「オーパの幸福実現党応援宣言!」:今のままでは、愛する人も守れない。ひとたび隣国からミサイルを放たれたら、誰を守ることもかないません。この国と国民を守るために、北朝鮮とどう向き合うか。200発以上のミサイルを日本に照準を合わせ、核の準備まで進めている。そんな国に、常識は通用しません。打ち込まれてからでは遅いのです。早急に防衛体制を築き、核・ミサイルを阻止しなければ。憲法9条を見直し、真の平和を手にしたい。幸福実現党は、国民の生命・安全・財産を守ります。

幸福実現党は「未来を創る」新しい政党です。幸福実現党は、「未来をつくる」という「力強い志」と「新しい発想」で「自由」「平和」「繁栄」という理想を実現する確かな「未来ビジョン」政策があります。皆様方からの幸福実現党への熱いご支援を心からお願い申し上げます。

【幸福実現党の目指すもの・幸福実現党の主要政策・幸福実現党の8つの提言】

 ~『オーパの幸福実現党応援宣言!』においでくださって、ありがとうございます。~

【幸福実現党の目指すもの】
                         幸福実現党創立者 大川隆法 2009年6月30日

幸福実現党創立者・大川隆法総裁HPへ この国の政治に一本、精神的主柱を立てたい。
これが私のかねてからの願いである。
精神的主柱がなければ、国家は漂流し、無告の民は、不幸のどん底へと突き落とされる。
この国の国民の未来を照らす光となりたい。
暗黒の夜に、不安におののいている世界の人々への、灯台の光となりたい。

国を豊かにし、邪悪なるものに負けない、不滅の正義をうち立てたい。
人々を真なる幸福の実現へと導いていきたい。
この国に生まれ、この時代に生まれてよかったと、人々が心の底から喜べるような世界を創りたい。
ユートピア創りの戦いは、まだ始まったばかりである。
しかし、この戦いに終わりはない。
果てしない未来へ、はるかなる無限遠点を目指して、私たち(幸福実現党)の戦いは続いていくだろう。

幸福実現党HPは⇒『幸福実現党 - The Happiness Realization Party』
幸福実現党主要政策はこちら⇒幸福実現党主要政策

幸福実現党応援ブログを立ち上げようという志ある方は、↓こちらのエントリも見てください。
【スタート!ジャパニーズ・ドリーム】 「幸福維新」の志士結集せよ!!!

 人気ブログランキングに参加中です。
 皆さまの応援が励みになります。
 ↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「いい人なら、入信できる」――“夫の宗教”に入信した私が思ったこと

「いい人なら、入信できる」――“夫の宗教”に入信した私が思ったこと

幸福の科学・Voicee
から転載


信仰を持って、自分が自由になった

結婚から10年、私は、夫が学生時代から信仰している宗教「幸福の科学」から距離を取り続けていました。主人が信仰するぶんにはよくても、自分が宗教に所属することは考えられなかったのです。しかし今では、私も幸福の科学の信仰を持っています。幸福の科学は、自由で、発展的で、正々堂々としていて、とても楽しい宗教です。我が家には5人の子どもがいますが、人生も生活も、この教えと出会ってから、どんどん豊かになっています。私自身は、この信仰を持ったことで、自分が自由になりました。この先、万が一主人と離婚するようなことになったとしても(主人が大好きなので絶対にありえませんが)、この信仰を持ち続けると思います。かつての私のように、パートナーとの宗教の不一致でお困りの方もいらっしゃるかと思いますので、参考の一つに、私の経験をお伝えさせていただきます。

幸福の科学の信者と結婚 

私と主人が初めて知り合ったのは、勤務先の大学病院でした。私は助産師として、主人は麻酔科の医師として働いていたのです。彼は真面目で、まわりの評判も「あの人は真面目な人だ」という声ばかり。大きな病院でたくさんの医師を見ましたが、「この人は何か他の先生たちとは違うな」という印象を受けました。半年ほど経って結婚が決まる頃には、主人が幸福の科学の信者であることはわかっていましたが、無理に信仰をすすめられることはありませんでした。

宗教は近寄りがたいイメージ 

主人の信仰を否定する気はありませんでしたが、私にとって宗教は「遠いもの」でした。友人との会話で「それって宗教みたい」と茶化すようなネガティブなイメージもあれば、一方で、信仰を持っている人は「神様に近づこうとしている人」で、難しい修行をしているというイメージもありました。一度、主人が仕事のストレスから体調を崩し仕事に行けなくなってしまったときは、「信仰を持つ人がこんな風になるなんて」と、なんともいえないショックを感じたものです。

信仰を持つ夫との家庭生活 

実際には、主人が信仰を持っていることによる表立った問題はありませんでした。ただ、夫婦喧嘩になると、ついつい「部屋にいっぱい本を置いて!」など、幸福の科学を持ち出して主人を責めてしまうことはありました(大川総裁がたくさん書籍を発刊されているので、自然と読書好きの人が多く、幸福の科学の人は本をたくさん持っていることが多いのです)。また、主人が長女を「サクセスNO.1」(幸福の科学の仏法真理塾。世間でいう学習塾のようなもの)に入れたいと言ったときも、「私は一切手伝いません」と、本当に送り迎えすらも手伝いませんでした。

初めて幸福の科学の支部に 

あるとき、自宅近くの幸福の科学の支部に、大川総裁が法話をしに来る、ということがありました。主人が「一緒に会場に行かないか」と誘ってくれたので、(夫が喜ぶなら行ってあげてもいいかな)と、参加することにしました。そのときは、自分がとても場違いな気がして、お話はちっとも頭に入ってきませんでしたが、支部の方が、当時妊娠中だった私をいろいろと気遣ってくれて、「いい人ばかりだな」と思いました。また、大川総裁が支部を出る際に、信者の皆さんが熱烈に手を振っていたのが印象的でした。老若男女、感動をこめてお見送りしている姿を見て、大川総裁はすごい人なんだなぁと感じました。

信者の人との他愛もない話 

その後、東京に引っ越すことになり、上の子が通うサクセスNO.1と同じビルで開催していた幸福の科学の幼児教育プログラム「エンゼルプランV」(母子同伴の幼児教室)に、幼い下の子を連れて参加するようになりました。信者でない私は、しばらくは他の保護者と話すことなく、部屋のすみっこでみんなの様子を横目でうかがいながら過ごしていましたが、そのうちに、同じようにすみっこで「あの遊園地だったら小さい子も連れて行けるよ」などと、他愛もない話をしている人がいるのを見つけて、言葉を交わすようになりました。私にとっては、「信者の人と他愛もない話ができた」ということが新鮮で、少しずつ心を開いて話ができるようになったのです。

信者と信者でない人の違い 

エンゼルプランVに通い始めて数ヶ月、そこがぬくもりのある場所だと感じるようになっていました。子どもたちが神様に手を合わせて感謝をしている姿に心洗われるし、エンゼルプランVの先生のお話を「そんなこと当り前じゃないの」などと素直に聞けない自分に気づいては、心がすれているんじゃないかと葛藤を感じます。そんな頃、仲良くなったふたりの方に自分が信者ではないことを伝えると、「長年の信者さんかと思った」と、とても驚かれました。その様子を見て、ふと、「信者と信者でない人の違いってなんだろう」という疑問が湧きました。そこで「なぜ信者になったのですか?」と聞いてみると、ふたりとも口を揃えて「誘ってくれた信者さんがいい人だったから」だと教えてくれました。

「いい人」なら入信できる 

私は、「誘ってくれた人がいい人だったから」という理由に、とても驚きました。そんな簡単な理由で入ってもいいんだとびっくりしたし、「いい人であれば幸福の科学に入れるのか」とも思いました。とっさに主人のことを思い返してみると、やはり彼も「いい人」です。私がどんなにひどいことを言っても、私のことを支えてくれたし、ここまで夫婦としてやってこれたのは彼のおかげでした。
それまで、漠然と、キリスト教や仏教などの教えに従って「神に忠実な善き人」でないと信者になるのは難しいと思っていましたが、「“いい人”という条件で入れる」と思ったら、入信のハードルが一気に下がりました。
「それなら私も入れますね」
思わずそうつぶやくと、その場にいた方に拍手されました。入会か三帰誓願(さんきせいがん)をすすめられ、違いもわからないのに、直感的に「三帰のほうが格が上そうだ」と思い、「三帰誓願を」と答えました。私の入信を知り、主人は目が点になっていました(笑)。
三帰誓願式で信者になることを誓ったとき、不思議と、身体が熱くなって涙があふれました。長女も「ママ、本当なの? 嬉しい! ありがとう」と、涙を流して喜んでくれました。

※三帰誓願:仏・法・僧の三宝に帰依し、仏弟子として信仰を深めることを誓う入信方法。

夫の涙 

「何も勉強していない自分が入信してしまって、本当によかったのかな」という気持ちもありつつ、半年ほど経った頃。大川総裁の御生誕祭大講演会という、大きなイベントに誘われました。平日の夜で、子どももいたし妊娠もしていたので参加を迷っていましたが、「迷ったときは神さまのほうを選んだらいいんだよ」と言ってくれた方がいました。この世の事情よりも信仰を優先する、という潔さにピンとくるものがあったので、素直に従ってみることにしました。初めての御生誕祭では、隣に座っている主人が「こういう日が来るとは思わなかった」といって泣いていました。

大事なことに向き合う日々 

それからは、仲良くなった先輩信者の方と一緒に法話DVDを観たり、祈願の受け方を教えてもらったり、研修に参加してみたりと、活字は苦手なので、人から教えてもらいながら、少しずつ幸福の科学を知っていきました。信仰を持っていなかったときも、自分なりに幸福だと思っていましたが、それは、大事なことに向き合っていなかったからだったと、今ならわかります。「なぜ自分が生まれてきたのか」ということを知らないまま、浅いままの人生を生きていたと思います。信仰を持つと、一つひとつのことに向き合わなければいけなくなって、しんどいなと思うこともありました。でも、迷ったときに頼りになるのはやっぱりこの教えです。「この教えは間違いない。本当に正しい教えなんだ」という確信が込み上げ、思わず涙が出ることもあります。信者になる前と比べて、幸福のレベルが格段に上がりました。主人からは「本当に変わったね」といわれますし、自分でも、おだやかになったという実感があります。

神さまは人生を照らしてくれる 

人は誰しも、神さまとの約束を持って生まれてきます。私も、大きな祈願を受けたときに、「自分には神さまとの約束がある、使命がある」ということが、とても鮮明に浮かんできたことがあります。心の奥底からの願いがはっきりして、自分がとても自由になりました。信仰を持つとはこういうことだったのかと、本当に生まれ変わったような思いです。今は、チャンスに対して、素直に従うことができるようになったし、迷ったときには、神さまのほうを選んで、心素直に信じていれば、導きをいただけるんだという安心感があります。
「宗教に入る」というと、反対されることもあるかもしれません。でも、自分を信じて結婚してくれた人が勉強していることを、一緒に勉強することはすばらしいし、一緒に信仰していくことは、かけがえのないことです。幸福の科学に入って、「いいことも悪いことも神さまが見ている」というような、なんとなく感じていた「神さま」が、もっと偉大な存在となって、私の人生を強く照らしてくれるようになりました。その神さまは、エル・カンターレという名前です。宗教は人を本当に幸福にするものだということを、少しでもお伝えできたら幸いです。

2016年エル・カンターレ祭大講演会「真理への道」(12/7幕張)のご案内〈ウェブ予約受付中〉

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

大川隆法総裁 大講演会「信仰と繁栄」(5/11大阪) のご案内

大川隆法総裁 大講演会「信仰と繁栄」(5/11大阪) のご案内

来たる5月11日(水)、大川隆法総裁による大講演会を大阪城ホールにて開催いたします。

大川隆法総裁 大講演会「信仰と繁栄」(5/11大阪)

大川隆法総裁 大講演会「信仰と繁栄」
日時:5月11日(水)18:50開演/20:20終演(予定)
会場:大阪城ホール(大阪市中央区)

▼大阪大講演会のウェブ予約は 5月9日(月) 18:00 まで受け付けております。

※詳細およびウェブ予約の受付けは、
⇒「大川隆法 公式サイト(https://ryuho-okawa.org)」をご覧ください。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「日本の経済停滞を天上界は良しとしていない」 大川総裁が故郷・徳島で講演会

「日本の経済停滞を天上界は良しとしていない」 大川総裁が故郷・徳島で講演会
ザ・リバティweb

「日本の経済停滞を天上界は良しとしていない」 大川総裁が故郷・徳島で講演会


「日本の経済停滞を天上界は良しとしていない」 大川総裁が故郷・徳島で講演会



日本全国で数千人規模の講演会を行い続けている大川隆法・幸福の科学総裁は23日、徳島市のアスティとくしまで、「人類幸福化の原点」と題して、講演を行った。



徳島は大川総裁の故郷。会場には、地元徳島を中心に、香川、愛媛、高知などから約4,700人が詰め掛けた。講演の様子は、同グループの中継網を通じて、四国や中国、関西地方の各会場に同時中継された。




「ここまで自虐的になってはいけない」

大川総裁は冒頭で、現代の日本では、日常生活の中でも、学問の世界でも、表立って「信仰心」という言葉が語られなくなっている現状を指摘。だが、昔の日本では、多くの人々が信仰心を持っていたとして、こう語った。



「戦後、新しい憲法ができ、政治と宗教の分離を決められ、学校教育から宗教を追放されてから、宗教が一種の迷信扱いされてきた。(中略)しかし、その国が戦争に敗れたから、その価値観が全部間違っていたかというと、そんなことはない。ここまで自虐的になってはいけない」



今年で立宗30周年を迎えた幸福の科学。当初より、人間の本質は魂であり、天上界、地獄界が存在し、死んだ後も個性を持ったまま魂は生き続け、何度も地上に生まれ変わりながら、魂修行を行うという「霊的人生観」を説き続けている。



「あの世の証明」の最たるものが、三百数十冊もの数に及ぶ「霊言集」だ。




悪霊や悪魔に通じる考え方とは

また、大川総裁は、悪霊や悪魔という存在が実在しており、死んだ後に浮かばれない霊が、地上で生きる人を地獄に引き込もうとしたり、家庭をメチャクチャにしようとすることがあると指摘。



「他人の不幸を見て胸がスッとするというのは、人間として最低の心。(中略)これがいわゆる、悪霊(あくりょう)や悪魔に通じていく。原理は簡単なんです。他人様の幸福を願う方向で考えているか、不幸を願う方向で考えているか、これが人間の方向を決める」



この論点が、今回の講演の演台「人類幸福化の原点」の答えへとつながっていく。




「世界のリーダーになることを放棄しているのではないか」

また、近年、頻発する地震や津波などの天変地異についても言及。こうしたものが起きる時は、国が乱れている時であるとして、こう語った。



「阪神・淡路大震災辺りから始まって、東日本大震災、熊本と来ていますが、どうやら日本の20年から25年の経済停滞は、天上界から見て、良しとされていない。この国はもう一段、力強く発展して、世界のリーダーになるべき立場にあるのに、それを放棄しているのではないかということに対して、不満がおありになるんじゃないかなと、私は思います」



幸福の科学では、正しき心の探究や霊的人生観の教えを中心にしながら、日本のみならず、世界の国々が進むべき政治や経済、外交やの道筋を示すなど、既存の宗教の枠を超えた活動を行っている。



今回のご講演でも分かるように、そうした幅広い活動の根底にあるのは、「人の幸福を願う人を増やしたい」という思いがある。




幸福実現党・福山氏「リニア新幹線で、四国経済を発展させる」

講演後、「四国から新しい日本の未来を」と題して、幸福実現党の釈量子党首と、夏の参院選の徳島選挙区からの出馬を決めている福山正敏氏が対談した。



冒頭で、釈党首は、幸福実現党として、被災した熊本への支援の募金活動を進めていることや、救援物資を届けている活動を報告した。



福山氏は、働く場所が減り、人口が減って、野菜や魚など、さまざまなモノが売れなくなっている徳島の現状を語り、こう話した。「50年前に走った新幹線が、徳島にはいまだにない。いっそのこと、リニア新幹線を通して、観光などで外国人にもたくさん来てもらい、四国の経済発展を実現したい」



これを受けた釈党首が、「四国以外にも、鳥取や島根に新幹線がないが、そうした地域は、年金の依存度が高い。ぜひとも、四国に新幹線を通したい」と述べると、会場からは大きな拍手が起こった。



その後、駆けつけた、香川選挙区から出馬する中西梨絵氏と、愛媛選挙区から出馬する同党の森田浩二氏が登壇。力強く、こう語った。



「20年、25年給料が上がらない、GDP横ばい。こんな経済はおかしい。仕事しながら、子育てをしてきたが、これ以上、多くの方々が苦しむ姿を黙って見ていられない。リニアを香川まで引っ張って、四国4県、交通革命で、わくわくする地方都市、高度成長を目指したい」(中西氏)



「一貫して、自分の国は自分で守る、という国防の大切さを訴えてきた。北朝鮮、中国の軍事的な脅威が迫る中、国防産業を成長させていく。四国の沿岸には、優秀な造船会社がある。原子力潜水艦や空母をつくり、強い国日本、繁栄する日本を発信していきたい」(森田氏)



