「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「2030年代半ばまでに火星目指し有人宇宙船開発へ」オバマ大統領が表明―日本は、2030年地球防衛軍・宇宙戦艦ヤマトを目指せ!

地球防衛軍・宇宙戦艦ヤマト


2030年代半ばまでに火星へ オバマ大統領が新有人宇宙計画(2010.4.16 08:24・産経)

 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は15日、フロリダ州の米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターで演説し、2030年代半ばまでに火星軌道への到達を目指す新たな有人宇宙探査計画を発表した。大統領は「人類を火星の軌道に送り、安全に地球へと帰還させることが可能になると信じる」と述べた。計画が成功すれば、その後は火星への着陸も目指す方針という。

 ただ、大統領は技術面などに関する具体的な行程には踏み込んでおらず、計画が実現可能なのかは不透明だ。

 大統領は演説で、今後5年間で60億ドル(約5600億円)の予算をNASAに投入することを表明。次世代ロケットに関する新技術の開発を本格化させる。

 15年までには新型ロケットの設計を終え、25年までに有人宇宙船で月の軌道を越えて宇宙空間の小惑星に到達、30年代半ばで火星の軌道へ達する計画という。

 オバマ大統領は2月、ブッシュ前政権が打ち出した月有人探査計画(コンステレーション計画)の打ち切りを発表。スペースシャトルの年内退役もあり、失業率の増加を懸念する米議会を中心に批判があがっていた。

 大統領は旧ソ連と宇宙開発競争を繰り広げた冷戦時代にも言及し、いまなお宇宙計画は米国にとって「ぜいたくではなく、不可欠なもの」と語った。

 一方で、「ライバルとの開発レースは終わった」として、今後は米国の厳しい財政、経済状況を加味しながら「賢いやり方をせねばならない」と訴えた。

 演説ではさらに、国際宇宙ステーション(ISS)の運用期間の5年以上の延長や、月探査用に開発を進めてきた宇宙船「オリオン」をISSの緊急脱出用に用途変更することにも言及。スペースシャトル退役に伴い、民間の有人ロケット開発を支援していく考えも改めて表明した。

 また、大統領は新たな宇宙開発計画には「1万人以上の雇用を創出する効果がある」と強調。ケネディ宇宙センターのあるフロリダ州は、今秋に実施される中間選挙でも激戦区になることが予想され、米国民の注目が集まる雇用問題でのアピールも忘れなかった。


宇宙庁を新設、関連産業育成を…国交相の懇談会(2010年4月13日20時38分 読売新聞)

 前原国土交通相(宇宙開発担当)の私的懇談会「今後の宇宙政策のあり方に関する有識者会議」(座長・松井孝典千葉工業大惑星探査研究センター所長)は13日、宇宙開発を推進するための体制案をまとめた。

 宇宙関連予算を一元管理する「宇宙庁」を新たに設置し、宇宙利用を促進して産業規模の倍増を目指す。政府が6月にまとめる新成長戦略に盛り込むよう、来週中に担当相に提言する。

 宇宙庁内には政務三役による経営会議や専門調査会を設置。各省庁や企業などによる宇宙利用を掘り起こす。宇宙開発の具体的な戦略としては、宇宙のゴミ回収に向けた市場開発、無重力空間を利用した新材料開発などを提案した。


鉄鋼を超える比強度の汎用プラスチック創製に成功

広島大学 大学院総合科学研究科の彦坂正道教授と岡田聖香博士研究員らは、鉄鋼を超える比強度(注1)を有し、水より軽く安価(注2)で、リサイクルが可能なシート状の超高性能汎用高分子材料(汎用プラスチック)の創製に成功した。


