありません。本当に良く戦ってくれたと思います。今後、継続した政治活動をして欲しいと思いますし、同志を多数作っていくべきです。あいさつ回りが終わったら、しばしの休養を取って、再出発してください。

日本政府は早急に沖縄の基地問題を対処せよ
総じて言えば、今回の沖縄県知事選は大事な論点がうやむやになっていました。
また与党である民主党は、沖縄問題から逃げています。その証拠に、前回の夏の参院選と知事選続けて候補者を擁立しませんでした。これは誠に情けない限りです。

さて、当選した仲井真氏の本心は、本当に県外移設なのかは分かりません。
元々、条件付で県内移設を主張して当選した知事です。
今回は、鳩山前首相が県外移設を言ってしまったために、県民は一斉に期待を膨らませました。
しかしながら、退陣間際では日米の合意通りの県内移設を主張し、顰蹙をかいました。この中では、さすがに県内移設とは言えなかったのでしょう。もし、今後県内移設の主張が高まれば、変節する可能性があります。伊波陣営もその点を警戒しています。しかし、それは許されないことでしょう。県民も許さないだろうし、アメリカ側でさえ疑ってかかります。民意を見て動くのが政治家とはいえ、そう簡単に主張は変えることはできません。

よって、仲井真知事は再選したとはいえ、極めて厳しい運営を迫られます。
そのツケは確実にまわってきます。そのときにどのように対応するのかが課題です。
同時に、日本政府は、早急に沖縄の基地問題に対して処置を考えるべきです。
さもなければ、日本国民とアメリカ政府の信頼を失うことになります。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

沖縄知事選の結果

幸福実現党・佐高芳行氏のブログから転載

沖縄知事選の結果

昨日開票され、結果が出た沖縄知事選挙。

仲井間現職知事の三度目の当選という結果になった。

伊波元宜野湾市長はコテコテの左翼主義者であり彼が当選したら米軍基地県外移設に向け、一直線だったが、仲井間知事も基地は県外と言って戦ったし、最悪の事態は避けることができたが、しかし日米同盟の危機に変わりはなく、時間の問題である。

実は仲井間知事は本音では『基地容認』だと言われる。

しかし、今、沖縄では『基地』=『県外』というスリコミがあり、これ以外の議論ができづらい現状がある。だから本心では基地容認だが選挙では基地移転を訴えなければいけないというのだ。

しかし、いい加減にそのような『タテマエ政治』は止めなければいけない。

なぜなら政治とはその地域、国内に住む人々だけではなく、関係諸国にたいするメッセージもあるからだ。このように『県外移設』を訴える知事の誕生は内外に日米同盟の危機と東アジアの不安定が今後も広がるメッセージを送ることになる。

また、仮に仲井間さんが本心では『基地容認』であったとしても基地反対を訴えて選挙を戦った以上、正面切って辺野古移設を切り出すことが出来ず、民主党政権のゴリ押しか、米国の圧力しか方法はなくなる。

おそらく『仕方なく』圧力に屈した。というポーズをとりたいのだろうが、ではそのような圧力をかけない政権だった場合、また米国も必ずしも中国との矢面に立ちたくない政権だった場合、基地が宙に浮き、日米同盟のミゾが深まり、結果基地撤去を招くことになる。

この知事選挙の結果、国際的には間違ったメッセージを送った。

それは『沖縄基地は不要だと日本人が感じている』というメッセージだ。

このようなタテマエ政治では日本が乗り越えるべき課題を乗り越えられず、緩慢な破滅への道を歩むことになる。

その原因はとりもなおさず、『本音で勝負しない政治家』と『本質の見えない民衆』に原因がある。

先ほどもNewsZeroに仲井間知事が出演して「県外移設」を訴えていた。

彼にしてみれば「県内移設をこじらせたのは民主党である!」という怒りもあるだろう。

しかし、そんなことを言っている間に上記のような事態になりかねない。

最悪の伊波知事出現は避けられたものの、国難には目を背け、沖縄のみの視点しか持たない知事の誕生である。

沖縄の基地問題とは独り沖縄の問題でもなければ日本だけの問題でもない。東アジアの平和と安定の問題である。

・・・こんな政治家しか生み出すことが出来ないのが今の日本の貧しさである・・・。

時事通信 11月29日(月)9時23分配信

 【ワシントン時事】沖縄県知事選で米軍普天間飛行場の県外移設を公約した仲井真弘多知事が再選されたことを受け、米メディア(電子版)は28日、同県名護市辺野古に移設する日米合意履行の妨げになるなどと一斉に報じた。

 ニューヨーク・タイムズ紙は、現行計画の実施に伴う海域の埋め立てには知事の同意が必要であることに触れ、仲井真氏の再選は「普天間問題解決に向けた取り組みを一層まひさせる見通しだ」と分析した。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、朝鮮半島情勢が緊迫化する中、「沖縄での反基地感情の高まりは日米両政府の厄介事になっている」と論評。同時に、仲井真氏は対立候補の伊波洋一前宜野湾市長と比べより柔軟な姿勢だと指摘し、両政府は移設問題の進展に「わずかな希望を持っている」と解説した。

 一方、米軍準機関紙「星条旗」は、仲井真氏が県外移設の公約を堅持すれば、「沖縄海兵隊のグアム移転も台無しになる」と強調した。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

Happiness Letter357  「いざ、次なる戦いへ──」

皆さま、おはようございます!

沖縄県知事選で再選された仲井真氏は昨日29日、改めて普天間基地の移設先を「県外」にするよう日米両政府に求める考えを強調し、沖縄で「県外」移設を求める勢力も勢いづいています。

一方で28日から29日にかけて、中国監視船の艦隊が尖閣諸島沖を周回するなど「尖閣危機」「沖縄危機」がますます強まっています。
☆_%*:.!. .!.:*%_

本日は、沖縄県知事選に立候補した金城タツロー候補より、共に県知事選を戦ってくださった皆様、支持してくださった皆様への感謝と決意のご挨拶をお届け致します。
☆_%*:.!. .!.:*%_

【金城タツロー氏寄稿】

皆様、こんにちは。沖縄県知事選に立候補した金城タツローです。

この度の沖縄県知事選におきましては、県内の支持者の方のみならず、全国各地から多大なるご支援を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

皆様が頑張ってくださっているお姿を街々で見かけ、その有り難さに涙が出る思いでした。大変嬉しかったです。

何度も一人ひとりに声を掛け、お礼を述べたい衝動に駆られましたが、その気持ちを行動に変え、力の限り、辻立ちで声を振り絞り、支持を頂くために有権者のもとに駆けつけさせて頂きました。

今回、私達が掲げた目標に届かなかったことは、ひとえに私自身の不徳の致すところです。応援を頂きました皆様に申し訳ない思いでいっぱいです。

本当に申し訳ございませんでした。今後さらに自らを磨き、努力精進を重ね、邁進して参る所存です。

しかしながら、現職知事、市長の二候補に対し、無名の新人である金城タツローに投票頂いた13,116名の方は、真剣に沖縄の未来を憂い、幸福実現党の政策をしっかり理解した上で未来を託してくださった方々であり、沖縄の未来を拓く柱となる方々が誕生したのです。

得票率で見ると、全体で2.03%、その中でも特に八重山(3.7%)、宮古(3.5%)で前回参院選を大きく上回ったことは、大川隆法総裁の講演会に加え、尖閣危機を肌身で感じている離島の方々に私達の主張が届いたことを意味しています。

また、選挙事務所に連日かかってくる多数の激励の電話やファックスからも、沖縄本島の県民の皆様にも私たちの主張がしっかり届いていたことを実感致しました。

その意味で、歴史的に見て、今回の戦いは左翼言論・左翼教育が支配する沖縄の歴史の転換点となる“金字塔"となるものと思います。

私は昨日より次なる戦いに向けての辻立ちを始めました。私達の理想は一度や二度の挫折で決して潰えるものではなく、この生命がある限り、どこまでも追い続けていくものであり、必ずや捲土重来を期して参ります。

沖縄を取り巻く危機が一層、深刻化していく中、私達が播いた一粒の種が今後の取り組みによって必ずや芽吹き、沖縄の社会を変えていく大きな力になっていくものと思います。

今は皆様と同様、悔しくてたまりませんが、必ずや沖縄の世論を変え、沖縄から日本を変えて参ります!

今、私自身に必要なものは揺るがない信念、あきらめない勇気、どこまでも理想を追い求めてやまない心だと思っています。

皆様から頂いたご支援を糧に、今後とも力の限り、次なる戦いの大勝利の実現に向けて精進して参ります!ご支援、誠にありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願い致します!私達の理想実現のその日を目指して──
幸福実現党・金城タツロー
金城 タツロー
http://kinjo-tatsuro.net/

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

民主党の危機意識のなさを象徴するフィリピンからの協力要請

幸福実現党山口県・村田純一氏のブログから転載

危機意識のなさを象徴するフィリピンからの協力要請

フィリピンのアキノ大統領が、
南北朝鮮の緊張が高まった場合、
「わが国の輸送機にも限りがあり、フィリピンまで
帰国させるには時間がかかる。

避難するには日本が最も近い」と、
在韓フィリピン人約5万人を日本に緊急避難させることを検討し、
すでにフィリピン外務省が日本側と協議中と発表した。

しかし、
日本政府からは国内に一切の発表がない。

アキノ大統領自ら発表に及んだのは、
フィリピンの協力要請に、
菅政権が明確な態度を示さなかったからではないか。

菅政権は、
フィリピン政府からの協力依頼さえ公表できないほどの
機能不全に陥っており、
当然、自国民の安全確保を第一に考えるフィリピン政府が不安に思い、
大統領による一方的発表で背中を押したのではないか。

北砲撃事件に際して、
政府が安全保障会議さえ開催しなかった事への非難に、
仙谷氏は、
「現在はそこまでの状態とは考えていない」
と説明した。

南北双方が砲撃戦となり、
両国の戦闘機が空中戦寸前の事態でのこの認識は、
本当に
「普段から何も考えてない」
ことを露呈した。

未だに在韓日本人の安全についてさえ、
一言もこの政権から聞こえないのだから、
フィリピン政府の依頼に答えようがないであろう。

民主党政権は公表されないだけで、
この類の立ち往生を、
世界の国々との間で数多く引き起こしているのではないのか。

菅政権はどうするのか。
「考えてない」
では済まされない。
5万人の国内受け入れ態勢はどうするのか。
まさか拒否するのか。
協議はいつまで続くのか。

そして、
在韓日本人の安全確保を図るよう
韓国政府と話を詰めているのか。
その時自衛隊は韓国に自国民の救出に動けるのか。
在日米軍、特に海兵隊を擁する沖縄の在日米軍との連携は
一段と重要だがどうするのか。

さきほど、
仙谷氏への問責決議案が可決された。
「一刻も早く、官房長官が職を辞すことが、

菅内閣による日本の国益への損失を少しでも抑えることにつながる」
との問責理由は当然だ。
次なる事態で、
官邸を70分も空っぽにしたら、
どれだけの日本人が死ぬか分からない。

在韓フィリピン人5万人、日本への緊急避難検討

 【マニラ=稲垣収一】フィリピンのアキノ大統領は26日、韓国と北朝鮮の緊張がさらに高まった場合、韓国に滞在するフィリピン人約5万人を日本に緊急避難させることを検討していると明らかにした。


 大統領は記者団に対し、「わが国の輸送機にも限りがあり、フィリピンまで帰国させるには時間がかかる。避難するには日本が最も近い」と語った。フィリピン外務省がすでに、日本側と協議を始めているという。

(2010年11月26日21時46分 読売新聞)


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

沖縄県知事選、本当にありがとうございました!!

幸福実現党・滝口笑氏のブログから転載

沖縄県知事選、本当にありがとうございました!!

沖縄県知事選が終わりました。応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!
心から感謝申し上げます。

幸福実現党公認の金城タツロー候補は残念ながら当選に至りませんでした。しかし、立て続けに迫る「国難」から決して逃げず、幸福実現党が「普天間基地県内移設」「日米同盟強化」という正論を貫き通して最後まで戦い、13116票を得たことは、今後、管政権の命運にも影響すると思われます。

今回は、マスコミが金城候補を報道せず、最後まで厳しい偏向報道の中での戦いでした。金城候補は党員の皆様と、汗をかき、足を使い、県民お一人、お一人に語りかけることで、「沖縄を守る道」を粘り強く伝え続けました。

金城候補が立候補を表明した時、世論調査では普天間基地は「県外か国外移設賛成」が「7割以上」と報道されました。この中で、沖縄への愛ゆえに一人決起し、唯一人、正論を真正面から訴えることはどれほど勇気のいることでしょう。

しかし、沖縄県内では決して口にできない、タブーのような「県内移設賛成」の声の受け皿となって、日に日に「金城氏の言っていることは正しい」と支持を頂きました。

県民は今後、少し遅れてでも金城氏の正論を理解していくと思います。今回、2.03%の得票率でしたが、水面下では金城候補の支持層は確実に増えています。

今回の決選に向けて、全国の党員が一丸となって国難打破のために戦いました。

使命感あふれる党員の姿に県民は勇気づけられ、沖縄への純粋な愛の行動は、県民に確かに伝わりました。一点の曇りのない誠実な姿勢は、沖縄中に透明な風となってふきわたりました。

多くの幸福維新の志士が沖縄入りし、熱気あふれる活動を展開して下さったこと、全国各地で祈り、強い思いで支援して下さったことに、心から感謝の思いでいっぱいです。

幸福実現党は闘い続けます!
引き続きこの国を守り抜くために、皆様と共に戦ってまいります。
本当にありがとうございました!!