なお、講演で、大川総裁は、以下のような論点にも言及した。

・ 自身が徳島に生まれた理由について
・ 信仰心と道徳心の関係について
・ 「人類幸福化の原点」とは何か
・ 「反戦平和」などを唱える勢力の間違いとは
・ 「徳島阿波踊り空港」の改名のススメ?
・ 既存仏教や座禅、念仏の問題点とは
・ 老人ホームなどの補助金行政の問題点について



この法話は、幸福の科学の全国の支部、精舎、拠点において、拝聴できる。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター

 Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。



【関連書籍】

幸福の科学出版 『熊本震度7の神意と警告 天変地異リーディング』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1664

熊本震度7の神意と警告 天変地異リーディング




【関連記事】

2016年4月17日付本欄 「宗教を信じる人たちが正しい道を示す努力を」大川隆法総裁が京都で講演
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11200


Web限定記事 熊本地震は 「日本の神々」からの警告
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11193


2016年3月27日付本欄 「誤った経済政策の責任回避のために衆院解散するのはおかしい」大川隆法総裁が富山で講演
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11130
【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

講演会「歴史の先駆者となるために」(4/17京都・宇治)|ウェブ予約を受付中

講演会「歴史の先駆者となるために」(4/17京都・宇治)|ウェブ予約を受付中

201604_kyoto_banner.jpg

ウェブ予約を受付中|詳細をお送り致します(自動返信)

201604_kyoto_qr.gif

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。
京都大講演会のウェブ予約は 4月15日(金) 18:00 まで受け付けております。
メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。
受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

本会場(宇治市文化センター大ホール)へのご参加は完全予約制です。
「チケット」またはウェブ予約時にメール送信される「確認番号」をお持ちでない方はご入場いただけませんのでご注意ください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

■ウェブ予約の手順
ウェブ予約を受付中|詳細をお送り致します(自動返信)
●上記の入力欄に、メールアドレスを入力してください。
●届いたメールのURLをクリックし、必要事項を記入してください。
●「確認番号」が記載されたメールが届きます。
●当日、本会場の専用受付で「座席券」をお渡しします。

■ご予約について

●ウェブ予約は幸福の科学・未会員の方限定です。
●すでに「チケット」をお持ちの方はウェブ予約の必要はありません。
●「チケット」入手方法については、幸福の科学サービスセンター(下記)にお問い合わせください。
●衛星中継会場でご参加の場合は、ウェブ予約・チケット入手の必要はございません。

■概 要

●演 題

 「歴史の先駆者となるために」(予定)

●本会場:宇治市文化センター大ホール
 ※本会場は完全予約制で、入場にはチケットが必要となります。
●日 時:2016年4月17日(日) 14:00開演~15:40終演(予定)
●中継会場:京都・滋賀の幸福の科学の精舎・支部・拠点・衛星布教所 等

■大川隆法 講演会の魅力

zupcx6z8.jpg

大川隆法総裁は、1986年に行った最初の説法以来、情熱的に教えを説き続けており、数多くの英語説法を含め、その数はすでに2400回を超えています。 日本はもとより、北米、南米、ユーラシア、オーストラリア、アフリカと、世界五大陸すべてで講演を行い、民族や宗教の違いを超えた普遍的な価値を説くワールド・ティーチャーとして世界中の人々にメッセージを発信し続けています。 その教えは、宗教の枠を超え、政治、経済、国際問題等にも及び、日本国内のみならず、諸外国にも大きな影響を与えています。

■2016年の大講演会の様子





■お問い合わせ

幸福の科学サービスセンター 03-5793-1727
受付時間【火~金】10時~20時【土日祝】10時~18時
お問い合わせフォーム
関連リンク

お近くの支部・精舎を調べる


現代の正義論 [ 大川隆法 ]

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【Web予約受付中!】大川隆法総裁 大講演会(4/23徳島) のご案内

【Web予約受付中!】大川隆法総裁 大講演会(4/23徳島) のご案内


来たる4月23日(土)、大川隆法総裁による大講演会をアスティとくしまにて開催いたします。


大川隆法総裁 大講演会(4/23徳島) のご案内


■■ 講演会の参加申込みはこちらから ■■
大川隆法総裁 大講演会 ※演題は、後日告知となります。
日時:4月23日(土)13:00開演/14:30終演(予定)
会場:アスティとくしま(徳島県)
※ウェブからのお申込みは、幸福の科学「未会員」の方限定となっております。
 ウェブ申し込み締め切り:4月21日(木)18時まで

【Web予約受付中!】
詳細をお送り致します(自動返信)

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。
ウェブ申し込みは 4/21(木)18時 まで受け付けております。
メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。
受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

201603_fukuoka_qr.gif


■■ 関連リンク ■■
・大川隆法 公式サイト >>


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

ご近所づきあいに負けず、娘のいじめを円満解決

ご近所づきあいに負けず、娘のいじめを円満解決

幸福の科学・Voiceeから転載

この記事は毎月発刊の機関誌「ヘルメス・エンゼルズ」第144号より転載し、編集を加えたものです。

1NmFfpPM-475x267.jpg



娘(F)からの告白


長女のFが2年生になってしばらく経った頃、毎日一緒に学校に通っているお隣のA子ちゃんとの関係がうまくいっていないと聞きました。
無視されたり、仲間はずれにされたり、「あっち行け!」と怒鳴られることもあると言うのです。
私は、それを「いじめ」とは思いたくなかったし、ご近所づきあいのことも気になり、しばらく様子を見ることにしました。

担任の対応に期待したけれど…

ところが、次第にFの様子がおかしくなってきたのです。元気がなくなり、口数も減り、夜中に泣きながらうなされて寝言を言うように――。
私は、主人と相談して担任の先生にいじめの現状を訴えることにしました。私達は幸福の科学で、いじめから子どもを守るためには、「いじめに関する詳細な記録をとっておく必要がある」と教えてもらっています。
今までFがされてきたことを細かく書き出し、2学期の終わり頃、担任の先生にそれを渡したのです。
結果は、子ども同士の話し合いの場を設けただけでした。
幸福の科学では、問題が起きたとしても、そこから何を学ぶかが大事であると教えられています。
(いじめる側がもちろん悪いけど、私やFに何か学ぶべきことがあるのかもしれない)。
私はこの頃はまだ、それを見つけることで解決できるのではないかと思っていました。

勇気をふりしぼって

ところが、状況はそんなに甘くはありませんでした。
なんと親友のB子ちゃんまでもが、「Fちゃんとは遊べない」とA子ちゃんに荷担するようになってしまったのです。
Fはご飯が食べられなくなって、学習意欲も低下し、たまにお漏らしをするようになりました。
近所づきあいなど世間体を気にして、相手の子に注意もせず、娘に辛い思いをさせていた自分自身に腹が立ってきました。
(娘のために勇気を出さなければ――)。
私は娘を連れて、まずB子ちゃんの家に行きました。
これまでのことをありのままに話すと、B子ちゃんは、その日のうちに手紙を持って謝りに来てくれました。

「私達は天使を育てているんです!」

そして次に、意を決して、お隣に行きました。
娘が辛い目にあっているので、こうしたことが二度と起きないよう注意していただきたいとお願いしました。
ところが――。
「うちの子が、そんなことするはずありません。」
A子ちゃんのお母さんは、まったく聞いてくれません。
「今のままのA子ちゃんでは、いつか逆にいじめられる子になってしまうかもしれません。子どもはみんな天使なんですよ」
私は、子どもの魂の大切さを真剣に何度も何度も伝えました。
すると、A子ちゃんのお母さんの張り詰めていた様子が変わっていくのを感じました。
「…うちの子がいじめをしているなんて知りませんでした。誰も教えてくれなくて…」。
そして「このままワガママに育っていたら、大変でした。教えてくれてありがとう。そしてごめんなさい」と言ってくれたのです。

いじめを通して一回り成長

その後、FとA子ちゃんは仲良く学校に通い、一緒に遊んだり、いい関係が続いています。お隣とも良好です。
いじめはとても辛い経験でしたが、私達家族は信仰という強い絆のもとに、いじめに立ち向かうことができました。
そして、私達夫婦もFも一回り成長できたのだと思います。
これから先も、天使を育てる母として頑張っていきたいと思います。

この記事は毎月発刊の機関誌「ヘルメス・エンゼルズ」第144号より転載し、編集を加えたものです。


「アイム・ファイン!」になるための7つのヒント[ 大川隆法 ]

【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【速報】幸福の科学学園の東大合格 那須校5人 関西校1人

【速報】幸福の科学学園の東大合格 那須校5人 関西校1人
ザ・リバティweb



幸福の科学学園高等学校(那須校、関西校)は今春、東大や京大をはじめとする難関大学に多くの合格者を輩出した。




那須校は東大5人、京大1人、早稲田39人

同学園の那須校によると、11日までに以下の難関国公立大学へ合格者が出ている。



東京大学5人、京都大学1人、筑波大学2人、新潟大学1人、埼玉大学1人、徳島大学医学部1(1)人(カッコ内の数字は浪人生、総数に含まれる)。



2010年の設立以来、東大へは毎年2人の合格者を輩出していたが、今年は5人に増えた。



このほか、私立大学の合格者も多数輩出しており、早稲田大学の合格者数はのべ39人にも上っている。主な私立大学の合格者は、以下の通り。



早稲田大学39人、慶應大学4人、上智大学1人、東京医科大学1人、東京理科大学1人、明治大学5人、青山学院大学4人、中央大学4人、立教大学3人、法政大学2人、学習院大学1人、関西大学1人、立命館大学3人、日本大学1人、駒沢大学2人。




関西校は東大1人、京大1人、早稲田12人

滋賀県にある同学園の関西校は、開学後初の大学受験を迎えたが、以下の国立大学に合格者を出している。



東京大学1人、京都大学1人、名古屋大学1人、茨城大学1人。



関西校の主な私立大学の合格者は、以下の通りだ。



早稲田大学12人、東京理科大学1人、明治大学1人、青山学院大学1人、立教大学1人、法政大学1人、関西大学6人、関西学院大学5人、 同志社大学21人、立命館大学3人、日本大学4人、東洋大学4人、駒沢大学3人、國學院大学2人、京都産業大学1人、近畿大学8人、南山大学2人。



同学園は、幸福の科学の教育理念に基づき、宗教教育をもとに人格の向上を求めながら実学も重視する「徳ある英才」の育成をめざし、2010年に栃木県に那須本校を、2013年に滋賀県に関西校を開校した。



同学園の広報担当者は、開学まもなく難関校の合格者を数多く輩出した理由について、こう話す。



「宗教教育を通して身につけた使命感や不動心が、幸福の科学学園の生徒ならではの強みです。自分のためだけでなく、将来、多くの人のお役に立ちたいという志が、勉強するモチベーションの源泉であるからこそ、自分の力を限定せずに努力し続けられたのだと思います」



今後も、3月末にかけて入試結果が続々と明らかになる。



【関連記事】

2015年3月25日付本欄 幸福の科学学園高校 難関大学に相次いで合格者
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9405


2015年3月11日付本欄 幸福の科学学園 3年連続で東大合格者2人 京大も2人
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9316


2015年3月3日付本欄 速報:幸福の科学学園 3期卒業生が早稲田・慶應など難関校に合格
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9291


吉田松陰「現代の教育論・人材論」を語る [ 大川隆法 ]


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

大川隆法総裁 大講演会「時代を変える奇跡の力」(3/13福岡)のご案内

大川隆法総裁 大講演会「時代を変える奇跡の力」(3/13福岡)のご案内

大川隆法総裁 大講演会「時代を変える奇跡の力」(3/13福岡)のご案内g

来たる3月13日(日)、大川隆法総裁による大講演会をマリンメッセ福岡にて開催いたします。

■■ 講演会の参加申込みはこちらから ■■
大川隆法総裁 大講演会「時代を変える奇跡の力」
日時:3/13(日)13:30開演/15:10終演(予定)
場所:マリンメッセ福岡
※ウェブからのお申込みは、幸福の科学「未会員」の方限定となっております。
 ウェブ申し込み締め切り:3/11(金)18時まで
メールにて詳細をお送りします(自動送信)

受信制限をされている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定の変更をお願いいたします。
QRコードからもお申し込みいただけます。 読み取り後にそのまま空メールを送信してください。

201603_fukuoka_qr.gif


■■ 関連リンク ■■
大川隆法 公式サイト >>


奇跡の法



超・絶対健康法 [ 大川隆法 ]
【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

私に気付きを与えてくれた真理の言葉 元記事 | 1日前 by Happy Science どうして信じているの? どこで何をしているの? 人間関係 信仰との出会い 本記事は「2015 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」より、Geoffrey Faun Weng Foong (ジェフリー)さんのスピーチです。スピーチタイトルは、「私に気付きを与えてくれた真理の言葉」。 みなさま、こんにちは。マレーシアから来ましたジェフリーです。ホテルマネージメントの勉強をしています。本日は、私の人生が幸福の科学に出会ってどのように変わったかをお話をします。 私は、総裁がマレーシアにご巡錫された年の2011年に幸福の科学の会員になりました。そして、数ヶ月前ですが、三帰誓願者ともなりました。 ※三帰誓願 仏(仏陀=大川隆法総裁)・法(仏の説く教え)・僧(仏弟子の集う集団とそのルール)の三宝に帰依することを誓うこと。 子供のころから、マンガ・アニメ・ダンスに興味があり、時間を見つけては、本屋でマンガを立ち読みをしたり、朝早く起きて、テレビのアニメ番組を見ていました。また、歌が聞こえてくると、自然に体が動き出してダンスをしている少年でした。 ところが、そのマンガ・アニメの世界にはまってしまい、友人や周りの人々の心が分からなくなっていきました。特に、2010年から2011年の一年間は、ダンスコンテストに一緒に参加したダンス仲間にさえ、無視されるように感じました。その時は、周りにいる全ての人が嫌いになり、みんなの悪い面しか見えなくなっていきました。 そうしている内に2011年9月に総裁先生がマレーシアにご巡錫され、そのご説法を聴くことになったのです。その後、「勇気の法」も読み、段々と、今まで離れていた友人も、友人として受け入れていこうと思えるようになりました。 その時に、ダンス仲間が「我々もどのようにして、君に話をすれば、いいか分からない。」と正直に話してくれました。私はハッとしました。思っているほど、友人は悪い人たちではないと気づいたのです。一年はかかりましたが、周りの人たちの心が少しずつ分かりはじめました。 しかし、また次の問題があらわれてきました。ダンス仲間が外国留学して、一人二人と離れていき、最後には、私と後二人がダンス仲間として残ったのです。その残った二人もダンスコンテストを受け、優勝をし、プロのダンサーとして活躍することになりました。私は彼らの名声や、ダンスの上手さや、プロとしての経験に嫉妬しました。彼らのようになりたいと自分に失望しました。その後はダンスコンテストにも参加したくなくなり、勉強に逃げていきました。 その時です。幸福の科学の日本語教室の先生が、「人それぞれに自分の道があり、君にも自分の決めた道がある。早く成功を手に入れる人もいれば、後から成功する人もいる。」と主の教えを伝えて下さりました。そのアドバイスで、彼らは彼ら、自分は自分と思えるようになり、彼らは努力をして今の成功をしたのだと受け入れることができました。そうすることで、彼らを友人として受け入れ、どんな結果も理由があるんだと理解し始めました。今は、心より彼らを尊敬し、彼らから学んでいきたく思っています。 また、幸福の科学の教えを経験することで、友人の悩みの原因が見えてきました。友人の一人が家族のことで悩んでおり、自殺をしたいと思っています。その彼は、学校もさぼり、他の友人とも交わることが出来ません。その時、「自分の問題を受け止め、その問題から逃げてはいけない。」とアドバイスをしました。現在彼は、家族の問題が解決できていませんが、徐々に、自分の問題に立ち向かおうとしています。 最後に、幸福の科学の教えに出会い、経験した事を主に感謝しています。この幸せを自分のものだけにするのではなく、友人や他の人々にも幸せになってもらえるようにこの教えを伝えていきたく思っております。 ご清聴ありがとうございました。 本記事は、2015年12月12日に横浜正心館で開催された「2015 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」の、スピーチ内容です。第6回目の開催となる今回は、3カ国3名の外国人信者が、日本語で「エル・カンターレ信仰」を語りました。 ※幸福の科学では、主エル・カンターレ 大川隆法総裁の母国語である日本語で教えを学べる方を増やすため、日本語教室を全世界で展開しています。

私に気付きを与えてくれた真理の言葉

幸福の科学・Voiceeから転載

本記事は「2015 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」より、Geoffrey Faun Weng Foong (ジェフリー)さんのスピーチです。スピーチタイトルは、「私に気付きを与えてくれた真理の言葉」。

みなさま、こんにちは。マレーシアから来ましたジェフリーです。ホテルマネージメントの勉強をしています。本日は、私の人生が幸福の科学に出会ってどのように変わったかをお話をします。

私は、総裁がマレーシアにご巡錫された年の2011年に幸福の科学の会員になりました。そして、数ヶ月前ですが、三帰誓願者ともなりました。
※三帰誓願 仏(仏陀=大川隆法総裁)・法(仏の説く教え)・僧(仏弟子の集う集団とそのルール)の三宝に帰依することを誓うこと。

子供のころから、マンガ・アニメ・ダンスに興味があり、時間を見つけては、本屋でマンガを立ち読みをしたり、朝早く起きて、テレビのアニメ番組を見ていました。また、歌が聞こえてくると、自然に体が動き出してダンスをしている少年でした。