アメリカオバマ大統領は2030年代半ばまでに火星有人宇宙船開発をめざしすと発表したそうです。


かつて、ケネディ大統領は、1961年に「我々は月へ行くという選択をした。60年代が終わるまでに月へ行く」という壮大な発表しました。

当時のアメリカは、宇宙開発やミサイル防衛の分野において、当時のソ連に後れをとっていて、「国家の威信」をかけて宇宙開発のビジョンを掲げたのでした。

そしてアメリカは、莫大な国家予算がつぎ込みはしたものの、数々の失敗をを乗り越え、驚異的、画期的に技術の進歩を果たし、1969年7月20日についに人類は月に降り立ったのでした。


今、時代は宇宙に向かって開かれようとしています。

殆どの日本人は知らないようですが、数多くの宇宙人が地球に関心を持ち、UFOも飛来しているのです。

幸福の科学・大川隆法総裁『宇宙の法入門』には、「地球は、太陽系惑星の中で、日本のなかで言えば“奄美大島”ぐらい」とのことで、地球の科学文明がその程度のものであり、太陽系全体で言えば、非常に遅れているということらしいのです。

そういう意味で日本は、宇宙に、そして宇宙人にも心を開き、関心を持って率先して各国と協力し、宇宙開発技術を磨き、この地球を宇宙に向けて発展していく方向へと導いてゆくべきだと考えます。

日本は、民主党が普天間基地問題でもめているとはいえ、まだアメリカと友好関係にあり、ボーイング787などの部品の30%以上を日本企業が提供していたり、日本初のジェット機MRJの開発や自前のロケット開発にも成功しており、アメリカと共に宇宙開発技術のイニシアチブを取るリーダーとしての最先端にいるのではないでしょうか。

民主党政権では、事業仕分けとしてロケット開発の予算を削ってしまいましたが、やはり政府として、もっと宇宙開発に対して財源を投入し、産官学の力を合わせて宇宙開発をバックアップしていけば、今の日本の不況を打開する大きな原動力となり、必ずや日本の繁栄に繋がっていくことと思います。


この美しき国・日本に住む私たち日本人は、世界に対する責任と新しい未来を拓く鍵を持っていることに、もっと自信と誇りを持ってもよいのではないでしょうか。

私たちの描くビジョンによって、未来は明るいものにも暗いものにもなってゆくのです。


坂本龍馬さんは、『龍馬降臨』のなかで、このような壮大なビジョンを語っています。
~~~
『宇宙戦艦ヤマトを作るよ。今の海援隊は宇宙戦艦ヤマトじゃ。それは地球防衛軍じゃ。地球防衛軍をつくらないかん。だから、日本が軍備をしちゃいかんというんだったら、もう自衛隊なんてやめてまえ。で、「日本は、もう自衛隊なんかつくりません。日本の軍隊なんか要りません。地球防衛軍を創設いたします」と、これでいいんですよ。そいで、そんなかの旗艦を「宇宙戦艦ヤマト」と名付ければよろしい。今年は、龍馬ブームだし、ヤマトブームらしいじゃないですか。その意味では、日本人の大和心を取り戻すチャンスでもありますな。』
~~~

「宇宙戦艦ヤマト」は、かつての「戦艦大和」を造った日本の大和心と最先端の技術力が備われば、大いに実現可能なことではないでしょうか。


幸福実現党の政策には、さすがに宇宙戦艦ヤマトの建造は入っていませんが、2030までの明確な未来ビジョンを掲げています。

幸福実現党の2030年の未来ビジョン→http://www.hr-party.jp/inauguration/pdf/dingpolicy1004_26.pdf

1.国家運営の一つの理想モデルとして、「無税国家」を目指します。
2.機動的で小さな政府を実現するため、できるだけ速やかに参議院を廃止します。
3.「開かれた日本」をつくり、世界の繁栄を支えます。
4.ユーラシア大陸を一周するリニア鉄道を実現し世界を結びます。
5.最高の幸福と繁栄を実現する「宗教立国」を目指します。



しかし、民主党は、未来に対してこのような明確なビジョンは何も示していません。

未来に対して明確な未来を描いているのは幸福実現党だけです。

幸福実現党の掲げる壮大なビジョンが、明るく開かれ繁栄した日本を創ることを信じています。


『 龍馬降臨 』 CM


山崎さん「ヤマト」愛読者、松本零士さん感激(2010年4月6日07時07分 読売新聞)