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

『世界の目を醒ますヘラトリ・トピックス』(R10号) 『習金平と沖縄左翼の仮面を剥ぐ!』

『世界の目を醒ますヘラトリ・トピックス』(R10号)


『習金平と沖縄左翼の仮面を剥ぐ!』


前半が沖縄県知事選について、後半は、習金平の「仮面」と「野望」についての二部構成になっています。



一番正直なタクシーの運転手さん



沖縄は久しぶりだったのですが、沖縄は車社会で、鉄道がないんですね。空港か
ら(昔はなかった)モノレールがありましたが、基本的には車の移動が中心とな
っています。

平日昼間は人があまり歩いていないのは、全国どこも似たような感じかと思いま
すが、その意味で、車の中からの反応が一番わかりやすいんです。

いろいろと反応が良かった話は、あちらこちらからの現地報告で、皆様聞かれて
いるかと思いますが、中でも群を抜いて良かったのは、タクシーの運転手さんの
反応でした。

夜11時の最終便で、空港に到着しましたが、町にはタクシーの空車があふれてお
り、ひと目で不景気だと見てとれました。
景気変動の影響をもろに受けますので、タクシーの運転手さんが、一番正直に、
世の中の本音の部分を表しています。
いくらマスコミが、理屈だけでカッコいいことを言っても、どれだけ本土の左翼
が乗り込んで、教宣活動をしたとしても、本当の本音の部分はどうなのか、それ
は、タクシーの運転手さんの反応を見ればわかります。

 私が担当したのは、那覇市及びその周辺の町の街宣(辻立ち)ですが、びんび
んと反応が返ってきたのは、普天間基地のある宜野湾(ぎのわん)市でした。

 自民党政権下で、既に普天間からの移設が決まっていたのに、民主党がひっく
り返してしまい、もともと自民党系だった現職の知事までも、ひっくり返して県
外移設と言い出し、革新系の候補に到っては、「国外移設」と言っている始末で
す。
その被害を一番こうむっているのが、事実上移転先が無くなって、基地の固定化
で危険との隣合せが永続する普天間の方々なので、この二人の候補の「身勝手さ
」が、よくわかっておられる感じがしました。

「ただただ県外に出て行ってくれ」
という主張など、相手側の知事の立場に立てばすぐわかることですが、受け入れ
てくれるところなど、あろうはずもなく、
そんな、「解決案になっていない」、「見え透いたウソ」は、少なくとも"責任を
負う側"の現職の知事が、言ってはならないことです。
社民党系候補の「国外移設」に到っては、東京より沖縄に近い「ヨンピョン島」
に砲弾が飛んで来て、民間人の死者が出ている状況下では、一歩日本の国外に出
れば、
「子供の議論」
にしか見えず、相手にされていません。

那覇市の県庁前で街宣すると、さすがに現職知事(候補)のお城の前なので、
すごい念波が飛んでくるのですが、
「"県外移設"という、見え透いたウソはやめなさい」
「"国外移設"という子供の議論は、アホかと思われています」
と、そこまで踏み込んで主張すると、念波がサーッと引いていく感じがして、
やはり、正しいことを勇気を持って言っていくことが大切かと思いました。



中国から資金援助…

 到着した日の地元新聞を買って読んで見ましたら、世論調査の結果が一面トッ
プに載っており、見出しは「両者が並ぶ」でしたが、候補者の写真が三人並んで
掲載されていて、
その脇に、二段抜きの小見出しで、
「金城候補独自の戦い」
とあったので、
「一応、報道されるようになったんだ」
と思いました。
(もっとも地元の方は、
「独自の戦いとはなんだ!」
と怒っていましたが(笑)。)

しかし、翌日には元に戻っていて、社会面の企画モノでは、相変わらず両者対決
型の記事で、第三の候補は排除されており、建前を通さなければならない(特に
公示後の)前の方の政治面では、一応三候補扱っていますが、社会面の企画型の
記事になると、途端に本音が出ているという感じでした。

「サイゾー」という雑誌に、金城候補のインタビューがサイト記事で載っていた
のですが、
「移転候補先の辺野古(へのこ)に張られている反対派のキャンプに、幸福実現
党の役員が乗り込んで問答する」
という記事が出ています。
「キャンプの維持にはお金がかかるはずだが、「地元の人がお金を出させられて
いる」という情報があるが」
という問いに対して、反対派協議会の公式コメントは、
「全国からのカンパで賄われている」
というものでした。
しかし、この大不況のご時勢、このコメントを額面どおりに受け取る方は、ほと
んどおりますまい。
『大中華帝国の野望』の中で、
「中国は、基地反対派に資金援助をしている」(注1)
と、はっきりありましたから、普通は、
「ダミー会社(組織)を通じてお金が流れている」
と見るのが、順当な見方でしょう。
マスコミの取り上げ方にしても、同じく同書の中で、
「中国の工作員がちょっと動いただけで、(マスコミ含め)全部反米になる」(
注2)
と豪語していましたから、地元新聞の報道振りには、一定の疑問符は付きます。
更に言えば、
「朝日新聞の広報担当役員にも、幸福の科学出版の広告を載せないように圧力を
かけている」(注3)
と明言されていましたが、これについて、総裁は、ある支部巡錫(じゅんしゃく
)御説法の中で、
「『小沢一郎の本心に迫る』発刊のときに、朝日新聞の某広報担当役員が、一旦
了解した広告掲載について、土壇場で断ってきたことを指す」
と指摘しておられましたから、その某広告担当役員にも、工作の手が回っていた
ことを意味しているのですね。



習近平のヨイショが始まる前に



 ところで、これから始まる今回の後半のパートに関しては、
「英訳して、英語版を発信しようか」
と、関係者と話を初めているところです。
「ヘラトリの公式ブログを復活させる」という話も出ていますが、
「それより先に、英語版のブログを出す方が急務ではないか」
とも、考えています。
実は、翻訳者にもあたり始めているのですが、もし、適当な方が見つからなけれ
ば、
「自分で訳してしまおうか」
とも考えています。
(ホントは、そんなに時間はないので、どなたか助けていただけると有り難いの
ですが。)

というのは、
『世界皇帝をめざす男』
とりわけ、
「習金平の過去世は、チンギス汗である」
というメッセージは、欧米社会、なかでも、ヨーロッパや中近東の方は、メチャ
クチャな征服のされ方を経験しているだけに、それが歴史の中でもしっかり教え
られているので、
「チンギス汗が、亡霊のごとくよみがえった」
というのは、かなり「こたえる」はずだからです。
「恐怖」と「嫌悪」の代名詞なのですね。
ですから、この一言は、全世界にスプレッドする必要があります。

英訳することを想定して話しますので、話の構成が、いささか日本語らしくない
部分が出てくるかもしれない点、ご容赦ください。

今日、この話をする理由は、
「彼が正式に国家主席に就任するまでの、これからの2年間のあいだに、世界的
な規模で
"ヨイショ"と"持ち上げ"が始まる」
ことが予想されるからです。
(既に始まっています。)
ですので、
「先手を打って、楔(くさび)を打ち込んでおく」
或いは、
「想定される仮面(ヨイショ)を、あらかじめ剥いで(はいで)おく」
必要を感じていることによります。

特に気になるのが、最近、アメリカの新聞を読んでいて、その兆候を結構感じる
ことなんですね。
アメリカで、中国のために、政財界マスコミに工作している人達のことを「チャ
イナロビー」と言いますが、
その露骨さは、単に、『大中華帝国の野望』で指摘(注4)されているだけでは
なく、二年前の米大統領選挙のときにも、相当問題になりましたから、かなりの
資金が注ぎ込まれてりことは、間違いないです。
「ヘラルド・トリビューン」紙を読んでいても、最近、「う~ん?」と思う記事
がチラチラあって、かなりプンプンと臭うというか、見方によっては怪しげな記
事が、結構散見されるのですね。
ですから、早めに免疫をつくるというか、先手を打ってワクチンを製造して、全
世界に発信する必要を感じます。
習近平の4つの仮面



 その意味で、習近平氏の「仮面」、つまり「ヨイショ」の切り口になるだろう
と思われる点を、あらかじめ4点上げます。

問題は、その仮面の奥に恐ろしい顔が隠されていることであり、
「仮面によっては、決してそれは正当化されることはない」
ということを言いたいからです。

第一点目は、彼の出自と生い立ちに関することです。
習近平氏の父親、習仲勲は、副首相まで努めた共産党の大幹部で、周恩来首相(当時)
の腹心でした。
文革(文化大革命)が起きて父が失脚した当時、彼は15歳でしたが、「下放」と
いって、インテリの若者が地方に「労働」に出されるわけですけれども、
(洞窟のようなところに住んだ?)、そういう「迫害」を受けた「苦労人」である、
というのが、仮面(美談)のイメージ・切り口の筆頭に出てくるでしょう。

第二点目は、父の名誉回復がされた後、彼は北京に戻って、清華大学といって北
京大学と並ぶ中国屈指のエリート大学を卒業し、そのまま国防大臣の秘書になったのですが
(すごい特権階級!)、そのポストを自ら投げうって、
「地方回りを25年間もやって、その間、北京の中央政界に戻らなかった」
ということが、彼の一つのウリになっています。
「彼は現場を知っている。大衆の気持ちがわかる」
というウリですね。
また、苦労したことが「質素倹約の人」として、いくつも「神話」が出来上がっ
ており、
「初めて赴任したときには、自転車で民衆の家を回った」
とか、
「友人を家に連れて行って、(名誉回復後の)父と一緒に昼食を取ったときには、
白米が出てこないで、ビーフンを食べていて、大幹部の家庭の食事なのに、質素で驚いた」
とか、その手の話には、枚挙に暇(いとま)がありません。
また、
「清廉潔白で汚職がなかった」
のはその通りで、今の共産党幹部にしては、珍しい方ですが、
(もちろん、親族にはご他聞に漏れず、スキャンダルの爆弾を抱えており、こう
いう話は、日本のマスコミでも、いずれ出てくるでしょう)、
あと、気をつけないといけないのが、
彼は孔子の『論語』を何かと引用して、言葉だけ聞いていると、うっかりその気
にさせられそうになるところです。
「徳才兼備」(才能と徳を兼ね備えなければならない)という言葉は連発します
から、とくに、幸福の科学の信者さんは、気をつけた方がよいですね。
また、『論語』の中の
「以徳為政」(徳を以って政(まつりごと)を為す)
も、「座右の銘」だそうですので、
「あくまで"支配の手段"として、そういう言葉を使っているのだ」
というところを、よく見抜いておく必要があります。

第三に出てくるのは、おそらく、
「大人物の風格、器がある」
ということでしょう。
確かに過去世がチンギス汗なら、「器」は小さくはないでしょうが、出会った日本人が、
「性格がおおらかな方だ」(確かに外見はそう見える)
と、平気で持ち上げていますから、これも今後出てくる可能性があります。

第四に、奥さんが国民的人気歌手で、
「その美女を、将来の国家主席候補としてはまだ無名の時代に、恋愛結婚で射止めた」
という物語も、
「天性のスター性」、「そういう星の下に生まれた」という形で、今後流布され
てくるだろうと思います。
この四つの切り口で、今後、彼の正体を隠す「仮面」のPRが始まると思うので、何事も
「先んずれば人を制す」
ですから、予めワクチンとして知っておいてください。



『世界皇帝をめざす男』
が指摘していること


 ここまではっきり言うのも、彼の本質というのは、
「ウイグル弾圧の責任者」
として、はっきり現れているからですね。
幸福実現党にも接触のあった「世界ウイグル会議」によると、
「今回(昨年から)のウイグル弾圧の犠牲者は、一万人以上にのぼる」
そうで、あまりこういう場では言いたくはないのですが、
「民族浄化」のために、男性を「去勢」したり、女性に「不妊手術」を強制した
りして、ウイグル民族を言わば「根絶やし」
にしようとしていますから、この事実はよく知っておく必要があります。
前回2007年に、彼が党の「中央軍事委員会副主席」(次期後継者の確定)になり
損ねたとき、胡錦濤(こきんとう)主
席が、習近平氏を退ける口実に使ったことは、
「私はチベット弾圧で実績を上げて、この地位に昇りつめた。
あなたはまだ、「治安維持」の実績がないだろう。国家主席になりたいなら、
その方面の「手腕」を見せることが先だ」
ということのようでした。(注5)
そして、副主席としては、「治安維持担当」の責任者となり、2009年にウイグル
で不穏な動きが起きたときに、みごとに
「鎮圧」して見せて、出世の階段を登ったわけです。