ところが、そのマンガ・アニメの世界にはまってしまい、友人や周りの人々の心が分からなくなっていきました。特に、2010年から2011年の一年間は、ダンスコンテストに一緒に参加したダンス仲間にさえ、無視されるように感じました。その時は、周りにいる全ての人が嫌いになり、みんなの悪い面しか見えなくなっていきました。

そうしている内に2011年9月に総裁先生がマレーシアにご巡錫され、そのご説法を聴くことになったのです。その後、「勇気の法」も読み、段々と、今まで離れていた友人も、友人として受け入れていこうと思えるようになりました。

その時に、ダンス仲間が「我々もどのようにして、君に話をすれば、いいか分からない。」と正直に話してくれました。私はハッとしました。思っているほど、友人は悪い人たちではないと気づいたのです。一年はかかりましたが、周りの人たちの心が少しずつ分かりはじめました。

しかし、また次の問題があらわれてきました。ダンス仲間が外国留学して、一人二人と離れていき、最後には、私と後二人がダンス仲間として残ったのです。その残った二人もダンスコンテストを受け、優勝をし、プロのダンサーとして活躍することになりました。私は彼らの名声や、ダンスの上手さや、プロとしての経験に嫉妬しました。彼らのようになりたいと自分に失望しました。その後はダンスコンテストにも参加したくなくなり、勉強に逃げていきました。

その時です。幸福の科学の日本語教室の先生が、「人それぞれに自分の道があり、君にも自分の決めた道がある。早く成功を手に入れる人もいれば、後から成功する人もいる。」と主の教えを伝えて下さりました。そのアドバイスで、彼らは彼ら、自分は自分と思えるようになり、彼らは努力をして今の成功をしたのだと受け入れることができました。そうすることで、彼らを友人として受け入れ、どんな結果も理由があるんだと理解し始めました。今は、心より彼らを尊敬し、彼らから学んでいきたく思っています。

また、幸福の科学の教えを経験することで、友人の悩みの原因が見えてきました。友人の一人が家族のことで悩んでおり、自殺をしたいと思っています。その彼は、学校もさぼり、他の友人とも交わることが出来ません。その時、「自分の問題を受け止め、その問題から逃げてはいけない。」とアドバイスをしました。現在彼は、家族の問題が解決できていませんが、徐々に、自分の問題に立ち向かおうとしています。

最後に、幸福の科学の教えに出会い、経験した事を主に感謝しています。この幸せを自分のものだけにするのではなく、友人や他の人々にも幸せになってもらえるようにこの教えを伝えていきたく思っております。

ご清聴ありがとうございました。

本記事は、2015年12月12日に横浜正心館で開催された「2015 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」の、スピーチ内容です。第6回目の開催となる今回は、3カ国3名の外国人信者が、日本語で「エル・カンターレ信仰」を語りました。
※幸福の科学では、主エル・カンターレ 大川隆法総裁の母国語である日本語で教えを学べる方を増やすため、日本語教室を全世界で展開しています。


勇気の法「大川隆法」


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

リクルート創業者が、「あの事件」の真相を語る

リクルート創業者が、「あの事件」の真相を語る
ザ・リバティweb


リクルート事件と失われた日本経済20年の謎 [ 大川隆法 ]



有線ラジオ放送最大手であるUSENの宇野康秀・代表取締役会長、都内初の民間人校長として大胆な学校改革を行った、和田中学校・元校長の藤原和博氏、そして、Jリーグの村井満チェアマン――。



いずれも各業界のけん引役として活躍中の人たち。



放送業界、教育界、スポーツ界と、皆業界はバラバラで、一見何も関連性がないようだが、一つ共通点がある。情報サービス業大手・リクルート出身である点だ。



同社の社是は「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」。

起業家精神あふれる社員が集まり、独立し自ら新規事業を立ち上げる例も珍しくない。



そうした「人材輩出企業」の創業者が、2013年2月に亡くなった、江副浩正元会長だ。

江副氏は東京大学在学時に、リクルートの前身となる大学新聞広告社を立ち上げ、就職や進学、不動産などの情報誌を刊行した。一代で同社を急成長させたことで、「ベンチャー企業の草分け」とも呼ばれる。




リクルート事件でマスコミの批判にさらされる

ところが、バブル成長期の波に乗り、順風満帆の経営を続けていた矢先の1988年、ある事件が起こる。



江副氏は、関連会社であるリクルートコスモスの未公開株を政治家などに譲渡した。それが賄賂罪に当たるとして、同氏は翌年逮捕され、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡された。戦後最大の企業犯罪と言われる、リクルート事件だ。

ただ、これは当時の法律では問題がないことだった。



江副氏の企業家としてのたぐいまれなる手腕が、嫉妬の対象となり、マスコミに叩かれる原因になった形だ。奇しくも90年代に入ると、バブルがはじけ、日本経済の「失われた20年」が始まった。




「みんなに福を分けてあげようとした」

リクルート事件や日本経済について江副氏は何を思うか。



大川隆法・幸福の科学総裁は、2014年5月、江副氏の霊を招霊し、霊言を行った。その内容を収めた『リクルート事件と失われた日本経済20年の謎 江副浩正元会長の霊言』(幸福の科学出版刊)が、16日より全国で順次発売されている。



霊言の中で、江副氏は、未公開株の譲渡について、「取引先のみんなにも、福を分けてあげようとした」と、未公開株の譲渡は純粋な気持ちからのことだったと語っている。



しかしながら、リクルートの株が値上がり確実だったことが有罪につながったとして、「『経営状態がいいことが罪に当たる』っていうことだから、これはマルクス主義だよなあ」と嘆いた。



また、マスコミからの嫉妬について、「『放っておけば、リクルート社に、新聞社やテレビ局まで呑み込まれていくんじゃないか』っていう恐れは、あったんじゃないかなあ」と分析した。



本霊言は、マスコミ研究の必携の実用書となっている。リクルート事件が日本経済に残した傷跡や小保方事件との共通点、情報産業の未来など、政治経済を学ぶテキストとしても重要な論点がちりばめられている。

(冨野勝寛)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『リクルート事件と失われた日本経済20年の謎 江副浩正元会長の霊言』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1629



【関連記事】

2013年2月9日付本欄 【そもそも解説】リクルート事件とは何だったのか? 江副浩正氏死去
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5586


2013年2月18日付本欄 リクルート事件が「失われた20年」の発端だった
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5626


2013年12月31日付本欄 「黒子のバスケ」脅迫事件の真相 嫉妬を抱く対象は自分の"理想の姿"
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7168
【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「世界に争いの種を増やしたくない」 大川隆法総裁 講演会

「世界に争いの種を増やしたくない」 大川隆法総裁 講演会



大川隆法・幸福の科学総裁が15日夜、東京都内の「TKPガーデンシティ品川」で、講演会「世界を導く力」を行った。



会場には、約2,000人が詰めかけ、約50分間の講演に聞き入った。講演の様子は、幸福の科学グループの中継網を通じて、日本全国に同時中継された。



この会場は、7年前の2009年5月に、幸福実現党の立党大会が行われた場所。同党は、北朝鮮が同年4月に長距離弾道ミサイルを撃つなど、日本に「国難」が迫っていることを訴え、警鐘を鳴らした。



その後も暴走を続けてきた北朝鮮は、今年1月初めに「水爆」実験を強行。2月にも長距離弾道ミサイルを発射して沖縄上空を通過させるなど、国際社会をあざ笑うかのように、軍事的な技術力を誇示している。



しかし他方で、日本には、ミサイルを発射し続ける北朝鮮の脅威を過小評価する向きもある。




「宗教家としては、できれば戦争がない方向に持っていきたい」

東アジア情勢が緊迫する中で、大川総裁は講演で、大統領選の行方によってはアメリカが「世界の警察官」の役割からさらに後退する危険性、米中同盟の可能性について言及。



また、中国が北朝鮮を水面下で支援する中で、仮に、北朝鮮の水爆が東京に落とされた場合、日本人が数千万人の単位で命を落とす可能性について触れた。



そして、「宗教家としては、世界に争いの種を増やしたくない。できれば、戦争がない方向に持っていきたい」と、あくまでも平和な世界をつくるべきだと強調した。



その一方で、大川総裁は、リアリズムの視点で国を守ることも重要という立場から、侵略国家の核兵器に対する抑止の方法として、こう述べた。



「正当防衛の範囲内で、もう(核装備による抑止力を)準備しないと間に合わないところに来ていると考えています」



「核兵器というのは、他国を侵略したり、殺すためだけにあるのではありません。核兵器の最大の効能は、(中略)他の核兵器装備国に核兵器を使わせないということです」



「日本人が一方的に攻撃を受けて死ぬような事態は避けたい。韓国や台湾、フィリピンやベトナムなどが、一方的に侵略されるような事態も抑止するためには、やはり、日米共同の抑止力があったほうがいいと考えます。その意味において、もう十分に研究しておくべき時が来たのではないかと思います」



国が滅ぼされる危険性が迫っているにもかかわらず、何もしないことが果たして正しいことなのか。北朝鮮や中国のような「侵略的な意図を持つ国」に対しては、毅然とした態度で抑止力を持つことは、国際社会における「正義」にもかなっているはずだ。



講演に先立ち、大川総裁が1月7日、北朝鮮の金正恩・第1書記の守護霊を招いて、なぜ水爆実験を強行したのか、その成否について真意に迫っていた。



この中で金守護霊は、核の小型化に成功し、日本人全員を人質にしたも同然であることを明らかにしていた。

(北朝鮮、核の小型化に「成功」 金正恩守護霊が90分間激白! http://the-liberty.com/article.php?item_id=10737 )。




マイナンバーを危険視するトクマ氏

講演後には、第二部として「幸福実現党ホンネトーク」が開催された。同党の遊説局長・トクマ氏と、同党の広報本部長・七海ひろこ氏が対談を行った。



この中でトクマ氏は、学校で行われている自虐史観に基づいた教育を問題視。先人に対して、「日本軍は悪者であった」というレッテルを変えたいとした。また、1月から始まったマイナンバー制度についても、今後、さまざまな個人情報がヒモつけされ、国家社会主義につながりかないと危険性を訴えた。




釈党首、国連で慰安婦問題を正すスピーチへ

続いて、幸福実現党党首・釈量子氏が、スイスのジュネーブから生中継でサプライズ出演。



同地で、現地時間の15日から16日にかけて行われる、国連の女子差別撤廃員会では、日本の慰安婦問題などをテーマに会合が行われる。釈氏はこの委員会でスピーチをする機会を得て、「慰安婦は性奴隷ではない」などと正論を訴えるとして、こう意気込みを語った。



「国連では、さまざまな歴史戦が展開されている。(スピーチでは)日本は神々が守りたもう国であり、日本の誇りを取り戻さないといけないことを訴えたい」



なお、大川総裁の講演では、他にも、以下のような論点への言及があった。



北朝鮮が考えている「次」のレベル
蔡英文・新総統が誕生する台湾で起きること
明日、紛争が起きてもおかしくないアジアの4つの地点
沖縄の地方自治のあるべき姿
日本は守るに値する国か否か
国防力を高める秘策とは
最悪が起きた時を想定して、日本が準備すべきこと



この霊言は、幸福の科学の全国の支部、精舎、拠点において、拝聴できる。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター

 Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。



【関連書籍】

幸福の科学出版 『正義の法』特設サイト
https://www.irhpress.co.jp/special/the-laws-of-justice/



幸福の科学出版 メインページ
https://www.irhpress.co.jp/



【関連記事】

2016年3月号 世界で最も核兵器に無防備な日本 - 中国、北朝鮮の核をなくす方法 - 編集長コラム
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10830


2016年1月30日付本欄「沖縄を他国の植民地にはさせない」 大川隆法総裁が沖縄で大講演会「真実の世界」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10855


2016年1月9日付本欄 「北朝鮮は新しいステージに踏み込んでいる」 大川隆法総裁 大講演会「『正義の法』講義」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10744


2015年11月26日付本欄 大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10544



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇

大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇
ザ・リバティweb


12月中旬に発刊予定の『正義の法』で、大川隆法・幸福の科学総裁の著作が2000冊を突破する。これを記念して11月25日、東京都千代田区の如水会館で「著作シリーズ2000冊突破記念パーティー」が開かれ、著者の大川総裁が登壇、挨拶した。記者の囲み取材などにも応じた。



同パーティーには、新聞社、出版社、印刷会社、金融機関の幹部など約300人が参加。大川総裁の説法はこれまでに2400回を超えているが、こうしたマスコミ・出版関係者などが集まる場で登壇することは極めて異例だ。




「次の目標は、10年以内に3000冊」


挨拶で大川総裁は2000冊の発刊について、次のように語った。

「本の執筆を始めたころ、出版社から『宗教書は2万冊以上は売れない』と言われました。しかし実際には、1冊目から2万冊以上売れ、それ以降下ったことはありません」「計画的に積み上げてきたというよりは、一冊一冊、一回一回の話をコツコツとやってきた。イチロー選手のように、一塁打を打ち続けています」



また、冊数を重ねる中での水面下の努力に触れ、「本一冊書くためには、最低限100冊以上の本を読む必要があります。2000冊を書くためには、単純計算で20万冊の本が必要ということです。先日書店を見かけました時に、自分の家の蔵書の方が本屋よりも多いことに気づきました」と話した。



そして最後に、「次の目標は、10年以内に3000冊を発刊することです」と宣言。会場からは大きな拍手が沸き起こった。




「日本の羅針盤であり、世界にとっての北極星になりたいという気持ち」


来賓代表で挨拶に立った経済評論家の中島孝志氏は、前日に大川総裁の第1冊目の書籍『日蓮聖人の霊言』を読み返したことに触れ、「今でも内容が全く古くなっていない」と述べた。また、「(大川総裁の)2000冊は通過点であり、5000冊から1万冊まで行くのではないかと期待しています」と話すと、これを聞いた大川総裁は、顔をほころばせた。



また、中締めの挨拶で、産経新聞社営業局長の納幸一郎氏は、「出版広告は、その時代時代を切り取った内容が多いですが、特に、幸福の科学出版さんの大川総裁の著書はタイムリーに間髪入れずに世の中の動きを切り取られています。大川総裁の出される著書の広告は眺めるだけでも、その時代の流れや歴史が分かる。もちろん、(本を)買ってもらわないと困りますが(笑)」などと話した。



12月14日に発刊予定の『正義の法』は、副題が「憎しみを超えて、愛を取れ」。宗教や思想の違いによって世界各地で起こっている紛争やテロ、中国や北朝鮮の軍拡など、何が正義なのかが見えにくくなっている国際社会において、「地球的正義とは何か」を提示している。




囲み取材でも、読者に伝えたいことは何かという記者の質問に対し、大川総裁は、パリの同時多発テロについて触れ、こう語った。「宗教、マスコミ、各国の政治制度の違いを加味した上で、どう考えるべきか。(『正義の法』を)一つの羅針盤にしていただければと思う。私の役目は、日本の羅針盤であり、世界にとっての北極星になりたいという強い気持ちを持っている」




約5日に一冊という驚異的な発刊スピード

大川総裁は2014年だけで163冊を世に送り出し、自身が持つ年間発刊点数52冊のギネス世界記録(2009年11月から1年間)を塗り替えている。



また、幸福の科学は2016年に立宗30周年を迎えるが、大川総裁は最初の書籍の発刊から現在までの間に2000冊の書籍を発刊。単純計算で、約5日に1冊のペースで発刊し続けていることになる。前人未到の驚異的なスピードだ。



その著作の内容は、宗教的な心の教えにとどまらず、政治、経済、教育、文化、カルチャーなどあらゆる分野に及ぶ。多作家には「ゴーストライターがいるのでは?」という懐疑的な見方がつきものだが、大川総裁の著作は、公開の場での法話やセミナー、霊言の「語り下ろし」の内容であり、映像や音声のほとんどが記録・公開されているため、疑問を差しはさむ余地がない。




「多くの人に愛の心を届けたい」という発刊に込められた思い

なぜ、これほどまでに多くの著作を出し続けるのか。大川総裁はその理由を、11月下旬に仙台市内で行った法話「慈悲の力に目覚めるためには」の中で、次のように明かしている。



「2000冊と聞くと膨大な数ですが、一人の頭に2000冊を詰め込もうとして書いているわけではありません。さまざまな教えを必要としている人がいるので説いているのです。それぞれの人に必要な教えや、福音となる教えが少しでもあれば良いと思って出し続けているのです。一人でも多くの人に教えを届けたい。一人でも多くの人に愛の心を届けたい。そういう思いで書いているのです」



今回、パーティーの参加者は、以下のような感想を語った。

「100冊書くのも大変なのに、それが、1000冊、2000冊そして3000冊を目指しているとは、純粋に『すごいな』と思う。今後のご活躍にも期待したいです」(中国地方の地方紙幹部)



「総裁が次から次へと執筆するバイタリティの源は何だろうと思っていた。『皆様を幸せにする』、そのために書いているのだということが分かり、うちの編集部員にもその考え方を分け与えたいと感じました。改めて紙面の方でご紹介させていただきます」(大手夕刊紙の幹部)