腕時計を贈り、山崎直子さんを激励する松本零士さん スペースシャトル「ディスカバリー」で宇宙に飛び立った山崎直子さんは子どもの頃、テレビアニメの「宇宙戦艦ヤマト」に夢中だった。

 「大人になったら誰でも宇宙に行けると思った」といい、宇宙への関心を深めるきっかけになった。

 原作者の漫画家松本零士さん(72)は、父親が旧日本軍のテストパイロットで、自らも飛行機乗りになるのが夢だったが、「暗い部屋で漫画を描いているうちに近眼になり、15~16歳で夢はあきらめた。それからは描く側で夢を実現しようと思った」と振り返る。

 松本さんは「自分の作品を見て夢を持った人が、いつか宇宙に行く日が来ると信じて物語にした。それが山崎さんだ。物書きとしてこんなにうれしいことはない」と喜ぶ。

 財団法人日本宇宙少年団(YAC)で松本さんは理事長、山崎さんは副団長を務める。松本さんは昨年12月、千葉県松戸市の市民会館で開かれたYACの下部組織「千葉スペースボイジャー分団」の結団式に出席。このとき、山崎さんに自分でデザインした腕時計を贈った。

 時計の製造年と製造番号は共に「1999」。山崎さんが宇宙飛行士候補となった記念の年だった。

 自宅のテレビで打ち上げの様子を見た松本さんは「ロケットがスペースシャトルから離れるまでが非常に危険なだけに、成功した時は感慨深いものがあった。未来の若者、宇宙開発にとって意義深いミッションであり、山崎さんにはこれから宇宙で体験することを伝えてほしい」と期待を込めた。


「3人で宇宙旅行を」 山崎宇宙飛行士

写真で見るよりきれい
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子宇宙飛行士(39)から、家族あてに初めてメールが届けられた。

メールの着信は8日午後(日本時間9日午前)。「宇宙でラピュタの曲を聴いて感動した」、「宇宙酔にぜんぜんならず、初日から元気に動けていて、みんなに驚かれています。いつか3人で宇宙旅行したいです。宇宙から宇宙一の愛をこめて。。。なおこ」といった内容であった。また、9日朝(日本時間同日夜)には山崎宇宙飛行士から2回目の電話もあった。山崎氏は持参した琴を弾いたと言い、小さい琴なので調弦が難しいが、簡単な曲は弾けた、宇宙食がおいしい、宇宙からの地球は写真で見るよりきれい、などどと宇宙生活に順応している様子である。

ncc170.jpg

山崎氏を宇宙に駆り立てたのは、宇宙の実映画像・映像と共に、アニメの宇宙戦艦ヤマトでもある。スター・トレックの世界にどっぷり浸っている筆者も、生きている間に宇宙を旅行したい。民間人が気楽に宇宙旅行を楽しめる日も、そう遠くはなかろう。


野口聡一飛行士:「宇宙戦艦ヤマト」シャツで古代進気分?

ISSの米国実験棟「デスティニー」内で作業する(左から)野口さん、ウィルソンさん、山崎さん=JAXA提供 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)と、スペースシャトル「ディスカバリー」で合流した山崎直子飛行士(39)の新しい写真をホームページで公開した。野口さんは人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の主人公・古代進が着ていた、白地の胸に赤い矢印のついたヤマト乗組員の制服と同じデザインのTシャツ姿。

 公開された写真は打ち上げから4日目の8日、同僚のステファニー・ウィルソン飛行士(43)とともに米国の実験棟「デスティニー」内で作業中に撮影されたもの。JAXAによると、野口さんや山崎さんは子どものころ、「ヤマト」のファンだったことが宇宙飛行士を目指すきっかけになったという。