 彼のそういう面を含め、この『世界皇帝をめざす男』(大川隆法/幸福実現党
刊)という本には、英語で広がって欲しい内容に満ちています。

これから、それを指摘しておきたいと思うのですね。

1 まずP37で、
「私の本質は「皇帝」だ」、
「皇帝の中の皇帝である」
とはっきり断言しています。ここで言う「皇帝」とは、
「"ヒトラーも小さく見える"独裁者のことである」
ということは、しっかり認識されておく必要があります。
2 P54~で、
「これから2年間、胡錦濤に仕えるフリをしなければいけない」
「彼が敷いた路線を踏襲するかのごとく振舞って、彼を欺かなければ?ならない

「胡錦濤は、もともと、"つなぎ"なんだよ。これは、本来、皇帝になるようなタマではないんだ」
とはっきり言っています。
これは、多くのジャーナリストが感じているホンネだと思いますので、活字になることには、
大きな意味がありますね。
3 P62~で、
「反日デモを仕掛けたのは私である」
という意味のことを言っています。
これについては、様々な状況証拠が報道されはじめていますから、もっともっと
注目されてよいと思います。
4 P68~によると、
 「胡錦濤と温家宝の2人は、私が料理(処分)する」
と言っています。
(これは、英語のブログに載せるには、やや内輪受けのネタですが、「粛正」に
「料理」という言葉を使うあたり、やはり
彼も、"レプタリアン"なんでしょうか(笑)。)
5 P83~では、
「私の構想は、「かつての元朝(モンゴル帝国)のような世界帝国を建設したい」
ということだ。それによって、「中国の時代が来た」
ということを全世界に告げたい、そういう大きな志を持っていますよ」
と宣言しています。
6 P92~によれば、
「私の考えは、耐用年数を過ぎた「日米同盟」を破棄させて、「中日同盟」を結
ぶことだ」
との由。アメリカ政府さん、よく聞いておいてくださいね。
7 P97~によると、
彼の使っている「同盟」とか「合併」という言葉の意味ですが、
「中国は、ちゃんとモンゴルも護っているし、ウィグルも護っているし、チベットも、
ダライ・ラマから護ってやったんだ」
そうです。ですから、彼が言う「守る」(中日同盟)という言葉の意味は、
「民族を浄化して、中国(中国人?)にしてあげる」
ということであるのが、よくわかります。
8 P104~では、
 「オーストラリアに中国人を五千万人ぐらい移住させて、経済を事実上支配する」
という趣旨のことを言っています。
これ、しっかり豪州政府に伝わるようにしないといけないですね。鉱山や資源開
発会社をかなり強引に買収されて、
危機感はあるようですから、
「これが明確な国家意志である」
ことを、はっきり伝える必要があると思います。
9 これもかなり強烈ですが、P106によると、
「黄色人種は、すべて中国の支配下に入ってもらう。」
ここで言う「黄色人種」とは、少なくとも、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、
ミャンマー、マレーシア、シンガポール、
インドネシア、台湾、韓国は入っていますから、
この計画も、「国家意志」として、2012年から本格始動することを明記しておかなければなりません。
10 P109~、
「アフリカは、中国の食糧庫に変える」
そうです。
(あくまでも、「食糧の事実上の収奪」のことを意味していると信じたいです。
これを"レプタリアン"的な意味に捉えると、あまりにも"凄みのある表現"になりますから(笑)。)
11 それから、これは、本日のメイン・テーマの一つですけれども、P110
によると、
「沖縄は中国の領土だ」
というのが、習近平氏の主張です。よく覚えておきましょう。
12 P115~によると、
「世界の言語はひとつ(中国語)でいい。中国の人口が16億人くらいに増えて、
それを学んで中国語を使う層を含め
て30億人くらいになれば、それで世界語だ」
との由。これは、英語圏の方に、よく知っておいていただきたいことですね。
13 P130~で、
「インドネシアは、もはや中国の手中に落ちているんだよ」
とありますが、これは少し注釈が必要かもしれません。
確かに、それとおぼしきロヨラ・インドネシア大統領の発言がありましたが、
先日オバマ大統領がインドネシアを訪問して、巻き返しに入りました。
この2年間、オバマ大統領が、国内の事情で繰り返しインドネシア訪問をドタキャンしてきましたので、
インドネシア側が、少し「すねていた」のかもしれません。
今、アメリカが協力・援助を申し出て、巻き返しを図りつつあります。
ですから、この習近平発言は、「ブラフ」(威し)だった可能性はあります。
14 P133によると、
 「パキスタンはおろか、イランも水面下では、すでに中国と同盟関係に入っている」
との由。しかも、その手段は、中国の「武器輸出」だとのこと。
このあたりは、CIAも、兆候はつかんでいると思いますが、確証までは到って
いない可能性があります。
しかし、
「イランの核開発への中国の事実上の(つまり間接的な)関与」
というのは、決定的に重要な問題であり、この一文は、その可能性を強く示唆しています。
15 そして、本日のメインイベントが、P147の
 「私はチンギス汗の生まれ変わりである。」
16 更には、P156にあるように、
「そのもう一つ前の過去世は、古代アッシリア帝国をつくった人物」
であり、前後の文脈からみて、旧約聖書「列王記(下)」に出てくる、あの悪名高き
「プル王」(テイグラト・ピレセル3世)
であることは、ほぼ間違いありません。
これは、是非、聖書の民(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の民)には、
しっかり知らしめなければならないことです。
17 そして最後に、P175で、
 「要するに、2020年で、アメリカの時代を明確に終わらせるつもりです」
と。
つまり、10年後にアメリカを屈服させるということですね。

 幸い国家主席になるのに、あと2年ありますので、なるべく早く英語に訳して、
物ごとは何事も先手必勝ですから、
世界中に広めてしまいましょう。
今回の知力戦において、スピードは、かなり重要な要素になると思います。
ありがとうございました。

(編集協力:宇多智見)

(注1)『大中華帝国の野望』(大川隆法/幸福実現党)P164
(注2)『同』P104
(注3)『同』P166
(注4)『同』P95
(注5)『習近平の正体』(茅沢勤/小学館)P174参照


以上

幸福の科学には霊言として
御本人以上にストレートに
色々話をしてくださいます守護霊の皆様方は
嘘をつけませんので
色々語ってくださいます。

お近くの書店にて発売されていて
本心が透けるようにわかってしまうのです。

その上でこの世界をどの様に導くかが
主の子らの仕事でもあるのですが

今を生きるもの全ての心の声が世界を動かすのです。

主はいつも見守り続けてまいりましたが

地球が滅んでしまうような時代だからこそ

一人一人に話しかけておられるのです。

志し高きチンギスハーンも

道をはずしてはなりません。

中国国民の幸せを願っていただきたい。

他民族を排除して幸せだと言うのは

独裁です。

日本国民よ正しく世界に貢献しましょう。

日本は素晴らしい国です。

まだまだいけるのです。

頑張りましょう。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

沖縄知事選に見る、幸福実現党の可能性

幸福実現党観察日記」さんから転載。

沖縄知事選に見る、幸福実現党の可能性

 2010年11月28日、沖縄知事選、終了。
 夜十時過ぎ、保守の仲井真候補当確の第一報が流れた。

 だが、同時に、某テレビ局では
 「両候補とも基地は県外移設推進派なのだから、民主が勝ったようなもの」
 という解説があったようである。
 ……素直に、口惜しい。

 ネットの保守系の政治関連の板でも、
 「民主の知事が生まれなくてとりあえず安堵はしたが……まあ、仕方ないのか」
 という印象。
 当選した新知事、今回の選挙でいかにぶれようがもとは保守系、根っから売国体質の民主とは違う。
 どうか新知事には、保守の本領に立ち返って、この国を守る方向に県民を導いていただきたいと願うばかりだ。

 ちなみに、この日は、沖縄だけでなく、和歌山、愛媛と三つの知事選があった。
 愛媛は自民・民主あいのりだったが、ほかの二つの結果は自民系の候補の完勝。

 昨日だけでなく、民主の敗北が続く。

 結果に対して今朝のワイドショーで
 「こんなはずじゃなかった」
 と一言。
 その感想は、連敗続きの、民主党の候補たち全員の感想でもあるだろう。
 この状況は、昨年、自民党が政権を奪われる末期の状態によく似ている。

 沖縄でも、実現党の立候補に関して、保守層から、
 「幸福実現党のために保守系の票が割れて沖縄が民主の知事になってしまったらどうするのだ」
 と、叩く声もあったが、結果を見ると、保守系候補の勝利は、そんな僅差ではなかった。

 もはや、風向きが完全に民主を離れている。

 さて、幸福実現党の金城候補。データを見てみよう。

  有権者 1,068,195人  投票率 60.88% 

   党派  新旧 当選
当確  得票  得票率  年齢
 仲井真弘多  無  現   当  335,708  52.0   71  
 伊波 洋一  無  新      297,082  46.0   58  
 金城 竜郎  幸福  新      13,116  2.0   46

http://www.nhk.or.jp/okinawa2/senkyo/より

(参考までに、前回・参院選での、金城候補の得票数と得票率は
10,832票 (2.0%)

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/kaihyou/ye47.htm)

 得票率は前回と変わらない2パーセント。
 票数で行くと前回より三千票が増えている。
 ……実は、選挙の応援のために沖縄入りした他県の会員さんたちから
 「もう、この土地ってば、ガチガチの左翼洗脳状態だわ」
 「想像以上にひどい」
 「きついよ、こりゃー」
 という苦戦の報が次々に入ってきたので、どうなることかとひやひやした。
 しかし、結果は前回より落ちることがなかったどころか、得票数では上回った。

 これは、よそ目にもはっきりしているらしく、一夜明けて、例によって拙宅では、今回も、選挙好きな小生の実母が、
 「あんたたちっ!  いい加減にしなさいよっ!
 もう、見てて毎度毎度腹が立つ、選挙って言うのは勝ってなんぼなのよ、勝って! 
 それが年がら年中、キョーサン党より票が取れないだの、こともあろうに無所属より票が取れないなんて……ほんっっっとに情けない!」
 と恒例行事のように怒りながらも、新聞を見たときに

 「……え? あれ、なによ、まあまあ、票が取れてるんじゃないの」

 と心底意外そうにつぶやいた。

 以下、私見を述べてみる。

 今回の票に関して言えることの一つは、「中身が濃い」ということではないかと思う。
 これは吉兆である。
 この選挙は「一騎打ち」、とさんざん報道されてきた。
 事実そうだったのは誰の目にも明らかだった。
 つまり、今の段階で実現党に入れるということは、有権者にとって、自分の票が死票になることを意味する。
 自らの票が死票になる。
 それは、投票者にとって最も嫌な事態であるはずである。
 にもかかわらず
 「死票になってもいい。あんたがたに入れる」
 という人が、前回より三千人増えたのだ。
 (この三千人を増やしたのは、候補と、運動した一人一人のお力だろう。活動した方々は胸をはっていい)
 さらに、得票率に関しても、「不動の2パーセント」、というのがまたすごい。
 落ちても落ちても落ちても落ちても、次に選挙すると、2パーセントを割ることがない。
 こんなことは普通の団体ではありえないのではないかと思う。
 宗教団体だろうと、労働組合であろうと、選挙というのは一度落選すれば士気が下がり、落ち続ければやがて活動は消えていく。
 それがこの団体には当てはまらない。
 傍目には、さぞや不思議にうつっていることだろう。
 これは正論の力である、と思う。
 もう、完全に一定の人々が支持してくれているのが明白で、ファンがついてくださっているのだ。
 (なお、日本全国で、得票率が二パーセント以上なら、政党要件を満たし、比例代表で充分当選者が出る圏内に入る。)

 さらにもう一つの吉兆。
 一つの数字に着目したとき、いよいよ、全国区の戦いで、幸福実現党から当選者が出る芽がはっきりと出てきた、と感じられた。
 それが、石垣島のこの数字。

 石垣市 投票者数20,331 金城候補得票760 得票率0.37%。

http://www3.pref.okinawa.lg.jp/site/view/contview.jsp?cateid=38&id=23143&page=1

 得票率が3パーセント後半。
 見事な結果だ。
 石垣でこの数字が出た理由は、火を見るよりも明らかである。
 石垣では、大川総裁が後援会を開き、新聞が、地元FMが、メディアが取り上げた。
 大川総裁はこう呼びかけた。
 「国境を守る人々よ」
 「あなたがたの意志が官邸をも動かすのだ」
 石垣で暮らし、不安に怯え、ときに、民主党政権の政府からも、日本中からも見捨てられたかのような気さえする人々にとって、
 この大川総裁の言葉が、いかにしみたことだろうか。

 実現党の主張は、きちんとメディアが取り上げ、人々が耳を傾ければ、これだけの数字を出すことが出来るのだ。
 これを全国規模で考えると、実現党にとってはなんら未来を危惧するには当たらない。
 近い将来、
 「日本全国が石垣島となる」
 状況が出現したとき。
 ……つまり、日本全国の人々に、石垣の人々と同じぐらい危機意識が高まり、この石垣のメディアがやったように、実現党の意見をパブリックな媒体でわずかでも流す日がきたとき。
 実現党は間違いなく全国で同じ数字を出す。
 奇しくも、選挙当日は、大河ドラマ「龍馬伝」の最終回だった。
 ふだん見ない大河ドラマなのだが、最終話の最後だけを見、最後のドキュメンタリーフィルムで龍馬の銅像の顔のアップを見たとき、
 「ああ、『今年がターニングポイントだ』、といったこの人の予言は、やはり的中するな」
 としみじみ感じた。