「総裁と初めてお会いでき、胸が一杯です。あれだけの本を書かれているので、情熱的なカリスマかと思っていました。近づくとすごくオーラがありますが、とてもフランクに話してくださり、身近に感じられました」(東海地方の地方紙幹部)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『正義の法』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1591



【関連記事】

2015年7月8日付Web特別記事 大川隆法総裁、御生誕祭講演会「人類史の大転換」で世界の未来についての指針を説く
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9872


2014年7月8日付Web特別記事 大川隆法・幸福の科学総裁が、さいたまの講演会で世界に向けて「繁栄への大戦略」を説く
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8111


2013年12月15日付Web特別記事 大川隆法・幸福の科学総裁が、エル・カンターレ祭で「智慧の挑戦」を説く
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7068


2012年12月5日付Web特別記事 幸福の科学・大川隆法総裁、エル・カンターレ祭で「地球的正義」を説く
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5248



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

宗教への偏見と恐怖を乗り越えて――ネット入会者の声

宗教への偏見と恐怖を乗り越えて――ネット入会者の声

幸福の科学公式 体験談サイト  ボイシー(voicee) から転載


幸福の科学との出会い

最初に幸福の科学の本に出会ったのは、高校生の頃でした。

たまたま古本屋で見つけて読んでみたところ、とても良いことが書かれていると感じ、他の本も読むようになりました。

家族は、新興宗教に対して、「金儲けのための悪い集団」という偏見があり、アレルギーにも似た拒絶感を持っていました。

それは私も同じでした。一部の新興宗教の起こす事件や、それに対する社会の反応を見て、新興宗教イコール悪いもの、怖いものという固定観念を抱いていたのです。

実際、小説やテレビなどで、新興宗教がいいものとして描かれることは少なく、信者になることに意味があるとも思えません。私は幸福の科学に対しても、「本は読むけど信者にはならない」、そう思っていました。

大学に進学して一人暮らしを始めてからも、本を読み続けているだけで、その気持ちは変わりませんでした。

『太陽の法』を読んで

そんな私に変化が起きたのは、社会人になってからです。

幸福の科学の本を何十冊と読み重ねていくうちに、「幸福の科学をもっと深く知りたい」という気持ちが強くなってきたのです。

町で幸福の科学の支部を見かけるたびに、「行ってみたい」という思いにかられます。

しかし同時に、幸福の科学に入信することで、自らの人生が悪い方向へ向かってしまうのではないかという恐怖も出てきます。結局、その日は支部の中に入ることはできませんでした。

ある日『太陽の法』を改めて読んでみました。高校生と大学生の頃に1度ずつ読んでいましたが、社会人になってから読み返すのは初めてです。

不思議と涙がぽろぽろと出てきて、心の奥底に何か感じるものがありました。

それは「信者になりたい」という気持ちでした。

しかし残念なことに、私の身近には信者の方がおらず、どうしたら信者になれるのかがわかりませんでした。

会員限定の『正心法語』のすばらしさ

そんな時、幸福の科学の公式ホームページに、「ネット入会」という制度があるのを見つけました。

これなら誰に会うことも知られることもなく入会ができます。早速、申し込みをしました。

入会をすると、会員限定の『正心法語』という経文をダウンロードできました。入会後に送られてくるガイダンスメールには、「『正心法語』(会員限定経典)を読みましょう」とあり、『正心法語』に書かれている経文を、毎晩、読みはじめました。

最初のうちは、これまでの人生で経文など読んだことがなかったので、抵抗がありました。

しかし、毎日読んでいると、心が穏やかに変化していくのがわかります。心が荒れている時でも、『正心法語』を読むとスッと落ち着き、明るい気持ちになれるのです。

幸福の科学に対する信頼感、「これは本物だ」という実感が深まっていきました。

それに伴い、法友(※1)が欲しいという気持ちも出てきました。

「信仰や神のこと、読んだ本のことについて話せる相手がいたら、どんなに楽しいだろうか」。

そう願わずにいられなくなったのです。

※1 法友 幸福の科学の教えを共に学ぶ仲間

東京正心館を訪問し、三帰誓願式に臨む

そんな日々の中、東京正心館の前まで行ったことがありました。しかし、その時も入ることが出来ず、そのまま家に帰ってきたのです。ドアを開ける勇気も持ち合わせていないなんて、自分はなんと情けない人間なんだと、ひどく後悔したのを覚えています。

2週間後に、また東京正心館まで行ってみました。今度は東京正心館の前を行ったり来たり。

その間、自分の中では、信者になりたい気持ちと、新興宗教に対する偏見、恐怖との戦いが行われていました。

「ここまでたくさんの本を読み、素晴らしいと感じているのだから、もう自分は信者であろう。どう考えても私は幸福の科学を信じているだろう」。

そう強く思い、東京正心館のドアを開けました。

東京正心館では、職員の方が丁寧に迎えてくれ、とても安心できたことを覚えています。さわやかで、笑顔の素敵な方でした。

受付の男性に色々と案内していただき、「入会」よりさらに本格的な信者になれるという「三帰誓願」制度についても尋ねることができました。

説明を受けた後、「三帰誓願式を受けて帰られますか」と聞かれたので、すぐに「受けます」と返事をしました。

東京正心館に来る前は、「説明を聞いたら、一度家に帰ってから、「三帰誓願」するかしないかを考えよう」と思っていたのに、「自分は本当に信者になりたかったのだなぁ」と、あとになって思いました。

三帰誓願式では、書面に書いてある誓いを読み上げるのですが、不思議と、その誓いの言葉が、自分の本心から出ているように感じられました。

帰宅後も、満足感でいっぱいです。ようやく幸福の科学の一員になれたという喜びは、思っていた以上のものでした。
一人で本を読んでいては、得ることのできなかった喜び

その後、支部でたくさんの信者の方と話ができました。会う方すべてが親切で前向きで、尊敬できます。

そんな方々と一緒に心を磨くことが出来る、法友を得る素晴らしさを実感することができました。それは、一人で本を読んでいるときには、得ることのできなかった喜びです。

支部で行われている『悪霊撃退祈願』を受けたときには、心の中の悪いものが吹き飛ぶような、初めての経験をしました。

三帰誓願をするまでは、自分は心の汚い人間だと思い込み、自分を好きになれませんでした。

だけどそれは、自分の性格の嫌な部分ばかりを見ているだけだったとわかりました。

本当はいいところもたくさんあって、神や仏を信じる心も、実は深い部分で持っていたのです。本当の自分に出会うとは、こういうことを言うのでしょうか。とても大きな喜びでした。

「三帰誓願をしてほんとうによかった。」

心からそう思います。

迷っている方へ――。情報よりも自分の体験を大事に

身近に、信者の方がいることは、とても幸福なことだと思います。私は、信者の方にお会いすることが出来ず、一人で本を読み、一人で恐怖と対峙しました。

もし身近な人に声をかけていただいていたなら、もう少し早く入信できたと思います。

私と同じような境遇で迷われている方がいたら、一度支部を訪れてみるのがおすすめです。心配は無用です。とても親切に迎えてもらえると思います。

インターネットなどで流れている幸福の科学の間違った情報を見て、迷っている方も、支部に足を運んでみれば、何か心で感じるものがあるはずです。迷うということは、本心では、「本当は信者になりたい」と思っているということです。

是非一度支部を訪問して、それから考えてみてはどうでしょうか。行ってみてわかることも、数多くあると思います。


「太陽の法」―この一冊に出会うためにあなたは生まれてきた!


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

アカデミー賞長編アニメ部門審査対象に日本から「UFO学園の秘密」他3作品

アカデミー賞長編アニメ部門審査対象に日本から「UFO学園の秘密」他3作品


「UFO学園の秘密」
映画「UFO学園の秘密」のワンシーン

アメリカ・アカデミー賞長編アニメーション部門の審査対象作品となった全16作品が5日、発表された。このうち日本からの作品は、今掛勇監督の「UFO学園の秘密」、米林宏昌監督のスタジオジブリ作品「思い出のマーニー」、細田守監督の「バケモノの子」の3作だった。



アメリカからはディズニーの「インサイド・ヘッド」やコメディーアニメの「ミニオンズ」などが審査対象となっている。



本欄でも紹介してきた映画「UFO学園の秘密」は、国内初登場5位、オープニング2日間で8万5千人を動員。今掛監督の前作「神秘の法」に続き2度目の審査対象作品となった。本年は、年末に宇宙映画の超大作「スター・ウォーズ」最新作が公開される他、日本ではUFO目撃情報が増え、UFOを扱うテレビ番組も増えるなど、「宇宙イヤー」となっている。



今後、部門別の審査を経て来年1月14日にノミネート作品が発表され、2月28日のロサンゼルス・ハリウッドで受賞作が発表される。



【関連ページ】

映画「UFO学園の秘密」公式ホームページ
http://laws-of-universe.hspicturesstudio.jp/



【関連記事】

2015年10月10日付本欄 映画「UFO学園の秘密」舞台挨拶 「世界の人々に観て欲しい」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10294


2015年10月17日付本欄 「UFO学園の秘密」が好評 続々と寄せられるUFO目撃情報
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10318



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

「UFO学園の秘密」が好評 続々と寄せられるUFO目撃情報

「UFO学園の秘密」が好評 続々と寄せられるUFO目撃情報
ザ・リバティweb

「UFO学園の秘密」が好評 続々と寄せられるUFO目撃情報


ロードショー中の映画「UFO学園の秘密」は、Yahoo!映画でのレビューでも、約4.5点/5点を獲得し、好評価が続いている(10月17日現在)。



この「UFO学園の秘密」の上映に合わせたかのように、全国各地でUFOの目撃が相次いでいる。本欄では、その一部を紹介する。「UFO学園の秘密」を観れば、あなたもUFOを目撃できるかも!?



大阪の新歌舞伎座あたりで14日、高校生が白く光るUFOらしきものを目撃し、撮影にも成功した(写真(1))。その高校生は次週、友人らと映画「UFO学園の秘密」を観に行く予定だったという。





写真(1) 大阪で目撃されたUFOらしきものの写真。
http://the-liberty.com/itemimg/images/articles/2015/11/10318_02.jpg

岡山県笠岡市でも、UFOらしきものが目撃された。60代男性が15日の20時半ごろ、散歩のため自宅を出たところ、自宅から少し南の上空に静止しているUFOを発見。撮影にも成功した(写真(2))。しばらく静止していたが、その後UFOは北の方へ移動していった。写真には撮っていないが、赤く光るUFOらしきものも目撃したという。






写真(2) 岡山で目撃されたUFOらしきものの写真。
http://the-liberty.com/itemimg/images/articles/2015/11/10318_03.jpg

今年夏ごろにも、UFOらしきものが目撃されている。7月中旬の午後2時ごろ、愛知県に住む中島徳之さんが車で長野県の浅間山近くの町に向かっていたところ、浅間山の上空にUFOのような雲が出現した(写真(3))。右上の大きな雲も怪しいが、山のすぐ上に見える大福のような形の雲も気になる。浅間山は6月中旬ごろから小規模な噴火が続いているが、関係があるのだろうか。






写真(3) 長野で目撃されたUFO雲のような写真。
http://the-liberty.com/itemimg/images/articles/2015/11/10318_04.jpg

またこの男性は、8月下旬にもUFOらしきものに遭遇している。兵庫県たつの市で、3つの点のように並ぶUFOらしきものを発見し、撮影に成功した(写真(4))。






写真(4) 兵庫で目撃されたUFOらしきものの写真。
http://the-liberty.com/itemimg/images/articles/2015/11/10318_05.jpg

これ以外にもさまざまな場所で目撃されている。もしUFO、いわんや宇宙人の姿を写真に撮った方は、ぜひ編集部にお知らせを。



★UFO目撃情報の送付先★
liberty@irhpress.co.jp


件名を「UFO宇宙人の目撃情報」としてお送りください。写真はもちろん、目撃場所や時間、どんな動きをしたかなどもぜひ一緒にお知らせください。



【関連ページ】

映画「UFO学園の秘密」公式ホームページ
http://laws-of-universe.hspicturesstudio.jp/


【関連書籍】

幸福の科学出版 『宇宙人体験リーディング』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1560


【関連記事】

2015年10月10日付本欄 映画「UFO学園の秘密」舞台挨拶 「世界の人々に観て欲しい」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10294


2015年10月14日付本欄 UFO目撃情報多数! 「UFO学園の秘密」上映の様子を観に来た宇宙人?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10308






【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

映画「UFO学園の秘密」舞台挨拶 「世界の人々に観て欲しい」

映画「UFO学園の秘密」舞台挨拶 「世界の人々に観て欲しい」




映画『UFO学園の秘密』が10日、全国の映画館で公開された。その舞台挨拶および特別上映会が同日、ニッショーホール(東京・虎ノ門)にて行なわれた。



同作品は、壮大な宇宙の秘密を描いたアニメーション。大川隆法・幸福の科学総裁が制作総指揮・原案を手掛け、第85回アカデミー賞長編アニメ賞の審査対象作品となった前作『神秘の法』のスタッフが再結集した。



舞台挨拶では、監督の今掛勇氏、総合プロデューサーの松本弘司氏、音楽の作曲を手がけた水澤有一氏、挿入歌「LOST LOVE もう愛が見えない」を歌った歌手のマイケル・ジェームス氏が登壇した。



今掛監督は、「この映画に関わってから、UFOをよく見るようになりました。数日前も散歩中に見ました。2010年には横浜に現れたUFOの艦隊を見て、富士山頂付近にで"母艦"を見たこともあります」と自身の体験を告白。



「世界の方々に見ていただきたい。できれば、宇宙人にも見ていただきたい」と述べ、会場の笑いを誘った。



松本プロデューサーは、制作の初めから「世界のトップを目指そう、アカデミー賞を狙う」とスタッフに宣言していたと振り返る。



先行上映された北米、ロサンゼルスで行われたワールドプレミアでも「(本作の)ウンモ星人の英語吹き替えをしたトム・ケニー(スポンジ・ボブの声優)が『この映画を観て、UFOを信じるようになった』と言ってくれた」と世界への手ごたえを語った。



映画上映後は拍手喝采となり、参加者からは、「地球という星への愛情が増した。(80代女性)」

「地球人で良かったなと思いました。もう地球大好きになりますよ。印象に残ったのは宇宙旅行やってるところでした。あそこはすごく綺麗なのでこれから観る人には堪能してほしいなと思います。実際に宇宙に行った感じになりました。(50代女性)」

「地球という大きな視点から、宇宙の神秘を考えるきっかけになりました。

いろんな宇宙人が登場するのでリアリティを感じました。宇宙人の存在を確信する映画だと思います。(50代男性)」など、感動の声が寄せられた。



同作は、UFOや宇宙人の実在を啓蒙しようとするものだが、同時に"宇宙の視点"から自分自身や地球の素晴らしさについて考えることのできる内容となっている。





【関連サイト】

YouTube 映画「UFO学園の秘密」英語吹替アフレコ現場メイキングとボイスディレクター&キャストが映画の魅力を語る
https://www.youtube.com/watch?v=cCUlnoeDmyk&feature=youtu.be



映画「UFO学園の秘密」公式ホームページ 公開直前スペシャル!今掛勇監督が語る映画「UFO学園の秘密」の見どころ
http://laws-of-universe.hspicturesstudio.jp/pt0/2015/323/



【関連記事】

2015年10月9日付本欄 「大きな議論を巻き起こすテーマ」 映画「UFO学園の秘密」の英語版メイキングが公開
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10288


2015年10月8日付本欄 神戸の空にUFO!? 映画「UFO学園の秘密」の公開日も要注意!
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10285


2015年10月4日付本欄 国際UFO会議に詰めかける人々 本当は「UFOの真実が知りたい!」【UFO後進国日本の目を覚まそう!】
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10266


2015年11月号記事 検証:地球に来ている宇宙人 スター・ウォーズは「事実」だった?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10206





【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

映画「UFO学園の秘密」公開記念フェア開催中!!

映画「UFO学園の秘密」公開記念フェア開催中!!

movie-UFO.jpg


映画「UFO学園の秘密」 10月10日公開!!!


9月中旬より順次、全国書店にて、映画「UFO学園の秘密」公開記念フェアを開催しています!!