 山崎さんはISSのロボットアームを操作し、シャトルで運んだ大型コンテナ「レオナルド」(直径4.5メートル、全長6.4メートル)をISSに移設する作業を行い、先輩飛行士でロボットアーム操作のスペシャリスト、若田光一さん(46)から「満点の仕事」と激賞された。


【関連記事】
インターネット・Eメールはどこでもドア?―宗教と科学の融合した未来社会を
▼民主党は「技術立国」を潰し日本を「沈む太陽」にしてしまうつもりか?
宇宙産業を育てよ!-民主党内から「JAXAはもう必要ない」との声
IHI、国産ロケット「GX」開発会社清算へ
【幸福実現党 久我つかさ】 「宇宙時代に耐えられる政党、絶える政党」
『宇宙の法入門』の講話の正式なレジュメ
宇宙から新文明の足跡が聞こえる―宇宙時代の扉は開かれた!
【木村智重のMirai Vision】月と火星に植民都市を “大望”が未来を開く
【木村智重のMirai Vision】航空・宇宙・国防などに集中投資を
『宇宙時代と仏法真理~宇宙人との対話』 2010/4/11東京正心館「危機に立つ日本」発刊記念

【関連書籍】
「宇宙の法」入門―宇宙人とUFOの真実
「宇宙の法」入門―宇宙人とUFOの真実


龍馬降臨―幸福実現党・応援団長 龍馬が語る「日本再生ビジョン」
龍馬降臨―幸福実現党・応援団長 龍馬が語る「日本再生ビジョン」



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

★【幸福実現党・参議院選挙に向けてのオーパの提言】



★【幸福実現党・参議院選挙に向けてのオーパの提言】★


来年の参議院選挙に向けての幸福実現党への提言です。


幸福実現党は、衆院選以後、候補者はHPやブログを開設していても、更新していない方が多いようです。

もちろん、衆議員院選挙は解散がなければ4年後までないのですが、その間なにも活動していなければ、国民に認知されることはないと思われます。

まだまだ、幸福実現党を見る目は、宗教政党であり、新興宗教=悪であるといった偏った目でみる方も多いと思います。

これを解消しなければ、やはり参議院選挙においても議席確保は困難かと思います。

幸福の科学は世直し宗教であり、幸福実現党は世直し政党であることを訴えてほしいです。

そこで、やはりもっともっと外に向けての活動を行ってほしいと考えます。

ぜひともブログ開設している、前候補者の方は、多方面からの記事を書いて発信していただきたいと強く願います。

ネットを利用する若い方を中心として幸福実現党を支持してくださる方が増えているようです。

ぜひ、もっともっと情報発信して、幸福実現党の素晴らしい政策を訴えて支持してくれる方の裾野を拡げていかなければならないと思います。

それから、民主党の政策が実現されることの危機をも訴えていただきたいと思います。

民主党は、いわゆる闇法案と呼ばれる法案や亡国政策を数多く準備しているようです。

【闇法案ならびに亡国政策】
1.靖国神社代替施設
2.外国人参政権、外国人住民基本法案
3.重国籍
4.戸籍制度廃止
5.偽装人権擁護法案
6.国立国会図書館恒久平和局
7.1000万移民推進
8.女性差別撤廃選択議定書
9.夫婦別姓(選択制別姓)
10.日教組教育復活
11.地域主権
12.CO2 25%削減
13.東アジア共同体構想

これらの法案を衆参とも多数決で可決することが可能な状況になってきています。

このような状況で、このまま4年間、民主党政権が続くことになれば、日本はまさに闇の中に沈んでしまいます。

民主党政権を短期に崩壊させるためにも多くの党員に発信していただきたいと切に望みます。

===
はっぴーらぶさんから提言いただきました。(11/04)

幸福実現党の候補者の方々へのお願い。
応援ブログにリンクされている方のブログを開いても、記事の更新をされていない方が多く、いつも残念に思っています。
ブログはやはり定期的に記事を更新される方のところに集まると思います。(数あるブログの中で、更新が遅い方は、情熱がないのかな・・と思い、やはり見る気が失せます。)
私の拙いブログでも、最近一般の若い方の足跡が見られるようになってきました。
いろいろお忙しいと思いますが、念いの発信は"こつこつ"としていただきたいと思います。
どうかよろしくお願い致します。
===
ミッシェルさんからも提言いただきました。(11/04)