 だいじょうぶ。
 実現党、続けていけば必ず結果が出る。
 この国にはまだ正論に反応する人たちがいて、彼らは実現党の成功を、心の底から待っているのだ。

 なお、以下はおまけになるが、11月28日の「新報道2001」の、菅政権の内閣支持率は、21.0%。
 「新報道2001」では、歴代の内閣支持率の最低値の水準が出ている。

http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/chousa.html

21.8% 辞意表明後の安倍内閣支持率の最低値
21.0% ★菅内閣の現在の内閣支持率
20.2% 辞意表明前の福田内閣支持率の最低値
19.0% 辞意表明前の鳩山内閣支持率の最低値 
15.8% 辞意表明後の福田内閣支持率の最低値
11.4% 辞意表明前の麻生内閣支持率の最低値

 といったポジションにあることがわかる。
 いまや、菅政権は、安倍内閣の最低支持率を割り、じきに鳩山内閣の最低支持率に迫る。
 しかも、「支持率一パーセントでもやめない」などという強気な発言では終わらず、

【民主議員「支持率1%発言、発言に注意を」→菅首相「大したことはない」】

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112800153

 などという国民の反感を買う対応をしているので、すでに一部では
「菅内閣12月退陣→新内閣で2月ごろ衆議院解散」
 ……という展開か、
「あるいは、4月の統一地方選第で、敗北した後に解散、というシナリオもあるのでは」
 という声まで上がってきた。
 いずれにしても、首相の交代劇は近い。
 この一年とちょっと、あまりにも大きなものを失った日本ではあったが、一刻も早い倒閣と、保守系への回帰が望まれてならない。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

2010/11/28 幸福実現党徳島県緊急デモPART2

2010/11/28 幸福実現党徳島県緊急デモ動画パート2


11/28、徳島市内中に「仙石は辞任せよ!」シュプレヒコールが響き渡った。

尖閣漁船衝突事件、北朝鮮の韓国砲撃があったにも関わらず、沖縄県民は普天間基地移設を国内移設、国外移設という選択をするという人が多いのには驚かされる。

まさに平和ボケしていると言われてもしかたない。

いま東アジアは有事なのである。

民主党の亡国政策と中国覇権主義の脅威によって日本が消滅の危機に直面しているということを知っていただきたい。

全国で幸福実現党で行われている仙谷辞任要求デモによって、亡国の輩仙石とともに菅政権が崩壊に追い込まれていくことを。

そして、この美しい国・日本を皆で守ろうという意識が高まっていくことを願っています。


2010/11/28 幸福実現党徳島県緊急デモ4


2010/11/28 幸福実現党徳島県緊急デモ5


2010/11/28 幸福実現党徳島県緊急デモ6


2010/11/28 幸福実現党徳島県緊急デモ7


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

Happiness Letter356〔沖縄県知事選の結果を受けて〕

Happiness Letter356〔沖縄県知事選の結果を受けて〕

皆さま、おはようございます!

昨日の沖縄県知事選におきましては残念ながら結果を出すことはできませんでしたが、金城タツロー候補は参院選を3千票を上回る得票を得ることができました。

沖縄、全国の支援者の皆様より、多大なるご支援、ご尽力を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

今回の沖縄県知事選挙の結果を受けて、幸福実現党ついき秀学党首、金城タツロー候補、諌山征和沖縄県本部代表、徳留博臣沖縄県本部幹事長より、皆様への感謝の挨拶をお届け致します。

【ついき秀学党首挨拶】
この度の沖縄県知事選挙におきましては、残念ながら、我が党の金城タツロー候補は当選までは至りませんでしたが、総計1万3千票(得票率2.0%)を獲得し、沖縄県民の皆様に一層の支持基盤の拡大と、理解の浸透を図ることができました。

特に、今回の沖縄県知事選挙におきましては、尖閣諸島沖での中国漁船の海保巡視艇への衝突事件、北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃事件等、「沖縄の危機」が迫る中、金城タツロー候補は「尖閣諸島を守る」「沖縄を守る」を前面に打ち出し、米軍普天間基地の「県内」移設等を掲げて正々堂々と戦い抜いて参りました。

今回、票として表れてはいなくとも、沖縄県民の多くの皆様に「日米同盟」「国防」の意義や重要性をお伝えし、啓蒙活動を通じて、左翼言論が支配する沖縄世論を相当程度、転換することができました。

今回の沖縄県知事選は、沖縄における「ベルリンの壁の崩壊」として、歴史的に評価される戦いであったと考えます。

菅直人首相は26日、沖縄県知事選について「結果も含めて注目している」と発言しており、今回の選挙結果が普天間基地移設問題の行方に影響を与えることは必至です。

しかし、今回の沖縄県知事選の結果をもって、菅首相が日米合意に基づく普天間基地の辺野古移設を覆すことは許されず、仲井真知事が辺野古移設に必要な公有水面の埋め立てを許可しない場合は、特別措置法を制定し、国が認可すべきであります。

マスコミが「事実上の一騎打ち」として金城タツロー候補について報道しない中、力強く戦い抜くことができたのは、沖縄、並びに全国の支援者の皆様の多大なるご支援があってこそであります。

長期間に渡る沖縄県知事選を共に戦い抜いてくださいました党員、並びに支援者の皆様に心より感謝申し上げます。

金城タツロー候補、並びに幸福実現党は、今後とも、ますます多くの県民の皆様のご理解を得るべく力強く活動を展開し、「沖縄と日本を守り抜く戦い」を続けて参ります。

立木 秀学(ついのき しゅうがく)
幸福実現党党首 立木 秀学


【金城タツロー候補挨拶】
全国の党員・信者の皆様より多大なるご支援を頂きながら、私自身の力不足により残念ながら落選という結果となりました。

皆様方のご支援に心より感謝を申し上げますと共に、支援者の皆様に深くお詫びを申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

知事選は昨日終了致しましたが、私自身、本日より有権者の皆様への感謝の辻立ちを始め、新たな国難打破への戦いに臨んで参ります。

今回、全国の皆様方より頂きました、この宝を決して無駄にすることなく、この沖縄におきましてより一層活発な活動を行って参ります!!

最後に改めまして、この度の知事選において賜りました多くのご支援に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

幸福実現党・金城タツロー
幸福実現党沖縄県本部代表代行 金城 タツロー

【諌山征和県代表、徳留博臣県幹事長挨拶】
全国の皆様より、様々なご支援を頂いた沖縄県知事選でありましたが、現職候補が当選し、金城候補の落選という結果となりました。

これは、私ども沖縄県本部選対の力不足であります。本当に申し訳ありませんでした。

しかしながら、今回の知事選を通じて、全国の皆様方より電話掛け、または現地入りしてのボランティア活動など、大きなご支援を頂き、県民一人一人に対して幸福実現党の訴えをお伝えできたことは、これからの戦いに対して大変な宝となりました。

今回の活動の中で、沖縄県民に間違いなく主張が届き、確実に県民の意識が変化していると実感しております。

開票結果を見ても、皆様方の活動が、優勢とされていた左翼陣営への強い反論となったことは明らかで、国難打破へ大きく寄与したことも間違いがないことだと考えます。本当にありがとうございました。

選挙は昨日で終了致しましたが、皆様から頂きました数多くのご支援にお応えするべく、本日より沖縄において新たな“国難打破への戦い"を始めて参ります!

幸福維新の同志の皆様、国難打破から未来創造を成し遂げるために、共に不惜身命で戦って参りましょう!

この度の皆様のご支援を決して忘れることなく、沖縄の地を必ずやユートピアにしていく決意でございます!

今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

幸福実現党沖縄県本部代表 諌山 征和

沖縄県本部幹事長 徳留 博臣


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

戦いを終えて

幸福実現党・志士 久我つかさ氏のブログから転載

戦いを終えて

志士 久我つかさです。

気がつけば、宮古島で一つ歳をとりました。

11月22日に、38歳となりました。


宮古島での活動を続けて参りましたが、明日、千葉県に戻ります。

たくさんの方との出会い、たくさんの経験、全部宝物です。

本気で、尖閣を守り、沖縄を守るための活動を続けてきましたが、沖縄県民のみなさまの心を変える事は出来ませんでした。

いろいろな理由はありますが、すべては私の力不足です。

本当に申し訳ありませんでした。


「言っている事は正しい。だが、票は入れない。」

そのような考えの方は、自分の投票行為が未来を作っていくということを、しっかりと自覚していただきたいと考えます。

しかし、沖縄県で13,116人のみなさま、宮古島市で865人のみなさまが投票をしてくださったという事実があります。

宮古島市は、参議院選挙の2倍以上の票数を獲得しています。

これは、決して悲観的な数字ではないと私は考えます。

一万人を超える方々の尊い投票行為を、絶対に無駄にはいたしません。

あきらめなければ、負けはありません。


これからが本当の戦いです。

明日は、宮古島での最後の辻立ちをさせていただきます。

限りなくやさしかった宮古のみなさま、本当にありがとうございました。

志士 久我つかさ。

必ず宮古のみなさまの未来を、日本の未来を守りぬきます。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

沖縄知事選と惠隆之介氏のインタビュー

幸福実現党・村田純一氏のブログから転載

沖縄知事選と惠隆之介氏のインタビュー

沖縄知事選挙は仲井間氏当選となり、
残念ながら、
幸福実現党金城候補は当選に至りませんでした。
ここまで金城候補を応援して下さった方々に心より感謝致します。

そして選挙戦最中にあった、
元海上自衛官で拓殖大客員教授の惠隆之介氏のインタビューを思い出した。

惠氏は、

皆が「基地反対」と言って、
幸福実現党だけが「県内移設」と言っただけで、
保守から「保守の足を引っ張っている」と言われること自体、異常。

どうして本当のことを言ってはおかしいのか。

尖閣事件が発生し、
世界標準で見れば既に「有事モード」に達している。

この認識が県民にも、
ましてやマスコミには全くない。

そういう点で、
今度の知事選は心配。

その上で、
伊波氏が当選なら極左政権になり、
そして仲井真氏当選でも泥沼になる、

と示唆されながら、

仲井真氏も密約みたいなことは言ってるようだが、
選挙で「県外移設」と言った人間が当選し、
何年かして「県内移設」と言っても県民は許さない。
自民党県連は「県外移設」で意見がまとまっており、
言葉のゲームだけでまた2期目も終わる。

この混乱の原因は「国」にある。
国防は国家が優先する。
やれ名護市長選挙だ、
名護市議選挙だ、
県知事選挙だと言って、
アメリカから見たら時間稼ぎにしか見えない。
責任転嫁。
そうした中、
キレイごとばかりがまかり通って「県外移設」となっている。

伊波氏が知事になったら「極左政権」になる。
仲井真氏になっても日中戦争のような「泥沼の議論」がずっと続く。

幸福実現党が各地で問題提起していることは歴史的には評価されると思う。
「勇気をもって問題提起してくれた」と。

尖閣事件が起きて、
「有事モード」に切り替えるべき時なのに、
沖縄県民は切り替えきれていない。

「有事モード」に切り替えようとしていることは歴史に評価されると思う。

と言っておられた。

普天間基地近くに住むご婦人から、
「金城さんの言う事が本当だと思う。でも金城さん間に合うかね」
と声をかけられたことも思いだした。

地元新聞社が最後まで黙殺という異常事態の中、
結果は間に合わなかった。
しかし、
惠氏が
「『「有事モード』に切り替えようとしていることは歴史に評価されると思う」
という結果は残った。

そして、
そう遠くない時期に現実の結果として現れることだろう。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

沖縄の未来

あえば直道のBLOG -幸福実現党-から転載

沖縄の未来

11月28日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

さきほど、沖縄県知事選の結果がでたようです。

仲井真氏が再選を果たした、とのことです。

記者の質問に対し、

「県内はない、県外だ」と発言したそうですから、

これから、米軍基地問題は、一筋縄ではいきそうにありません。

宜野湾市長選でも革新候補が当選したとのことです。

ただ一人、日本の未来を守るために真正面から戦った、

金城タツロー候補、本当にありがとうございました。

正論を訴え続ける金城氏の姿勢は、確実に、

日本の世論に大切なインパクトを与えたはずです。

      直道

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【管政権】史上希に見る権力に固執するトホホな首相、菅直人!

幸福実現党 植松みつお氏のブログから転載

【管政権】史上希に見る権力に固執するトホホな首相、菅直人!