好評発売中の新刊『ザ・コンタクト』や「宇宙時代がやってきた!」など、ご紹介いただいています。
ぜひ、お立ち寄りの際は、お手元にとってみてください。

【大型モニター設置の主な書店】

紀伊國屋書店 新宿本店
三省堂書店 名古屋高島屋店
紀伊國屋書店 梅田本店

※それぞれ10月中旬~末まで開催

【映画「UFO学園の秘密」フェアの主な新刊書ラインナップ】


『ザ・コンタクト』
――すでに始まっている「宇宙時代」の新常識
/大川隆法(著)
/1,620円(税込)



「宇宙時代がやってきた!」
――UFO情報 最新ファイル
/HSエディターズ・グループ 編(著)
/1,000円(税込)



『宇宙人体験リーディング』
――「富」「癒し」「幸せ」を運ぶ宇宙からの訪問者
/宇宙人リーディング 大川隆法(著)
/1,512円(税込)




『怪奇現象リーディング』
――神秘体験から読み解く宇宙時代へのシグナル
/宇宙人リーディング 大川隆法(著)
/1,512円(税込)




『THE FACT 異次元ファイル』
――大学生UFO遭遇事件の真相に迫る
/宇宙人リーディング 大川隆法(著)
/1,512円(税込)



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

戦後70年 亡き戦友に捧げる祈り

戦後70年 亡き戦友に捧げる祈り

幸福の科学・Voiceeから転載

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第210号より転載し、編集を加えたものです。

雲の彼方に

「先に逝った戦友たちよ。今から俺も、そこに行くぞ」

1945年7月25日。当時19歳だった私は、「隼(はやぶさ)」の愛称を持つ陸軍の一式戦闘機に乗り込み、中国大陸の上空を飛んでいました。

振り向けば、運命を共にする5機の遼機(りょうき)が翼を連ねて続いています。

見渡す大空は透き通るように青く、雲は眼下を流れていて、いつまでもどこまでも飛んでいけそうな錯覚すら覚えていました。

1926年3月、私は鹿児島市郊外の村に生まれました。材木商を営む父と、浄土真宗を篤く信仰する母、弟と妹の5人家族でした。親戚には、陸軍士官学校を卒業し、青年将校として活躍する叔父がいました。

「お前は軍に入って、お国にご奉公してはどうだ」

叔父の一言をきっかけに、小学校5年生で軍人の道を志した私は、大東亜(だいとうあ)戦争開戦翌年の1942年10月、16歳で東京の陸軍航空学校に入校しました。

当時の日本は、国家存続の生命線である石油の輸入を、アメリカやイギリスなどの国々から禁止されていました。

このままでは国家が〝干上がって”しまう。外交交渉でも打開の見込みはない。もはや、打って出るほかはない――。そんな危機感が、当時の共通認識でした。

私も「お国のために力を尽くそう」と意気込んで入校し、戦闘機操縦の練習に励みました。その後、大津と宇都宮にある訓練学校に進み、卒業後は中国の太原(たいげん)(※)の部隊に配属されました。
※太原 中国北西部にある街。当時、アメリカ軍や中国共産党の八路軍などとの間で、激しい戦闘が行われていた。

迫る本土侵攻

開戦当初の勢いとはうって変わり、42年6月のミッドウェー海戦(※1)以降、日本軍は制海権(せいかいけん)を失い、サイパン島の戦い(※2)、マリアナ沖海戦(※3)と立て続けに敗北。戦況は悪化の一途をたどっていました。

44年11月には南洋・パラオのペリリュー島が、翌45年3月には硫黄島が陥落(かんらく)しました。重要な拠点を次々と手に入れたアメリカ軍は、沖縄近海へと集結しつつあり、本土侵攻が焦眉(しょうび)の急となっていました。

何としても、日本の国土を防衛する――。

後世、議論を呼ぶ特攻は、このような情勢下で始まっていきました。

「アメリカ軍は、日本軍を上回る性能の戦闘機や戦艦を配備している。特攻で飛び立っても、敵艦船にたどりつく前に大方が撃墜(げきつい)される」

私たち搭乗員にも、その程度の情報は入っていました。

「けれど、たとえ十分な戦果が期待できないからといって、何もせず手をこまねいているだけでは、どうやって祖国を守るというのか。搭乗員である自分には、わずかなりとも敵を食い止める可能性が残されている。元より軍人を志した以上、死は覚悟の上だ。この上は、自分を犠牲にしてでも、親兄弟を守り、日本を守るんだ!」

こんな気持ちを抱え、私は18歳で特攻隊に志願したのです。
※1 ミッドウェー海戦 1942年6月3日~5日に行われた海空戦。日本軍は大敗を喫し、戦局の主導権がアメリカに移る重大な転換点となった。

※2 サイパン島の戦い 1944年6月15日~7月6日に行われた離島戦。日本軍守備隊は全滅し、同年末からはB-29による本格的な日本本土空襲が始まることになった。

※3 マリアナ沖海戦 1944年6月19日~20日に行われた海空戦。日本軍は空母と搭載機に大損害を受け、惨敗に終わった。

出撃前夜の思い出

「お前は操縦の腕がいい。本当は一緒に行きたいが、後発の部隊を助け、後から来てくれ。俺は一足先に行くよ。靖国で会おう」

45年4月、上官からそう告げられ、私は5名の戦友とともに、7月25日に出撃することが決まりました。

「上官殿。ご武運をお祈りします」

6月、私は、自分も行動を共にするはずだった先発隊を見送った後、中国の天津にある基地で、1カ月にわたる過酷な訓練を受けました。

出撃前日の7月24日。訓練を終え、隊の戦友たちと夕食を終えたころ、誰かがポツリとつぶやきました。

「もうお前たちとも最後だね」

努めて明るく振る舞っていた戦友たちも、沈んだ表情を浮かべます。

「最後の晩だから、歌でも歌おうか」

その一言がきっかけとなって食堂の外に出て、日頃は歌わない唱歌を全員で口ずさむことになりました。時刻は、夜8時を過ぎていました。

「何を歌おうか」

「『我が師の恩』という歌詞がいいから、『仰げば尊し』にしようか」

衆目(しゅうもく)一致し、一斉に歌い始めます。

「仰げば尊し 我が師の恩 教の庭にも はや幾年」

父、母、小学校の先生、航空学校の教官……。目をつぶって歌えば、恩ある人、別れがたい人、懐かしい人の顔が、瞼(まぶた)の裏に次々と浮かんできます。いつしか歌声に、すすり泣きが混じってきました。

「今こそ別れめ いざさらば」

歌い終わると、全員が自然と日本のある東方に向かって整列し、目を閉じて一心に合掌しました。

「お父さん、お母さん。親孝行を何もできず、申し訳ありません。でも僕は、潔く散っていくことで、故郷を守り、日本を守ります。それをもって、親孝行の代わりとさせてください。懐かしい弟妹よ、残される両親を、よろしく頼むぞ……」

故郷から遠く離れていても、今の自分の心情は、距離を超えて伝わっていく――。そんな確信めいた思いがありました。

しばらくして目を開けると、満天の星が広がっているはずの中国大陸の夜空が、ぼやけていたのを覚えています。

突然の「敗戦」

翌7月25日。

「靖国で会おう」「武運を祈る」

戦友の肩を強く叩き、手を堅く握り合って、私は天津の基地を飛び立ちました。目標は沖縄近海に浮かぶ敵艦船。最後の機体整備を行う鹿児島の知覧(ちらん)基地めがけ、奉天(ほうてん)、朝鮮半島の平壌(へいじょう)へと飛んでいきました。

搭乗した機体は旧型で、途中、何度も故障し、そのたびに経由地で応急整備を受けなくてはなりませんでした。思うに任せない状況にやきもきしつつも、頭のなかにあったのは「いかにして、『敵艦船突入』という命令を全うするか」という一念ばかりでした。

そして8月15日。私はその日を、幾度目かの機体整備のために滞在していた平壌の基地で迎えたのです。

「昼に重大なラジオ放送がある。全員集合して聞くように」

朝方、伝達がなされました。

「ラジオで重大な放送とは……。一体何だろうか」

正午、ラジオの前に基地の全員が整列するなか、放送が始まりました。

「堪え難きを堪え 忍び難きを忍び 以て万世の為に太平を開かむと欲す……」

終戦を告げる玉音(ぎょくおん)放送でした。私はにわかには信じられませんでした。

「我々の受けた任務は、まだ終わっていない! せめて、参謀のいる知覧までは行こう」

周囲の制止を振り切って大邱(※1)まで飛びましたが、進駐(しんちゅう)してきたアメリカ軍に拘束され、大田(たいでん)(※2)で抑留(よくりゅう)の身となりました。

「敗戦」の二文字が、現実感と虚脱感を伴って私に迫ってきました。
※1 大邱 朝鮮半島東南部の街。

※2 大田 朝鮮半島中西部の街。

変わってしまった祖国

2カ月後の10月15日、私は山口県の仙崎(せんざき)港に降り立ち、復員しました。

満員の汽車を乗り継ぎ、鹿児島に戻ると、そこに広がっていたのは空襲で焼け野原になった故郷の姿でした。

「家は大丈夫だろうか。父は、母はどこに……?」

不安に駆られつつ家路を急ぐと、家族は戦災を逃れて無事でした。

生還を喜び合ったのもつかの間、衣食住に事欠く環境のなかを、何とか生き抜く日々が始まりました。食料を求めて方々を走り回る傍ら、材木商の父を手伝い、復興のための資材を提供し続ける毎日。

それでも終戦から3、4年が経つと、生活はある程度の落ち着きを取り戻していきました。

思い返せば、ちょうどそのころからだったでしょうか。大東亜戦争が「侵略」「ファシズム」、特攻に散った戦友が「犬死に」「無駄死に」、特攻からの生還者が「特攻崩(くず)れ」「やっせんぼ(薩摩弁で「卑怯者」)」と呼ばれるようになっていることに気付いたのです。

「自分の命や青春をなげうった純粋な若者に、何ということを……」

内心、幾度となく地団駄(じだんだ)を踏みました。

しかし、先の大戦に関する世間の風当たりは、強まるばかり。自然と、「自分が特攻隊の一員だった」ということに口をつぐみ、世間から身を潜めて生きるようになりました。

「命を懸けて守ろうとした祖国の、こんな姿は見たくなかった……。自分が生き残ったのは間違いだったか。懐かしき戦友と、一緒に逝けばよかったのか……」

次第に、先に散った戦友に、負い目のようなものを感じるようになりました。

 「せめて自分だけは、寄り添っていこう」

やがて、夜毎(よごと)の夢に戦友たちが出てくるようになったのです。

私は戦友と編隊を組んで空を飛んでいます。すると、戦友が風防ガラスを開けて手招きをします。あるいは、敬礼しながら「早く来いよ」と呼びかけます――。

うなされる日々が続きました。

そんな折、地元の新聞で「知覧町に、法隆寺の国宝『夢違観音(ゆめちがいかんのん)』の複製が、許可を得て建立される」という記事を見ました。

「これはもしかしたら、英霊を慰める好機かもしれん」

私は知覧町に、特攻で散った英霊の慰霊祭を開催するよう持ちかけました。しかし、「軍国主義の復活につながるのでは」と、返事は保留になってしまったのです。

命にかえても祖国を守ろうとした戦友たちの顔が思い浮かび、私はいてもたってもいられなくなりました。

私は、52年12月に見合い結婚した妻が、飲食店を経営するようになったのを機に、父の仕事の手伝いから離れ、慰霊祭開催に奔走しました。そして、55年7月、慰霊祭の独自開催にこぎつけました。

第一回の参列者はわずか50、60人だったものの、100人、200人、500人と、参列者は回を重ねるごとに増加。70年代には、1,000人近くが参列する全国有数規模の慰霊祭になり、主催も知覧町に変わりました。しかし、どれほど慰霊を重ねても、戦友たちの夢にうなされる夜は続きました。

「君らの気持ちは、俺が一番よくわかる。せめて自分だけは、英霊たちに寄り添って生きていこう」

そう思って、戦後を生きてきました。気づけば暦(こよみ)も「昭和」から「平成」へと変わり、齢(よわい)も80を超え、あの大戦は「教科書のなかの出来事」へと変わっていました。

訪れた「慈悲(じひ)」

「そろそろ、諸君の元に還(かえ)ります。お待たせしました……」

そんな思いが、浮かんでは消える日々を送っていた2014年春、転機が訪れました。

「おじさま。今、大川隆法先生という偉い神様が生まれてるんですよ。先の大戦についても『日本には大義があった』と説いてらっしゃいます」

同じ鹿児島に住む妻の友人、末原裕子さんから、そう伺いました。

「偉い神様なら、お参りしたり勉強したりすれば、英霊たちの冥福(めいふく)につながるかもしれん」

そう思った私は、その年の4月9日に幸福の科学に入会し、教えを学び始めました。そして5月28日には、末原さんに連れられて、大分県にある湯布院正心館(※1)に参拝することになりました。小高い山の上に建つ正心館に到着したのは、その日の夕方のことでした。

「御本尊に、まずはご挨拶しよう」

礼拝堂に向かい、前方の席に腰掛けると、お堂の中央に鎮座(ちんざ)されている御本尊が、穏やかなお顔で微笑んでいるように感じられます。

「これは、何かとてもありがたいことが起きるかもしれん」

私は、おもむろに手を合わせ、静かに目を閉じました。すると――。

「もう苦しまなくていいんだよ。幸福をつかみなさい」

胸の奥に、〝お告げ”のようなものが大きく響き渡ります。驚いて目を開けると、夕焼けの光を背にして輝く御本尊が、「おいで、おいで」と手招きしているように見えました。

その瞬間、それまで常に自分の周りにいると感じていた戦友たちの魂が、天に向かって一斉に昇っていったような感覚がありました。

「これが、偉い神様のお力か……。戦友たちもようやっと浮かばれる。素晴らしいお祈りをさせてもらった……」

何十年にもわたって寺社・仏閣に詣(もう)で、お参りを重ねてきましたが、こんな体験をしたことはついぞありませんでした。

「エル・カンターレ(※2)とは、慈悲に溢れた、何と素晴らしい神様か」

その日を境に、夢にうなされる夜は終わったのです。
※1 湯布院正心館 大分県由布市にある幸福の科学の精舎(研修・礼拝施設。)

※2 エル・カンターレ 幸福の科学の信仰の対象であり、イエスが父と呼び、ムハンマドがアッラーと呼んだ存在。

戦後70年目の祈り

それから1年たった15年5月3日。私は、知覧で行われた61回目の慰霊祭に参列し、出席者を代表して慰霊の言葉を述べました。

するとその晩、1年ぶりに夢を見ました。それは、20人ばかりで肩を組み、破顔大笑(はがんたいしょう)しながら軍歌を歌う、亡き戦友たちの姿でした。

「そうか……。君らは今、天国におるのだな。本当によかった……」

長かった「戦後」というものが、ようやく一区切りついた――。そんな気持ちが去来していました。

あの大戦が終わってから、今年で70年目を迎えます。戦後空前の繁栄を遂げた日本にあって、先の大戦については、否定的な見方が多くあるように見受けられます。

しかし、少なくとも私たちは、大東亜戦争当時、「このままでは国が滅びる」という危機感を共有し、文字通り身命(しんみょう)を賭(と)して外敵と戦いました。武運拙(つたな)く敗れはしたものの、大和魂・武士道にもとるような卑怯(ひきょう)な振る舞いは、一切してこなかったつもりです。そんな我々の思いを汲(く)んでか、近年、「『日本は侵略国家だった』という見方は、本当に適切なのか」と、改めて過去を見つめ直す流れも出てきています。

なかでも幸福の科学の大川隆法総裁は、その霊的なお力を用いて東條英機(ひでき)首相や松井石根(いわね)大将などの霊言(れいげん)を行い、この国の宿唖(しゅくあ)である「自虐史観」を根本から治療しようとされています。また、そのご著作を通じて、「先の大戦の意義を、もう一度見直そう」と訴えておられます。

本当に、ありがたいことだと思います。

身も命も惜しまず、この国を守って散った英霊たちへ。

私は、この年にして、素晴らしい宗教に巡り合うことができました。この教えは、「日本の希望」です。遅ればせながら私は、この教えに沿って修養(しゅうよう)を重ね、人格を陶冶(とうや)し、いずれ懐かしき君たちの元に還ります。どうかそれまで、愛する日本を見守ってください。

そう切に願い、戦後70年を生きた元特攻隊員の話の結びといたします。

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第210号より転載し、編集を加えたものです





【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

【本物の宗教の公益性の根拠】

【本物の宗教の公益性の根拠】

幸福実現党 研修局長(兼)シニア局長 伊田信光氏のオフィシャルブログから転載



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


07251934_55b3661895a2d人智学のシュタイナーが哲学者ニーチェを指して言った「現代の悪魔は活字メディアを使って侵入してくる」という趣旨の言葉が、ニーチェにだけあてはまるのではなく、マスコミなくして成り立たなくなった現代民主主義政治にもズバリ適用されることを知った。 憲法学者が、「言論の自由市場」にまかせておけば、正しい言論が勝って、正義が実現されると考えているのが、いかに「甘ちゃん」か、も判った。 やはり言論の背景には正しい価値判断が必要で、本物の宗教の公益性は、神仏から降ろされる「時代への価値判断」にあると深く信じるに到った。 これがなければ、「利益」や「購読部数」「視聴率」「組織の力」「看板力」が「正しさの基準」になりかねないのだ。

     (『巨大出版社女社長のラストメッセージ・メディアへの教訓』あとがきから)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「講談社=フライデー事件」が遠い過去になった感がある。 9939_lそれまで、マスコミの報道の自由は、性善説的に捉えられていた。 しかし、すでに、マスコミは第一権力になっていた。 しかも、悪魔の手先に成り下がっていた。 まさか、宗教法人を取得したばかりの新興宗教が、No.1出版社に敢然と立ち向かうとは、誰も予想しなかっただろう。 それは、無謀な挑戦に見えた。 しかし、それが、「希望の革命」の幕開けだったのだ。 この戦いで、マスコミの本質と実態が露にされることになる。 学者たちの言論の甘さも露呈されることになる。 そして、何より、何が正義なのか、 はたまた、何を価値基準に判断すべきかを本質的に問う時代が始まったのだ。 「言論の背景には正しい価値判断」が必要であり、その「正しさ」は、本物の宗教をおいて指し示すことはできない。 神の他に、絶対を語れるものはないからである。 「本物の宗教の公益性は、神仏から降ろされる『時代への価値判断』にある」 この言葉の破壊力はどうだ。 「利益」「購読部数」「視聴率」「組織の力」「看板力」などという、我々の耳慣れた、安っぽいこの世的な価値基準が、木っ端微塵に粉砕される。 福老寿6今、神が姿を表わし、天意が改まったことを知らなくてはならない。 文明の価値尺度が、神中心の時代に移行したのだ。