その後継続されていない前候補者の大半は、選挙後ブログで挨拶された後、公認未定、人事異動にて手が付けられていないのではないでしょうか。要するに放置状態です。活動再開される予定のない前候補者ブログはネット上から【ブログの削除】も必要では。youtube動画も同様です。支持者が動画UPしている場合もあり政党から何らかの通達・リサーチが必要かと思います。次に向けてスッキリさせた方が良いかも知れません。そのうち誰が候補者かわからなくなりますよ。(特に一般の人)




それから、幸福実現党応援仲間の方にもお願いいたします。

皆さま方の幸福実現党への提言を求めます。

この記事へのコメントを、記事に追加させていただきたいと思います。

それを、党広報本部長代理のあえばさんに提言したいと考えています。

どうぞ、宜しくお願いいたします。
 


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【幸福実現党への提言】 マスメディアにて衆院選を総括した発表を

ビューティフル・アース


幸福実現党の今回の選挙戦の総括として、内向きには、9/6に本地川瑞祥党首より大阪正心館において説明がありました。
また、大川総裁からも、国内、海外会員向けに『This World is not enough』というお話がありました。

しかし、まだ公のマスメディアには、今回の選挙戦に関する一連の説明が何も無かったように思います。(これから予定されているのかも知れませんが)

世間一般的には、下の記事の「田口ランディ」さんのように、幸福実現党の今回の騒動は「いったいなんだったんだ?」というのが正直な感想ではないかと思っています。

そこで是非、もっと大々的に、マスメディアに出て発表していただきたい。

そうでなければ、やっぱり「オーム」と一緒だ、何て誤解されている方も数多くいらっしゃることと思います。

今回の機を有効に、新興宗教に対する偏見をなくすためにも、幸福実現党の訴えているものを、もっとPRして欲しいと願います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


【田口ランディの日記と情報:幸福実現党のコメントを望む】から転載しました。
http://runday.exblog.jp/12232860/

「幸福実現党」に関する報道は、今回、選挙速報中にほとんどなかった。
開票中はこのような状況だったらしい。http://news.livedoor.com/article/detail/4323478/
たまたま私が見なかっただけかもしれないが、キー局では幸福実現党に関しての報道を避けたかのごとくなにもせず、よくある候補者の個人的なプロフィール映像なども開示されなかった。

党首の大川隆法氏の政見放送を見た。次第に熱がこもり声が大きくなっていく。鬼気迫るような迫力があった。政策に関しては具体性に欠け「国民を守ります」という繰り返しだけが耳に残った。この選挙において残念ながら候補者一人一人の個性、思い、のようなものが伝わってこなかった。どういう党に属していようとも、やはり政治家は個人の信念がたいへん大切であると思うし、今回はそのような「個人の人間性や信念」でもって大物議員を退けた若い候補者がたくさんいた。有権者は一人一人の考えや生き方に着目していたと思う。幸福実現党の候補者は一人一人の顔がぼやけていたという印象がある。若い方たちが多かっただけに残念だ。

私の記憶のなかには、選挙で大敗したのをきっかけにして「救済」の方法を政治から武力へと切り替えてテロ行為に至った新興宗教教団の姿が生々しい。国民の幸福を実現するために、最大多数の候補者を出馬させた情熱は、それがまったく否定されたときにどこへ向かうのだろうかと、どうしても考えてしまう。簡単に比較してはほんとうに失礼なのは承知だが、やはりどうしても頭をよぎってしまうのであり、その感覚はご理解いただけると思う。