「支持率1%でも辞めない!」 菅首相が鳩山前首相との会談で決意表明(?)
2010.11.27 15:36 【産経ニュース】
 菅直人首相は27日、民主党の鳩山由紀夫前首相と都内の中華料理店で約1時間半にわたり会談した。首相は「内閣支持率が1%になっても辞めない」と述べ、政権維持への強い決意を示したという。



<同志諸君!菅首相は権力の権化!こんな国民を愚弄した政治家がかつていただろうか?>
 政治家という職業人は、一度手にした権力の座から降りられないものであるのだろう。菅直人氏も同様であった。しかし、そうは言っても清廉潔白な人も時にはいた。国民からの支持を受けられない宰相であるならばと、潔く権力の座から自主的に降りたのである。かつて、昭和史の中でも人気がなく、徳島出身で仙谷氏の先輩の政治家で、三木武夫という方がいた。その方が常々使っていた言葉に「信なくば立たず」という言葉があった。これは本来、孔子の弟子、顔淵と孔子との対話の中で出てくる言葉である。
 
 孔子様はこう仰る。政治の要諦は、「国民からの信頼がなければならない」と仰るのである。それがどうだ。「内閣支持率1%でも辞めない」とは・・・。国民から全く支持がなくなっても続けるというのは、まさにサラリーマン的発想ではないか?!こんなバカな宰相見たことがない。憲政史上最低最悪の政治家ではないか?それとも最後の最期は、暗殺でもされない限り、首相の座から消えないという腹なのだろうか?実に、恐ろしい! 

 さて、ここで、菅直人氏、仙谷由人氏の本音が書かれている名著がある。大川隆法著『国家社会主義とは何か』である。管政権は、意外と今回の事件を見越してか、「意外と長期政権となる可能性」もあると見抜いている。



 まえがきにもこうある。「善悪の問題は本当に難しい。結果的には社会悪、国家悪になることを将来する政治家でも、本人は善人で良いことをやっているつもりであることもあるので、救いがたいのだ。」と。

 まさに、菅首相の発想はその通りだ。マニフェストとかでは、「国民の生活を守る」とか「国民の生活重視」とか言いながら「善意の妨害」をやっている。自分では国民に良いことをしているつもりなのだろう。これが愚かさ故に自分の才覚が見えてないから分からないのだ。そして、自分では「よくできた」と思っている政策なのかもしれないが、「そんなもの、要らない」と国民は思っているのだ。

 例えば、前回の参院選での「消費税10%に値上げ論」がそうだった。そして、その後の課税免除金額を250万円から400万円まで徐々に上げていったことがあった。これなども、国会議員としては国民目線でいいことをしたつもりなのだろうが、完璧に国民への勝手な「善意の押しつけ」にしか過ぎなかった。ご自分の都合で、或いは、国民を釣ろうとして、国民の意思を無視して、いくら政策を作っても支持率の向上に、一切成らないことだけは申し上げておきたい。



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

金正恩 守護霊の霊言

萌える幸福の科学 4コマ漫画」さんから

「金正恩 守護霊の霊言」
金正恩 守護霊の霊言


萌える四コマ漫画【ワンポイント解説】
米韓軍事演習も始まり、朝鮮半島の緊張はまだ解けていません。このまま戦争に突入するおそれはないと思われますが、こういう緊張が今後繰り返されることは間違いないでしょう。日本としてもあらゆるケースを想定して外交シミュレーションをしておく必要があります。
この金正恩守護霊の霊言は 『大中華帝国の野望』 に収録されています。

【今日の一転語】
「日本だけが平和であればよい。死にたくはない。戦争はしたくない。憲法は変えたくない」というような “平和主義” を唱えている人に対して、私は、このように述べたいと思うのです。「 “平和主義” も結構だと思いますが、それならば、北朝鮮の金正日氏に、憲法九条を採用するように、ぜひ言ってください。(中略)」もし、それで彼らを説得できるのであれば、私は、“平和主義” の人たちを本当に尊敬したいと思います。国際社会は、必ずしも、日本のような平和主義では動いていないのです。(大川隆法 『この国を守りぬけ』 第1章




温家宝守護霊が語る大中華帝国の野望
温家宝守護霊が語る大中華帝国の野望―同時収録金正恩守護霊インタヴュー

『この国を守り抜け』
この国を守り抜け―中国の民主化と日本の使命

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「ザ・リバティ 2011年1月号」 11-30発刊! チンギス・カンの生まれ変わり=習近平の野望 

ザ・リバティ 2011年1月号
チンギス・カンの生まれ変わり=習近平の野望 「ザ・リバティ 2011年1月号」 11-30発行



これからの中国の動向を知る上で必読!!

中国の野望を知ったなら、今、日米同盟がどれほど重要かわかるはず!!

主な内容
◆チンギス・カンの生まれ変わり  習近平の野望
目 次
001 グラビア Fallen Leaves in Autumn
008 大川隆法 【人生の羅針盤】 シリーズ「日米安保と太平洋戦争の真実」?日本は日米安保の堅持を《後編》
016 大川隆法総裁ブラジル巡錫レポートあなた方が天使となり、この国に希望の未来を
018 習近平、大中華帝国の野望国難の正体! 過去世はチンギス・ハン
  大川隆法総裁「習近平守護霊の霊言」 公開収録レポート「元朝のような世界帝国を建設する」
 習近平は民主主義の論理が分からない『習近平の正体』著者/ジャーナリスト 相馬勝
032 2031年 日本の未来構想 世界を救う7大プロジェクト 
034 「1万メートルタワー」で世界一の未来都市に 早稲田大学名誉教授 尾島俊雄
037 日本は中東を超える資源大国
042 「脱・石油文明」をつくる水素エネルギー 東京都市大学工学部准教授 山根公高
044 100億人を食べさせる! 株式会社みらい代表取締役 嶋村茂治
048 人口降雨で世界中に恵みの雨を 気象庁・気象研究所室長 村上正隆
050 「一家にロボット数台」は当たり前
052 2031年以降、人類は宇宙で生きられるか
057 「理想の福祉国家」を現地レポート《後編》菅首相、それでもスウェーデンを目指しますか?
068 「株価2万円」8つのメリット インタビュー 株式市場は国家の源泉 経済評論家 三原淳雄
074 編集長コラム
076 リバティ ニュース・ダイジェスト 領域警備法、スパイ防止法の制定を/TPPで新たな開国を ほか
084 メディア・ウォッチ 第12回
086 宇田川敬介 政界深層メモ 第8回 永田町に忍び寄る「小沢台風」の予感 
090 奥山真司 サバイバルの国際政治講座 Part2 日本人のための「戦略の格言」 第15回
094 小説 サイン 第10話
102 クリエイティブに行こう! 最終回
103 Movie
104 小林信也のクロスプレー 〜心技体の新常識〜51
106 Book Review
110 Voice
113 読者プレゼント
114 UFOパニック7私はトールグレイと遭遇した インタビュー アカシックリーダー 中津川昴
漫画 「リアルパニック〜Act9 蒙古襲来!?〜」 菊池としを
118 Voice
121 読者プレゼント
126 山口敏太郎のミステリー直言?タイムスリップブーム到来!?
128 Art

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

2010/11/28 幸福実現党徳島緊急デモ

2010年11月28日(日)午後1時、幸福実現党徳島県本部で約500名が徳島市内、藍場浜公園に集い、仙谷官房長官の議員辞職を求める緊急デモを行ないました。

2010/11/28 幸福実現党徳島緊急デモ1


2010/11/28 幸福実現党徳島緊急デモ1


2010/11/28 幸福実現党徳島緊急デモ

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

米韓軍事演習始まる

幸福実現党・中野雄太氏のブログから転載

米韓軍事演習始まる


北朝鮮の韓国への砲撃を受けて、急遽開催されることになった米韓軍事演習。
北がアメリカへの「報復」をちらつかせていることから、軍事演習がそのまま熱戦となる可能性もゼロではない中での演習となります。

当初の予定よりも、NLL(北方限界線)よりも韓国南西沖に変更し、北朝鮮とシナに一定の配慮を見せたようであります。下記の記事では、地図が明記されているので、転載します。

転載始め
【ソウル時事】北朝鮮による延坪島砲撃事件を受け、米韓両軍は28日、黄海で合同軍事演習を開始した。米原子力空母「ジョージ・ワシントン」も参加し、12月1日までの日程で大規模な演習を行う。北朝鮮は軍事的対応の可能性をちらつかせており、朝鮮半島は緊張に包まれている。
 ただ、米韓は演習水域を韓国が黄海の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)から離れた韓国南西沖に設定。北朝鮮や中国を過度に刺激し、事態がエスカレートするのを避ける配慮を見せている。一方、北朝鮮も27日になり「民間人の死傷者が出たのは極めて遺憾」(朝鮮中央通信)と表明し、軟化の可能性を示唆した。
 ジョージ・ワシントンは、米海軍横須賀基地(神奈川県)に配備されている第7艦隊のイージス巡洋艦「カウペンス」や駆逐艦「ステザム」などとともに演習に加わる。韓国軍からは哨戒艦や護衛艦などが参加する。
 演習は、北朝鮮による空や海上からの攻撃を想定しており、強力な軍事力と米韓の連携をアピールし、挑発を抑止するのが目的。朝鮮中央通信は「空母を黄海に進入させる場合、その結果は誰も予測できない」と警告している。 

読売新聞(読売新聞)


転終わり
シナは、李明博大統領と会談を行う予定です。
当然、軍事演習の自粛を求めると予想されますが、李大統領はどのような対応をするかが見ものです。

日本は米韓と連携ができるのか?
いずれにしても、日本政府は明確な軍事的方向性を出していかなくてはなりません。
旧社会党系の議員が多数閣僚となっているために、どうしても軍事的問題は後回しとなっているのが明白です。自分の国は自分で守るという気概もなければ、独立する精神もない。シナや韓国に従属する卑屈な精神しか持ち合わせていないので、あまり期待できないのも事実です。
日本政府は、米韓と連携する方向性を早期に煮詰めて欲しいと思います。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

12/4(土) 幸福の科学・大川隆法総裁 横浜アリーナで大講演会『世界宗教入門』―地球人へのパラダイムシフト―

12/4(土) 大川隆法総裁 大講演会開催 横浜アリーナにて



幸福の科学グループ創始者兼総裁
大川隆法総裁
横浜アリーナ大講演会開催


※演題は:

  『世界宗教入門』
  ―地球人へのパラダイムシフト―


2010年12月4日(土)
13:00開演(予定)


全世界3500箇所に同時衛星中継されます。
衛星会場はどなたでもご参加いただけます。
本会場・横浜アリーナの参加は、事前申し込みとなっております。


詳しくは、お近くの全国支部・精舎までお問い合わせください。


【各種お問い合わせ】
幸福の科学サービスセンター
TEL:03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日:10時~18時)
E-mail:webmaster@kofuku-no-kagaku.or.jp



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

Happiness Letter355 「沖縄にとって“必要な真実"」

皆さま、おはようございます!

昨日27日、沖縄県知事選最終日、金城タツロー候補は、ついき秀学党首や数百人の支援者の皆様と共に、那覇市内各地で練り歩き、街宣を行い、17日間の激しい選挙戦を終えました。

金城タツロー候補は17日間、声を嗄らして沖縄県内・離島を隈なく縦断し、沖縄にとって“必要な真実"を訴え続け、沖縄県民の皆様から多大なる御支援を賜りました!

「沖縄決戦」大勝利に向け、17日間に渡り、沖縄全土、そして全国の支援者の皆様より、不惜身命のご支援を賜りましたことを心より感謝申し上げます。
☆゜%:.!. .!.:%゜

本日は「沖縄の危機」の真実を伝える幸福実現党の特設ページ「201X年、沖縄が『中国』になる日」を紹介致します。
http://www.okinawakiki.jp/

マスコミが報道しない、中国にとって“不都合な真実"=沖縄にとって“必要な真実"について、動画やイラストを用い、分かりやすく掲載されています。以下、同ページより引用致します。

----引用開始-----

【真実その1】中国は沖縄侵略、そして世界制覇をたくらんでいる!!
~中国の歴史は、ズバリ"侵略"~

日本では報道されないが、中国周辺のウイグルや内モンゴルは酷い侵略をされている。

しかも中国は今、周辺の海も徐々に支配しており、太平洋を通って世界制覇しようとしていることは明らか。

沖縄は、世界制覇のための重要ポイントなのだ。

【真実その2】すでに「沖縄は中国の領土だ」と宣言されている!!
~中国は「○○は中国の領土だ」と宣言して、侵略を始める~

今、中国では、「沖縄は中国の領土である」「日本は沖縄の独立をおさえ込んでいる」という論文があふれている。

中国の「沖縄侵略の意思」は、もはや否定しようのない事実だ。

ステップ1…侵略する国を「中国の領土」と主張する
ステップ2…調査船で周辺を調べる
ステップ3…軍事演習などで中国軍の存在をアピール
ステップ4…漁船などを使って上陸、建物の建設で領有を既成事実化

【真実その3】中国の侵略が沖縄から自由を奪う!?
~一党独裁の共産主義国家・中国は、トップの言うことは絶対で、自由を許さない~

そんな中国に侵略されれば、自由を奪われ、弾圧を受けることはもちろん、沖縄の血筋が途絶える可能性もある。

もしも沖縄が侵略されたら…
・政府への批判は刑務所行き
・思ったことを自由に話せない
・学校の授業はすべて中国語に
・沖縄県民と中国人の結婚が進む(沖縄の血筋が途絶える)
・中国本土へ強制移住・沖縄人口の半分以上は中国人に
・抗議デモは暴動とみなされ、参加者は射殺されることも
・個人の財産や会社の利益は政府に没収

※現在、ウイグルやチベットで起きている事件をもとに想定。

【真実その4】米軍基地の県内移設こそが、沖縄を守る最終手段!!
~「米軍はもうたくさん!」のイメージで、県外移設に賛成していませんか?~

米軍基地が県外に撤退して、沖縄は平和になるのだろうか?