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

3歳の少年が前世の記憶から殺人犯を特定 生まれ変わりはある

3歳の少年が前世の記憶から殺人犯を特定 生まれ変わりはある
ザ・リバティweb



過去世(前世)の記憶を持つ3歳の少年が、前世の自分を殺した犯人を特定した、という話が話題になっている。



この話の詳細は、ミステリーを紹介するYouTube チャンネル「Strange Mysteries」や、スピリチュアル書籍の紹介などを行うWebサイト「esolibris」などで詳しく紹介され、最近、日本語サイトの「livedoorNews」でも取り上げられた。




少年が特定した場所から斧や遺体が発見

簡単にまとめると、イスラエル内のドゥルーズ派という宗教共同体において、3歳の子供が「4年前」の過去世の記憶を持っており、その記憶は、自分は隣人に斧で殺害され、遺体は埋められた、というものだった。ここからが驚きなのだが、少年は自分が埋められた場所と犯人を特定し、実際にそこから斧や遺体が発見され、さらに言い当てられた犯人は自身の犯行を認めた、というのだ。



この話はガザ地区の医療システムを構築した、イーライ・ラッシュというイスラエル人医師が遭遇したもので、彼の友人によって有名になったという。




子供の過去世記憶は学術的に研究されている

このように、過去世の話をする子供はこれまで度々メディアでも取り上げられてきた。実は、子供の過去世の記憶については、学術的に研究されている。代表的なのが、アメリカのヴァージニア大学の研究だ。イアン・スティーブンソン教授を中心に1960年代から40年以上生まれ変わりの研究をしている。また、この研究を引き継いで行っているジム・B・タッカー氏はその著作『転生した子どもたち』の中で1100の事例を分析し、紹介している。



この著作で紹介されている事例に、レバノンのスザンネという5歳の少女の話がある。スザンネは過去世でアメリカ人女性として生きた記憶を詳細に持ち、実際にその女性の遺族に面会した。スザンネは過去世について40項目の発言を行い、そのいずれもが正しいと確認されたという。このような過去世の記憶を持つ子供たちは2~4歳の間にその記憶を話し始め、6、7歳頃には過去世の話をやめてしまう、と述べられている。



同書によれば、過去世の死に方が分かっているケースでは、約70%の事例で非業の死を遂げているという。これは各国の死因における変死の割合よりも多いが、記憶が残っている事例において、冒頭に紹介した少年のようなケースは典型的と言えそうだ。



このような、いわゆるオカルトもの(オカルトの正確な意味は、「神秘的なこと、超自然的なさま」。広辞苑より)は、日本において一般には信憑性の薄い、あくまでも「バラエティ番組向け」と言えるような扱いだ。



しかし、世界に目を向けてみると、UFOや生まれ変わりといったオカルトものを真剣に研究するところが存在する。目には見えない霊の存在や生まれ変わりを想定しなければ説明がつかない事例がこれだけたくさんあるのに、「そんなもの嘘だろう」と頭から決めてかかるのは、それこそ非科学的な見方ではないだろうか。(瑛)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『霊的世界のほんとうの話。』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=105



幸福の科学出版 『覚えてるよ! 生まれる前のこと』 池上明著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=459



【関連記事】

2014年3月号記事 渡部昇一氏に聞く - ベンジャミン・フランクリンと在原業平
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7265




2015年1月29日付本欄 NGT48発足へ 急拡大のAKB48秋元康Pは「世阿弥」の生まれ変わり!?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9138


2014年4月7日付本欄 生前記憶を持つ子供たちが語る「かみさまとのやくそく」とは?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7651


2013年12月1日付本欄 「人は転生輪廻している」 驚愕の証拠の数々が米で出版
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7021


2013年2月号記事 唯物論、唯脳論はもう古い - 最新医学が明かす「死後の世界」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5364


AKB48ヒットの秘密 [ 大川隆法 ]



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

戦後70年、ようやく届けられた亡き戦友への供養の心

戦後70年、ようやく届けられた亡き戦友への供養の心

幸福の科学公式 体験談サイト | ボイシー(voicee) から転載

e7HXc4hH-475x267.png


この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第204号より転載し、編集を加えたものです。

先の大戦は日本の侵略戦争ではない

先の大戦で、私たちは、戦友とともに陸軍兵士として命をかけて戦いましたが、戦後、「あれは日本の侵略戦争だった」と言われ続けました。けれども事実は、諸外国から石油などの資源の輸入をすべて止められた日本が、やむにやまれず始めた戦争であり、人種差別的な植民地支配からアジアを解放するための尊い戦いでした。

実際に戦場で戦った私は、「若くして没した幾百万の英霊の供養すらしてはいけない」という風潮や、「日本軍は戦地で悪事の限りを尽くした」という話には、どうしても納得しかねます。

当時、まだ20代だった日本の若者たちが、どんな思いで戦い、散っていったのか。少しでも、これからを生きてゆく皆さまに知っていただきたいと思い、私の戦地での体験と、戦後70年の人生を、お話ししてみようと思います。

公のために――陸軍に入隊

私が大日本帝国陸軍に入隊したのは、1941年1月。歩兵として活躍し、お国のために尽くしたい、という思いからでした。自分から軍隊に行きたいと思う気持ちは、今の若い皆さんには理解できないかもしれません。でも私たちの時代は、子供の頃から授業の中で、国や社会、公のために生きることの尊さを教えられていましたし、私は、幼いころから恐れ知らずで、曲がったことが大嫌い。「正義のために戦う」ということに、強く心魅かれていたのです。

大東亜戦争が始まったのは、入隊した年の12月でした。私は、翌年から、中国でいくつかの任務に携わったのち、海路シンガポールに上陸。そして、1944年3月、最も過酷な戦いとも言われる「インパール作戦(※)」に参加することになりました。

※インパール作戦 1944年3~7月、日本軍が北ビルマからインド北東部インパールへの侵攻を企図した作戦。撤退路の多くで将兵が飢えと病に倒れた。

コヒマの攻防

この作戦は、ビルマからインド北東の要衝・インパールに進攻し、連合国側の、中国への補給路を遮断することが目的でした。

戦闘は予想以上に長期化しました。

軍からの補給は途絶え、弾薬も底を尽き、空からの応援もありません。一方、制空権を持つ敵のイギリス軍は、空から十分な支援物資を投下して、補給は十分。戦車や近代的兵器で猛攻してきます。

我々は、山腹に壕を掘って応戦しましたが、一時間に数万発にも及ぶ敵の砲撃は想像を絶するもので、毎日、誰かが死んでいきました。しかし、誰一人として降伏しようと言う者はいませんでした。それが我々日本軍の誇り、精神力の強さであったと思います。

友軍の「日の丸」

膠着したコヒマでの戦闘が続いていたある日の午後。友軍(※1)機がやってきました。全員、拍手喝采し、機に向かって、ちぎれんばかりに手を振りました。日の丸の赤が目にしみ、目頭が熱くなります。懐かしい家族が待つ日本!愛する祖国・日本!我々は、その日本を護るため、こうして命をかけて戦っている!

友軍機は敵陣を空爆した帰路、地上で交戦する我々への激励のため、「通信筒(※2)」を投下してくれました。

しかし――。

「高兵団(※3)、残存機数十六機。再ビ来タルコトデキズ。諸氏ノ奮闘ヲ祈ル」。通信筒には、そのようなメッセージがありました。我々は、補給を断たれたまま、山岳地帯に取り残されたのです。

「いよいよ、ここが死に場所だ」

6月初旬。ついに我々はコヒマ撤退を余儀なくされました。私は砲弾で、右足を負傷。傷が化膿し、足は樽のように腫れ、アメーバ赤痢にも苦しめられました。

皆、痩せこけて亡霊のような姿でした。雨季に入り、大量の雨が刺すように降るなかでの撤退戦。その話は、これ以上、言葉にはできません。

私は、奇跡的に生き延びました。そして、インパール作戦終了後も、約1年の間、サガイン(※4)などで尚もイギリス軍と交戦したのです。必死の抗戦も虚しく、我々は、翌1945年7月ごろ、ビルマ南部のモールメン(※5)に追い込まれ、ここが「最後の砦」となりました。

私は、少なくなった仲間とともに、日の丸の鉢巻きをキリリと締め、「いよいよ、ここが死に場所だ」と、海を背に、文字通り「背水の陣」を敷きました。今度こそ死を覚悟しました。

しかし、その数日後。「毎日来ていた敵機が来ない」といぶかる我々に、知らせが届きました。

終戦――。全身の力が抜けました。

※1友軍 味方の軍隊。
※2通信筒 飛行機などから通信文を入れて地上へ投下するのに使う円筒。
※3高兵団 ビルマ、サイゴンを作戦地域とした大日本帝国陸軍(第2航空情報連隊・第5飛行師団)の呼称。
※4サガイン ミャンマー中部の都市。「サガインヒル」には多数のパゴダ(仏塔)が立ち並ぶ。
※5モールメン 南部ミャンマーの中心都市。(=モーラミャイン)

懐かしの祖国・日本へ

その後、私は、捕虜としてビルマに留まりましたが、現地の人たちは、我々日本の捕虜に、とてもよくしてくれました。彼らは、「日本が戦ってくれたおかげで、永年、植民地支配をしていたイギリスをビルマから追い出せた」と、日本に感謝していたからです。

そして、翌1946年6月28日。ついに私たちは、復員船に乗り込み、モールメンの港を後にして、日本を目指しました。

7月14日。復員船は広島県の大竹港に着岸し、懐かしい日本の土を踏みしめました。五年ぶりの祖国です。私たちは涙を流して抱き合い、喜び合いました。

復員の翌日から仕事を開始

翌朝、満員の復員列車に乗り込み、郷里の奈良へ。自宅に戻ると、弟は2カ月前に無事、復員していました。しかし父は、8カ月前に、老衰で他界していたのです。無念でした。

けれど私は、その感傷にひたる間もなく、復員の翌日から、陸軍に入隊する以前に勤めていた税務署で仕事を始めました。「一日たりとも休みたくない」。強い気持ちがありました。「生き残った者のせめてもの仕事は、懸命に働き、焼野原と化した日本の復興に尽くすことだ」「戦地での毎日を考えれば、休んでなどいるのは申し訳ない」――そんな思いがあったのです。

友の霊を想って

けれど、どんなに仕事に打ち込んでも、ビルマで死んでいった戦友たちの姿は、片時も心から離れることはありませんでした。

生き残った戦友たちと私は、寄付を募り、数多くの英霊が眠るビルマに、慰霊碑を建立。その後も私は、日本国内でも、毎年夏の供養を欠かしたことは一度もありません。

ただ、「戦友たちは本当に救われているのだろうか。彼らの御霊は、何処へ行ったのだろうか」という疑問が消えることはありませんでした。

戦後の日本を憂う

テレビや新聞では、相変わらず、先の戦争や靖国問題などについて、近隣諸国におもねるような報道をし続けていました。近隣の国からの不当と思える圧力に対して、何も言い返せない政治家やマスコミについて、私は「本当に情けない」と思いました。

せめてもの救いだったのは、あの戦争について書かれたいくつかの本のなかで、戦場となったアジア諸国の首脳・高官や、我々が戦った連合国の将校などが、「日本軍はとても規律正しく、勇敢だった」と、たくさんの正当な評価をしてくれていることです(※)。

ところが、不思議なことに、そうした日本にとってプラスとなる正しい情報は、日本国内では、ほとんど報道されません。「こんな理不尽があってよいのか。この国はこのままで大丈夫なのか」。この国の行く末への憂いは募るばかりでした。

※インパール作戦で日本軍と交戦したイギリス軍の司令官は、「日本軍将兵は、その忠誠、勇敢、規律厳正さにおいて、古今東西無類の精強でした」と語っている(出典『世界から見た大東亜戦争』)。同様の発言は枚挙にいとまがない。

戦後70年を生きて

そのような思いを抱えて、私は戦後を生きてきたのです。

私は、大阪国税局の次長を最後に退官し、静かに暮らし始めました。

10年ほど前には、妻も病気で他界。戦友たちの多くも亡くなって、毎年の慰霊祭に参列する人も、近年では、ほんの数人になってしまいました。あの戦争から60数年――。私も90歳を越えました。そんな矢先、大きな転機をいただきました。

2011年、私は、近所に住む女性に、「大川隆法先生が、『あの世』や『霊』について、はっきりとお説きになっている」「先の戦争についても正しいことを教えてくださっている」と聞きました。

私は、「大川先生の説かれるその教えを、もっと勉強してみたい」と思い、翌2012年、三帰誓願(※)をして幸福の科学の信者となりました。

※三帰誓願 仏・法・僧の「三宝」に帰依して、修行を続けることを誓うこと。

ようやく仏の御許に

大川先生の書籍を読んで、「あの世や霊は実際に存在し、霊は肉体が死んだ後もあの世で生き続ける。そして、この世とあの世を何度も転生輪廻している」と学びました。

「戦友たちの霊も、消えてなくなってしまったのではなく、あの世で生き続けている……」私は、救われた思いがしました。

それならば、今一度、幸福の科学で供養をさせていただき、友らに、地球で一番高いところにおられる神様、エル・カンターレの御光を手向けてあげたい。

2013年8月。私は幸福の科学の「先祖供養大祭」で、英霊の供養をさせていただきました。亡くなった戦友の名簿も奉納させていただきました。この名簿は、自分が死んだら、棺に入れてもらおうと、ずっと大切に大切にしてきたものです。

ビルマに散った多くの戦友たちの顔が、鮮やかによみがえります。多くの友よ。霊天上界で、元気で待っていてくれ。あの世で再会し、抱き合おう――。

「英霊たちの霊よ安かれ――」

私は、幸福の科学の礼拝堂の御本尊の御前で手を合わせました。

ようやく戦友の御霊を仏の御許に送ってあげられた。これで生き残った者の使命をやっと果たせたと、感謝の気持ちが溢れました。

日本の誇りふたたび

大川先生は、講演会や著書のなかで、近隣の覇権主義国家による日本侵略の危機についても警告されていました。その危機を回避するためにこそ、日本人は、今一度、神仏を尊ぶ心、国を愛する心を取り戻し、自国・日本への「誇り」を取り戻すことが大切である、と説かれていました。

2013年8月15日 には、「大川談話」を発表されました。

「政府の見解とされる『河野談話』『村山談話』は、歴史的事実に基づくものではなく、亡くなった英霊とその遺族に罪悪感を与え、歴史認識を大きく誤らせた。大東亜戦争は、アジアの同胞を解放するための『聖戦』だった」という内容のものでした。

70年前、日本は戦争には敗れました。けれど、日本が戦ったことで、アジアの国々は欧米の植民地支配から解放され、独立できたのです。大川先生の言われることこそ、まさしく正しい日本の歴史です。よくぞ、断言してくださった。この言葉を、天国の戦友たちに届けたら、どんなに喜ぶことか……。

これで友らも救われる――。胸のつかえが取れました。

亡くなった戦友たちの名誉のため、そして、この国の名誉のために、私は、あらためて言いたいと思います。

「日本軍は、本当に誇り高かった。大義のために命をかけて戦った。私の戦友たちは、悪いことをしたのでは断じてない!」

私が育った時代には、誰もが「国を愛することは尊い」と信じ、愛国心に溢れていました。それは、世界中、どこの国でも当然のことです。

これからの日本を背負っていく皆さま。ぜひとも自分の国への誇りを取り戻し、素晴らしい日本をつくっていってほしいと切に願います。

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第204号より転載し、編集を加えたものです。


「河野談話」「村山談話」を斬る! [ 大川隆法 ]