その意味で、幸福実現党には開票日での記者会見をしてもらいたかった。そして、議席ゼロという結果に対してどのような見解をもっているのかを、はっきりと国民に公表してほしいと願う。どのような失望、あるいは反省、無念の思いを抱いているのかを知りたい。国民の否定を幸福実現党は党としてどのように受け止めたのか。それは、自分たちの至らなさと受けとったのだろうか、あるいは、国民の無理解や無知として受けとったのだろうか。具体的に聞かせてもらいたいのである。

マスメディアは、ぜひ、幸福実現党の党の見解をなんらかの形できっちりと報じてほしいし、党首である大川さんも、どうかマスコミに対して、選挙結果に対するできればていねいなコメントを表明してほしいと思う。それは、これから教団と一般市民の方たちの信頼関係にもたいへん影響することだと思う。私たちは、幸福実現党の候補者の方たちの奮闘に拍手を送るべきだし、党も有権者に対してしっかりとしたコメントを表明してほしい。いまこの時期の対応はとても大切だと思う。マスコミも偏見を捨てて取材して党首の考えを国民に伝えてほしいと切望する。
=================

この記事は、『あえば直道のBLOG -幸福実現党-』 へ提案しました。
【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【衆院選を振り返る】 幸福実現党から出馬していただいた元市議の皆さんへの感謝と祝福



幸福実現党から出馬された、小選挙区から出馬した、元越前市議の北野光夫(きたの みつお)氏と元青梅市議の小鮒将人(こぶな まさと)氏、元大野城市議の鵤卓徳(いかるが たくのり)氏。

そして、東北比例区から出馬した元八戸市議上条幸哉(うえじょう ゆきや)氏。


彼らは私心なく、現職市議の地位を擲って、幸福実現党に参画してくださいました。

きっと、大いなる魂の飛躍をされたことだと思われます。

彼らに大いなる祝福をお送りしたいと思います。

また、心より感謝申し上げます。


それにひきかえ、自民党にも民主党にもいるという国会議員信者の反省を強く求めたいと思います。

彼らが、例え一人でも参画していれば、これ程までにマスコミから無視されることは無かったと思われるのです。

彼らの罪は、非常に大きいと言わざるをえません。

この、救世の大事業に参画しなかったということは最大の魂の禍根となって残っていくのです。

次回の選挙(衆参同時かも)には、必ずや参集してくれることを信じています。



そこで書くまでも無く、もう幸福実現党本部でも対処されているのかもしれませんが、

これからの彼ら元市議のことを、真摯に考えていただきたいと、切にお願いいたします。



以下の、ニュースから思ったことでした。

これを見ても、マスコミは瑣末なことに囚われ、本質を見抜く眼を持っていないことが良く判ります。



総選挙を振り返る (6)幸福実現党 何がしたかったのか
PJ: 鈴木 義哉 2009年09月08日 06:57 JST
http://www.pjnews.net/news/291/20090908_1

【PJニュース 2009年9月8日】今年5月25日宗教団体の幸福の科学を母体とする「幸福実現党」が突如旗揚げして世間を驚かせた。この政党は新しい選択、つまり自民党、民主党以外の選択をコンセプトとし、消費税ゼロ、対北朝鮮への先制攻撃を含めた強硬策、GDP世界一などを訴え、ほとんどの小選挙区に候補者をたてるという布陣で総選挙に打って出たのだ。

候補者の顔ぶれ
幸福実現党は旗揚げ時の党首、饗庭直道(あえばじきどう)氏から1カ月後に突如「幸福の科学」教祖大川隆法氏の妻・大川きょう子氏(立候補はしなかった)へと交代し、総選挙公示前にも突如撤退するとか、大川隆法氏の立候補取りやめなどの情報がメデイアへ乱れ飛び、ドタバタぶりが露呈した。だが、18日の公示日には何とか立候補する事ができた。

立候補者は超タカ派議員が出馬する一部の小選挙区で立候補を取りやめたものの、337人という民主党を上回る候補者をたてた。ミュージシャンで元ザ・ブルーハーツの河口純之助氏や竹内まりやの妹の中岡陽子氏、漫画家のさとうふみや氏(金田一少年シリーズで有名)、他にも元自衛官が6人立候補したという。