米軍基地撤退で、本当に喜ぶのは「中国」だ。

なぜなら米軍が撤退したのを見届けるように、フィリピンやベトナムは周辺地域を中国に支配され始めている。

沖縄を侵略するために、米軍撤退で日本とアメリカを引き離すのが、中国の作戦なのだ。

----引用終了-----

沖縄の左翼マスコミや沖教組(日教組の沖縄組織)は「米軍基地があるから他国から狙われる」とキャンペーンを張っていますが、「沖縄決戦」を通じ、私たちは真っ直ぐに“真実"を訴え続けて参りました。

「基地があるから危ない」のではなく、「危ないから基地がある」のだと。

今、沖縄から米軍基地を「県外・国外」に追い出し、「日米同盟」を破棄することがいかに危険であるかということを。

今後ともマスコミが報道しない「沖縄にとって“必要な真実"」を訴え続け、左翼言論を引っくり返し、中国、北朝鮮の脅威から沖縄、日本を守り抜いて参りましょう!!


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

101120未来ビジョン『顧客満足主義で学校を再生する、新学校時代』

BS11で毎週土曜夜22時30分より放送の番組 未来ビジョン「元気出せ!ニッポン!」。

ニッポンを元気にする技術や考え方を毎週紹介しています。

http://www.bs11.jp/news/960/

今回のゲストは広尾学園校長の大橋清貫さんです!

元塾経営者である大橋さんは顧客満足主義を掲げ、偏差値を約20も上げ、見事大人気校 に再生されました!

大橋さんのとった驚きの教育体制とは?!

学校の本当の価値とは何なのか?!是非ごらんください!

101120未来ビジョン『顧客満足主義で学校を再生する、新学校時代』1/2


101120未来ビジョン『顧客満足主義で学校を再生する、新学校時代』2/2




【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【マスコミ捏造報道】 まともに取材しない、沖縄県知事選!沖縄の亡国マスコミ栄えて県民滅ぶ!

幸福実現党・植松みつお氏から転載

【マスコミ捏造報道】 まともに取材しない、沖縄県知事選!沖縄の亡国マスコミ栄えて県民滅ぶ!

【正論】杏林大学名誉教授・田久保忠衛 脅威迫る中、また「米軍帰れ」か
 2010.11.26 02:17 【産経ニュース】
 奇怪と表現するほかなく、関心を持つ外国人に求められてすんなり説明できる日本人は多くあるまい。28日に行われる沖縄県知事選の2候補者、仲井真弘多、伊波洋一両氏とも米軍普天間飛行場移設先は「県外」と主張している。

 ◆知事選公約の「県外」は偽善
 与党の民主党は、賢明でない指導者が「国外・県外」とわめいて引き起こした狂躁(きょうそう)の後、日米合意の「県内」に戻したのだから、どの候補者も支持できない。自民党は、仲井真支持なのだろうが、「県外」の看板が目障りで、大っぴらに神輿(みこし)を担ぐわけにいかない。「県外」が可能だなどと思っている沖縄県民はいないだろう。嘘(うそ)と偽善が渦巻く中で、どのような審判が下るのだろうか。

 判断の基準は一つだと思う。仲井真候補は日米同盟を認めているが、伊波候補は「軍事同盟である日米安保条約をなくす」(11月14日付琉球新報)と明言している。昨年11月10日に東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見した際、嘉手納、辺野古など沖縄の基地だけでなく、韓国、グアムの反基地運動と連帯、自ら活動をしている、と強調していた。日本にユーラシア大陸からの有形、無形の脅威が迫り来る中で、沖縄県民は「ヤンキー・ゴーホーム」を呼び続ける道を選ぶのであろうか。

(中略)

 他の府県では当世、流行(はや)らなくなった非武装中立論がこの県で生きているのは、伊波候補の言動でも明らかだ。琉球独立論者だった画家、評論家の故山里永吉氏は復帰前の沖縄に林立する赤旗や肩で風を切って歩いていた赤鉢巻を痛罵(つうば)していたが、その彼でも16世紀初頭における尚真王の刀狩りを「王は平和国家としての琉球を宣言し、武器撤廃、戦争放棄を宣言した」(『沖縄歴史物語』)と胸を張っていた。私も親交があったので、よく分かるが、被害者の心理と無関係ではないのである。

 以来、地元2紙を読み続けているが、非武装中立論に基づく社論、論評は全く変わっていない。国際情勢がどう動こうと、これでは沖縄県は全く別の世界だ。永田町のお偉方の中にも国際的な方向音痴は少なくないが、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の衝撃は、国民の大方に戦後の憲法体制への疑問を生んでいるのではないか。傍若無人に周辺国家を脅かす中国に対し、米国を中心にインド、ベトナムをはじめとする東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国などが警戒感を一斉に抱き始めた潮流には国民の方が敏感だと思う。

 ◆沖縄栄えて日本滅ぶでは…
 国際環境の激変を沖縄はどう見ているのか。尖閣事件直後の9月9日付沖縄タイムス紙社説は「中国漁船の日本領海での操業と、中国海軍の活発な活動を結びつけて中国に対する警戒感をかき立てるようなことがあってはならない」と書いた。事件前の7月21日付琉球新報社説は「中国脅威論大いに疑問」の見出しがついていた。

 中国の温家宝首相がニューヨークで中国漁船船長の即時釈放を要求する演説をぶった9月21日に米掃海艇「ディフェンダー」が宮古島の平良港に入港した。何と、沖縄県と宮古島は外務省を通じて米軍に自粛を求め、市民30人ほどが反対デモをしたのである。10月26日付沖縄タイムス「論壇」には、日本国が衰亡して中国が台頭することを歓迎するかのような一文が登場した。「沖縄栄えて、日本滅ぶ」でいいのだろうか。

 沖縄にも大局に立った正論の士が少なからず存在するのは承知している。その真実の声にたがをはめ、東京と那覇に問題を矮小(わいしょう)化させてきた現地マスコミの罪は小さくない。知事選の結果は、日米関係はもちろん、アジアにおける力の均衡も変える意味を持つ。(たくぼ ただえ)


<同志諸君!田久保教授ともあろうお方が沖縄県知事選ではマスコミ情報しか入っていないのか?>
 田久保教授、もう少し、情報をしっかり取ってから論陣を張っていただきたい。
 本当に、沖縄県知事選挙の候補者は、仲井間氏と伊波氏のお二方だけしか知らなかったのだろうか?それとも第三局の金城氏など存在しないと無視しているのだろうか?それだと、真実を正確に掴み、事実を的確に世の中に伝える筈の大学教授という立場が廃るというものだ。俗悪なマスコミ関係者とは違うのだから、情報を時間を掛けてでも正確に把握し、国民に伝えるなければ、マスコミお抱えの御用学者と言われることになろう。

 今回の対立軸は何か?教授曰く、お二人とも県外移設だから分からない。日米同盟堅持か否かだという。それは違う!結論から言えば、仲井間氏が県外移設、伊波氏は国外移設、金城氏は県内移設。この対立軸だ。嘘をついて伊波氏を庇うような言説を述べて貰っては困る。この沖縄県民を守れない、沖縄の経済的に苦しめる結果になる候補者に対し、金城氏は県内移設で県民を守り、経済を安定化させ、更に、海底資源の再開発や県民の所得を増やせる事業を誘致しようとしている。また、タックスヘブン構想なども面白い。実際の沖縄県にとって優しい政策をやろうとしている。経済的に見ても、日米合意のなられていた辺野古への移設を粛々とやっていけば、工事関係者も仕事につけて有り難いし、現実に米軍が移設されてしまうと職を失う人も大量に出てくる。更には、県外に移設されたら、沖縄県の予算6000億円の6割が施設料としてはいっているのだから、2千億程度の税収では県の予算が一発で破綻するのは目に見えている。
 更には、海外移設なんかされたら、沖縄県の経済だけでなく、県民の生命の安全、財産の安全すら危うくなり、チベット自治区となる可能性すら、遠い将来に出てくる話なのだ。

 そもそも、普天間飛行場の移設問題は、騒音の問題で辺野古移設を、地元住民と政府、そして日米の政府交渉によって、14年も掛けて合意されたものだった。地元への補償問題も終わり、あとは工事をするだけのところを、憲政史上最大のバカ総理、鳩山前首相が「県外移設」などと出来る筈のない「県外移設の思いつき発言」をしたために、県民も踊らされてしまったのだ。この時点で分かることは、国の判断が県や市町村の首長の判断よりも上回っていることを意味している。

 ところが、県外から国外、再び県外、最後は県内と迷走に次ぐ迷走を行い、中学生以下の社会科頭脳とも言える「海兵隊が沖縄にいる意味が分かった」発言を残し、「日米合意」に戻し、国の首長も辞任されてしまったことは、皆さんの記憶に新しい。この間、菅直人副総理(当時)は全く発言をせず、鳩山前首相が火だるまになって倒れていくのをほくそ笑んでみていたのだった。理由は一つ。首相の座が欲しかったからだ。自らが基地問題で墓穴を掘らないために、筒井順慶宜しく「洞ヶ峠を決め込んだ」のだ。簡単に言えば、沖縄の基地問題を見放したのだ。その発言が残っている。菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 と。実に、民主党の首相は無責任極まりないと思われないだろうか?沖縄県に対する民主党の対応はそんなものだ。実に冷たいのだ。

 そこで縁合って、週末から沖縄県知事選挙を、敵情視察兼マスコミの情報操作の程を全国に知らせるために行くことにした。沖縄に来て驚いたのは、情報の寡占である。左翼に乗っ取られている感じがしたことだ。
 特に、この「沖縄県知事選挙」の琉球新報、沖縄タイムズ、RKB、OTV、の民放において、すべて金城達郎候補のことを取材をしていない。通り一辺倒なコメントしか出ていない。「苦戦」とか「独自の戦いを演じている」とか「支持者を回っている」。そんな言葉しか書かれていない。全く、金城達郎の主張や政策が語れていないのだ。それこそ、「国民の知る権利」を阻害していると言っても過言ではない。検索ヒット率の高い写真で見る・知る沖縄《沖縄知事選 候補者インタビュー》を見ても金城候補の記事が全く載っていない。NHKも全く載らない訳ではないが、ワンショットだけなので殆ど同様と言っても過言ではない。

 こんなことならいっそのこと、選挙が終わったら、「県民の知る権利を阻害された」と言うことで、沖縄県民等は、TVでは民放2社とNHK、新聞では琉球新報と沖縄タイムズの5社を訴えたらいいのではないかと思う。国民への議論を提議する意味で、大事なことだと思う。悪徳マスコミに情報をコントロールされ、迷惑を受けている人たちへの希望の光となるかもしれない。

 実は、マスコミによる情報操作、「国民の知る権利」を奪った事実を、現場に入って分かったことがある。昨日、久米島に入っていたのだが、仲泊の商店街でご婦人の方にこんな声を聞いた。「仲井間氏も13期12年にも渡りやって来たが、全く沖縄が変わらなかった。尖閣の問題もあり、昔から共産党の人は好きではない。だから、金城さんの話(政見放送)を楽しみにしていたのだが、消えて映らなかった」と言うのだ。沖縄の人は総じて優しい人が多い。そこにつけ込んで、情報コントロールしているのではないか?と我が耳を疑いたくなった話を聞いたのだった。
 いよいよ明日に迫った来た沖縄県知事選挙。情報を正しく県民に伝えないマスコミ各社に対し、どこまで情報を正しく伝えられるのか?この期に及んで、仲井間氏は、、「県内移設反対」は明言せずと言説を翻し始めてきている。「流動的」に発言を変えてきている仲井間氏。つさて、その変化を県民は許すのか?それとも、脳天気なノー安保を認めるのか?それとも現実路線をしっかりと踏襲する候補を選ぶのか。沖縄県民の良識が問われる選挙だ。決して、「亡国マスコミ栄えて、県民滅ぶ」という愚かな選択だけは避けたいものだ。

 田久保教授はこう締めくくる。「知事選の結果は、日米関係はもちろん、アジアにおける力の均衡も変える意味を持つ」と。実にその通り!これからの日本の未来を占う沖縄県知事選挙。軽挙妄動は慎み、堅実で未来のある政治家を選ぶべきだ。