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

結婚なんて、と思っていた私が幸せな家庭を手に入れた

結婚なんて、と思っていた私が幸せな家庭を手に入れた

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第130号より転載し、編集を加えたものです。

DMnbp51t.png

結婚に消極的だった私

わが家は、夫と小学生の娘2人、私の4人家族。いつも子供たちの元気な声が響いています。

独身時代の私は、結婚に消極的でした。

しかし、仏法真理に出会ったことで、人生が180度変わったのです。

ショッピング三昧で青春を謳歌

私は高校を卒業すると、地元で公務員になりました。

平日は仕事をバリバリこなし、休日の一番の楽しみはショッピングです。月に数回は、銀座にまで出かけていました。

「いらっしゃいませ! 冬の新作が届いてますので、どうぞお試しください」

「まあ、いいデザインね」

お気に入りのブティックやデパートを回って、洋服、靴、バッグ、スカーフなどを買うのです。もちろん、すべて有名ブランド品でした。

ところが、どんなに気に入って買っても、新しいものが出たら、また欲しくなります。

家には服やバッグも山のようにありましたが、次から次へとショッピングする私に、「また買ってきたの」と母もあきれ顔。

「だって、ステキなんだもん」

一人娘の私。自分のお給料を全部、お小遣いに使って、青春を謳歌していました。

いまのまま独身でいたって十分幸せだわ

「Y、いいお見合いの話があるのよ」

母がしきりに縁談をすすめるようになりました。それにもかかわらず、気のない返事をくり返す私。

母はよく「もう、Yったら。お母さんは、あなたのことが心配で、夜も眠れないのよ」とこぼしていました。

「私は、別に結婚なんかしなくたっていい。仕事だって楽しいし、生活は困ってるわけじゃないし。いまのまま独身でいたって、十分に幸福だわ」

それに、「結婚して家庭におさまる」というのが、あまり魅力的に思えません。

「いつも家の掃除して、ご飯作るだけなんて……それより、ブランド品を身につけて、さっそうと仕事に出るほうが、ずっと私に合ってるわ」

大川総裁の霊言書籍にドキッとした

そんなある日、以前、仲良くしてもらっていた職場の先輩と、久しぶりに食事をする機会がありました。

「最近、どう?」「おかげさまで。楽しくやってます」と、近況を伝えあっているうち、ポロッとグチが出ました。

「母が『結婚、結婚』って、うるさいんですよ。独りだっていいと思いません?」

先輩は笑いながら、カバンから本を取り出しました。

「これ、おもしろいから読んでみてね」

大川総裁の霊言書籍でした。

帰宅後、なにげなく読んでみると、女性の幸福について書いてありました。

そこには「主婦業や子育ては、会社の仕事より勝るとも劣らない」とあります。

まるで自分のことを言われているように感じて、ドキッとしました。

私の今後のために、なにかヒントがあるかもしれないと思った私は、大川総裁の本をかたっぱしから読みはじめ、半年後、幸福の科学に入信したのです。

これからどう生きていくのが一番いいんだろう

「私はこれから、どうして生きていくのが一番いいんだろう……」

外側の華やかさばかりに目が向いていた私が、仏法真理に触れて、もっと内面の深いものに惹かれるようになりました。

それと共に、ブランド品を買いあさっていた自分が、薄っぺらい感じがしてきたのです。

仏法真理を学んで、いちばん新鮮だったのは、女性の生き方でした。

楽しく働いて、自分の買いたいものを買って、という生き方と比べて、専業主婦はつまらないと思っていたのですが、家庭を守る仕事は、値打ちのある尊い仕事なんだと思うようになりました。

「女性には、いろんな生き方があるけど……やっぱり私も“結婚”して、家庭ユートピアを創っていく生き方がいいかな」

しかし、なかなか思うようなチャンスはありませんでした。

30歳が目前にせまったとき、母が思いあまったように言いました。

「Y、30になって結婚が決まってなかったら、この家から出て自立しなさい」

私のために言ってくれていると分かってはいても、やっぱりショックでした。

「私も考えていないわけじゃないのよ。いい人がいたら、するわよ……」

私が25歳を過ぎたころから何度も縁談を持ちかけてきた母。いつもはぐらかしていた私に、ついに厳しく出てきたのです。

しかし、とうとう30歳の誕生日を迎えてしまった私。

母から「出て行くように」と言われた期限が過ぎてしまいます。

「このままじゃいけない。なんとかしなくては……」と思い、お正月を迎えたときに「今年、絶対に結婚する」と一大決心をしました。
「どなたか紹介してくださいませんか」

どうしてうまくいかないのか、改めて考えてみると、ひとつ、分かったことがありました。私は受け身だったのです。

「誰か、いい人いないかなぁ……」と、自分を幸せにしてくれる人が、いつか現れるのを期待して待っているだけでした。

仏法真理では、夫婦の魂は天上界で約束してくると説かれています。でも、それはあくまでも予定であって、今世の生き方によっては変わってくる可能性もあるといいます。

だから、100パーセント決まった運命のように思い込むと、なにも努力しないでも自然に出会えると誤解する場合があるようです。

「待っているだけではダメだわ。自分から動かないと。それに、大川総裁も言っているように、『幸せにしてもらいたい』じゃなくて、『私が相手を幸福にしてあげたい』と思わなきゃ。これからは与える自分になっていくんだ」

清水の舞台から飛び降りる心境で、私は行動を開始しました。

「あのー、折り入ってお願いがあるんですが……。私、結婚したいんですけど、どなたか紹介してくださいませんか」

「そうだねぇ……いい人がいたら紹介するよ。ほかの人にも声かけてみるね」

職場の上司や親類、法友──いろんな方に頭を下げて回りました。

真剣にお願いすると、みなさん、ちゃんと話を聞いて、協力を約束してくださいました。

「やっぱり、行動してよかったわ」

さらに、天上界からのご指導をいただけるよう、幸福の科学で、「結婚祈願」をしました。

「縁あって出会った方と、家庭ユートピアを創ることを誓います……」

自分から行動を起こした努力のかいがあったのか、それから、縁談を紹介してくださる人が増えてきました。

ティー・パーティでの出会い

「Yさん、今度、うちでティー・パーティをやるんだけど、あなたにぜひ紹介したい人がいるの」

近くの法友から、お誘いがかかりました。

なんだか、ときめく感じがします。

その当日──。

「Yさん、こちら、Kさんよ」

「こんにちは。初めまして……」

その瞬間、さわやかな風がサァーと吹いてきたように感じました。

Kさんは落ち着いた、もの静かな感じの人でした。

「あっ、いいなぁ……」と、わけもなく思いました。

「転勤で、最近、近くに越してきたばかりなんです。どうぞよろしく」

彼も幸福の科学の信者でした。

初対面なのに、不思議と会話が途切れません。帰り際に、お互いの連絡先を交換しました。

そこから始まった私たちのお付き合い。一緒に海を見に行ったり、大川隆法先生の御法話拝聴会に出かけたり──。

彼に対しては、以前、お見合いした人たちとは明らかに違うものを感じていました。彼といる時間は、自然体でいられます。話をしていても、分かりあえる気がするのです。

以前のときは、いくら「条件がいいから」といわれても、2、3回会うと気持ちが重くなってしまうことが多かったのですが、彼はその逆でした。

カレンダーを眺めては、次のデートを待ちこがれる日が続きました。

やがて、私は、彼との将来を思い浮かべるようになりました。

「結婚式、新婚旅行、子供が生まれて大きくなって、子供が巣立って、私たちがおじいさんと、おばあさんになって……」

想像していくと、どんどんストーリーが展開します。

大川総裁も、「心のなかで結婚生活をイメージしてみよう。年をとっても、相手と一緒に暮らしている姿を想像できるか」と説かれています。

「彼となら、死ぬまで一緒に居られそう。結婚する相手って、こういう人のことをいうのかもしれない」

大晦日のプロポーズ

その年の大晦日でした。

お店で、Kさんと二人で年越しそばを食べていると、彼がひと言。

「二人なら、きっとうまくやっていけると思うよ」

プロポーズでした。喜びが込みあげてきます。もちろん、私はOKです。

「はい……よろしくお願いします」

その夜、除夜の鐘を聞きながら、父と母に報告しました。

「きょう、Kさんからプロポーズされたの。私も、結婚したいと思ってる」

両親は、とても喜んでくれました。

彼から自宅に何度か電話がかかっていたので、親も人柄を知っていたようです。

新年の誓いから、ぴったり一年。

「やっと、肩の荷が下りたわ」と笑顔の母。ひとつ親孝行ができた気がしました。

幸福の科学の支部で結婚式

私たちは、幸福の科学の地元の支部で結婚式を挙げました。

「おめでとう!」

「とってもキレイよ!」

法友のみなさんが、ウェディング・ドレスやベール、ブーケから、お料理も全部、用意してくださいました。

歌あり、笑いあり、お祝いのクス玉まで準備してあったのには、びっくりです。

アットホームなあたたかい祝宴で、みなさんの気持ちが胸にしみました。

「こんなにしていただいて、ありがたいね。幸せな家庭を築いて、ご恩返しをしよう」と彼。

私もまったく同じ気持ちでした。

“家庭”という幸福のなかで

結婚後、大らかな主人のおかげで、私たち夫婦は、ケンカもしないで暮らしてきました。

2人の娘に恵まれ、その子供たちも、はや小学6年生と4年生になりました。

夢中で子育てをしているうちに、13年の月日が過ぎていったというのが、正直な感想です。

育児で悩んだ時期もありましたが、そのたび、主人や母に相談したり、幸福の科学の研修を受けたりしながら、一つひとつ乗り越えてきました。

いつも信仰を支えに生きてきた私たち。いまは、家族そろって精舎に参拝するのが喜びになっています。

そして、主人──。

忙しくても、可能なかぎり家族と話す機会を作り、相談ごとにもキチンと応えてくれている主人を、私は心から尊敬しています。

最近、主人が言ってくれた言葉──。

「家庭は、僕のよりどころだよ。仕事でどんなに疲れていても、家に帰ると安らいで、回復するんだ。また頑張れると思う。家族がいたから、いままでやってこられた」

私はうれしさでジーンとなりました。

結婚してよかった。今ではしみじみと思います。

家庭生活には、いろんな宝物が埋まっていて、毎日が発見の喜びの連続です。今後、子供たちが成長していくと、もっと楽しみが増えることでしょう。

これからも、夫婦で力を合わせて、信仰心あふれる愛に満ちた家庭を築いてまいります。

そして、私たち家族の姿が地域を照らすまでになれたら、と願っています。

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第130号より転載し、編集を加えたものです。


人生の迷いに対処する法 [ 大川隆法 ]


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

大川隆法総裁、御生誕祭講演会「人類史の大転換」で世界の未来についての指針を説く

大川隆法総裁、御生誕祭講演会「人類史の大転換」で世界の未来についての指針を説く
ザ・リバティweb


大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の誕生日を祝う、御生誕祭・大講演会「人類史の大転換」が7日、開催された。さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)を本会場に、全国・全世界3500カ所に同時中継され、地球規模の祭典となった。



大川総裁は、「ワールド・ティーチャー」として、これまでに世界5大陸すべてで教えを説き、世界の国々に進むべき方途を示している。その教えの内容は、霊界の真実、人生論、政治・経済、経営、教育、未来科学など多岐にわたっており、説法回数は2300回を超え、著作シリーズは累計1900冊を突破している(6月末時点)。



大川総裁は冒頭、戦後70年間、自虐的な考え方にとらわれ、国力相応の「利他の行為」をなしてこなかった日本の現状を指摘。今後、日本の未来が続き、他国にとっても手本となるような選択をするべきだと語った。



講演では、日米の国内問題、平和を脅かす中国やギリシャの債務問題などをはじめとする国際問題に具体的に触れつつ、世界が混沌としているのは、結局は人々の智慧や認識力が不足しているからだとした。



幸福の科学が数多くの霊言集を出している意味は、「霊性の時代が来たことを告げる」ことと「民主主義には、『神なき民主主義』と『神のいる民主主義』があることを教える」ことにあると述べ、憲法で保障されている「基本的人権」の真の意味を示した。



最後に大川総裁が「みなさまがたが、この地上において最大の人生修行をなし、見事に魂修行を終えて、あの世において神近き存在として、地上にいる人々を導いていけるような偉大な存在になりますことを、心の底よりお祈りいたします」と結ぶと、会場からは大きな拍手が沸き起こった。



本講演では、他にも次のような論点への言及があった。

世界における大きな二つの潮流とは。
先の大戦についての神々の意図とは。
日本で議論されている「安保法制」や「立憲主義」をどう見るか。
アメリカが選択した同姓婚合法化の未来は。
ギリシャの債務問題の本質。
「法治主義国家」と称する中国の危険性。
幸福の科学が目指す「宗教立国の精神」とは。



本講演は、全国の幸福の科学の支部・精舎・拠点においてDVDで拝聴できる(支部・精舎の連絡先は、幸福の科学サービスセンター03-5793-1727(火~金10-20時、土・日10-18時)、または同グループサイトの支部・精舎アクセス http://map.happy-science.jp/ まで)。



【関連記事】

2015年7月2日付本欄 ギリシャと対立しているIMFって何? チプラス首相の言い分にも一理あり

2015年6月27日付本欄 同性婚が米連邦最高裁で容認 キリスト教で同性婚は本当に罪?

2014年7月8日付本欄 大川隆法・幸福の科学総裁が、さいたまの講演会で世界に向けて「繁栄への大戦略」を説く


【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

嫁姑の葛藤を乗り越えられた――支部長からのアドバイス

嫁姑の葛藤を乗り越えられた――支部長からのアドバイス

幸福の科学公式 体験談サイト | ボイシー(voicee)から転載

fEThpoM2-475x267.png


この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第137号より転載し、編集を加えたものです。

夫の実家で同居することに

私は18歳の時に上京して、25歳の時に結婚しました。主人とは、幸福の科学の支部で知り合いました。

妊娠5カ月頃から、経済的な理由で主人の実家に同居することに。

私自身、同居に対して抵抗はありませんでした。私の母が隣の家に住む舅や姑と仲良くやっている姿を見ていたので、自分も何とかなるだろうと楽観的に考えていました。

何も言い返せない私

ところが、いざ同居を始めるとちょっとしたことが気になり始めたのです。

義母は、明るくざっくばらんな性格で、私たちの生活に自由に入ってくる人でした。

「Hちゃん、食器洗ってなかったから、やっておいたよ」

私は、すみません……としか言えず、二世帯住宅で別々の台所なのにどうしてこうなるのかと思いました。

それ以外でも、頼んでいないのに主人の靴を磨く義母。

まるで、私が家事をサボッているように思えて、義母の善意であってもいたたまれない気持ちになりました。

そのうえ、長男が生まれると、私たちの部屋にノックをしないで入ってくることも度々。

面と向かって言い返せない私は、いつも黙っているしかありません。

そんなある日、私の母乳をたまたま目にした義母から、水みたいで薄くないか、と言われました。

まるで自分自身を否定されたように感じてショックでした。

私は主人に泣きつきましたが、主人にすれば、私が大げさすぎるとのこと。

私はますます苦しくなっていったのです。

居場所がない

そのうち、私は義母と接するとビクビクして、「おはようございます」のあいさつさえ言えなくなりました。

義父が「Hちゃん、最近、笑った顔をみないけど大丈夫か?」と心配してくれましたが、どうにもなりません。

ちょうどその頃、夫が車を買い、車の中だけが私たち家族の空間のような気がしました。

「ねぇ、どこかに行こうよ」

家に居るのが嫌で、車で外出するのをせがむ私……。

また、子どもを連れて八丈島の実家に帰る頻度も高くなっていきました。

ある時、実家から帰ってみると驚くべきことが……。

「えっ、いったいどうしたの!?」

私たちの部屋のカーテンやソファーのカバーがすっかり模様替えされていたのです。

夫に聞くと、義母がやってくれたとのこと。

帰ってくるなり自分の居場所がなくなった気がして、落ち込みました。

幸福の科学で、「嫁と姑は実の親子より縁が深い」「互いに学び合うことが多い」と学んでいましたが、素直に受け入れられませんでした。

姑の立場に立って考えるようアドバイス

落ち込んでいる私を心配して、東京に住んでいる姉が相談相手になってくれました。

姉は、私に幸福の科学を紹介してくれた人でもあります。

「今度、うちで地域の方の集いがあるから、Hも来てみない?きっといろいろ参考になると思うよ」

姉に誘われて、幸福の科学の集いに参加してみると、そこに来ていた支部長が相談にのってくれました。

「私、お姑さんといると、自分が嫌われているような気がして、つらいんです」

支部長は、私の話を受けとめるように聞いてくれます。

「Hさんは、お姑さんの立場に立って考えたことがありますか?」

私ははっとしました。そんなことは思ってもいなかったからです。

「お姑さんがどんな気持ちでいるのか、どんな人生を送ってきたのか、相手の立場に立って考えてみてはどうでしょうか。きっと、今まで見えなかったものが見えてきますよ」

義母は、思ったことを口にするタイプ。義母の言葉を一つひとつ考えれば、もっと理解できるような気がしました。

私は、支部長に言われた通りにやってみることにしたのです。

義母のさみしい思い

以前、私たちが家族でドライブに出かけようとしたとき。

玄関で見送る義母の顔が、とてもさみしそうに見えました。

私は以前聞いた義母の話を思い出しました。

「私は結婚しても、“母子家庭”みたいだったのよね」

義父は仕事が忙しく、家族で出かけることはほとんどなかったそうです。

(お義母さんにさみしい思いをさせていたかもしれない)