また、元越前市議の北野光夫氏と元青梅市議の小鮒将人氏が、市議のいすを捨てて幸福実現党から立候補した。北野氏は越前市議会の副議長もしており自民党系市議のエースだったという。また小鮒氏は青梅市議で唯一の民主党所属市議で党職員の経験もあったというが今回の立候補で党を除名されたという。

政教分離と選挙実務をわかっていたのか
実は私は6月頃、幸福の科学の信者と思われるデリバリー用のスクーターを見て驚いた。なんと幸福実現党の縮小版のポスターをステッカーにして数カ所に張っていたのだ。これは公職選挙法に触れる恐れがある行為なのだが、「幸福の科学」が信者に対し公職選挙法の禁止行為の通達を出したという話は聞かない。

また政教分離に対しても大川隆法氏はHPで宗教が政治に関して集会や結社の自由に制限があるともとれる書き方をしているが、日本国憲法を照らし合わせてみると宗教団体が政党を持つことは違憲でも何でもない。ただ、国や自治体から特権を受けたりする事が違憲とみなされる行為であり、公共施設などの地鎮祭に神主を呼んで玉串料を税金で払ったりする事がしばしば違憲と騒ぎになるのはそのためだ。わかりやすく言えば国は宗教活動を妨害する権利はないが、政治が宗教へ特権を与えたり、行使してはならないのが、現行憲法における政教分離である。

しかし、具体的なところとなると複雑で制約が多い。例えば政党の宗教施設利用は(宗教施設が)固定資産税が免除されているだけに、政教分離に触れる恐れがあるという指摘が税法の専門家などから昔からあった。公明党は結党以来その手の批判を受けていたため、党の予算も施設も(選挙時の選対事務所を含めて)創価学会と一線を画している。

聴衆は熱心だったが
街頭演説を聞いたが、聴衆は熱心だったが演説後、電車で帰る人が多かった。サクラなのか? また反日教組、いじめ防止など自民でも言わないようなネガテブキャンペーンに終始し、北朝鮮に対しては先制攻撃をも辞さぬ覚悟としながら「私は戦争をするつもりはない」と締めたがこれは主戦論者の古典的なレトリックの手法でなのだ。有権者もそこまで愚かではあるまい。

宗教と政治には3倍の法則というのがあり、信者数の3倍が投票を頼める限度というのが政治と宗教の問題に詳しい人々の共通認識といわれている。公明党は約800万票を比例で獲得したがそれからすると熱心な創価学会の信者数は約266万人ということになる。同様に小選挙区トータル約107万票を取った幸福実現党は約37万人ということになる。

幸福の科学は設立時の幹部に元創価学会関係者がいたため、創価学会を意識した組織になっていると言われている。そのため政治進出はある意味予定だったのかも知れない。ただ公明党、創価学会は先代の戸田城聖氏の時代から地道に地方議員を増やし、公明党の前身「公明政治連盟」が62年に設立されてから5年後衆議院進出にこぎ着けたがそのために組織作りをしっかり行ってきたからとも言える。だが幸福実現党は設立から3ヶ月で現実の政治経験が無い者を大量に立候補させるのは無理があったと言わざるを得ないだろう。【了】

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

★来年参議院選挙にむけて幸福実現党の候補者擁立についての提言



【フジサンケイ Business i 9月7日】
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200909070019a.nwc

今回の衆院選を前に、突如として政界進出を計画した宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁)。今年5月に、幸福の科学を支持母体とする「幸福実現党」を立ち上げ、300選挙区ほぼすべてと比例代表11ブロックに50人近くを擁立して選挙戦を展開した。

しかし、立党から公示までの間、同党は揺れに揺れた。3度にわたる党首、総裁の交代。選挙区や比例代表候補の度重なる差し替え。大川総裁自らの出馬、取り消し、そして再度の出馬表明。一部選挙区での自民党候補への支援-と混乱を極めた。