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

普天間第二小学校の悲劇

幸福実現党・黒川白雲氏のブログから転載

普天間第二小学校の悲劇

本日の時事通信に「小学校隣接、願う危険除去=問題混迷、あきらめの声も-沖縄知事選前に・飛行場周辺」という記事が掲載されています。

米軍普天間飛行場の北東部に隣接する同市立普天間第二小学校。グラウンドと飛行場を隔てるのは1枚の金網フェンスだけです。

体育の授業で児童が校庭を走り回るさなかも、米軍機がごう音を立てて離着陸する。そのたび先生の声は聞こえなくなり、児童は耳をふさぐ。

「緊急連絡、緊急連絡、ただ今、運動場に飛行機が落ちました。先生の指示に従い避難してください」。6月、グラウンドに米軍機が墜落したとの想定で避難訓練が行われた。

2004年、同飛行場南側に隣接する沖縄国際大学に米軍ヘリコプターが墜落した事故を機に、本土では考えられない事態を想定した訓練が同小では毎年実施されている。

「子供たちには、早く安全で静かな環境の下で勉強させたい」。知念春美校長は嘆く。政府や県、市に「(普天間の)固定化だけはやめて」と求めてきた。

同校に通う小学3年の孫がいる元自治会長の呉屋稔さん(74)は「一日も早く危険と爆音を何とかして」と訴える。しかし、移設先については「自分たちがあっちへこっちへ、とは言えない。喜んで受け入れる人はどこにもいないから」。複雑な表情を浮かべた。

同飛行場から約20メートル離れた場所に住む同市新城の無職男性(78)は「20年前から移設と言ってるが、どうにもならない。誰が知事になっても、基地が動くまであと10年はかかるんじゃないか」。あきらめたように話した。

普天間第二小学校はフェンス越しに普天間基地に接しており、「普天間基地の危険性の象徴」として扱われて来ました。



同小学校は、これまで2回、移転計画が持ち上がりましたが、基地反対運動を展開する市民団体などの抵抗で頓挫しました。

一回目の移転計画が持ち上がったのは昭和57年頃で、同小学校から約200メートル離れた基地内で米軍ヘリが不時着して炎上したのがきっかけです。

しかし、左翼系の市民団体から「移転は基地の固定化につながる」と抗議が殺到したため、計画は頓挫しました。

二回目の移転計画は、昭和63年から平成元年にかけ、校舎の老朽化で天井などのコンクリート片が落下して児童に当たる危険性が出たため、移転の話が持ち上がりましたが、やはり市民団体などの反対により移転構想がストップしました。

宜野湾市関係者は「市民団体などは基地反対運動をするために小学校を盾にし、子供たちを人質にした」と説明しています。

沖縄県知事選に立候補している宜野湾市長は、普天間基地の危険性を訴え、「県外」「国外」移設を公約として掲げていますが、なぜ、7年半も宜野湾市長を務めている間に、普天間第二小学校を移設しなかったのか疑問です。

また、「県外」「国外」移設を主張する沖縄県知事選候補は、移設先の具体策を持ち合わせないため、鳩山氏と同じダッチロールを繰り返して、結果、「普天間基地の固定化」という最悪の事態をもたらすことになるでしょう。

普天間基地の迅速な解決のためには、日米合意通りの辺野古移設が最も現実的な案です。

さらに、普天間基地が辺野古に移転すれば、嘉手納以南の米軍施設の全面返還も実現します。

今回、砲撃戦のあった韓国北西部の延坪島(ヨンピョンド)は、那覇からは東京よりも近い位置に存在し、沖縄にとって北朝鮮の脅威も他人ごとではありません。

「県外」「国外」移設は、同時に、米軍基地の抑止力が無くすということであり、今、「危機に立つ沖縄」が絶対に選んではならない選択肢なのです。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

Happiness Letter354「危機に立つ沖縄」

皆さま、おはようございます!
26日付の中国紙『国際先駆導報』は中国の漁業監視船が再び尖閣諸島近海に向かうと伝え、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)海域で巡視活動を常態化させることは、既に中国政府の海洋権益保護政策の一環となっており、今後もさらに多くの船舶が同海域に向かう」と報道。

また、昨日26日、韓国の延坪島において、北朝鮮の基地方向から断続的に砲声が聞こえるなど、朝鮮半島は依然、高い緊張に包まれています。

沖縄を取り巻く危機が高まる中、「沖縄決戦」最終日である本日27日(土)、沖縄の二大紙『琉球新報』『沖縄タイムス』に「幸福実現党 沖縄」の全面広告が掲載されます。

先般発生した北朝鮮の暴挙である砲撃事件をテーマとし、延坪島への砲撃の写真を大きく使い、「危機に立つ沖縄」から米軍基地を追い出すことが本当に正しいのか、「沖縄の進むべき道」を問う、大変インパクトの強い広告となっています。
☆_%*:.!. .!.:*%_

昨日26日の『八重山日報』のコラム「論壇」に大浜孫典氏(支持者)の論考が掲載されました!一部抜粋をご紹介致します。
----引用開始-----
普天間基地問題は日米同盟に重大な影響を及ぼす問題であり、今後、日本が独立国家として存続できるのか、今後のアジア全体の平和の維持にとっても重要な問題である。

中国の軍事的脅威に現実にさらされているというのに、沖縄の世論は日米同盟を破棄する方向に進んでいる。

残念ながら、県内移設を主張したくても出来ない環境を作ってきたマスコミの洗脳によるものである。

米軍基地県外移設は、中国が武力を背景に日本政府を脅し、尖閣諸島を実効支配した時、この八重山がチベットやウイグル自治区のような思想、信条、言論の自由が奪われた、暗黒社会になるということである。《中略》

日、米、韓の連携を強化し、日米合意に基づいた普天間基地移設を速やかに解決し、日米同盟の一層の強化を図るべきである。それが、中国から、この八重山を守ることになる。

先島への自衛隊の早期配備と日米同盟の強化が最も必要なことである。
----引用終了-----
☆_%*:.!. .!.:*%_

同様の論調で、昨日26日の産経新聞のコラム『正論』に、保守の論客、杏林大学名誉教授・田久保忠衛氏の「脅威迫る中、また『米軍帰れ』か」と題する論考が掲載されています。その最後は、このように締めくくられています。
----引用開始-----
沖縄にも大局に立った正論の士が少なからず存在するのは承知している。その真実の声にたがをはめ、東京と那覇に問題を矮小化(わいしょうか)させてきた現地マスコミの罪は小さくない。

知事選の結果は、日米関係はもちろん、アジアにおける力の均衡も変える意味を持つ。
----引用終了-----
いよいよ本日は、沖縄、日本そしてアジアの未来を懸けた「沖縄決戦」の最終日です!最後の最後まで、全力で戦い抜いて参りましょう!!

※「危機に立つ沖縄」を守る「正論の士」金城タツロー氏の情熱あふれる動画「アメリカを動かした沖縄からのメッセージ~幸福実現党 金城タツローの主張~」が大好評です!ぜひ、ご覧ください!!
http://www.youtube.com/watch?v=QqLsZDZtQyc&feature=player_embedded
☆_%*:.!. .!.:*%_

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

Happiness Letter353〔世界が注目する沖縄県知事選〕

皆さま、おはようございます!
読売新聞は今月21日に尖閣諸島周辺の接続水域をいったん離れたヘリ搭載型の最新鋭漁業監視船「漁政310」と「漁政201」が再び同海域に向かうと速報を報じました。

中国当局者は「今回の巡視行動では釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の全海域をカバーする」と語っており、今回は尖閣諸島のみならず、沖縄諸島周辺海域への侵出が強く懸念されます。
☆゜%:.!. .!.:%゜
尖閣諸島への危機感を強くする石垣島で広く読まれている『八重山日報』が昨日25日、1面トップ記事で、金城タツロー候補の個人演説会、並びに街宣活動に関する詳細な記事をカラー写真付きで1面の上半分を使って報道しています。(以下、引用)
----引用開始-----
先島諸島への自衛隊配備を
“日米同盟の堅持"を訴える

県知事選に立候補した新人で幸福実現党の金城竜郎氏(46)の個人演説会が24日夜、大川公民館で開かれた。

金城氏は日米同盟の堅持を訴え、「沖縄県民とともに沖縄のリーダーが、尖閣諸島を守ると訴えなければならない」と強調。

防衛力の強化も必要とし、「自分の国は自分で守るために、先島諸島への自衛隊配備を国にお願いする」と自衛隊配備に意欲を示した。(以下、省略)
----引用終了-----
☆゜%:.!. .!.:%゜
また、夕刊紙『日刊ゲンダイ』が26日付(昨日25日午後発行)が「沖縄県知事のカギを握る『第3の男』」として、金城タツロー氏の動向に注目した記事を報道しています。(以下、引用)
----引用開始-----
沖縄県知事のカギを握る「第3の男」

28日投開票の沖縄県知事選の行方が混沌としてきた。

表向きは県外移設派同士の争いに映る。これに危機感を募らせているのが米国だ。

ワシントン・ポスト(電子版)は20日、選挙結果は日米同盟をゆがめる恐れがあるとの見方を示した。

残り1週間を切った選挙戦。激戦が続くが、ここへきて意外な見方が浮上している。

第3の男・金城の得票数が、有力2候補の勝敗の帰趨を決めかねないというのである。

「幸福実現党の金城は昨年の総選挙、この夏の参院選に続く出馬です。

今回は、日米合意に基づく辺野古移転による早期の危険性除去や、尖閣諸島をはじめとする先島への自衛隊配備などを訴えています。

参院選の得票は1万票。知事選の投票率が上がれば、保守票や無党派層からも票が流れるかもしれない。2万票を上回るといった見方も出ている。

今回、大接戦になると、最終的に金城氏の得票が選挙結果のカギを握るかもしれないのです」(政界関係者)

そんなところに起きた北朝鮮の砲撃。これがどういう影響を与えるか。

最後の最後まで何が起きるか分からない選挙である。
----引用終了-----
☆゜%:.!. .!.:%゜
沖縄全土、そして全国からの「沖縄決戦」への本当に力強いご支援、心より感謝申し上げます。

先日のインド紙に続き、昨日はイランのテレビ局が金城タツロー候補の宜野湾市での個人演説会を取材するなど、全国全世界から金城氏の選挙活動、そして沖縄県知事選の行方が注目されています!

「沖縄決戦」も残すとろころ、いよいよ本日を含め、後2日となりました!

沖縄の未来、日本と人類の未来を懸けて、最後の最後まで「沖縄決戦」を戦い抜いて参りましょう!!
☆_%*:.!. .!.:*%_

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

全世界の人に「エル・カンターレ信仰のすすめ」

img20101122.jpg


こんにちは。

今日は、全世界の方々に「エル・カンターレ信仰のすすめ」をしたいと思います。


この世とあの世の真実について、いろいろと述べてきましたが、すべての人が私と同じような経験をすることはできません。

そのため、宗教には、信仰というものが必要になります。

何度でも証明できる科学実験のようなものであれば、信仰は、そもそも必要がありません。

実験して何度でも再現できるなら、事実を確認し、受け入れるだけのことになるので、それは信仰ではないのです。

ここに、宗教が、信仰というものを要求する理由があります。

もちろん、死んでからは、何人も同じような経験するのですが、生きている間は、経験できません。

したがって、宗教指導者たちの教えることを受け入れるしかないわけです。

それが、信仰の意味です。

どの宗教でも「信仰しなさい」と言っているのは、決して騙そうとしているわけではなく、信仰を通さずして、仏や神の世界に向かって跳躍し、その世界に入ることはできないからなのです。

そういうことで、「信仰のすすめ」をしているわけです。


『死んでから困らない生き方』より

死んでから困らない生き方―スピリチュアル・ライフのすすめ
死んでから困らない生き方―スピリチュアル・ライフのすすめ



『信仰のすすめ』では、仏教の中心的な教えを、現代的に翻訳しつつ、簡単に述べていきます。

この世の中に対する見方は、色々あるでしょうが、人の苦しみの大部分は結局、「世の中は自分の思うようにならない」ということによるものです。

もちろん自助努力をして、ある程度まで、自分の力の範囲内で物事を達成することは可能です。

しかし、それを超えた、もう一段大きな力が動いたり、もう一段大きな不幸が襲ってきたり、もう一段大きな激流が襲ってきたりしたときに、それに抗うことができなくて、苦しみの波間に漂うのが、大多数の人たちの姿なのです。

それは、時代を変えても同じであり、たとえ、どのような環境をつくり出したとしても、そのなかで波間に溺れていく人たちが必ず出てくるのです。


信仰のすすめ―泥中の花・透明な風の如く
信仰のすすめ―泥中の花・透明な風の如く




信じることで新しい世界観を獲得できる

この世の人生では、「いろいろな可能性があるなかで、あなたは何をつかみ取りますか。今世の自分の考え、思想として、人生の結論として、何をつかみ取りますか」ということが問われます。

そして、死んだときに、それが満点であるか、合格点であるか、落第点であるかが分かることになっています。

その段階で、この世での成功や失敗、「偉い」「偉くない」などの、この世的な価値観が引っ繰り返るようなことが、たくさん起きてくるのです。

地上において、いくら、霊界の存在に疑問を持つ人や、宗教に対して不信感を持ったり、宗教を迫害したりする人がいても、霊界側が泰然自若としているのは、人間は、みな、やがて死ぬからです。

「信じられない」と言って騒いでいても、それは、ほんの数年か数十年だけのことであり、死んだときに、すべてが明らかになります。

人間はやがて必ず死ぬので、最後は問答無用で霊的世界を体験しなければいけなくなるのです。

「試験問題が難しくて解けない」と言われても、霊界側は、「試験終了のチャイムが鳴るまでは、しかたがない」と思って見ています。

地上の人のなかには、問題をすらすら解いている人に対して、「お前は、けしからん。狡いことをしているのではないか」などと言う人もいます。

しかし、その問題は、各人が自分で解かなければいけないことになっているのです。

「そういうことを、理解できるか。できないか。信じられるか、信じられないか」ということは、リトマス試験紙の検査のように、「あなたは、どういう人間であるか」ということを示しています。