今まで義母から逃げるように出かけたり、実家に帰っていたことに対して、申し訳ない気持ちになりました。

「そういえば、お義母さん、最近元気なさそうだ。私のこと、気にしているのかな」

帰宅後、私は、義母との関係を振り返ってみました。

違って見えた義母の姿

私は、今まで耳にした義母の話を思い返してみました。

とても働き者で、六十半ばを過ぎても家庭保育の仕事をしている義母。

自分の子どもを育てるだけでも大変なのに、一時期、姪を預かって育てていたといいます。

――ほんとうに子どもが好きな人なんだ。

ノックなしで部屋に入ってくるのも、孫へのかわいさ余っての行動に思えました。

子育てについて口出しするのも、保育のベテランとしては当然のことかもしれません。

また、数年前、義母は次女を病気で亡くしていました。彼女と私は同じくらいの年齢。

「――私のことを実の娘のように思って、いろいろしてくれていたのかも知れない」

そんな思いが、ふと心に過ぎりました。食器を洗ってくれたり、主人の靴を磨いてくれたり――。義母の行動の一つひとつが、今までとは違ってみえてきたのです。

「――部屋の模様替えをしたのも、島から帰ったHを元気づけてあげたいと思ってやったことなんだよ」

主人からそう聞いて、思わず涙ぐんでしまいました。

おすそ分けし合う棚に好物のメロンパンが

台所が別々のわが家には、お互いに食べ物などをおすそ分けし合う棚があります。ある日、そこに私の大好物のメロンパンが置いてありました。

私の顔から笑顔が消えて、誰よりもショックを受けたのは義母ではないか、と思いました。

「……お義母さん、ありがとうございます。」

すぐにお礼を言うと、義母は照れくさそうに笑います。

「私ね、この間、Hちゃんが私とケンカして、家を出て行ってしまう夢を見たのよ。ほんと嫌だったわ」

「そんな……。私こそ心配かけちゃってごめんなさい」

久しぶりに義母とおだやかな気持ちで話すことができたのです。

「実は私も、お義母さんに怒られている夢を見ることがあります」と言うと、「お互い様ね」と二人して笑いました。

その後も、時々、私の好きなメロンパンと大学芋がそっと置いてあることがありました。

母の日の手紙

私は、今までの反省と感謝の気持ちを込めて、母の日に手紙を書いて渡しました。

「おかあさん、突然、笑えなくなったり、あいさつできなくなったりしてごめんなさい。
私は、今までおかあさんの愛に気づかず、心の中で反発していました。
でも、いまは一緒に暮らせることに対して感謝の気持ちでいっぱいです。
きっと、おかあさんからたくさん学ぶことがあって、今世、家族になることができたんですね。
おかあさんの笑顔、ほんとうに素敵だと思います。
これからも明るい元気なおかあさんでいてください。」

義母がどんな反応をするのかドキドキしましたが、「心のこもった手紙ありがとう。うれしかったわ」と言われて、私のほうがうれしくなりました。

それ以来、義母との距離がだんだんと縮まっていきました。

「Hちゃん、今晩のおかず、一品いただけないかしら」

「いいですよ。でも、その代わりお義母さんのつくったけんちん汁をくださいね」

おかずの一品交換が、わが家の習慣になりました。

特に、義母は揚げ物や餃子、カレーなどはあまりつくらないので、私が担当すると喜んでくれます。

また、義母のつくるけんちん汁はとてもおいしく、主人も大好き。マネしようとしても同じ味にならず、いつもおすそ分けしてもらっています。

(台所が二つあるって、考え方によっては便利なことだな)

料理をきっかけに、義母と気軽に話せるようになっていきました。

いつまでも元気でいてね

翌年、義母と一緒に総本山・正心館に参拝に行きました。

わが家には、義母の母親で、現在102歳の“大ばあちゃん”がいるのですが、一家全員での参拝です。

義母は、最近膝の調子が悪く、歩くのが辛いということで「無病息災祈願」を受けました。

「ありがたいねぇ」と仏に手を合わせている義母。

「お義母さん、また来ようね」

「そうだね。これからもHちゃんと一緒にいろんなところに出かけたいからね」

ニコニコした義母の笑顔がとても輝いて見えました。

いま、私は義母と同じ、家庭保育の仕事をしています。家事のみならず、仕事の先輩としてとても頼りになる存在です。

「やっぱりお義母さんとのご縁ってとっても深いんだなぁ」と、知らず知らずに影響を受けている自分に少し驚いています。

「お義母さん、いつまでも元気でいてくださいね」そう心から願っています。

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第137号より転載し、編集を加えたものです。



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!

失明した私でも、努力で道が開ける!

失明した私でも、努力で道が開ける!

幸福の科学公式 体験談サイト | ボイシー(voicee)から転載

fneC0ZLG-475x267.png


この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第113号より転載し、編集を加えたものです。

家業を継ぐ夢

私はみかん専業農家の長男として生まれました。

幼い頃の私には、果樹園は恰好の遊び場でした。小学生の頃、木登りに夢中になりました。

木に登れば登るほど高くなってしまう空や、遠く有明の海から吹いてくる風の気持ちよさ、どこまでも広がる景色に吸い込まれ小さくなっていく自分──。

自然の底知れぬ大きさを感じ、中学生の頃には、「将来、立派な果樹栽培者になるけん!」と決意し、自ら進んで農業高校に進学しました。

1年生のときに、弁論大会で農業の今後の展望と自分の夢について語り、県の最優秀賞を受賞。先生方も私の意欲を買って、いろいろと応援してくれました。

すべてが順調のはずでした。

運命の一日

高校2年の秋の日。夕方、急に黒板の字がぼやけてきて、よく見えなくなりました。

「よう見えん。今朝は普通に見えとったのに」

それまで両目とも2.0あった私は、近眼とはこんなに早く進むものなのかと驚き、町医者で診てもらいました。

「視力検査の結果は、左目が0.01、右目が0.9ですね」

翌日、私は学校を休み、紹介された熊本市内の国立病院に行きました。

「視力は低下していますが、視神経の病気の場合、片目にきても両目とも悪くなることは少ないですから大丈夫でしょう」

それからは、検査のために毎日通院することになりました。目に痛みもなく、はじめはそんなに深刻な病気だとは思っていませんでした。

ところが、日に日に信号の色が分からなくなり、通院の道のりが怖くなってきました。

「こんまま、見えんようになると?」

大丈夫だと言われていた右目までどんどん視力が低下。2週間後には、急遽、大学病院に入院することになりました。

やるせない日々

入院中は、検査と集中治療の毎日。視力は浮き沈みを繰り返しました。

入院から1カ月、ついに視力がゼロまで落ちました。心配した親戚や友人がお見舞いに来てくれましたが、私には誰が来たのかもよく分かりません。

「Sの父さんと母さん、仕事も手につかんばい」

「担任が、Sの病気を聞いて一晩泣いたげな」

「この子、親の顔も分からんようになってしもうて……」

両親は相当ショックだったようです。でも、私にはどうすることもできません。

「オレ、みかんつくりになるけん」と言ったときの父の嬉しそうな顔が、何度も、何度も頭に浮かびました。

約7カ月後、なんとか視野の外側がわずかに見えるようになったものの、それ以上の治療効果は見込めず、退院して自宅療養することになりました。

体は悪くないのに、することがないので、一日中寝ているような日々が続きました。ものが見えず、食事も、電話をかけるのさえも一人では満足にできません。家にこもって鬱々としている間に、どんどん時間は流れていきました。

ある日、私は急にみかん山が見たくなり、久しぶりに果樹園に行きました。

12月の厳しい寒さに耐え、収穫間際の果実をたわわに実らせた甘夏の木が、私のわずかに残った視界に映りました。

「あ、風──。小さか頃ば思い出すなあ」

いつも木登りしては感じていた懐かしい感触。かつて自然の大きさに打たれ、「将来、立派な果樹栽培者になる」と誓ったことを思い出しました。

「自分も、いい加減、何かせんばいかん」

そう決意した夜のことです。

「なあS。盲学校に行ってみんか」

「盲学校──。こんな自分にも行けるところがあるとね」

父の言葉にハッとしました。

発病して、先のことなど何も考えられなくなっていた自分。ようやく私は、まだ高校生活が途中だったことを思い出したのです。

新しい生活

私は、4月から2年遅れで盲学校の2年生に転入しました。

盲学校とはどんな感じなのか不安でしたが、読み書きできる生徒もいれば、好きな歌手の話をしたり、走り回れる生徒もいました。

「前の学校とあんま変わらん……」

私は、視覚以外の感覚器官で補うことを覚えていきました。道を渡るのに、人に合わせて渡ることや、情報の整理の仕方、点字図書館やパソコンの音声案内……ものすごく世界が広がった気がしました。

やがて親しい友人もでき、休み時間などによく話をするようになりました。

ある日、友人が『神霊界入門※』という本を持ってきました。

「今日は、この本を読んであげるね」

自分で本が読めない私は、比較的見えるその子に読み聞かせてもらえる時間が楽しみでした。

生まれ変わりのことや、天国や地獄について……。不思議な話が次々と出てきて、「へえ、あの世って、そうなるとや」と感心しながら聞きました。

それから、私たちの休み時間は読書が恒例となったのです。

※室町末期の女性、小桜姫の霊言。現在、『大川隆法霊言全集』第26巻、第27巻に所収。

新たな希望

『神霊界入門』の次は『太陽の法』という本でした。

仏とは何か、大宇宙の構造、守護・指導霊の存在……。

『太陽の法』に書かれていたことは、初めて聞く話ばかりで、私は休み時間が待ち遠しくてなりませんでした。しかし、まもなく夏休みに入って中断。

どうしても続きを知りたかった私は、自分で『太陽の法』を買って、家族に読んでもらいました。

「人間は、生きてゆく過程において、さまざまな困難にぶつかります。つまり、そうしたなかで、魂の修行をしていくわけです。これは、あらかじめ計画されていることです」

「魂にとっての修行」という教えに衝撃を受けました。

「──目のことを自分で計画してきたかは、分からんと。ばってん、見えんなかでもできる努力はあるとよ……」

それからしばらくして、また弁論大会があり、私は再び出場しました。

「私は、日本一の果樹栽培者を目指す途中で失明し、一時は無気力になりました。だけど、盲学校という新たな道に進み、そこでできる努力があると気づきました。いま、点字という手段を身につけようとしていて大変だけど、『ここから将来が開ける』と思うと、日々が充実しています……」

将来の夢、挫折、そして立ち直り――。

自分の気持ちを正直に語った弁論は、大きな反響があり、全国で最優秀賞を受賞しました。

不思議な縁

高校卒業後、そのまま鍼灸・マッサージの資格をとる専門課程で3年間学び、無事、点字で鍼灸の国家資格を取りました。さらに技術を訓練したいと思い、全寮制の鍼の研究機関のある東京に出ました。

寮生活にもなじみ始めた頃、私より1つ年上の研究生から声をかけられました。

「『太陽の法』っていう本のテープがあるんだけど、とってもためになるから聴いてみる?」

「知ってる!それって幸福の科学でしょ?」

「そう、これ、ボランティアの方が吹き込んでくれたんだ」

遠く故郷を離れた東京の地で、まったく別の人から『太陽の法』を勧められるとは思いもよらず、不思議な縁を感じました。

私は、早速借りてきたテープを聴きました。

すると、初めて『太陽の法』を読んでもらったときの感動がよみがえってきます。

「この教えをもっと学びたい!」

いてもたってもいられなくなり、支部に連れていってもらいました。そして、幸福の科学に入信したのです。

それから、大川隆法総裁の講演会のビデオやテープで仏法真理を熱心に学びました。

「肉体に障害があっても、魂は健全である」「睡眠中には魂が肉体を抜け出して霊界に還っている」というお話を聞いたときには、納得するものがありました。

「夢のなかではちゃんと景色や相手の顔が見えてる……。やっぱり、魂が本質っていうのはほんとうなんだ!」

真理への確信を深め、私は幸福の科学の青年部で活動するようになりました。また点訳のボランティアの方のご好意を受け、点字を使って、私と同じように目の悪い方にも仏法真理を伝えるお手伝いを始めました。

その後、私は青年部で一緒に活動していた女性と結婚し、クイックマッサージのお店に就職しました。

未来のために種をまく

会社勤めには、初めのうちは戸惑うことが多くありました。

職人肌の父親の影響もあってか、ひたすら鍼の腕を磨くことに専念してきた私は、人と協力して仕事を進めるのが苦手でした。

社長からは、「あなたは鍼の技術にこだわりすぎて、考え方も狭い。鍼の技術だけに依存しなくなったら、もっと素晴らしくなると思うよ」と指導されました。

それは視力以前の問題です。

周囲の人との協調が苦手な原因を反省すると、「結果を早く出したい」という気持ちが人一倍強いことに気づきました。

目が見えないと、人の何倍も時間がかかることが多く、なかなか結果を出すことができません。それが焦りにつながり、自分のことばかり考えてしまうようになったのだと気づきました。

「治療には、いろんな手段や方法、患者さんの立場だってあるのに、いつの間にか自分本位の治療をしてきた──」

大川隆法総裁のテープを聴いていて、転生輪廻の思想にふれたとき、思いました。

「今世の生き方が来世を決める……。そうだ、今は、来世への種まきでもあるんだ。結果がすぐに出なくも、努力が無駄になることはないんだ」

そう思って淡々と努力するうちに、結果を焦る気持ちもおさまっていきました。

仲間の優しさが身にしみて

努力が認められたのか、やがて店長を任されるようになりました。しかし、この時期は仕事も家庭も大変でした。

マッサージの技術も磨き、関連店舗、3店の各スタッフに技術指導をする多忙な日々。

一方、家庭では、長男が誕生。私への手助けと育児で相当負担をかけていた妻は、精神的に参ってしまいました。

しかし、辛かったこの時期に身にしみたのは、「できることがあったらするから、何でも言ってね」と気軽に声をかけてくれる仲間のありがたさでした。

私は、目が見えない分、人の手を借りずにがんばろうと努力してきたつもりです。でも、多くの方々に支えられていることに気づき、人の優しさは素直に感謝の思いで受け、その分、自分もお返ししていけばいいと思ったのです。

「これが、幸福の科学で教えられている、愛を与え合うことの素晴らしさなのだ」と、胸が熱くなりました。

「私も後進への指導を通してお役に立ちたい」「癒しを求めている方をサポートしたい」という思いが強くなっていきました。

夢の実現に向けて

社員の育成が軌道に乗りはじめた頃、もっとマネジメント能力を磨かなければいけないと考えた私は、総本山・未来館の研修を受けに行きました。

研修で心を見つめていくうちに、私はその場その場で人を立てようとするあまりに指導が甘くなったり、時間にルーズになりがちなことを反省しました。

また、管理職として真に部下を生かすための厳しさや、患者さん自身の立ち直る力を信じる心など、大事なことを、一つ、また一つと気づかせていただきました。

「完全な人はいない」と学んでいるけど、それは、「これから素晴らしくなる可能性がある」ということでもある。自分が関わり合いをもつことで、何かしらの手助けをしたい、それらすべてが治療なんだ。そう実感しました。

研修後、しばらくして盲学校から、校外臨床実習の生徒を受け入れることになりました。

「治療家として、しっかりとした技術を身につけることは、第一ですが、患者さんの立場に立った治療をするためには、自分のなかに“心の柱”を持つことがとても大切です」と語りました。

「心に柱をつくるには自分を見つめることが大切です。そして、努力が心の柱をゆるぎないものにし、これから出会う人々との関わりを支える力になるんですよ」

施術の指導をしながら、心構えについて話すと生徒たちもやる気が出てくるのが分かりました。

最終日。生徒から今後の抱負を聞きました。

「治療家としての心構えや患者さんに接する心など、どれだけできるか分かりませんが、S先生の優しい手に少しでも近づけるようがんばります」

生徒たちが着実に成長する姿が嬉しくてなりませんでした。

実習後、学校から「生徒たちが、人が変わったようになって帰ってきました。どういう取り組みをしてくださったのですか」という問い合わせがきました。

そこから話が進み、学校に講義をしにいくことに。

あるとき、雑誌の記事で紹介されたのをきっかけに、自社でも社外向けに講習会を開くことになりました。

ハンディもプラスとしてとらえられる

私は、今、明るい未来を確信しています。目が見えなくても、理想を描くことはできますし、実現のための努力もできます。

人一倍の努力は必要かもしれません。でも、努力が無駄にならないと知って、どれだけ自分の魂を成長させることができるかを考えたら、ハンディもプラスとしてとらえられるようになりました。

大川総裁、ほんとうにありがとうございます。これからも、自分にできるかぎりのお返しの人生を歩んでいきます。

この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第113号より転載し、編集を加えたものです。


太陽の法



未来の法



【緊急告知 : 今後数十年の日本の未来に関わります。↓ご署名にご参加お願いいたします。】
【日本を】10・27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】

【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します。署名サイト

幸福の科学の教えはこちら ⇒ 永遠の愛の大河の源流から ~「幸福の科学」の信仰と愛を語る~

人気ブログランキングに参加中です。
皆さまの応援が励みになります。
↓↓↓ぜひ、クリックで応援お願いします↓↓↓(感謝)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ  blogram投票ボタン

太陽の法 エル・カンターレへの道 [大川隆法] この一冊と出逢うために、あなたは生まれてきた!
文字サイズ変更
 ☆天使にアイムファイン☆

3月19日公開
 ―☆2016年『正義の法』!☆―

「正義の法」大川隆法
憎しみを超えて、愛を取れ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
幸福実現党応援宣言!最新記事
オーパの厳選人気記事
月別アーカイブ
幸福実現党応援宣言!カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
幸福実現党関連リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
プロフィール

HERMES管理人:オーパ
オーパは、幸福の科学の会員、幸福実現党・党員で、「未来ビジョン」を掲げる幸福実現党を応援しています。このブログは幸福実現党非公式サイトです。

好きな言葉である「誠実・王道」をモットーとしてブログを綴ってまいります。





ブルーリボン運動
外国人参政権付与に反対します!

外国人参政権付与に反対します!
朝日新聞は購読しません!
検索フォーム(Search Form)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
QRコード
QR
アクセスカウンタ
☆幸福実現党メルマガ登録☆
■ 幸福実現党メルマガ ■
幸福実現党メールマガジン・まぐまぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。