立党時には「第一党も十分ありうる」とし、「単独過半数を目指す」と鼻息も荒かったが、どこか意気込みだけの空回りの感が強かった。

迎えた8月30日の開票日。ふたを開けてみれば、選挙区での当選者はゼロ、比例代表でも1議席も確保できなかった。比例代表で獲得したのは全国で45万9387票、得票率にして0.65%。大川総裁が比例搭載順位1位だった近畿ブロックでさえ、8万票余りしか獲得できなかった。

翌31日、「総選挙の結果を受けて」とするコメントを発表し、「立候補者名、党名の定着・浸透が不十分で、政権交代選挙の前では通用しなかった」と分析。選挙区によっては「幸福の科学」の信者数にはるかに届かない得票数だったことを明らかにした。「信者の信仰と政治選択に分離がある」ことも敗因の一つとした。

ただ、「次回参院選に挑戦する折には、適正ある候補者を選び、事前の政治活動を充実させていきたい」とし、国政への挑戦は、まだまだあきらめていない。もちろん、前回2007年の参院選で1議席を獲得した国民新党の得票数は127万票近く。参院選で議席獲得を狙っても、今回の実績では到底届く数字ではない。

とはいうものの、宗教政党の“先輩”である公明党の最初の国会議員は、1956年の参院選で創価学会系の候補が当選したことに始まる。その後、徐々に衆参で議席を伸ばしてきた歴史があり、国政への第一歩は参院での議席獲得のようだ。来夏の参院選で議席を獲得できるかどうか、これが幸福実現党の正念場となりそうだ。

幸福実現党・大川隆法総裁



【参議院選挙に向けて候補者擁立についての提言】

来年7月には参議院選挙がありますが、今回の衆議院選挙の結果を踏まえて、今から候補者を選出を検討していただきたいと思います。

良識の府である参議院には、各界で活躍されている方を送り込んでいただきたいと切に望むものです。

来年の参議院選には、リバティの論客で有名な三橋 貴明が出馬されると聞いています。


そこで、参議院選では、強力な候補を擁立し、選挙戦に望んでほしいと思います。

例えば、ワタミ代表取締役会長・渡辺美樹氏。

教育問題にかなり力を入れている方で、日本政府の教育再生会議委員にも就任もされていたと思います。

もう一人、教育関係では、安倍首相の諮問機関「教育再生会議」委員だった蔭山英男氏も。

衆院戦で落選した「日教組はガン」発言の中山成彬氏もいいですね。

それから、外交・防衛問題では、いまや第一人者といえる、政策シンクタンク、国家基本問題研究所の理事長、桜井よしこ氏。

日本国内はもとより海外での評価も高い経営コンサルタントとして活躍している大前研一氏。

それから、言論界で活躍中の渡辺昇一氏や日下公人氏、竹村健一氏。

財界であれば、キョーセラ名誉会長の稲盛和夫氏。(民主党を支持表明してたので難しいかもしれないが)

大川きょう子氏と産経記事で対談されていた田母神前空幕長。

それから、選挙前には、色々マスコミの話題を奪っていた橋下徹大阪知事や元横浜市長の中田宏氏。

あと、元ダイエー会長の林文子氏も候補だったんですけど、中田氏の後に、横浜市長になってしまったので、次回はちょっと無理かな。

挙げればきりがありませんが。

まだまだ、有力候補はまだたくさんいらっしゃると思いますので、数合わせでなく、各界の有識者など、人選を考慮していただき、選挙戦に望んでいただきたいと思います。

まだ、参院選まで、時間がありますので、幸福実現党の優れた政策を示せばきっと賛同してくれる方はいらっしゃるので、考慮していただければと思います。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
文字サイズ変更
 ☆天使にアイムファイン☆

3月19日公開
 ―☆2016年『正義の法』!☆―

「正義の法」大川隆法
憎しみを超えて、愛を取れ
カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。