「あの世の世界を知る」ということは一つの大きな力ですが、知るだけでなく、信じることができたならば、それはもっと大きな力になります。


「信じる」という行為は、外国へ行くために船に乗ったり飛行機に乗ったりすることに当たります。リスクはありますが、それによって大きな旅ができます。

未知なる大陸、未知なる世界に旅をし、新しい世界観を獲得することができるのです。

信じることができない場合には、自分の歩ける範囲以外の世界を見たり体験したりすることはできなくなります。




この地球系霊団には、大いなる使命を帯びた一群の人たちがおり、その人たちを「高級霊」と称します。

そうした高級霊たちのなかでも、地上に生きている人間から見て、遙かに遠い優れた存在のことを、「人格神」という意味での「神」と呼ぶ場合もあります。

これに対して、「仏」という言葉は、もともとは「目覚めたる者」「悟りを開きたる者」という意味であり、地上に下生したゴータマ・シッダールタ、釈尊のことを指す場合が多いのですが、それが転じて、大宇宙創造の神と同義のような、「根本仏」という意味にも使われているのです。

仏と神には、このような違いがあります。

そして、仏と神とを合一させた存在であり、地球系霊団のなかで最も権威を持って人類を指導し、人類の草創期以前から地球に責任を持っている大霊の名を、「エル・カンターレ」と称します。

その意識の一部が、インドに生まれたゴータマ・シッダールタ、釈尊なのです。

エルとは「光」、カンターレとは、「大地」あるいは「地球」を意味する言葉であり、エル・カンターレとは、「光満てる地球」という意味です。

エル・カンターレこそが地球系霊団の最高大霊であり、この大霊が地球系霊団において最高の責任を持ち、人類の運命に関する最後の決断(けつだん)を下しているのです。

もちろん、地球にはエル・カンターレ以外にも大霊は存在しますが、九次元という世界に存在する大霊たちが、今、一致協力して、エル・カンターレが創設し、運動を展開している「幸福の科学」を支援しているのです。

その意味で、幸福の科学は人間が創った団体ではありません。

この地球を取り巻く大霊界の大霊たちの総意によって創られたものです。

そして、その目的は「全人類の救済」にあります。

エル・カンターレが説く地球的仏法真理によって全人類を救済することこそ、幸福の科学の使命なのです。



信仰とは、仏や神と呼ばれる偉大な存在を信じることです。

また、仏神や、天使、菩薩といった、目には見えない霊存在が暮らしている「あの世」があることを信じることです。

信仰は、人間にとって、いちばん大切なものです。

なぜなら、人間の本質は、肉体のなかに宿る「魂」であり、その「魂」は、はるか昔、仏によって創られたという真実があるからです。つまり、仏とは、私たちの「魂の親」なのです。


信仰は、魂の親である仏と、仏の子である人間がつながるための、命綱のようなものです。この命綱があるからこそ、私たちは、仏の子としての正しさを忘れることなく、ほんとうの意味での幸福な人生を歩んでいくことができるのです。


エル・カンターレは、人類が誕生する以前から地球に責任を持つ、神々のなかで最も権威を持っている存在、至高神なのです。

そのエル・カンターレ意識の一部が、インドにゴータマ・シッダールタ、釈尊として、また、ギリシャにヘルメスとして生まれたことがあります。

そして、現代の日本に、エル・カンターレの中核意識(本体)が、幸福の科学の大川隆法総裁として下生しました。

かつて、イスラエルの地に生まれた救世主、イエス・キリストが「わが父」と呼んだのは、エル・カンターレのことであり、エロヒムと呼ばれている存在もエル・カンターレのことなのです。


地球規模の教えを説き、それを広げることによって全ての人々の心を救うこと。また、世界のあらゆる宗教を整理・統合して新しい世界宗教を創り、新文明の道を開くこと。

それが、エル・カンターレの使命なのです。



この事実が全世界の人びとに一日も早く伝わっていくことを心から願っています。



【関連記事】
『賢者と愚者』
『心の作用・心の働き』
『人類の運命は変えられるか』
『守護霊と魂の兄弟』
『生まれ変わりの秘密』
転生輪廻とは何か―人は永遠の旅人
『一念三千』
『仏性とは何か―全ての人に仏性が宿っている』
『オーパーツ(OOPARTS)の不思議100選』
『良い宗教と悪い宗教―正しい宗教の見分け方』
『断捨離で捨てるべきものとは』
ミトラ教とゾロアスター教とマニ教
【「インターネット検索で回答を得ることのできない10の質問」への答え】
「祈りの力」
『アカシック・レコード―時間のなかの真理』
"ヘラトリ・トピックス" リニューアル第1号 『グラウンド・ゼロとヘルメスの愛』
東京正心館 in 政党大会 「黙示録ヨハネの予言」
『カラフル』~天国に住んでいたあなたへ
親鸞聖人の悪人正機説とスター・デーリーの回心
運命は努力によって変えてゆくことができる
「占い」と「運命」
「八正道」―悟りという名の幸福への道
言語の起源と消滅について
ハイデッガーの「存在と時間」と「歎異抄」
『レプタリアンの逆襲Ⅱ―進化の神の条件』
「レプタリアンの逆襲Ⅰ」
聖徳太子の霊言
信仰による「引き寄せの法則」
天国に還る鍵
「愛の本質」とは
「マイケル・ジャクソンの霊言」続報
『心の神秘』
地獄の釜の蓋が開くとき
『心の中の宇宙』
「保守の正義とは何か」より「天御中主神の霊言」
宇宙と循環の法則
悪霊の憑依を見抜くには
守護霊の秘密とは
ニワトリが先? 卵が先?
『愛の証明』
天使の条件・その2~「四正道」の修得
☆2008年11月18日(火) 渋谷支部 「選ばれし人となるためには」
天国・地獄、あの世は100%存在する
幸福実現党とはどんな政党か~参議院選挙 投票先に悩む人のための実現党ガイド
「死後の世界への扉」~天国の扉は信仰を持っていないと開かない
「ポアンカレ予想」の解決から見る宇宙は一体どんな形なのか?
時間の概念―過去・現在・未来は循環しているのか
☆賀茂光栄(かものみつよし)の霊言 2010/6/24
『最大幸福社会を実現せよ』―天照大神の緊急神示―
☆【速報版】大川隆法総裁 『国家社会主義とは何か』講義
☆2010年6月20日『景気回復法』講義 仙台支部精舎 質疑応答 まとめ
☆2010年4月9日 ハイエクの霊言―「自由の死」を最も恐れよ
真実の愛とは『無償の愛』
☆2010/02/05 「Forecast」 信仰と未来社会
「エドガー・ケイシーの未来リーディング 並びにジーン・ディクソンの霊言」―mat's pageさんから
「愛の選択」 幸福の科学の正心館の講話2010.04.17 佐竹館長講話
『信仰の勝利』
『一千億年の孤独』から視る“ナノセカンド”
Master Ryuho Okawa Forecast
ダーウィンとウォーレス、そしてマルクスそして民主党党との関係
「ハッブル宇宙望遠鏡が神様の姿をキャッチ!?」―宇宙即我の境地とは
『君よ、涙の谷を渡れ。』 2007/12/22
偉大なる魂であることに目覚めよ!
『存在と時間~生々流転の法則』
「百匹目の猿」~集合想念エネルギーの力―心の力が未来を変える
ホーキング博士「タイムトラベルは実現可能」―タイム・マシンは霊速で実現可能
トワイスボーンによって新たな人生を生きる
人種と言語の違いを超えて―「憎しみを捨て愛をとれ」
『世界紛争の真実』 ―ミカエル VS. ムハンマド 4月19日 発刊!
『愛とは結びつけあう力』
『宇宙時代と仏法真理~宇宙人との対話』 2010/4/11東京正心館「危機に立つ日本」発刊記念
「四苦八苦」とは何か
「フォースカインド」「アバター」「第9地区」―あなたは宇宙人の存在を信じますか?
「ヒーリング・パワーを得るための祈り」
【リバティーセミナー】 里村編集長もアブダクションされていた!
中国 vs アメリカ vs イスラム―人類は憎しみを捨てよ!
夢は覚えている?―睡眠中の夢が現実か、現実が夢か?
幽霊や悪霊・悪魔は実在する
エジソンを超えていた超天才発明家ニコラ・テスラの追い求めた「世界システム」―「核なき世界」のオバマ大統領との関係
日本から新文明を全世界に広げよう!
あの世には心しか持って還ることができない
人類滅亡へのカウントダウン―メシア待望論
幸福の科学・大川隆法総裁 ロンドン支部精舎英語説法「What is real life ?」
ブラックホール―星の生命体の転生輪廻
一般相対理論にみる悟りの極致とは何か
エコな海中都市・海底牧場は2700年には実現している
「花粉症なう?」―花粉症対策について
インターネット・Eメールはどこでもドア?―宗教と科学の融合した未来社会を
☆幸福の科学 2008年 エル・カンターレ祭 大川隆法総裁法話 『夢の未来へ』
『宇宙人との対話』
幸福の科学「霊的世界の本当の話」は宗教的入門の話です。
臓器ビジネスにみる唯物論~唯物論からスピリチュアリズムへのムーブメント
☆2010/03/14沖縄正心館 大川隆法総裁法話『カルマとの対決」』抜粋
【復活の時は今】
女性はなぜ美を求めるのか~『NO FAITH! NO LIFE!』
「しっぽ」の生えた赤ちゃん誕生―人類には尻尾があった?
☆ミッション―ウガンダからアフリカ全土に真理の光を
ヘラトリ・トピックス〔第59号〕 その1 『帰ってきた“ダ・ヴィンチ・コード”にひと言』
人生の希望について―年間自殺者3万人超を考える
恐竜と人類は同時代に共存していた!
三千年に一度しか咲かないという伝説の花「優曇華の花」が咲いた!
ハイチ巨大地震とブードゥー教の関係について
ミステリアスな遺跡―ムー文明は存在した!
南極の“アルプス”をめぐり深まる謎 ―南極大陸には文明が存在していた!
超古代文明アトランティス滅亡の真実―文明滅亡の教訓から学ぶこと
ホンダ・ASIMOの進化にみる未来ロボット産業についてあれこれ
現代のスーパーマンが説くユートピア価値とは何か
永遠のギリシャへの憧憬~ギリシャ経済危機と政治体制について
☆2/21(日)於・鳴門支部説法 大川隆法総裁『はじめての信仰生活』
『ダンテの神曲~地獄の諸相』
『有・無と空―無我なる愛の眼』
『宇宙の法・入門』 『宇宙人について・UFOの真実』
『余剰次元とは』―異次元世界は存在するか?
『愛の発展段階説』―西洋と東洋文明を融合する偉大な思想
人類と宇宙人の存在について
『愛・知・反省・発展の現代的四正道が世界を救う』
世界の眼がわかる!ヘラトリ・トピックス〔第48号〕 『映画「アバター」の、あまりにもハッピーサイエンス的な意味!!』
『健康と幸福』―美しく生き、美しく老いるために
『音楽と悟り』―ブーニンは誰が指導してる?
【世界の眼がわかる!ヘラトリ・トピックス43号】 「マレーシアが、真理を求めている!」
『北風と太陽―奪う愛から与える愛でユートピアを!』
「同じ神を見つめているのにね ~アラーとヤハウェとエル・カンターレ~」世界の眼がわかる! ヘラトリ・トピックス〔第42号〕
【世界の眼がわかるヘラトリ41号】 『人民日報と、イランの核ミサイルと、ついでに鳩山幸夫人?』
『進歩と調和』―『中道からの発展』そしてユートピアへ
『東京から長崎まで、リニア・モーターカーを敷こう!』-世界の眼がわかる!ヘラトリ・トピックス〔第40号〕
『信仰について深く考えてみる』 世界の眼がわかる! ヘラトリ・トピックス〔第39号〕
『~クリスマス特集~イラクのキリスト教徒と、斑鳩(いかるが)の里』-ヘラトリ・トピックス〔第37号〕
★エル・カンターレ祭御法話の“アメリカ関連”部分の解説
【転生の記憶】
☆この国に「自助努力」と「利他」の精神を
★インドからのイイシラセ「”インドでは毎月1万人会員が増えている”そうです」
映画『仏陀再誕』大反響 速報試写会ニュース
☆☆☆2009/09/27 富山中央支部 大川隆法総裁 御法話『神と悪魔』
9/22速報!八戸支部精舎説法『地獄からの脱出』
☆☆☆映画『仏陀再誕』メガヒット記念大会御法話『宗教のすすめ』 2009/04/12 於「東京正心館」


太陽の法―エル・カンターレへの道
太陽の法―エル・カンターレへの道



黄金の法―エル・カンターレの歴史観


永遠の法―エル・カンターレの世界観
永遠の法―エル・カンターレの世界観



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
文字サイズ変更
 ☆--君のまなざし--☆

君のまなざし-5月20日公開
 ―☆2017年『伝道の法』!☆―
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